ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

輝くイチゴ「太陽ベリー」(杉本さんちのイチゴ) 匠のひと手間かけての収穫の様子

FLC日記 2014年2月28日(金) くもりのち晴れ
「『太陽ベリー』も『紅ほっぺ』も、こうして収穫しながら、ちょっとしたひと手間をかけてあげるとたい。次のイチゴたちが育ちよるでしょ?その育っている枝をピシャッとチェックして、折れとるとはその場ですぐに枝ごと摘んでいくとたいね!」
イチゴ一筋13年!
イチゴの匠「杉本農園」の杉本憲治さんにお話しいただきました。
a0254656_17234644.jpg
積み立ての『太陽ベリー』です。
キラキラと輝いていますね!
あたりには、イチゴの甘~い香りが漂い、とても幸せな気分です!!

a0254656_17504712.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんのイチゴの栽培ハウスです。
連棟建ての広い広いハウスで、朝早くから輝くイチゴ『太陽ベリー』の収穫が行われていました。
青いビニールは、暖房用のエアーダクトです。
「杉本農園」さんでは、杉本憲治さんと奥様の洋子さん、息子さんの一博さんの親子2代の“匠”により、『太陽ベリー』や『紅ほっぺ』の熊本産高級イチゴを育てています。

a0254656_17595048.jpg「笠くん!その辺は、もう今日の収穫の終わっとるけん、良か写真は撮れんばい!こっちに来てみなっせ!!」
杉本さんが、収穫しながら笑顔で私に声をかけてくれました。

a0254656_183566.jpg「杉本さん!それにしても、ホントキラキラで輝いていますよね!きれいですねぇ~!」と言うと、
「そう言ってくれると嬉しかねぇ!!この品種(太陽ベリー)は、イチゴの種と言われてるツブが少なかけん、キラキラしとるもんね!」

a0254656_187625.jpg「果肉はとてもやわらかくて、収穫は慎重に、丁寧にせんといかんとたいね!その分、食味はソフトで、子供さんや年配の方にもとても人気のあるとたい!でも、枝が折れやすい傾向にあるけん、収穫と同時にひと手間かけなにゃんとたいね!」

a0254656_18141280.jpgそう言いながら、1本のイチゴの枝を私に手渡してくれました。
「解るね?枝が折れとるでしょ?そうなったら美味しかイチゴはできんとたいね!」

a0254656_182049.jpgこの枝はすでに摘果をして、この1粒だけを残していたのです。
でも、こうして枝が折れると、美味しいイチゴにならないので、摘み取ってしまうのです。
私からすると、なんだかとってももったいないように思えますが、これが“匠”のこだわりなんですね!

a0254656_18252676.jpgこちらでは、息子さんの一博さんとお母さんの洋子さんが、選果と箱詰め作業をしています。
「これで最後です。笠さんところの出荷分がそろいますよ!」
朝早くから、摘みたてイチゴを選果し詰めて頂いたのです。

a0254656_1828833.jpg「今回も見事に色づいたきれいなイチゴをそろえて頂きましたね!ありがとうございます。」と言うと、
「笠さんところは、朝摘みで収穫して、即日発送すると、翌日か翌々日にはお客様のところに届くので、安心して完熟イチゴを送れるんです。」

a0254656_18321080.jpg「一般流通になる、卸し先へのイチゴは、大体8分くらいの色付きで出荷します。業者さんによっては、『6分か7分で下さい!』ってところもあるんです。笠さんを通じて出荷するお客さんには、私たちが育て上げた本当の美味しさをお届けできていると思いますよ。」と一博さんが話しいただきました。

a0254656_1839032.jpg「さっき、お父さんに『枝が折れているから!』と言って、真っ白なイチゴをもらったんですが、これって食べれないのですか?」と尋ねると、
「食べれんことはないけど、きっと味は全くなく、ダイコンみたいな食感よ」とお母さんが答えてくれました。

a0254656_18414073.jpg何事も経験だと思い食べてみました。
歯が立たないというほどではありませんが、“ガジッ”とした食感です。香りも味も全くありませんでした。
「いやぁ~!本当に食べたと?」お母さんが笑っていました。

a0254656_1854021.jpgイチゴはこのように、順番に熟していく果実です。
1日の収穫の判断でその味も大きく左右されます。
先ほど私が食べた、真っ白なイチゴはもちろん極端な話ですが・・・。

a0254656_1901621.jpg「FLCパートナーズストア」では、生産農家直送の強みを活かして、採れたての新鮮にイチゴを即日発送しています。
「杉本農園」さんの熊本産輝くイチゴ『太陽ベリー』は、ソフトな食感が人気のイチゴです。

a0254656_191138.jpg熊本産高級イチゴ『紅ほっぺ』は、果肉がしっかりしていて日持ちも良く、その甘味と酸味のベストバランスが好評です!!
「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんの『太陽ベリー』『紅ほっぺ』をネット独占販売中です。
数量限定の完全予約制で、朝採りイチゴを即日発送致します。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-02-28 19:07 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

砂田米 れんげ米!れんげの緑肥のこだわりと安全な米作り

FLC日記 2014年2月27日(木) 雨のち曇り時々晴れ
「今年も順調にれんげが芽吹いてきよるでしょ!これからしっかり茂って、花が咲いて、花が終わるころには、花も葉も茎も根も全部田んぼに鋤き込んで、美味かお米の育つ田んぼの有機肥料にするとたいね!」
熊本県菊池市七城町砂田地区で、「野中逸雄」さんは、毎年れんげを緑肥として、こだわりの安全で美味しいお米を育てています。
a0254656_1753940.jpg
熊本県菊池市七城町は、日本有数の米どころです。
菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざった独特な砂田地区の土壌は、日本一の米を育てます。
雨上がりの澄んだ空気で、遠くには、阿蘇5岳の1つ鞍岳(くらだけ)がその雄大な姿をみせています。

a0254656_1711065.jpg12月に種を蒔いた「れんげ」たちが芽吹き、元気に成長していました。
これは、「緑肥」と言って、美味しいお米を育てるための、肥料とするために育てている「れんげ”」たちです。

a0254656_1731461.jpg本日は、野中さんの『砂田米 野中さんのこだわりれんげ米』を毎年取材してきた写真と共に、これからの様子をご紹介いたします。
今年ももちろんこれらの様子はばっちり取材してご紹介しますので、その予告(ダイジェスト版)って感じで、野中さんのこだわりのれんげ米作りの紹介です。

a0254656_17211550.jpg3月下旬。
野中さんの田んぼは、こうして一面れんげに覆われます。
これが、毎年繰り返されている育て方で、野中さんは、れんげの緑肥と稲刈り時の稲ワラのみを肥料として、安心・安全で美味しいお米を育てているのです。

a0254656_17353799.jpg4月中旬。
鮮やかなピンクのれんげの花が咲き始めます。
このころはまだ、数えるほどのれんげの花です。

a0254656_1739393.jpgこの時期から、知り合いの養蜂業者さんに、直線距離で2kmほどの野中さんの所有する土地にミツバチの巣を置く場所を貸しています。
直接お米作りには関係ありませんが、これから咲く一面のれんげの花を有効利用するのですね!

a0254656_17441645.jpg4月下旬。
訪れる誰もが感嘆の声を上げるほどの美しい光景が見られます。
ぎっしりと咲き誇るれんげの花たちです。

a0254656_17484814.jpgこのころは、たくさんのミツバチたちが、大忙しに飛び回り、れんげの蜜を集めています。
れんげの花の開花期間は、約3週間ほどです。

a0254656_17593644.jpg5月中旬。
ほとんどのれんげの花は咲き終わり、野中さんは、トラクターを使って、れんげの花も葉も茎も根もすべて田んぼに鋤き込んでいきます。

a0254656_1835888.jpg鋤き込んだ田んぼには、稲刈り時の稲ワラと、この時のれんげの緑肥が有機肥料となっていくのです。
この時、野中さんはこんな話をして頂きました。

a0254656_187851.jpg「このあたりはやっぱり土が良かけん、美味か米のでくっとたいね。その中で、俺は基本俺自身や俺の家族、親せきや知人のために米ば作りよっとたい。安全で、美味か米を食べたかでしょ?だけん、れんげにこだわっとるとたいね!!」

a0254656_18135458.jpg「米作りはそれぞれの農家さんのやりあ方があって、それらば否定する気なんか全くなかとたいね。例えば、俺の田んぼから道路一本はさんだ田んぼでは、稲刈り後、牧草ば植えてるでしょ?」

a0254656_18164997.jpg「ほら、向こうの田んぼは、裏作に麦ば植えとらすたいね。それはそれで、ホントぜんぜん良かと思うとたい。ただ俺は、自分が安全で美味か米ば食べたかけん、れんげの緑肥で育てよるってことだけたいね。」

a0254656_18281437.jpgこれは、現在の野中さんの田んぼです。
雨上がりの夕方、この時期になると、あぜ道には菜の花が咲き始めていました。
遠くに見える北の山は、八方ヶ岳(やほがたけ)です。
野中さんは、毎年稲ワラとれんげの有機肥料だけを使って、そのほかには何も足さず、なにも引かない安全で安心な美味しい『砂田米 野中さんのこだわりれんげ米』を育てています。
一般流通のほとんどない、大変希少なお米です。

a0254656_18395197.jpg平成25年度の『砂田米 野中さんのこだわりれんげ米』はすでに完売いたしました。
「FLCパートナーズストア」では、今年も『砂田米 野中さんのこだわりれんげ米』をネット独占販売いたします。
これからも、れんげの開花や鋤き込み作業の様子、田植えから稲の成長、もちろん稲刈りの様子まで、すべて取材しこのブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-02-27 18:49 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

「長尾農園」 最旬野菜が大好評です!!

FLC日記 2014年2月26日(水) 雨
まずは、この写真を見て下さい!
これはいったい何でしょう?
a0254656_1539238.jpg
春らしく、「菜の花」だと思われた方も方も多いことでしょう。
これは、「菜の花」ではないんですよねぇ~。

a0254656_15424378.jpgこれは、『アスパラ菜』と言う野菜です。
でも、アスパラガスとは全く異なる野菜です。
中国野菜の「菜心(さいしん)」と「紅菜苔(こうさいたい)」という品種をこう配して育てた新しい品種です。

a0254656_15545829.jpg沸騰したお湯に塩を少し入れ簡単に湯でて、胡麻ドレッシングで頂きました。
クセがなくて、ほんのりと甘く、実に美味しいんです!!
食べた時の風味や、葉や特に茎の歯ごたえは、ホント、アスパラガスによく似ています。その食味や歯ごたえから、『アスパラ菜』と呼ばれています。
っと、知ったかぶりをしていますが、実は私もこの時初めて食べたんです。(笑)

a0254656_1611812.jpg生産農家さんは、熊本県菊池市七城町の「長尾農園」さんです。
長尾千行さんととも子さんの仲良しご夫婦で、様々な野菜や『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』を育てています。
これは、昨年12月上旬、ジャガイモの種まきの取材時に撮った写真です。

a0254656_1675679.jpg「FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんのダイコン、ニンジン、ほうれん草、ジャガイモなどをネット独占販売しています。
「長尾農園」さんが育てる野菜は、「長尾ブランド」と称され、いずれも大人気の商品です。

a0254656_16205699.jpg先日、野菜の栽培ハウスの取材に伺いました。
「こんにちは!」と言って写真を撮りながら入っていくと、
「いやぁ~!もう、こぎゃん泥だらけの姿は撮らんで!絶対ブログには載せるといかんよ!」と、とも子さんに言われましたが、すみません。載せちゃいました!(笑)
「とも子さん!これは何ですか?」と尋ねると、

a0254656_16242618.jpg「これは『アスパラ菜』たい。女性にとても人気と言う話だけん、育ててみたとたい。この新芽と葉っぱ、茎ば収穫するとたいね。直売所に出してみたら、すーぐ売り切れるほど人気よ!」とのこと。
「ちょうど収穫したのがあるけん、それば持って帰って食べてみてごらん!」そう言われて冒頭でご紹介したのがこの「アスパラ菜」です。
「まだ、ほんの少ししか作りよらんけん、本格的に育て始めたら、また笠さんところでも販売してもらおうかな!」と言っていただきました。

a0254656_1633663.jpg「うちでは、除草剤は使わんし、この時期、農薬も使わんでしょ?だけん、ほら!泥だらけになって草むしりしよったとたい。絶対載せるといかんけんね!」と言われましたが、またまた載せちゃいました。重ね重ねすみません。(笑)

a0254656_16361156.jpg春の新ジャガイモの苗が、青々と元気に育っていました。
収穫はもう少し先です。
ホクホクした新ジャガは、塩茹でしただけでも、ご馳走になりますよね!
私も、楽しみでなりません。

a0254656_16505620.jpgこの時期、イチオシの野菜は『葉付きダイコン』です。
「長尾農園」さんでは、農薬を使用せずに野菜を育てていますので、「葉っぱもぜひ食べてほしい!!」と言う、長尾さんの想いもあり、葉付きダイコンも葉なしダイコンも同じ価格で販売しています。

a0254656_16575875.jpgもちろん、メインのダイコンも丸々と太く、新鮮そのもの!
春先になり虫が葉を食べ始めるまでの限定商品なので、ぜひ『葉付きダイコン』でお求めください。

a0254656_17123568.jpg長尾さんのニンジンは私の大好物です!
ほぼ毎日、野菜スティックにして食べています。無農薬栽培なので、なんだか調理するのがもったいなくて・・・。でも、調理したらまたこれがホクホクしてやわらかくて良いんです!
もちろん野菜ジュースにも最適ですよ!

a0254656_1775596.jpgまた、「スムージー」に大人気のホウレン草も、朝採り即日発送でお届けしています。
新鮮そのもののホウレン草は、シャキシャキっとしていますが、これを茹でたり炒めると、すっごくやわらかくて美味しいんです。

a0254656_1720872.jpg「長尾農園」さんの畑(ハウス)の美味しい野菜が育つための黒土は、太古の昔、阿蘇山の噴火でもたらされたものです。
その黒土に、有機肥料をふんだんに使い、元気な土壌を作り上げ、様々な作物を育てています。
長尾千行さんが、実に美しく畑を整地しています。
長尾さんはいつも、、「出荷する野菜は当然美味しくなからんといかん!きれいじゃ(美しくなくては)なからんといかん!そして何より安全でなからんといかん!」と口癖のように話します。
美しく、安全で、美味しい野菜を育てるステージもまた、きれいでなければならないというのがこだわりです。
a0254656_17273292.jpg
「FLCパートナーズストア」では、本日ご紹介した「長尾農園」さんの新鮮野菜、『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』をはじめ、熊本産の最旬食材、フルーツなどを販売しています。
そのほとんどが、弊社のネット独占販売商品で、他では手に入らないものばかりです。
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ぜひご来店ください。
あなたの食卓に、“熊本の旬”をお届けいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-02-26 17:32 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

夢スイカ つる引き作業とスイカの成長

FLC日記 2014年2月25日(火) くもり
「17節か18節の雌花に交配(受粉)させるでしょ?そのためにスイカのつるを一回引き戻すとたい。それをせんなら、スイカがハウスの端っこに実るけん、実らせるスイカが、ピシャッとハウスの真ん中に来るように、「伸びたつるを通路側に引き戻してあげる!」これがつる引き作業たいね!!」
「大山ファーム」代表の大山陽一さんがお話しいただきました。
a0254656_1728899.jpg
熊本県合志市(こうしし)にある、スイカの匠「大山ファーム」さんのスイカ栽培のハウスに伺いました。
連棟建ての広い広いハウスでは、スイカの苗たちが元気に成長中です!!

a0254656_17343341.jpg「笠くん!俺たちはこの時間に集中して交配(受粉)作業ばせにゃんけん、隣のハウスでお袋が“つる引き作業”ばしよるけん、見に行ってみなっせ!!」と大山さん。

a0254656_17414561.jpgこの大切な午前中の限られた時間に集中して交配作業をして、“本物”と呼べる「大山ファーム」さんの『夢スイカ』が育つのです。
交配を終えた花には、目印として毛糸を置いていきます。
この緑色の毛糸は、今期の5色目です。
匠のこだわり交配作業については先日のブログでご紹介しています。
興味のある方は、下記をクリックしてはぜひご覧下さい。
「夢スイカ 匠のこだわり交配作業を徹底取材!! 」


a0254656_17495486.jpg隣のハウスに、“つる引き作業”の取材のため移動しました。
「おはようございます!!」と,声をかけると、
「あらぁ、おはようございます!」そう言いながら、大山さんのお母さんは麦わら帽子を深くかぶりなおしました。
「お母さん!そうすると顔が写りません!」と言うと、
「そのために深くかぶったとたい!だって、恥ずかしかでしょうが!(笑)」
そう言いながら、手際よく“つる引き作業”をしていました。

a0254656_17551556.jpg「こうして、スイカのつるを手前に丸く引き寄せながら、芯(生長点)はハウスの外側にきれいに向けてあげるとたいね!その時、脇芽も一緒に摘んでいくとたい。」

a0254656_1823785.jpgハウスの中央の通路から両サイドに向けて伸びたスイカの苗は、ビニールに届かんばかりに成長していました。
それを、約半分くらいまで引き寄せていくのです。

a0254656_188311.jpgつる引き作業を終えたスイカの苗たちはこんな様子です。
「あのぉ~、この苗たちの葉っぱはひっくり返ったりしていますが、大丈夫なんですか?」そう尋ねると、
「ハハハ!そぎゃんこと考えながら作業はしよらんだったばってん、大丈夫よ!明日になれば、みんなお天道様の方向に葉っぱば向けらすけん、なんの心配もいらんばい。それより、あなたは面白か事ば尋ねるとね!(笑)」

a0254656_18224051.jpg確かに!
つる引き作業を終え、交配を待つスイカの苗たちは、1枚たりともひっくり返った葉っぱはなく、太陽の光を元気にいっぱい浴びていました。

a0254656_18272168.jpg一方こちらのハウスは、定植を最初にした、最も成長の早いハウスです。
「大山ファーム」さんでは、長期間収穫できるよう、ハウスごとに定植時期をずらしてスイカを育てています。
その中をのぞいてみると・・・。

a0254656_18303062.jpg
「大山ファーム」さんの夢スイカが元気に成長していました。
こちらは、今期最初に出荷する、熊本産小玉スイカ『ひとりじめEX』です。
順調に成長すれば、3月20日位から出荷をスタートします。

a0254656_18334430.jpg最も交配を早く行い、成長が早いのが赤の着果棒(目印の棒)のスイカで、その次がこの青い着果棒のスイカです。
まだ、ソフトボールを2回りほど大きくしたくらいのサイズです。

a0254656_18381321.jpg「大山ファーム」さんは、スイカの匠です!
その美味しさは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売された実績を持つことでも証明されています。

a0254656_18415459.jpg4月下旬からは、大玉スイカ『春のだんらん』も販売予定です。
スイカならではの、シャキシャキっとした食感と糖度13度をも上回る甘さが大人気です。

a0254656_18471534.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの夢スイカをネット独占販売いたします。
3月20日初回発送予定の熊本産小玉スイカ『ひとりじめEX』、4月下旬からは熊本産大玉スイカ『春のだんらん』、さらには、熊本産黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』も販売予定です。
3月より、先行予約の受付をスタートいたします。
これからも、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の成長の様子や、惜しまぬ手間ひま、匠の技など、現地取材をしてこのブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-02-25 18:53 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

ここでしか買えない柑橘大特集!! 柑橘王「デコポン」、究極の柑橘「せとか」、幻の柑橘「麗紅」

FLC日記 2014年2月24日(月) 晴れ
この時期、最旬のフルーツといえば、柑橘類ですよね!
その中でも、人気フルーツランキングで、常に上位の『デコポン』、花まる急上昇中の『せとか』『麗紅』のがご案内です!!
a0254656_1816236.jpg
いかがですか?
みずみずしい果汁があふれてきそうでしょ?
甘さと酸味のベストバランスの3種類をご案内します。

<本日のご案内商品>
1.柑橘王デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』
(樹上完熟デコポン『ひのゆたか』は熊本限定栽培品種です)
2.究極の柑橘『プリンセスせとか』
3.幻の柑橘『麗紅』
いずれも、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です!
これは必見ですよ!!お見逃しなく!!

a0254656_1875123.jpg
まずは、産地のご紹介です!!
ここは熊本県山鹿市鹿北町!
連なる山々がとても美しい、大自然の中の栽培ハウスです。
澄んだ空気と、清らかな水、豊かな大地の中の、日の当たる山の斜面を利用して栽培されています。
生産者は、匠の農家さん「小春農園」さんです。

a0254656_18305371.jpgハウス栽培といえども、あくまで雨風や害虫、病気から大切な果樹を守るためのもので、ボイラーを炊いての加温は一切しません。
「小春農園」代表の小原正宏さんが、収穫をしていますが、ハウスの中とは思えない防寒対策でしょ?(笑)
有機肥料をふんだんに使った元気な土で育つ「小春農園」さんでは、より自然に近い形での栽培にこだわっています。

1.柑橘王デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』
a0254656_18465478.jpg
●樹上完熟デコポン(肥後ポン)ひのゆたか
 2.5kg(8~10個入り)秀品 4,800円(内税)
●極選大玉!樹上完熟デコポン(肥後ポン)ひのゆたか
 2.5kg(6~7個入り)秀品 5,800円(内税)

a0254656_18554237.jpgアタマの“デコ”がとてもかわいらしく特徴的な『デコポン』は、通常「不知火」という品種のことです。
「不知火」は、収穫時には果実の酸が強すぎて、その酸が糖に変わる“追熟”をさせてから出荷されるのです。

a0254656_18531936.jpgしかし、この熊本限定栽培品種『ひのゆたか(肥の豊)』は、樹上で完熟し、収穫後すぐに糖と酸味のベストバランスで味わうことができるのです。
ですから、デコポンの美味しさを、みずみずしく新鮮なままお楽しみください!
期間限定、数量限定の完全予約販売商品です!!
定数になり次第、まことに勝手ながら、予告なしで締め切らせていただきます。

a0254656_1974042.jpgFLCパートナーズストア」リピート率、ダントツナンバー1の大人気商品です!!
柑橘王の「デコポン」を、熊本限定栽培品種の、樹上完熟の新鮮さでお届けいたします。
流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。
ご注文(ご予約)はこちら!
http://shop.flcps.jp/樹上完熟デコポン『ひのゆたか』

2.究極の柑橘『プリンセスせとか』
a0254656_1918461.jpg
●究極の柑橘『せとか』
 2kg入り(1玉約250g前後 8~10玉) 4,800円(内税)
●究極の柑橘『せとか』小玉
 2kg入り(小玉11~12玉) 4,200円(内税)

a0254656_1927842.jpg『せとか』は、非の打ち所がない柑橘、つまり全ての良いとこどりをした究極の柑橘なんです!
「柑橘の大トロ」、「柑橘の女王」、「幻のみかん」、「大人の柑橘」、「柑橘のダイヤモンド」などなど、その美味しさを表す表現は数知れません!!
この『せとか』を超える新品種の柑橘類は、しばらく出ることはない!とまで言われています。

a0254656_19233486.jpg1玉が大きくいにもかかわらず、簡単に手で皮をむくことができます。
その瞬間に広がる香りが、とても爽やかで芳醇なんです。
一口ほおばると、みずみずしくてしかも果肉がトロトロです。
飲み込んじゃうのがもったいないくらいの甘さが口いっぱいに広がります。
内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられて、もちろん種はありません。

a0254656_19333346.jpg私は2年前、「小春農園」さんで、『せとか』を食べた瞬間に、その感動のあまり「私に販売させてください!!」と叫んだほどの美味さに惚れ込みました!!
「収量の少なさと、まだ味にばらつきがあるから・・・」と言う、「小春農園」さんのこだわりで、2年の間、取材を続けながら待ち、今年悲願の販売をしている商品です!!

a0254656_19493818.jpg『せとか』は、まだ全国的に知名度が低く、知る人ぞ知る「究極の柑橘」なのです。
今回、満を持してお送りする『せとか』は、大切に育て上げた中から選びに選び抜いた『プリンセスせとか』、すなわち“極選”のせとかです。
そして、「小春農園」さんの『せとか』をどうしても多くの方に食べていただきたいからと、かなり無理を言って、お得な小玉サイズ(11玉又は12玉)もご用意いただきました。
とにかく一度食べてみて下さい!
ご注文(ご予約)はこちら!
http://shop.flcps.jp/究極の柑橘

3.幻の柑橘『麗紅』
a0254656_19561487.jpg
● 幻の柑橘『麗紅』
 2kg(1玉約200g 10玉前後) 4,800円(内税)

a0254656_1959243.jpg『麗紅』は、「清美×アンコール」×「マーコット」と言う『せとか』とまったく同じ交配で生まれた、『せとか』と“姉妹品種”です。
『せとか』に比べ、果皮が美しい紅色を帯びていることから『麗紅』と名づけられました。

a0254656_1812499.jpgまだまだ生産量が少なく、ほとんど市場に出回っていない、まさに“幻の柑橘”です。
果皮の美しさもさることながら、酸味と甘味が程よく、すっきりした濃厚でコクある味わいが楽しめます。
幻の柑橘『麗紅』は、2kg入りの白い箱に入れての販売となりますが、30箱のみの限定販売です!!
ご注文(ご予約)はこちら!
http://shop.flcps.jp/究極の柑橘

今回ご紹介した、「小春農園」さんの柑橘3種は、いずれも「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です!!
ここでしか買えない逸品なのです!
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!
大人気の数量限定商品です!早い者勝ちですよ!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-02-24 20:26 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

熊本梨 岩永農園 匠の誘引作業 最高のステージを作り上げるために

FLC日記 2014年2月23日(日) 晴れ時々曇り
「最高の美味しさに育つように、ピシャッとそのステージば作り上げてやらにゃんとたい。1本の果樹に実らせる梨の数、葉の茂り方、日のさし方、いろいろ考えてね!あくまでも主役はこの梨たちたいね!だけん、いうならば、この仕事は梨たちのステージを作り上げる、舞台の裏方ってとこだろかね!!」
a0254656_1875743.jpg
梨の匠、「岩永農園」の岩永敏行さんが、選定作業を終えた梨の果樹の枝を誘引しながらそうお話しいただきました。

a0254656_18112775.jpg「ほら、あのあたりば見てみなっせ!同じ方向に4本きれいに平行にならんどるでしょ?あんな感じに枝をまげて誘引していくとたいね!」
熊本県菊池市野瀬の「岩永農園」さんの梨園に取材に来ています。

a0254656_1816306.jpg昨日の「匠の選定作業」に続き、本日は「匠の誘引作業」をご紹介いたします。
こちらは、すでに剪定も枝の誘引作業も終えた、上の段の梨園です。
計画的に、効率的に枝の配置をして梨たちが育つステージが出来上がっています。
a0254656_18192315.jpg
これは昨年の収穫直前の「岩永農園」さんの梨園です。
実に美しい木漏れ日が射しこんでいますよね。
絶妙なこの光の具合が、梨たちにとって最高のステージなんです。

a0254656_18225391.jpg「岩永農園」さんによって作り上げた最高のステージで、梨たちは大きく甘く育ちます。
枝の誘引作業は、この木漏れ日のステージを作り出すための作業です。

a0254656_18345629.jpg「1本の梨の果樹ごとに、集中して選定作業を終えてから、枝の誘引作業場するとたいね!剪定するときにはすでに、どう誘引するかはもちろん決めとるとたいね!」
匠の誘引作業が始まりました。

a0254656_18385029.jpg「岩永さん!それは何をしているのですか?」そう尋ねると、
「これはね、枝の曲がりやすかごつキズば入れよるとたい。梨の枝は強かけん、皮1枚でも繋がっとくと大丈夫とたいね!」

a0254656_18425962.jpg「ばってん、できれば無理はさせたくなかけん、こうして傷ばつけてから曲げてあげると、“パキン”って、とても乾いた良い音がするとたい。」

a0254656_18443317.jpg「どうしても曲げんといかん時は、ほら!あそこ!!半分くらいハサミで枝ば切って、強引に曲げとるでしょうが!」
そう言いながら示して頂いた先には、ビックリする光景が!!
これでも、梨の枝はきちんとつながるのです!!

a0254656_18474328.jpg「あのままでも繋がるとばってん、そこから病気が入る心配があるけん、あそこまでした枝は、ビニールテープを巻いてカバーしてやるけどね!!」
梨のことを知り尽くしている“匠”は、大胆にかつ繊細な作業で、梨たちの育つステージを作り上げていました。

a0254656_18531248.jpg「曲げたら、この園内に張り巡らせとるワイヤーに結び付けるとたいね!このひもは「麻」ば使いよるとたい。麻なら使い終わって切り離しても、その後は土に帰るでしょ?ビニールひもじゃそうはいかんけんね!」

a0254656_18561574.jpg役目を終えた麻のひもは、こうしてそのまま地面に落とされていました。
雨風にさらされながら、そのまま土に帰り、有機肥料にもなるのです。
もちろん、これだけで肥料がまかなえるわけはありませんが、地球にやさしい農業に取り組んでいます。

a0254656_18592940.jpgそうこうしていると、あっという間に4本の枝の誘引作業が終わりました。
きれいな等間隔に、見事に平行に並んだ枝がわかりますか?
梨たちが育つベストな環境が整ったのです。

a0254656_1943516.jpg最後に枝の先端を切り仕上げますが、ここでも、匠の技を見ることができました。
枝の先端は、とても重要な部分です。
この枝の心臓ともいえる、ポンプの役目を果たすのです。

a0254656_1912065.jpg こうして先端の枝を上向きに残して切ります。
こうすることで、果樹から水分や栄養分を吸い上げるポンプになり、枝全体に水分や養分を供給することができるのです。

a0254656_19151735.jpg作業を終えた場所には、おびただしい数の剪定された枝が落ちていました。
これらは、岩永さんの奥様がすべて集め撤去します。
この作業を12月からこの時期位まで毎年繰り返し、今年も最高級の「熊本梨」を作り上げるのです。

a0254656_19181385.jpg「FLCパートナーズストア」では、「岩永農園」さんの最高級の梨を、今年もネット独占販売いたします。
写真は、8月上旬に最初に販売をスタートする、『幸水(こうすい)』です。
次に販売する『豊水(ほうすい)』、そして熊本産ジャンボ梨『新高(にいたか)』の3種類の「熊本梨」を販売予定です。
いずれも、こだわりの樹上完熟の梨を、朝採りで即日発送致します。
これからも、梨の成長の様子や匠の技、「岩永農園」さんのこだわりのなど、取材してこのブログでご紹介していきます。
梨たちが育つ、最高のステージが出来上がりそうです。
今年の「岩永農園」さんの『熊本梨』にもご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-02-23 19:23 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

熊本梨 岩永農園 匠の選定作業 3年先まで見据えて!

FLC日記 2014年2月22日(土) くもり
「剪定と枝の誘引作業をしながら、梨が実る時の枝の配置、葉の茂り具合と太陽の光、そして枝に対する果実の数をイメージしてしよるとたい!この作業は美味しか梨ば作り上げるには、ホント大事な作業たいね!剪定するべき時期に的確な方法でせにゃんけん、これはかなり技術がいる作業ばい!!」
a0254656_17232594.jpg
、「岩永農園」の岩永敏行さんが、大切に育ててきた梨の果樹をやさしい眼差しで見つめながら、そうお話しいただきました。

a0254656_17285867.jpgここは、熊本県菊池市野瀬の「岩永農園」さんの梨園です。
12月から1日も休むことなく、梨の果樹の剪定と枝の誘引作業が行われています。
遠くで、剪定ばさみの心地よいパチンという音が聞こえてきます。

a0254656_17355629.jpg こちらも同じく「岩永農園」さんの上の段の梨園です。
すでに剪定も枝の誘引も終わっていました。
いずれも、冗談ぬきで、迷子になるくらい広い梨園です。

a0254656_17392538.jpg「ほらわかるね?今年もこぎゃんして、元気な花芽が来よるばい!果樹の成長は待ったなしだけん、この時期にきちんと剪定してやらんといかんとたい!」
岩永さんはそうお話しいただきながら、黙々と作業を進めていました。

a0254656_17431189.jpg「それにしてもものすごい数の枝ですね!全部切るんですか?」と尋ねると、
「すごかろ?まぁ、これだけの徒長枝ば伸ばすってことは、果樹自体がとても元気だという証拠でもあるたいね!徒長枝には、花芽は来んけん、基本切るばってん、それが全部ではなかとたい!」

a0254656_17572498.jpg「剪定は、基本、幹から伸びとるその根元から切るよ!その作業ばしながら、今年の梨の果実をどう実らせるかイメージするとたいね!収穫の時の枝のはり方、葉の茂り方、太陽の光のさし方を考えてね!それと同時に、2年先、3年先ば見据えてしていかにゃんとたい。毎年同じように美味しい梨を作らにゃんとだけんこれがいわゆる技術ってことになるたいね。ほら!そこにあえて残した枝があるでしょ?」と、岩永さんが教えてくれました。

a0254656_18683.jpgそこには、幹の根元から切らずに、なんだか中途半端なところで切った枝がありました。
「それらは、“待ち枝”って言って、来年以降果実を実らせる枝にするとたいね!枝の太さに合わせて長さを調整して残すとたいね。」

a0254656_1895623.jpgこの枝、途中で色が違うのがわかりますか?
色が変わっているところを昨年岩永さんが剪定したのです。その先は今年伸びた部分です。
こうして、2年先、3年先を見据えて剪定しているのです。

a0254656_18304015.jpg「切ってしまったらもう取り返しはつかんたいね!だけん、的確な判断で、作業ばせにゃんとたい。だけん、剪定と枝の誘引までを、どぎゃん急いでも、1日に2本。3本できれば良か方じゃないかなぁ!」

a0254656_18324551.jpg剪定ばさみとのこぎりとで、1本の果樹の剪定を終わらせます。
けっして間違うことのできない判断の繰り返して、枝を切っていくのです。
果樹の剪定が終わると、それから枝の誘引作業にうつるのです。

a0254656_1838745.jpg「果樹栽培は、その年1年良くてもダメたいね!だけん、2年後のことも3年後のこともイメージして、それをきちんと形に出来んといかんとたい!それが大事なことであり、とても難しかことでもあるとたい。」
岩永さんは、毎年毎年、先々を見据えた剪定技術で、最高級の梨を育てるまさに匠です。

a0254656_18503081.jpgこれは、昨年7月の収穫直前の『幸水』の写真です。
「岩永農園」さんでは、こだわりの無袋栽培で、梨を育てています。
袋をかけて育てるより、甘い梨が育つからです。

a0254656_18525938.jpg「FLCパートナーズストア」では、、「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』を今年も、ネット独占販売いたします。
「本当の美味しさを食べてもらいたいから、”樹上完熟”の梨を出したいとたい!!」と言う岩永さんのこだわりで、朝採り即日発送でお送りいたします。
7月下旬の『幸水』からスタートし、8月中旬からの『豊水』、そして、9月中旬からは、写真のジャンボ梨『新高』と続きます。
昨年は、樹上完熟の数量限定のため、2週間待ちでの販売を余儀なくされた大人気商品です!!
これからも、「岩永農園」さんの、惜しまぬ手間ひまや匠の技、梨の開花から収穫まで、すべて現地取材しご紹介します。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2014-02-22 19:05 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

大雪から1週間・・・。残雪残る中、春の息吹を感じています!!

FLC日記 2014年2月21日(金) 晴れ
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥です。
2月14日(金)、大雪に見舞われ、35cmの積雪でした。
あれから1週間が過ぎましたが、まだまだ雪合戦ができるほどの雪が残っています。
a0254656_17451163.jpg
本日も良いお天気に恵まれ、気温は6℃ほどまで上昇しました。
やっと、ここの敷地の大地を見ることができ始めています。

a0254656_17473471.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の本社社屋です。
私は、この地で田舎暮らしをしながら、自らの農業体験を生かし、消費者と生産者の両方の目線で、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる農作物、旬の食材をインターネットで販売しています。

a0254656_17554290.jpg2月14日(金)の朝の写真です。
ホワイトバレンタイン!!なんて、しゃれた気分になれないほどのご覧の大雪です。
いったいどこがどうなっているのか、薪ストーブ用の薪割りをしようと、丸太を置いていた場所さえ、わからないほどの積雪でした。
あれから1週間。やっと雪解けって実感がわいてきました。

a0254656_1812935.jpg敷地内にある、キウイ棚と、烏骨鶏の鶏舎です。
敷地は全部で、1500坪ほどあり、ここで自然と共に生き、自ら畑を耕し、様々な果樹や原木しいたけ、野菜を育て、烏骨鶏たちを飼育しながら自給自足の生活を目指しています。
このあたりはまだずいぶん雪が残っていますね!

a0254656_1864344.jpgでも、すごい勢いで雪がとけていました。
鶏舎の奥の北側の屋根から落ちる雪と水滴です。
時々、勢いがついてまとまって屋根から雪が落ちてくるので、ちょうどその下にいたら大惨事ですね!(笑)

a0254656_18182234.jpg上の段にある、畑と栗林です。
このあたりはずいぶん雪がとけているので、この週末には栗の木の選定作業がやっとできそうです。
畑は、冬の間は観点休業中です。この寒さと雪では、なかなか作物が育ちません。
ハウスを建てることも検討しましたが、こんな大雪の度に、倒壊の心配をしなければならないので、思案中です。

a0254656_18254842.jpg畑と栗林は、茶畑と隣接しています。
ここ、熊本県菊池市菊池水源は、九州熊本と言はいえ、標高500mを超える高冷地で、霧深く朝夕の寒暖差の激しい菊池水源は、日本有数のお茶所です。
『菊池水源茶』発祥の地で、「FLCパートナーズストア」でも販売しています。

a0254656_1830189.jpg栗林から望む北側の景色は壮大で、天気が良いと山々に常に日が当たり絶景です。
真ん中に見える栗林も私が管理しています。
この茶畑は、川口荘一さん、畑に隣接する茶畑は赤星武利さんの有機栽培の茶畑です。
有機栽培でお茶を育てるには、農薬や化学肥料を一切使用できません。
とても厳しい基準があり、一度検査にかかると3年間は有機栽培のお茶としての出荷ができません。

a0254656_184548.jpgですからここでは、有機栽培に全面協力し、全ての作物を、農薬や化学肥料を全く使用せず、もちろん除草剤も使わず育てているのです。
ここで育つ栗は、『自然栽培で育てた利平栗』として、9月から10月に販売しています。

a0254656_18512838.jpgまだまだ雪は残るものの、春の息吹を感じています。
雪に負けないで、チューリップが芽吹いていました!!
あらあら、1つは球根がむき出しの裸んぼうになっていますね!後で、きちんと植えてあげることにしましょう。

a0254656_18552019.jpgこちらは、スイセンです。
今年も同じ場所に芽吹いてくれました。
山を下り、菊池市の中心部ではもうすでにスイセンの花が咲いていたので、ここの春の訪れは、ずいぶんと遅いようです。

a0254656_18581743.jpgキウイも、ここにある中の早い果樹は、花芽が膨らんできていました。
開花は、4月末から5月上旬にかけてです。
キウイの花見たことありますか?きれいな白い花で、とっても香りが良いんですよ!
その様子は、またそのころにご紹介しますね!

a0254656_1995931.jpg本日は、ここの大雪から、1週間後の様子をご紹介しましたが、「FLCパートナーズストア」では、最旬のフルーツ、採れたての新鮮野菜、安心・安全な美味しい熊本のお米などを、販売しています。
写真は、大好評販売中の「樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』」です。
熊本限定栽培品種で、通常「デコポン」と呼ばれる「不知火」とは全く異なる、樹上完熟のみずみずしさが大人気です。
a0254656_19132433.jpg

この他にも、究極の柑橘『せとか』や、高級イチゴ『紅ほっぺ』などなど、旬の食材やフルーツをホームページにてご案内しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のホームページにアクセスしご来店ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2014-02-21 19:14 | FLC | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 匠のこだわり交配作業を徹底取材!!

FLC日記 2014年2月20日(木) 晴れ
「スイカの雄花の命は、ほんの1日!しかも最もとまりやすい(受精しやすい)時間帯は、午前中の2時間くらいたい!その時間帯に元気な雄花ば、雌花にきちんと交配してやらにゃんとたい!これが上手くいかんと絶対に美味かスイカはでけんとばい!!」
スイカの匠、「大山ファーム」代表の大山陽一さんが、そう説明しながら、昨日咲いたスイカの雄花と、本日咲いたスイカの雄花の違いを見せてくれました。
a0254656_17475896.jpg

a0254656_187592.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)の「大山ファーム」さんのスイカの栽培ハウスです。
連棟建ての広い広いハウスでは、スイカの交配作業が行われていました。

a0254656_17542374.jpg「大山ファーム」さんは、数ヵ所のこのようなスイカの栽培ハウスで、「夢スイカ」の小玉スイカ『ひとりじめEX』、大玉スイカ『春のだんらん』を栽培しています。

a0254656_18153643.jpg「夢スイカ」とは、スイカの匠「大山ファーム」さんが育てたスイカのことです。
「大山ファーム」さんは、“夢”ブランドの農作物を育てる匠の農家さんです。
土壌微生物活性材『夢』を使って、元気で土壌バランスの良い土を作り、『夢』ブランドの「熊本スイカ」、「熊本キュウリ」をハウス栽培で育てています。

a0254656_18212044.jpg交配作業を、「大山ファーム」スタッフの宮木さんに見せて頂きました。
「雄花を摘んで、こうして1つ1つに受精させていくとよ!そして、交配が済んだら、目印として毛糸を置いていくとたい!!」

a0254656_18252687.jpg「今日は緑色の毛糸ば使いよるとたい!今年はもうこれで、5色目かなぁ・・・。全部で10種類の色を使って目印にするとたいね!」
そんな話を聞きながら、撮影をしていると、大山さんが、そのこだわりをお話しいただきました。

a0254656_18313338.jpg「交配する花は、17節か18節に咲いた雌花にするとたい!でも、スイカの株も、1本1本成長も違うけん全部が一斉に咲くわけじゃなかとたいね!そうすると、3日も交配の日が違うなら、出荷の際の糖度、食味がぜんぜん違うとたいね!だけん、交配させた日によって色分けさせた、10種類もの目印の毛糸ば使いよるとたい。」

a0254656_18403224.jpgこれは、昨年3月中旬、出荷前のスイカの写真です。
ここまでになると、どちらが先に交配していたのか区別がつきませんよね!
そのために、毛糸の色と同じだけの着果棒を立てて、徹底管理し出荷していきます。

a0254656_1843942.jpg「この交配作業は美味かスイカば育てるうえで、とても重要な作業たいね!そこの花たちば見てみなっせ!手前は昨日咲いた花、奥の開いとるとが今日の花たい。もちろん、昨日の花で受精させようとしても無理だし、とまっても(受精ができても)絶対に美味かスイカはできんとたい。」

a0254656_18483362.jpg「俺たちが交配に使う雄花は、これくらいしっかりと咲いた元気な雄花だけ!これも大切なことたいね!元気な雄花を使って、17節か18節に咲いた雌花に、午前中のほんの2時間くらいで集中的に交配する!それが徹底してできて、美味しくなるスイカの成長がはじまるとたいね!!」

a0254656_18561333.jpg大山さんは、まさに有言実行!
仕事ぶりが、本当に徹底しています。
この緑の毛糸の先に、本日交配した雌花があるのですが、数えてみるとやっぱりきちんと18節目なんです!!
「自分がきちんと育て上げた、納得できるスイカしか出さない!!」と言う、匠のこだわりを今日も見ることができました。

a0254656_1945629.jpg大山さんたちの徹底した交配作業はまだまだ続きます。
「笠くん!この時間、俺たちは交配作業に集中せにゃんけん、隣のハウスではうちのお袋が“つる引き作業”ばしよるもん!そっちも見てきなっせ!!」
“つる引き作業”の様子は、また後日このブログでご紹介いたします。

a0254656_191017100.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
「俺は、誰にも負けんスイカを作って、食べた方が『たいぎゃ美味かった!(とっても美味しかった!)』という一言と笑顔を見たかとたいね!」
大山さんは、飾ることなく確実な仕事を徹底する、まさに匠です!!
「大山ファーム」さんの「夢スイカ」の美味さはすでに実証を得ています!!

a0254656_19154498.jpgなんと、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売された実績があるのです。
「FLCパートナーズストア」では、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』を、今年もネット独占販売いたします。
私が惚れ込み、“本物”と呼べる最高のスイカです。
小玉スイカ『ひとりじめEX』は、3月20日の初回出荷予定です。
また、大玉スイカ『春のだんらん』は、4月下旬からの出荷予定です。
まもなく、「FLCパートナーズストア」のホームページにて、先行予約の受付をスタートいたします。
お見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-02-20 19:19 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 初収穫!&「プリンセスせとか」初出荷!! その2(今年の味は?)

FLC日記 2014年2月19日(水) 雪のち晴れ
匠の農家さん「小春農園」さんが育て上げた、究極の柑橘『せとか』の平成26年度の収穫及び発送がスタートしました。
私の悲願の商品!待ちに待った初出荷です!!
a0254656_1723388.jpg
こちらが、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』です!!
大切に大切に育て上げた『せとか』の中から、選びに選びぬいた“極選”の『せとか』のみを、こうして『プリンセスせとか』として、全国へ向け発送しています。

a0254656_1735517.jpg「小春農園」さんの『せとか』の栽培ハウスに伺いました。
ハウスと言えども、加温をして育てるのではなく、あくまで雨風から守り、害虫や病気の侵入を防ぐためのハウスです。
また、地面の雑草は、生えているのではなく、「生やしている」のです。これは「草生栽培」と言って、仮にハウス内に病気や害虫が入った場合でも、この雑草に留まることで、果樹への影響を極力押さえる目的で、「生やしている」のです。
また、これらの雑草は、時期を見て草刈機で刈り、全て有機肥料として土に返します。

a0254656_17455310.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんと、息子さんで専務の小原将輝さんです。
「笠さん!2年前に笠さんが、食べた瞬間に「私にこの『せとか』を販売させてください!!」って、叫んだ時と同じ味に仕上がっとるか、食べてみようじゃなかね!」小原さんがそうお話いただきました。

a0254656_17491153.jpg私は、「小春農園」さんの『せとか』を小原さんのご自宅で初めて食べて、あまりの美味さに衝撃が走り、味の感想を言う前に、「私に販売させてください!!!」と叫んだのです。
しかし、そのときは、「収穫量も少ないし、何よりまだ味にばらつきがあるから。」と言う理由で、販売の許可をいただけませんでした。
それから、まる2年を待って、「小春農園」さんの『せとか』を、販売する“悲願”を達成しました。

a0254656_17564812.jpg「自分が納得できるものではないと、絶対に商品として出さない!」と言う、「小春農園」さんの強いこだわりによるものでした。
将輝さんが、収穫をしながら「笠さん!このわずかなキズでも『プリンセスせとか』としては出さないんですよ!味は変わらないので、これを試食してみましょうか?」と、ほんのわずかばかりキズがある『せとか』を収穫しました。

a0254656_183185.jpgさっそく半分にしてみると・・・。
「これが『せとか』の特徴ですね!内皮(じょうのう膜)がとても薄くやわらかいんです。ほら、もう破けちゃってるでしょ!」と、将輝さん。

a0254656_18254020.jpg「でも、皮の方は、割りとしっかりしてるんですよ!もちろん口に残るようなほどではないので、そのまま食べていただきたいですね!」

a0254656_1818974.jpg「まずは、半分して、それからこうして皮をむくと、食べやすいと思いますよ!あとは、一房ずつでも二房ずつでもお好みで召し上がってください。」

a0254656_18211116.jpg私もさっそくその方法でむいてみました。
内皮はこのように破れて、中のとろとろの果実が見えています。むちゃくちゃおいしそうです。
つぶつぶは1つ1つちゃんとしていて、果汁が手に流れ出すようなことはありませんでした。
食べた瞬間に、2年前と同じ衝撃が走りました!!

a0254656_18281463.jpg「これです!この味なんですよ!!!」と私が言うと、
「僕を撮るより、笠さんが食べてるその驚きの顔を取ったほうがいいんじゃないですか?」そう言いながら将輝さんが笑っています。
「ホント、とろっとろで、みずみずしく、甘さと酸味のバランスが絶妙で、しかもコクがある!!そう!!この味に惚れたんです!」
「小春農園」さんの、今年の『せとか』の味にも、また惚れ直してしまいました。

a0254656_18324374.jpg「将輝!それは何番の果樹ね?」小原さんが尋ねています。
「36番!」と将輝さん。
「うん!それなら味は間違いなかね!!」
お二人のそんなやり取りを見て、「何のことですか?」と聞いてみると・・・。

a0254656_18355615.jpg将輝さんが、「平成25年度せとか」と書かれた表を見せながら、小原さんがその説明をしていただきました。
「こぎゃんして、同じように育てても、ハウスの中の場所だったり、果樹の特徴があって、まったく同じようには育たんとたいね!だけん、果樹にはすべて番号をつけていて、収穫前にはすべての果樹の果実を検査して、それに基づいて収穫するとたい。『せとか』は、収穫してから甘さが増すような俗に言う“追熟”をあまりせんとたいね。このあたりも徹底管理しとるとたい!」

a0254656_18432981.jpg確かに、将輝さんが先ほど収穫した果樹は、「36番」の番号がつけてありました。
当然、先ほどの表では、“○”が記載されています。
ちなみに“△”は収穫はもう少し待つ果樹で、“-”は込み合いすぎたので途中で伐採したとのことでした。

a0254656_18522157.jpg「笠さん!だいぶ待たせたけど、その分こうして本当に自信を持って出荷できる『せとか』ができたよ!」とお2人の、『せとか』に負けない輝く笑顔がとても印象的でした。

a0254656_18571999.jpg究極の柑橘『せとか』は、たくさんのメディアにも取り上げられ、人気フルーツランキングで赤丸急上昇中の果物です!
先日は、あるテレビ番組で1玉2000円と紹介されていました。

a0254656_1904090.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の中から、選びぬかれた“極選”の『プリンセスせとか』をネット独占販売しています。
そして本日、大変お得な小玉2kg入り(11玉又は12玉)4,200円の販売もスタートしました。
少しでも多くの方にこのおいしさを知っていただきたいと、「小春農園」さんの全面協力のもと、本日販売を決定しました。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
これは間違いなく、“本物”と呼べる美味しさです!!


FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-02-19 18:55 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)