ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ザ・みかん 果樹の大きさと、台木のお話

FLC日記 2013年8月31日(土) 雨のちくもり
「この若いみかんの果樹たちは、飛竜という木を台木にしてるんです。そうすることで、果樹が大きくなりすぎず、手入れをきちんとできて、もちろん手入れや収穫も無理することなくできるんですよ!」
a0254656_16245173.jpg
そうお話いただいたのは、「小春農園」専務の小原将輝さんです。
熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんのみかん畑に伺いました。

a0254656_1627647.jpg日のあたる山あいの斜面を利用して、「小春農園」さんでは様々な作物を育てています。
本日ご紹介する『ザ・みかん』、中央のハウスは、柑橘王『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。

a0254656_16333326.jpgその他にも、『原木しいたけ』、幻の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『山あいの甘熟イチジク』などなどを育てる匠の農家さんです。
空気が澄み渡ったこの景色!いつ訪れても本当に心がなごみます。

a0254656_16354780.jpgさて、みかんの果樹の根元の部分に、今日は注目です!!
何だか途中から急に細くなっていますね!
これは、みかんの果樹を“飛竜”という、カラタチの1種の台木に接木をして育てているからなんです。

a0254656_16391857.jpg「笠さん!見てください!!これが飛竜の枝ですよ。こうしてたくさんのトゲを持ちながらグルグルと巻く様にして伸びるので、空を飛ぶ竜に例えられ、飛竜という名前になったのだそうです。」とお話いただきました。

a0254656_16443732.jpg柑橘系の果樹は、台木を利用して育てることが多いのです。
これは「小春農園」さんのデコポンの果樹の根本です。デコポンはカラタチを台木にして育てられていました。
デコポンは、自根で育てると、暴れて(枝が伸びすぎて)良い果実が実りません。
それぞれの果樹にあった台木を利用し栽培することは、長年の研究やたくさんの努力によって生み出されたものです。

a0254656_16511663.jpg「これも“飛竜台木”で育つみかんです。そこまで大きくはならないのですが、もう毎年、たくさんのみかんを実らせ、収穫してるんですよ。これくらいの高さだと、きちんと手入れも行き届き、管理が徹底できます。」

a0254656_16553947.jpg一方こちらは、“カラタチ”の台木で育つみかんの果樹たちです。
もちろんん、樹齢も長いんですが、とんでもない大きさなんです。
小原さんに近くに立って頂きました。

a0254656_1658038.jpgご覧の通り、大きなみかんの果樹です。
小原さんが手を伸ばした倍の高さは有にあります。
そうなると、剪定や収穫の際も労力がハンパじゃありません。

a0254656_1733426.jpgこれは、昨年12月のみかんの収穫の様子です。
収穫しているのは、「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「ここまで大きなみかんの木はあまりないよね!この子達は、もともとは他の農家さんが育てていたのをうちで譲り受けたとたい!大きすぎて手のかかるばってん、それがきちんと手をかけてあげると、本当に良かみかんのでくっとたいね!だけん、大きすぎて大変だけど、しっかり管理して今日の収穫になったとたい!」と小原さんがその際お話いただきました。

a0254656_1791663.jpg澄んだ空気と、日のあたるこの斜面、そして「小春農園」さんのたくさんの愛情を受け、みかんの果実は今年も順調に成長していました。
まもなく、極早生みかんの摘果作業が始まります。その様子はまた取材をして後日このブログでご紹介いたします。

a0254656_1712563.jpg「小春農園」さんの『ザ・みかん』は、有機肥料で育てた安全で美味しいみかんを、飾ることなく味で勝負できるとつけられた名前です。
10月上旬からはいよいよ、極早生みかんの「日南」の収穫と出荷のスタートです。
次は、11月下旬の、中生みかんの「ひのみらい」。
12月下旬~2月中旬が、晩生みかんの「青島」、「金峯」と続きます。

a0254656_1718539.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『ザ・みかん』をネット独占販売いたします。
毎年ご購入いただいているお客様からは、「今年も最初の「ひのみらい」からちゃんと販売スタートの案内してね!」と先日もお電話を頂いたほどの、人気商品です!!
これからも、収穫・出荷まで、「小春農園」さんの匠の技や、みかんの生長の様子などなどご紹介していきます。
この写真見てたら、『ザ・みかん』のあの甘くて爽やかな味を思い出しました・・・。
私も楽しみでなりません!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-08-31 17:28 | ザ・みかん | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 社方園 8/29テレビタミン出演のメイキング裏話!!

FLC日記 2013年8月30日(金) 雨
昨日(8月29日)、ぶどうの匠「社方園」さんが、KKT(くまもと県民テレビ)の夕方の情報番組「テレビタミン」で紹介されました。
a0254656_1750996.jpg
紹介されたのは、数ある果物をおさえて、なんと3年連続売れ筋ランキングで1位のフルーツ『シャインマスカット』です。
(日本農業新聞トレンド調査より)

a0254656_1751193.jpg私が伺った時は、リハーサルの真っ最中!
16:45~の生放送の中継に向け、総勢13名のテレビ局のスタッフが、あわただしく動いています。

a0254656_1753377.jpgピンクのTシャツの方が、「社方園」園主の社方武路さんです。
左の女性は、小門容子さん!熊本では知らない方はいないほどの有名なリポーターです!!

a0254656_17553133.jpgリハーサルを終え、「社方園」さんの販売所で、社方さんのお父さんで、初代園主の社方義武さんにお話をうかがいました。
「笠さんとの縁があって、今日はこぎゃんしてみんなでテレビ出演ばい!おもしろかなぁ・・・。」

a0254656_1822233.jpg「今年はとても良かぶどうのでけたもんなぁ!日照りの続いたばってん、うちはピシャッと潅水設備ばしとるでしょうが、それで逆にきちんと管理のでけたけん、それも良かったとたい!やっぱり、設備投資も良か作物を作るには、大切なことたいね!!」
社方義武さんから伺ったお話は、また後日ゆっくりとご紹介いたします。

a0254656_1874047.jpg販売所内では、プレゼント商品用のスチール撮影が行われています。
カメラマンは、なんとこのスタッフの音声さん!趣味で始めたカメラがもうプロ級となって、今ではすっかりカメラマンも兼任とのこと!

a0254656_188483.jpg撮り終えた写真を覗かせていただきましたが、思わず「さすが!!」と言わせる写真でしたよ!
「音声さんとカメラマン兼任なら、給与は2倍ですか?」と言うと、「それが据え置きなんですよ!笑」その言葉に、みんなで大爆笑です!!
ちなみにこれは、同じ素材を私が取った写真です。

a0254656_18115011.jpg小門さんも、携帯カメラで撮影しています。
「本当にきれいなぶどうですよね・・・。宝石みたい!食べるのがもったいないわね!」と、笑顔いっぱいです。

a0254656_18215992.jpg『工房松山』さんの製作・技術代表の「松山茂行」さんも来ています。松山さんは、山鹿のエジソンと呼ばれるほどの発明家で、この社方さんのステンドグラスの看板の枠も手作りされました。

a0254656_1817174.jpgさて、本番直前の様子です!
最初に紹介される1房が最大15kgにもなるぶどうたちの前に集まっています。
小門さんと社方さんのトークで始まり、最後に「テレビタミンスタート!!」と、『スタート!!』の声をみんなで大きな声で叫びます!
近所の方々も集まっています。社方さんは、ちょっぴり緊張しているのかな?笑
私もそのなかに入り、大きな声で「スタート」を叫び、ちょっとだけ映っていました。
本番中は、撮影ができないので、その様子は見た方のみぞ知る!ってことでお許し下さい。

a0254656_18264289.jpg無事に、オープニングトークと「スタート」の掛け声も決まり、ぶどうの紹介をする栽培ハウスに移動です。
こんなにも立派なKKTの中継車が来ていました。やっぱり生放送は大変ですね!

a0254656_18285688.jpg再度中継される本番前の打ち合わせ!
みんな和やかな雰囲気で、チームワークのある良いスタッフですね!
おやおや?社方さんは神妙な顔?まだまだ緊張してるようです!

a0254656_18331034.jpg社方さんの奥様とお父さんお母さんも心配そう・・・。でもその心配が的中しちゃうんです。
本番の時、社方さんの話す内容の“カンペ”が出なくて、社方さんはあたふた!小門さんのナイスフォローで何とか乗り切ることができました。

a0254656_1836123.jpg最後に子供たちで「シャインマスカット」と声をそろえて叫ぶシーンが用意されていました。
その時間まで、子供たちを飽きさせないように、スタッフさんが冗談を言って和ませています。みんなとっても良い笑顔です。
でも、そこは放送されず、残念ながら幻のシーンとなりました。

a0254656_18393396.jpg全ての中継を終え、直売所に戻ります。
まだまだ夏のまぶしい太陽が、雲の隙間からのぞいています!
みなさんホントお疲れ様でした。とってもいい中継ができたと思います!

a0254656_18442976.jpg今回、「テレビタミン」でメインとしてご紹介いただいた『シャインマスカット』は、大好評に付完売いたしました。
今年の赤ぶどうのシーズンは終了しました。でも、ご安心下さい!!社方園さんには黒ぶどうの王様『ピオーネ』が、今最も美味しく実っています!!
「FLCパートナーズストア」では、「社方園」さんの『熊本産高級種なしぶどう』をネット独占販売しています。
『ピオーネ』を、大きさや房数による4種類のラインナップでご予約承り中です。
ぜひ、下記ホームページよりお求め下さい!!

最後に、今回私のブログを見て、「社方園」さんを「テレビタミン」でご紹介いただいた、くまもと県民テレビ制作局制作部の平山健成さんに、心より感謝しお礼申し上げます。
また、リポーターの小門容子さん、そしてスタッフの皆様方、本当にありがとうございました。

これからも、このブログで様々な情報を発信していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-08-30 19:05 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

台風接近に伴い、「リューバーダム」再建延期!!

FLC日記 2013年8月29日(木) 晴れ
8月25日の大雨で、弊社(株式会社旬援隊)の目の前の川が大洪水となりました。
現在、川の流れはずいぶんと落ち着きを取り戻し、以前のように清らかな流れとなっていますが、大雨の際の濁流が、「リューバーダム」を崩壊させてしましました。
a0254656_137948.jpg
この場所が、私が1人でコツコツと石を積み上げダムを作っていたところです。大きな石がいくつか残っていますが、ほとんどダムの形跡もありません。

a0254656_13112161.jpgこれが先日までの「リューバーダム」の様子です。
1つ1つ石を積み上げ、約60cmのダムです。水深は120cmほどとなり、十分に泳げます。
奥には魚道も作り、アブラメの稚魚たちがたくさん住み着いてくれていました。

a0254656_13215964.jpg5月24日の夕方から降り続いた雨は、このような濁流となり押し寄せてきました。
25日の朝、これでもずいぶんと川が落ち着き、やっと近づけるくらいになったので、撮影した写真です。
写真中央付近の大きな石(手前から2番目)は、それまではありませんでした。この濁流と共に流れてきて、その場所にすっぽりとはまったようです。
これでも、足を滑らせようものなら、命はなかったでしょうね・・・。

a0254656_13252540.jpg東屋(バーベキュー場)と、ここの井戸です。
今回の大雨ではいずれも何とか無事でした。
しかし、井戸へはろ過できる許容量以上に水が入ったようで、若干の濁りがありました。

a0254656_13315088.jpgそこで翌日、私の中学の後輩でもある、「木野設備」の木野英明社長に来てもらいました。
「笠さん!ここの井戸は、どれだけ水位のあっても底まできれいに見えよったけど、さすがにちょっと濁っとるごたっですね!水中ポンプば入れて、底のほうの泥と一緒に水ば汲みあげましょう!」とのことでした。

a0254656_1338583.jpg手際よくその段取りをしてくれました。
「昨年この井戸が崩壊して、掘り直した時は、この水中ポンプば3本入れてもまだまだどんどん水の入って来よったくらい安定した井戸だけん、1本入れて1晩回すとそれで浄化できると思いますよ!」
さすがに、プロの仕事をしてくれます。

a0254656_13404968.jpg「笠さん!「リューバーダム」はどぎゃんすっと?」と尋ねてくるので、
「また1人で頑張る!!手伝ってもらっても良かよ」と冗談交じりで答えると、
「いやいや、それはご遠慮します!!でも、せめて台風の過ぎてからが良くなかですか?」
と言いながら、相棒の緒方くんと大笑いしています。
ここでの田舎暮らしの様々なことで困った時は、木野社長にすぐに連絡をして、助けてもらっています。
ホント気さくな二人です。こうして冗談を言い合っていますが、仕事はいつもパーフェクトにやってくれる、とても頼りがいのある二人です。

a0254656_13484288.jpg今朝の「リューバーダム」があった川の流れです。
本当に清らかで冷たい水です。
ダムが崩壊して、水が留まることができません。すっかり流れが強くなっています。
もちろん、泳げる深さはありません。

a0254656_13593673.jpg「リューバーダム」があったころは、こうして水に入りじっとしていると、アブラメの稚魚たちが身体の角質を食べにたくさん集まってきていました。
ドクターフィッシュならぬ、「リューバーフィッシュ」と名付けかわいがっていましたが、あの濁流と共におそらく川下へ流れていったことでしょう・・・。

a0254656_1442172.jpg台風が過ぎたら、時間を作り必ずまた「リューバーダム」を再建します!!
川下から大きな石を運び上げ、川底の石を拾い上げ、1人コツコツと作り上げます。
もちろん、今回もきちんと“魚道”を作り、「リューバーフィッシュ」たちが戻ってくるのを待ちたいと思います。
もちろん、またあれだけの大雨となれば崩壊するのでしょうが、自然の中に生きるものとして、それは受け入れなければなりませんね!
今はただ、今回の台風が大きな被害をもたらすことのないように祈るばかりです。
そして、「リューバーダム」再建後には、またたくさんの方々に遊びに来て欲しいものですね!!

a0254656_14233316.jpgさて、ここでの遊びの一面をご紹介しましたが、あくまで本業は、匠の農家さんたちが育てる、“本物”と呼べる食材のインターネット販売です。
各種フルーツ、新鮮野菜、お米、加工品などなどを「FLCパートナーズストア」と言うショップ名で販売しています。

a0254656_14235358.jpg自然と共に生き、自ら畑を耕し、果樹を育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
また、農業の苦労、喜びを自ら体験することで“匠の農家さん”たちが作る“本物”の食材を全国の方々にご紹介しようとがんばっています。
現在の最旬食材は、『山あいの甘熟いちじく』、『こだわりの樹上完熟梨』、『高級種なしかぼす』です。
ぜひ、下記ホームページよりチェックしてみてください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-08-29 14:24 | FLC | Trackback | Comments(0)

砂田米 お米の花が咲きました!

FLC日記 2013年8月28日(水) 晴れ
「稲の花が咲くこの時期は、とても水ば必要とするとたい!だけん、こぎゃんして1日に最低2回は田んぼに来て、その様子ば見回りよるとたいね!給水口に草なんかがたまっとらんかチェックして掃除するとたい!!」
a0254656_1631468.jpg
熊本県菊池市七城町砂田の野中逸男さんの田んぼです!
野中さんは、『砂田のこだわりれんげ米』を作っています。

a0254656_1634313.jpgこの白い糸くずのようなのがお米(稲)の花です。
でも正確には、開花後、数時間でもみは閉じてしまうので、閉じたあとに残された雄しべですね!!

a0254656_1638839.jpgお米の花は、朝の8時くらいからほんの数時間だけ咲きます。
この写真は、まだ朝露の残る早朝のものです。ギリギリもみを閉じる前ってところでしょうか・・・。

a0254656_16401173.jpgここは、熊本県七城町砂田地区。菊池川と迫間(はざま)川の間の広大な平野地帯です。砂の混ざった独特な土壌の田んぼで育てられた七城町の砂田米は、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。
野中さんが自分が育てている田んぼを見つめています。

a0254656_1645147.jpg「今年も、順調!順調!むしろ、昨年よりも良いんじゃないかなぁ・・・。草1本生えんごつ手入れもしてきたし、この時期十分に水も与えよるけん、良か~穂のできよる。自慢のお米になるばい!笑」と笑顔で話しています。

a0254656_1649694.jpgここ、熊本県菊池市七城町は日本を代表する米どころです。
この広い平野の大地と、「竜門ダム」から来る清らかな水で、たくさんの農家さんたちがお米を育てています。

a0254656_1657934.jpgしかし、お米の育て方は、農家さんによって10人10色です。
野中さんは「れんげ」や「フェアリーベッチ」を“緑肥”として用い、田んぼの土を育てます。
お隣の田んぼでは、冬の間牧草を育てていました。他に、裏作として各種野菜やタバコなどを育てる農家さんもいます。

a0254656_171340.jpg緑肥(りょくひ)とは、栽培している植物を、収穫せずそのまま田畑に鋤きこみ、植物と土を一緒にして耕し、後から栽培する作物の肥料にすることです。
この一面に咲いたれんげは、花も葉も、茎も根も全て田んぼに鋤き込み肥料となります。
野中さんは、この緑肥のれんげもしくはフェアリーベッチと、稲刈り時の稲ワラの肥料以外には、何も使わず、こだわりの『砂田のこだわりれんげ米』を育てています。

a0254656_1791939.jpg「この時期は、稲たちは、なんさま水ば必要とするとたいね!ばってん、草もよく生える時期で、あぜ道の草刈りば各農家さんがするでしょ?そうすると水路を流れてきて、給水口に詰まるたいね!そればマメに見てまわってやらにゃんとたいね・・・。」

a0254656_17192384.jpg「笠さんほら!鞍岳に雲のかかっとるばい!急いで帰らんと、あたが会社は雨の降りよりゃせんね!」
「わぁ!そうですね!!でも、今から急いで帰っても間に合わんです!でも雨が降ったらスタッフが窓は閉めてくれるので大丈夫です!」
阿蘇五岳の1つ、「鞍岳」の8合目あたりに弊社(株式会社旬援隊)はあります。
そんな山々の景色を見ながら、野中さんと話していました。

a0254656_1724565.jpg「こぎゃんしてマメに田んぼば見て回るとも、やっぱ、うまか米ば作りたかけんたいね!基本、うちの家族、親族や知人のために作りよる米でしょ?何より俺が美味か米ば食べよごたるけんね!笑」野中さんは、安全で美味しいお米を、自分が食べるお米として育てています。

a0254656_17301472.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成25年度も野中さんが育てる『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売いたします。
自分や家族のために作っているお米で、一般流通のほとんどないお米です。
安全・安心にこだわりぬき、美味さを追求したお米です。
まもなく、平成25年度新米の予約受付をスタートいたします。
売り切れ必至の貴重なお米です!!
今後も、弊社ホームページ、このブログをお見逃しなく!!
予約受付はまもなく!出荷(販売)は10月中旬!の予定です!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-08-28 17:41 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 社方園 シャインマスカットとピオーネ!最高!! 「8/29テレビタミン」出演決定!!

FLC日記 2013年8月27日(火) 晴れ
シャインマスカット・・・
これは、ぶどうの品種名です。
この『シャインマスカット』は、数ある果物をおさえて、なんと3年連続売れ筋ランキングで1位のフルーツなんです!!
(日本農業新聞トレンド調査より)
a0254656_17155055.jpg
そして、これが『シャインマスカット』です。
3年連続1位なんてすごいことですよね!!

人気の秘密は・・・、

大粒であること
種がないこと
皮ごと食べられること
糖度が20度と極めて高いこと
そして、
口に入れた瞬間に広がる芳醇なマスカットの香りです。


a0254656_1723036.jpg熊本県山鹿市久原の「社方園(しゃかたえん)」さんは、『熊本産高級種なしぶどう』を生産する匠の農家さんです。
これは、「社方園」さんの人気ナンバー1の『シャインマスカット』と、ナンバー2の『ピオーネ』の2色セットです。
『ピオーネ』は、言わずと知れた“黒ぶどうの王様”です。
酸味と甘味のバランスがバツグンで、大粒で食べやすく、子供から大人まで大人気です。

a0254656_17332015.jpg「社方園」園主の社方武路さんはこうお話いただきました。
「笠さん!今年の『シャインマスカット』はホント良いですよ!!房の充実感、1粒の大きさ、そして糖度もさらにのっていて、自分でも心から納得できる仕上がりになっていますね!!」

a0254656_1742177.jpg「でも、今なら、『ピオーネ』も甲乙つけがたいですね!!
今、出荷しているハウスの『ピオーネ』は最高です!どこに出しても絶対に負けんというくらいの自信がありますね!!」

a0254656_1743292.jpg「社方園」さんでは、20種類以上の種なしぶどうを生産しています。
見てください!この宝石箱のような美しいぶどうを!!
私は「社方園」さんの『種なしぶどう』の美しさ!美味さ!に心底ほれ込みました。
かなり無理を言って、何とか頼みに頼み込んで、数量限定で販売をさせていただく、“本物”のぶどうです。「FLCパートナーズストア」では、「社方園」さんの『熊本産高級種なしぶどう』をネット独占販売しています。

ご注文(ご予約)はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
種なしぶどう


さて、ここでお知らせを1つ!
「社方園」さんが、KKT(くまもと県民テレビ)の夕方の情報番組、『テレビタミン』8月29日(木)放送に出演が決定しました!!

a0254656_18154389.jpg私が8月13日のブログで、「社方園」さんのこの写真をご紹介させて頂き、それにテレビ局の方が目をとめ、出演依頼が来たのです!!
急な依頼だったのですが、「社方園」さんはこころよく引き受けていただきました。
このぶどう、すごいでしょ?なんと1房で最大15kgにもなるんですよ!!もちろん本物のぶどうで、当然食べられます。

a0254656_1821898.jpgですから、この時期になりこうして色付いてきています。
これらのぶどうは、来場者に喜んでいただこう!驚いていただこう!と、栽培しているぶどうたちです。

a0254656_18253438.jpg「ブラック三尺」、「紅三尺」と「ネヘレスコール」と言う3品種です。
「社方園」さんは、木のぬくもりがとても心地よい、ログハウス調のお店で、店舗販売も行っています。
その、ご来場されるお客様たちに楽しんでいただくために、これらの大房なぶどうを育てているのです。
初めて来た方は、みなさん口をあんぐり!!「これ本物?え?ウソでしょ?本当に?食べられるの?」という会話が飛び交い、とてもおもしろいんです!

a0254656_18372750.jpg店舗内は、ご覧の通りとても天井が高く開放感漂う空間です!
様々なところにぶどうのディスプレーや「社方園」さんのロゴのオブジェがあり、それを見るだけでもすっごく楽しいんです。
おっと、これ以上はぜひ店舗にも伺って欲しいので、内緒にしましょう!笑

a0254656_1842162.jpg「社方園」園主の社方武路さんと奥様です。
ぶどうの匠と、匠を支えてきた奥様は、とっても仲良しのお2人です。
私が、出荷の際に伺うと、いつもこの笑顔で迎えてくれて、気さくなお2人との会話で、ついつい長居しちゃうんですよね!
ぜひ、お2人との会話も楽しみの一つとして、訪れてみてはいかがですか?

≪「社方園」さん出演の放送の案内≫
『テレビタミン』
日時:8月29日(木) 16:45~19:00
放送局:KKT(くまもと県民テレビ)

熊本にお住まいの方は、ぜひご覧下さい!
もしかしたら、私も出演するかもしれません(笑)。


a0254656_19015100.jpg私が惚れ込んだ「社方園」さんの『熊本産高級種なしぶどう』は、平成25年度残りわずかとなってきました。
※平成25年度の「赤ぶどう」は、大好評に付、完売いたしました。
日々、社方さんと連絡を取りながら、販売数を決定しています。
ですから、予告なしで、売り切れとさせていただく場合もございます。

美味しいぶどうを食べたい方、最高級のぶどうを贈りたい方に!!
ぶどうの匠が育て、ぶどうの匠が選び抜いた極選ぶどうのラインナップ!!
ご注文(ご予約)は、下記ホームページよりお急ぎ下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-08-27 19:08 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(1)

熊本の最旬「美味かもん」をご紹介 vol.8

FLC日記 2013年8月26日(月) 雨のちくもり
熊本の最旬「美味かもん」をご紹介します。
美味しいフルーツと果実、そして野菜!!

1.山あいの甘熟いちじく
2.こだわりの樹上完熟梨「豊水」、「新高」
3.熊本産高級種なしかぼす

「FLCパートナーズストア」で販売中の、“本物”と呼べる食材です。
いずれも、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品!必見です!!

a0254656_1658743.jpg
『山あいの甘熟いちじく』
4パック(12~16玉) 3,300円
「小春農園」さんの『いちじく』は、“完熟”ならぬ、“甘熟”と命名されたいちじくです!
樹上完熟にこだわった『いちじく』は、とろける食感でやさしい甘さ、芳醇な香りをお楽しみ下さい。
生産者「小春農園」さん:熊本県山鹿市鹿北町

a0254656_173303.jpg「『いちじく』は絶対に樹上で完熟させんと本当の美味しさにならんとたい!ばってんね、そうするとなかなか日持ちがせんとよね!そこを上手くクリアして、全国のお客様に届けたいねぇ!!」
「小春農園」代表の小原正宏さんが、熱くお話いただきました。
というのも、「FLCパートナーズストア」のフルーツアンケートで、『いちじく』は常にお取り寄せしたいフルーツに選ばれていたからです。

a0254656_179123.jpgこだわりの“甘熟”いちじくは、口に入れると、とろ~りと、とろける食感です。
芳醇な香りと甘さが口いっぱいに広がり、これぞ“本物”と呼べる美味さです!

a0254656_17141930.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「朝採り、そのままをチルド便にてお送りします。ただし、完全予約制の数量限定にさせて下さい!納得いくものだけをお送りしたいから!」と絶対の自信を持っておススメいただきました。

a0254656_1720568.jpg生産者の「小春農園」さんと配送業者の全面協力のもと『山あいの“甘熟”いちじく』を商品化することができました。
「小春農園」代表の小原正宏さんはお話いただきました。
「生食でもジャムでも十分に楽しめるこだわりの“甘熟”いちじくを、全国たくさんの方々に食べていただきたいねぇ!」
「FLCパートナーズストア」では、こだわりの匠が選び抜いた“極選”の『山あいの甘熟いちじく』だけを発送いたします。

ご注文(ご予約)はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
いちじく


a0254656_18282254.jpg
『樹上完熟熊本梨』
『幸水』5kg(12玉or14玉入り) 5,600円~ →完売!御礼!
『プレミアム幸水』 化粧箱入り(5玉or6玉) 3800円 →完売!御礼!
『豊水』5kg(10玉or12玉入り) 5,600円~
『プレミアム豊水』 化粧箱入り(5玉or6玉) 3800円
『新高』5kg(8玉) 5,600円~
『プレミアム新高』 化粧箱入り(6玉) 4,800円
“美味しい!!”を届けたいと、樹上完熟にこだわりぬいた、匠が育てる熊本梨。おかげ様で、「幸水(こうすい)」は完売いたしました。
ただいま「豊水(ほうすい)」が最旬にてご予約承り中!
ジャンボ梨「新高(にいたか)」は、9月中旬より販売スタート!
生産者:「本藤果樹園」さん 熊本県菊池市戸豊水(とりうず)
生産者:「岩永農園」さん 熊本県菊池市市野瀬

a0254656_18353124.jpg酸味と甘味のバランスが良く、とてもみずみずしく、食味がソフトなので、年配の方やお子様にも大変人気です。秋の気配を感じさせる梨です。しっかり熟したものはまた格別の甘さになります。

a0254656_18395949.jpg「本藤果樹園」の本藤猪一郎(ほんどういいちろう)さんにお話をうかがいました。
「樹上完熟にこだわって、その日に収穫したものを出荷するとたい!だけん、毎日その見極めをしながら収穫するのは大変だけど、これがまた1つの喜びたいね!!」

a0254656_18412099.jpgこちらは、「岩永農園」さんの“極選”のプレミアム『豊水』です。
きれいな化粧箱に6玉入入った至高の逸品です!!ご贈答にも大変喜ばれる商品となっています。

a0254656_18455220.jpg「化粧箱入りの『豊水』は、ホントきれいかでしょ?実はね、『豊水』の生産は全国的に減少しよるとたい・・・。それはね、果実が日焼けして“にえ”という現象が起こりやすいけん、そのリスクを考えて、生産をやめる農家さんが増えてきてね・・・。」と「岩永農園」の岩永敏行さんがお話いただきました。

a0254656_18501570.jpg「本藤果樹園」さんも「岩永農園」さんでも、匠の技で、太陽の日差しが果実にあたりすぎず、あたらなすぎない“命の剪定”をして、果実と葉っぱのベストバランスを作り上げています。
惜しまぬ手間ひまで作り上げた梨の育つステージ!美しい果樹園からはやはり良い商品ができるのですね!!

a0254656_18555582.jpg9月中旬からは、ジャンボ梨『新高(にいたか)』の出荷が始まります。
1玉が、500グラム以上の大型の品種です。
歯ごたえ良く果汁も豊富な梨で、酸味が少ないので、甘味を十分に楽しめます。
洋梨ほどではありませんが、香りもあります。
大きなものは1玉1kgにもなります。日持ちが良いのも特徴です。もちろん、樹上完熟にこだわりぬいた“本物”と呼べる至高のジャンボ梨『新高(にいたか)』です。

ご注文(ご予約)はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
なし



a0254656_18591853.jpg
『熊本産高級種なしかぼす』
種なしかぼす 16玉 1,200円
種なしかぼす 約4kg(45玉前後) 3,240円
種がないこlとで、高級料亭や有名レストランでも使用されている、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』です。
生産者「古川果樹園」さん:熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木

a0254656_1941581.jpgなんと!かぼすに種がないんですよ!!
ですから、果汁をぜ~んぶ思いっきり搾って利用できます。
みずみずしい果汁をそのまま、焼き魚、お肉、お鍋、焼酎にウイスキーにいかがですか?
最近の私のおススメはなんと「ビール」。メキシコの「Coronaビール」みたいでこれまた美味いんです!!

a0254656_1973699.jpg「古川果樹園」代表の古川孝人さんです。
「この山あいには、他に柑橘類の生産者もおらんけん(いないので)、消毒なんかはほとんどせんとたい!使うとは果汁だけだろうけど、やっぱり安全・安心でなからんといかんけんね!!」

a0254656_19115095.jpg「古川果樹園」さんのかぼす園は、イノシシよけのフェンスが張り巡らされいます。
イノシシはかぼすを食べませんが、穴を掘ったり、果樹をキズつけたりと悪さをするので、その対策です。
それほどの山あいののどかな場所で元気に育ったか『種なしじかぼす』です。

a0254656_1915175.jpg「古川果樹園」さんでは、発送日の朝、ほどよいサイズに育った『種なしかぼす』を古川さんと奥様のアツ子さんとで1つ1つ収穫して、それを全て手選別で選び抜き出荷します!
種がなく、みずみずしく、果汁の全部を搾りきれる『種なしかぼす』は、「一度使ったらもう他のカボスは使えない!」とリピーター続出の超人気商品です。

ご注文(ご予約)はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
かぼす



これらはいずれも、匠の農家さんが育てた、“本物”と呼べる食材です。
「FLCパートナーズストア」の商品コンセプトは、

『わが家の専用農家さん』

「生産者の方々が心を込めて作った安全でおいしい食材」を、
最旬商品としてお届けいたいます。

ご購入、ご予約は下記ホームページより!
ご意見・ご質問などもお気軽にお寄せ下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-08-26 19:23 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

豪雨により「リューバーダム」崩壊・・・

FLC日記 2013年8月25日(日) 雨
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥です。
株式会社旬援隊の本社所在地がある場所です。
昨夜からの激しい豪雨により、目の前の川が激流へと変わりました。
1つ1つ石を積み上げて作った「リューバーダム」は完全崩壊です・・・。
a0254656_16173298.jpg
「リューバーダム」へはこのような激流となった水が大量に流れ込んでいます。雨が小降りになったので、カサをさして川を見に行き撮影しました。

a0254656_16183751.jpg普段はこのようにとても清らかなやさしい水の流れなんです。
ほぼ同じようなアングルの写真なので、その違いが本当によくわかります。
先日も、中学時代の友人のママ友家族が遊びに来て、子供たちと一緒にこの川を上流へ向け探検したばかりですが、今日は近くによるのさえ恐ろしいほどの川の流れでした。

a0254656_16283538.jpgこちらは、昨年7月12日の「北部九州大水害」の際に、できた川です。
今日このように川が流れているところは、たくさんの木が立ち並ぶ森でした。あの日、川は氾濫し新たな流れを生み出し、その森を一切合切流していきました。
今日のように大雨が降ると、普段は水無し川のようになっているこの部分に、濁流が押し寄せます。

a0254656_16322686.jpg二つの流れが合流する地点です。
「リューバーダム」は、このすぐ下流に位置しています。この流れでは、私が1人の力で作り上げた「リューバーダム」など、ひとたまりもありません。

a0254656_16343293.jpgこれが「リューバーダム」です。
ここは、川の上流で水が留まるところがないので、石を積み上げて泳げるスペースを作り上げました。
手前には川原もあり、緩やかに水深も深くなり本当に良い遊び場です。

a0254656_1654724.jpg1つ1つ石を積み上げ、約60cmのダムです。水深は120cmほどとなり、十分に泳げます。
奥には魚道も作り、アブラメの稚魚たちがたくさん住み着いてくれていました。

a0254656_16563351.jpgその稚魚たちは、じっとしているとたくさん集まってきて、身体をつついて角質を食べてくれます。
まるで「ドクターフィッシュ」のようです。
「リューバーフィッシュ」と名付け、とてもかわいい仲間達で、ここを訪れる方々を癒してくれました。

a0254656_16591857.jpgしかし、昨日からの豪雨でこのような激流となり、どこがそのダムだったのか?川原はどこだったのか?さえわからない状況です。
この激流はおそらく「リューバーフィッシュ」たちも下流へと流していったのではないでしょうか・・・。

a0254656_176516.jpgここ(㈱旬援隊)より上流には誰も住んでいません。
しかし、現在杉やヒノキの伐採で、このような大きなトラックが伐採した木を満載にして、1日5回も6回も下りていきます。
その伐採作業はまだ2年以上続くのだそうです。

a0254656_17131360.jpgもちろん伐採後はこうして植林して新しい山を作り上げていきますが、伐採している杉やヒノキは60年間ほど山を守ってきた木々たちです。植林されたばかりの幼い木々では、山の保水力を保てていないようです。

a0254656_1783227.jpgそれらの杉やヒノキは、伐採し販売することを目的で60年ほど前に植林をしたのだし、伐採するなとはけっしていえませんが、あまりにも広範囲をあまりにも猛スピードで伐採するのはいかがなものかと思います。

a0254656_17153173.jpg伐採が進むにつれ、ここの目の前の道路は雨が降るたびにこのようにほぼ川とも思えるほど水が流れてくるようになりました。
舗装道路はあちこちに亀裂が走り、大きな穴もできています。
もちろん、これらが全て伐採によるものとは言いませんが、伐採とあの大きなトラックが、材木を満載して走ることがその要因で無いとは言い切れないと思います。

a0254656_1721622.jpg止まない雨はないので、もちろん雨が止めばまた平穏が訪れると思います。
でも、本当にあの穏やかな川の流れは戻ってくるのでしょうか?
そして、ここの道路の崩壊は止められるのでしょうか?
自然の中に生きるものとして、様々なことを考えさせられた1日でした。
おそらく「リューバーダム」の再建は、またかなりの労力を要すると思いますが、それはそれでまた頑張ります!笑

各地で、豪雨による被害もたくさん出ていると毎日のようにニュースで流れています。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

自然災害の恐ろしさと、もしかしたら作られた災害ではないのだろうかという懸念・・・。
また降り出した激しい雨の音を聞きながらそんなことを考えています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2013-08-25 17:36 | FLC | Trackback | Comments(0)

利平栗 栗の王様「利平栗」まもなく予約受付開始です!!

FLC日記 2013年8月24日(土) くもり時々雨
栗の王様『利平栗』が、今年も順調に成長しています。
「FLCパートナーズストア」では、オリジナルブランド『自然栽培で育てた利平栗』を今年もネット独占販売いたします。
a0254656_13202697.jpg
ここ(株式会社旬援隊)では、『利平栗』をはじめ、様々な作物を完全無農薬、完全無化学肥料で栽培しています。もちろん消毒も一切行いません。

a0254656_13282216.jpg現在の栗林の様子です。
手前に広がっているのは、赤星武利さんのお茶畑です。
赤星さんはここで『有機栽培のお茶』を育てています。ですから、私の敷地でも全く農薬や化学肥料、消毒もしないことを協力しているのです。

a0254656_1337043.jpg有機栽培のお茶の基準は厳しく、もし基準値を上回る数字が出てしまうと、それから3年間は有機栽培としてお茶を出せません。
ですから、見てください!ここの栗たち!!笑っちゃうくらいに虫食いの葉っぱなんです!

a0254656_13232042.jpg『利平栗』は、管理が難しく、生産量も年々減少している“幻の栗”とも言われる大変貴重な栗です。
ここでもなかなかたくさんの量は収穫できません。
その中で、良いものだけを手選別して販売いたします。

a0254656_13303267.jpgもう、こんなにも大きくなりました。
これから色付き、イガが割れて『利平栗』が落ちたら収穫です。
栗だけは、絶対に落ちたものでないとおいしくありません。だから、“栗拾い”なんです。

a0254656_13404392.jpgこんなに大きくても、おそらくその中に入っている『利平栗』は、このように1つだけです。
その効率の悪さも、生産農家さんの減少の要因のようです。
また、鬼皮が厚い為、剥きにくく、加工には剥いていないようです。
しかし、そこは「栗の王様」です!口に入れて噛んだ時のあのホクホク感、広がる甘味を考えると、剥きにくいことなんか忘れてしまいます!!

a0254656_13455618.jpg色合いは、他の品種に比べ黒く、とても大粒です。
丸みを帯びた形状をしています。
また、最大の特徴はうっすらと生えた産毛のようなものです。

a0254656_13504391.jpg毎年、9月中旬から収穫を始めますが、今年は何だか少し早いような気がしています。
こうして、少し色付いてきているイガも出てきました。
それにしても、葉っぱは、見事な?虫食いっぷりですね(笑)!!でも、それだけ、安全だということです。
a0254656_13525446.jpg
「FLCパートナーズストア」では、弊社オリジナルブランドの『自然栽培で育てた利平栗』を、今年も販売いたします。
数量限定の完全予約販売です。
まもなく予約受付をスタートいたします。
大粒のものだけをセレクトした“厳選”の『利平栗』です。
今年もおそらく完売が予想されます。
ご注文(ご予約)はお早めにお願いいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-08-24 13:58 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

甘熟いちじく 待望の!!! 販売スタートいたしました!!

FLC日記 2013年8月23日(金) くもり時々雨
お待たせしました!
『山あいの甘熟いちじく』の販売がスタートしました!!!
a0254656_17163473.jpg
完熟イチジクは、一般流通の少ない、とても貴重なフルーツです!
しかしながら、弊社のwebサイト「FLCパートナーズストア」のフルーツアンケートでも、ご希望の商品としてとても人気の高かったのが『いちじく』です。
「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』を、本日(8月23日)より、完全予約制でのネット独占販売をスタートしました。

a0254656_17211777.jpg「小春農園」さんの『いちじく』は、“完熟”ならぬ、“甘熟”と命名されたいちじくです!
樹上完熟いちじくは、とろける食感でやさしい甘さ、芳醇な香りをお楽しみ頂けます。
朝採り、即日発送で、新鮮さそのままにお届け致します。
口の中に入れた瞬間にとろけながら、とてもやさしい甘さが口いっぱいに広がる!そんな“甘熟”のいちじくです。

a0254656_17284545.jpg生産者は、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんです。
「小春農園」さんでは、本日ご紹介する『山あいの甘熟イチジク』をはじめ、『原木しいたけ』、柑橘王『デコポン(肥後ポン)』、『ザ・みかん』、幻の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』などなどを育てる匠の農家さんです。
『山あいの甘熟いちじく』は、「一文字整枝法」と言う栽培方法で、ハウスで育てられています。

a0254656_17362593.jpgハウスといえども、締め切りのハウスではなく、ましてやボイラーなどを焚いて温度調節をするものではありません。
果樹を雨風から守るためのものです。この黒い寒冷紗(日よけ)は、西日を避けるためのものですね。
「小春農園」さんでは、より自然に近い形で、安全・安心な“美味いもの!”を育てています。

a0254656_17392871.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「うちではね、“甘熟”ってしてるでしょ?いちじくは本当に樹上で完熟させんと本当の美味しさにならんとたいね!それを全国のお客様に食べていただけると思うと、ホント嬉しいねぇ・・・。」

a0254656_17595239.jpg6月中旬の『山あいの甘熟いちじく』の栽培ハウスの写真です。
この頃、いちじくの果実はまだほんのビー玉程度の大きさです。

a0254656_1852074.jpg茎と葉っぱに伸びる枝の間の丸いものが果実になる部分です。
「小春農園」さんでは、その茎をひもでぐるぐると巻きながら、1本1本全てを吊り下げて栽培します。
惜しみない手間ひまをかけ、至高のいちじくを育て上げるのです。
ハウスに守られているとは言え、風で枝が揺れ果実がキズつかないように・・・。

a0254656_17521296.jpg大切に大切に育て上げられた『山あいの甘熟いちじく』は、こうして“甘熟”を向かえ収穫されます。
1つ1つを見極めながら、丁寧な手作業での収穫です。
朝採りの新鮮さそのままに食べていただくためです。

a0254656_1822193.jpgパックに入れられ、さらに段ボールのケースに4パックずつ入れられます。
完熟いちじくはとっても傷むのが早いので、一般的には、完熟前に収穫し出荷されます。
でも、それでは『山あいの甘熟いちじく』の本当の美味しさではないと、「小春農園」さんは樹上完熟にこだわり続けています。

a0254656_18363499.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「樹上完熟いちじくを新鮮なまま食べていただきたいですね!
ドラえもんの「どこでもドア」があるなら、ここで収穫し箱詰めしたものを、ドアを開けてそのままお渡ししたいくらいです!笑」

a0254656_18395839.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
全国的にも、完熟いちじくをネット販売しているところはほとんどありません。
あっても、地域限定での販売のようです。
「小春農園」さんと、配送業者さんの全面協力のもと、この度全国のお客様へ向け商品化することができました。
朝採り、新鮮そのままをチルド配送でお送りいたします。

完熟ならではの・・・
芳醇な香り!
とろける食感!
口いっぱいに広がる、やさし~い甘さ!

全国の『いちじく』ファンの皆様!
『山あいの甘熟いちじく』、大変お待たせいたしました!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-08-23 18:55 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

熊本梨 『豊水(ほうすい)』発送開始!!

FLC日記 2013年8月22日(木) 晴れ
熊本梨『豊水(ほうすい)』の出荷がスタートしました。
「FLCパートナーズストア」では、2件の「わが家の専用農家さん(契約農家さん)」から、いずれも樹上完熟にこだわりぬいた、新鮮で、みずみずしく甘い、『豊水』を、全国へ向け好評発送中です!!
a0254656_16121676.jpg
熊本県菊池市戸豊水(とりうず)で、『樹上完熟の熊本梨』を生産する匠の農家さん「本藤(ほんどう)果樹園」さんの、梨園です。

a0254656_16151470.jpg「本藤果樹園」の本藤猪一郎(ほんどういいちろう)さんにお話をうかがいました。
「樹上完熟にこだわって、その日に収穫したものを出荷するとたい!だけん、毎日その見極めをしながら収穫するのは大変だけど、これがまた1つの喜びたいね!!」

a0254656_16174514.jpg「今年は、最初に出荷した『幸水』から、この『豊水』へと上手く切れずに出荷ができてるとたい!特に『豊水』は糖度も13度あって、ほどよい酸味もあるけん人気が高いとたい!!『豊水』を待って、買いに来るお客さんもおおいとたいねぇ~。」

a0254656_16214918.jpg昨年から採用した、「くまモン」デザインの箱に入れられ出荷されます。
「本藤果樹園」さんの、樹上完熟梨は、本藤さんが経営する直売所のみでの販売でした。もちろん、そこで全て完売する大人気の梨なのです。ですから、当初「FLCパートナーズストア」でのネット販売をお断りされました。
樹上完熟へのこだわり!絶対に販売数が足りない!という理由からです。

a0254656_16241156.jpgそこを、何とか頼みに頼み込んで、昨年より「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売させていただいています。
ただし条件付です!!
予約制の数量限定にすること!!
それと、樹上完熟のベストタイミングで出すので、必ずお客様には最長でも中1日でお届けすること!!
その条件のもと、「FLCパートナーズストア」で、全国に向け発送しています。

a0254656_16324653.jpg
こちらは、熊本県菊池市市野瀬の匠の農家さん「岩永農園」さんの『豊水』です。
もちろん「岩永農園」さんも樹上完熟にこだわりぬき、出荷をしています。

a0254656_16304048.jpgそして、その中で、「岩永農園」さんに“極選”のプレミアム『豊水』をご用意いただきました。
ごらんの化粧箱に6玉入りのまさにプレミアムです!!

a0254656_16455018.jpg「岩永農園」代表の岩永敏行さんです。
「化粧箱入りの『豊水』は、ホントきれいかでしょ?実はね、『豊水』の生産は全国的に減少しよるとたい・・・。それはね、果実が日焼けして“にえ”という現象が起こりやすいけん、そのリスクを考えて、生産をやめる農家さんが増えてきてね・・・。」

a0254656_1711214.jpg岩永さんがおっしゃるには、梨の中でもとりわけ『豊水』は、8月のもっとも暑い時期に実りを迎えるので、日差しの影響をもろに受けるのです。
そこで、「岩永農園」さんでは、匠の技で、太陽の日差しが果実にあたりすぎず、あたらなすぎない“命の剪定”をして、果実と葉っぱのベストバランスを作り上げています。

a0254656_176593.jpgこれが、「岩永農園」さんの梨園です。
見事に整備され、管理が行き届いています。木漏れ日もなしが育つステージとでも言いましょうか、まさに匠の技、“命の剪定”によるものです。
その中で、「岩永農園」さんが選びに選び抜いた“極選”の『豊水』だけが、化粧箱に入ったプレミアム『豊水』となるのです。
ぜひご賞味下さい!!


a0254656_1791634.jpg「本藤果樹園」さんでも、「岩永農園」さんでも、9月中旬からは、ジャンボ梨『新高(にいたか)』の出荷が始まります。
1玉が、500グラム以上の大型の品種です。
歯ごたえ良く果汁も豊富な梨で、酸味が少ないので、甘味を十分に楽しめます。
洋梨ほどではありませんが、香りもあります。
大きなものは1玉1kgにもなります。日持ちが良いのも特徴です。
a0254656_17313436.jpg

「FLCパートナーズストア」では、「本藤果樹園」さん、「岩永農園」さんの熊本梨を、ネット独占販売しています。
一切の妥協を許さず育て上げてきた、“樹上完熟”の美味さをぜひご堪能下さい!

新鮮で!
みずみずしく!
甘~い!

その日の朝に収穫した熊本梨を即日発送でお送りいたします。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
数量限定商品です!
お急ぎ下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-08-22 17:41 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)