ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

熊本梨 岩永農園 5種の梨を食べ比べ

FLC日記 2012年8月31日(金) 晴れ
熊本県菊池市の市野瀬にある岩永農園さんの梨園に取材に伺いました。
岩永敏行さんは、6種類の梨を育てる匠の農家さんです。
a0254656_14491523.jpg
細部にまで手の行き届いた、見事に管理されている梨園です。
この日は台風が接近していて、とてもお忙しい中貴重なお時間をいただき、いろいろお話をうかがいました。

a0254656_1695767.jpg梨の木は、ある意味とても強く、この様に、ほとんど枝が折れたような状態でも、しっかり生きていけるのだそうです。
この先の枝にもたくさんの果実が実っていました。

a0254656_16121689.jpgただその分、台風などの強風にあおられると、しなって果実が落ちてしまうのだそうです。何年か前には1晩で全てのなしが落果して、全く商品に出来なかったこともあったそうです。

a0254656_16145637.jpgですから、この日も台風が接近中なので、このアンカーをグルグル土に埋め込みワイヤーを張りかぜでしならないように固定する作業をしようとされていました。
幸いにも直撃はなさそうなので、今回はその作業を見送るとのことでした。

a0254656_15573169.jpg見事な梨でしょ!!
これはこれから収穫を迎える「新高(にいたか)」と言う梨です。
これだけきれいに育てるためには、並大抵の努力では出来ません。日々の徹底管理と匠の技!岩永さんの愛情がたっぷり詰まった最高級の梨です。
まだまだ大きく甘くなっていきますよ!

a0254656_1624890.jpgとても貴重な経験をさせていただきました。
岩永さんが作っている6種類の梨から、5種類をその場でもぎたてで食べ比べました。
収穫する順番どおりに、手前から

・「幸水(こうすい)」
最も早くに収穫を迎える梨。糖度は11.5度程度だが、みずみずしく食感も良く人気の品種。この時期はすでに最旬の時期を過ぎていました。

・「秋麗(しゅうれい)」
JAが品種開発と育成の仕方の指導をして、流通まで行っている貴重種の梨。お盆過ぎからの出荷で、香りが高く女性に大人気です。

・「豊水(ほうすい)」
一番人気の品種です!その名の通り、みずみずしく、糖度は12度と高いのですが、酸味とのバランスがバツグンです!最旬の梨です!

・「秋月(あきづき)」
「新高×豊水」に、さらに幸水をかけ合わせてできた梨です。酸味が少い分とても甘く感じられ、果汁も豊富なため、人気急上昇中です。

・「新高(にいたか)」
歯ごたえ良く果汁も豊富な梨。酸味も少なく甘味を十分に楽しめます。洋梨ほどではありませんが、香りもあります。大きなものは1玉1kgにもなります。

上記以外に、11月に収穫を迎える「新興(しんこう)」と言う梨も作っていますが、それはさすがにまだ早く食することは出来ませんでした。
でも、5種類の梨をもぎたてでその場で食べるなんて、めったに出来ることではありません。本当に貴重な体験をさせていただきました。
個人的な好みでは、「豊水」がナンバーワンです!
やはり一番人気のはずですよね!もちろんこの時期の“最旬”と言うこともあり、最高の味わいでした。
また、これからの時期最旬を迎える「新高」は期待値がかなり高く、もっとおいしくなるこれからがすごく楽しみになりました。


a0254656_17243471.jpg岩永農園さんでは、普通有袋栽培(果実に袋をかけて育てる方法)で育てる「新高」を無袋栽培で育てています。そうすることで、糖度がより高い「新高」が出来るのだそうです。
その分、害虫や病気などのリスクは高くなります。岩永さんの匠の技と、愛情、手間ひま無しでは、最高の「新高」は出来ません!まさに梨作りの『巨匠』です!

「FLCパートナーズストア」では、岩永農園さんの最高級の「新高」を、数量限定でネット独占販売させていただくことになりました。
現在、全力準備中です!
収穫したその日に発送するため、樹上完熟のみずみずしさをそのままお届けいたします!
準備が整い次第、ホームページでご案内させていただきます。ぜひ、巨匠の梨「新高」をご賞味下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-08-31 17:39 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)

菊池水源棚田米 開花しました!

FLC日記 2012年8月30日(木) くもりのち雨
『菊池水源棚田米』の田んぼ(棚田)の様子を取材してきました。
熊本県菊池市菊池水源で水にこだわり『菊池水源棚田米』を生産している、後藤武臣さんの棚田です。
a0254656_15434919.jpg
随分と成長した稲たちは、稲の花を咲かせていました。

a0254656_15482059.jpg花が咲くといっても、お米で言う籾(もみ)が開き、中からおしべが出てくるといった現象が開花です。
籾は約2時間ほどでまた閉じるので、白いおしべが籾の外に残っていました。

a0254656_15542320.jpgここは、まさに水の源(みなもと)菊池水源です。新鮮でクリアな美味しい水をたくさん吸って元気に成長しています。
後藤さんは、この新鮮な水があるからこそ、この手のかかる棚田にこだわり米つくりをしています。

a0254656_1557465.jpgもちろん、棚田ではたくさんの太陽の光を浴びることが出来ます。
太陽に向かって一生懸命伸びている稲が、とても愛らしく思えました。

a0254656_1605074.jpg高台から、棚田地帯を見下ろしました。
中央の建物は後藤さんたちが発起人となり建設した「堆肥センター」です。後藤さんの棚田は、その左側で一番南にあります。

a0254656_1633855.jpgちょうど、朝の田の水を見て回った後藤さんがバイクで通りかかりました。
「おはようございます!」と声をかけると、「なんな(どうした)?写真ば撮りに来た?」とバイクのままの後藤さん・・・。

a0254656_1682582.jpg「今年もええあんばいに育ちよるばい!間違いなく、うま~か米の出来よるばい!」
「午前中にニンジンの種ば植えるけん、写真ば撮りに来なっせ!!」と言いながら、お孫さんたちの幼稚園への送りがあるからと、話もそこそこで帰っていきました。
後藤武臣さんは72歳とのこと!
でも見てください!この筋肉隆々の背中!腕!
とてもとても72歳とは思えません!
a0254656_16175431.jpg
後藤さんの棚田側から、先ほど撮影した丘の方を写してみました。
もうすでに、穂が実り頭(こうべ)を垂れている稲穂も出始めていました。
菊池水源の新鮮で美味しい水で育った『菊池水源棚田米』が、一面に色付き黄金色に輝く景色を想像しながら、後藤さんの棚田を後にしました。

水の源(みなもと)「菊池水源」の命の水で育ったこだわりのお米!
「FLCパートナーズストア」では、『菊池水源棚田米』の平成24年度新米の、限定予約販売を好評受付中です。
定数になり次第予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文(ご予約)は今すぐ下記ホームページよりお待ちしています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-08-30 16:29 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)

小春農園 デコポン(肥後ポン)が吊られて元気です!

FLC日記 2012年8月29日(水) 雨のちくもり
熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんにおじゃましてきました。
『柑橘王』デコポン(肥後ポン)の生産をしている匠の農家さんです。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため『肥後ポン』での販売となります。
a0254656_14552742.jpg
野球ボールくらいのサイズに成長していました。
デコポン特有の上部の出っ張りもしっかりあって、なんだかとてもかわいらしいですよね!

a0254656_1512544.jpg先日(2012年7月28日(土) )のブログでご紹介しましたように、デコポンは、1つ1つひもで吊るされています。
そうすることで、デコポン自体の成長の重みで、枝が折れることなく美味しいデコポンが育ちます。逆に言えば、そうしないと上手く育てることが出来ない大変手間ひまのかかる果物です!!

a0254656_1531010.jpg「小春農園」さんが栽培している、みかん山からデコポンのハウスを撮影させていただきました。
美しい自然と美味しい空気の中にある、そのハウスでは、『肥の豊』と『不知火(しらぬい)』と言う2種類のデコポンが生産されています。

a0254656_15111738.jpgハウスの中はこの様に自然に草を伸ばしています。
重要なのは草が伸びているのではなく、伸ばしていると言うことです。
今は、デコポンに十分に水を与える時期なので、保湿力を高めるために草を伸ばしているのです。もちろん時期になれば、その草を全て草刈機で刈り取ってしまいそのまま肥料とします。
とても自然に優しい、除草剤などは一切使わない自然派農法で育てられているのです。

a0254656_15161377.jpgこれは、先日私が「デコポンの吊り作業」の取材に伺った際に、お手伝いをして吊り下げ作業をさせていただいたデコポンです。
この様に1つだけきちんと印をつけていただきました(笑)。そのあたりに育っているデコポンの中で、私の判断で勝手に一番美味しそうなのを吊るしました。元気に育ってほしいものです。

a0254656_15194029.jpg匠の技で見事な吊るし様です!
果実がすでに下に向いているデコポンはひもがピンと張っています。まだ横向きのデコポンはひもに余裕があり、もっと大きくなってたれた時にひもがピンとなるよう見事に調整されているのです。
毎年の作業とは言え、本当に見事な匠の技ですね!!!
a0254656_1530298.jpg
これは、今年の5月から6月にかけて販売した『蔵出し完熟デコポン』です。
「小春農園」さんでは、デコポンの木、1本1本の特性を全て管理しています。収穫の際に、全ての糖度、酸味のデータを取り徹底管理し、ベストタイミングで出荷します。
すぐに商品として出せるもの、酸味が強いのをあえて取って置き、『蔵出し完熟デコポン』として、昔ながらの蔵に眠らせる(追熟させる)ものとがあります。

「今年も順調に育っています!例年に比べ、1玉1玉のサイズは大きいように思いますよ!」
元気に育つデコポンたちを眺めながら、小原将輝(おばるまさき)さんがお話いただきました。

「FLCパートナーズストア」では、この様にデコポンの成長から収穫までを取材させていただきながら、皆様にさまざまな情報をお伝えし、販売に向け準備をしています。
もちろん出荷はまだまだで、12月もしくは1月になると思いますが、ぜひ楽しみにしていてください。
私の知る限り、間違いなく最高のデコポン(肥後ポン)です。
まさに“本物”と呼べる商品です!!
今後も、取材を続けて、その成長の過程をお伝えしていきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-08-29 15:49 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

熊本スイカ 「肥後漫遊」こだわりの直播き&自根栽培

FLC日記 2012年8月28日(火) くもり
熊本スイカ『肥後漫遊』を栽培している、「石貫農園」さんに取材に伺いました。「石貫農園」の石貫豊さんは、熊本県山鹿市でスイカ一筋20年の匠のスイカ農家さんです。
a0254656_16234365.jpg
今回もこだわりの大玉スイカ『肥後漫遊』を育てています。
100m以上もある「石貫農園」さんのハウスです。

●肥後漫遊(ひごまんゆう)・・・大玉スイカ

a0254656_16372866.jpg8kg以上の3Lサイズ 糖度12.5度のものだけを厳選して「FLCパートナーズストア」で予約販売中!
スイカのシャリシャリとした食感も大人気です!
※5月の販売時に、大きさ、甘さともにご好評いただき、待望の再入荷が決定しました!(写真は5月の販売時のものです)

a0254656_172062.jpgこの時期に作る「石貫農園」の『肥後漫遊』は、こだわりの直播き&自根栽培です!
これはすごいことなんです!!
ハウスの中の畑の土にひいたビニールに穴を空け、そこに直接“種”を播きます。スイカの苗床を作らずに直接畑に種を播くのです!!

a0254656_1751557.jpg「何?そんなの当たり前じゃん!!」と思われる方も多いと思いますが、スイカを栽培するにあたり、通常は苗床でスイカの苗とかんぴょうの苗を育て、かんぴょうにスイカを挿し木してその苗を畑に定植させるのです。以前にもご紹介しましたように、「石貫農園」さんでも春先に収穫するスイカは、かんぴょうの苗に挿し木をしたスイカでした。

a0254656_1784780.jpg「石貫農園」さんでは、長年の研究の末、この時期のスイカは直播き&自根栽培で育てる方が、糖度ものり赤くなりすぎないきれいなピンク?色のスイカの果実が出来る!と全てこの時期は、この方法で栽培しています。

a0254656_17123883.jpgただ、どうしても自根栽培だと根の張り方が弱く、受粉も強くありません。
その分とても手間ひまがかかります。
でも、あえてこの直播き&自根栽培にこだわるのは、もっとも明確な理由がただ1つ!「美味いスイカを作るため!」です。

a0254656_17212887.jpg石貫豊さんは、「自分が納得できないスイカは絶対に出さん!」と言うガンとしたこだわりを持っています。
これは収穫を終えたスイカのハウスですが、スイカがゴロゴロと転がっています。「納得できないスイカだから出さない!」のだそうです・・・。
大きくて立派なスイカもまだたくさんありましたが、今回の台風に備えハウスのビニールをすでにはずしてありました。

a0254656_1738053.jpgこの素敵な笑顔の奥には強い「スイカへのこだわり」を持っています。
長年の経験と匠の技による強い自信を備えています。
「これからの時期は台風との戦いになるたいね!精魂込めて育てても、1晩にしてダメになることも多かけど、やっぱり『おいしかったぁ!』って言われるスイカば育てようとがんばりよるとたい!」

「FLCパートナーズストア」では、「石貫農園」さんのこだわりスイカ『肥後漫遊』を、ネット独占販売いたします。
待望の再入荷です!
数量限定の完全予約販売!好評!予約受付中!!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご予約はお早めに!下記ホームページよりお待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-08-28 17:55 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

7.12北部九州大水害 復旧1次工事終了!

FLC日記 2012年8月27日(月) くもりのち雨
本日、7.12北部九州大水害のここ(㈱旬援隊)の復旧の1次工事が終了しました。
あくまで、私から業者さんに依頼して復旧工事をお願いした分だけで、河川の護岸工事はまだ全く手付かずの状態ですが・・・。
a0254656_1818503.jpg
井戸の最終工事が完了です。
容易に開けられないようにきちんとチェーンもつけて、ゴミや落下物が入らないようにこの様にきれいに覆っていただきました。
もちろんこの工事も、「木野設備」さんにお願いした作業です。

a0254656_1823213.jpgただ、ハプニングと言うか、事件が起こりまして、この井戸の西側にあったあの大水害にも耐えていた大木が、昨日の台風の影響の強風でこの様に根っこから倒れてしまいました。

a0254656_18252967.jpgこれは、3日前(8/24(金))の写真です。
井戸をはさんで左右に大きな木があるのがわかると思います。

a0254656_18272237.jpgほぼ同じようなアングルの今日の写真ですが、右側の木がもうありません。
あの水害にも耐え忍んで立っていたのですが、根元の土はまさに根こそぎなくなっていて、実際はいつ倒れてもおかしくなかったのだと思います。
昨日、熊本も台風の影響で強風が吹き、その風に耐えきれなく倒れたのだと思われます。

a0254656_1832265.jpg少し上流の写真ですが、この様に大きな木が倒れていました。
今回の台風15号は大きな勢力と共に東シナ海を北上していますが、もしこれが九州地方に上陸するようなルートで進んでいたなら、この様な状況がいたるところで起きていたことだと思われます。

もし井戸の近くのあの大木が、東屋の方に倒れていたなら、おそらく東屋は崩壊していたことでしょう・・・。
7.12北部九州大水害の影響は、この様にまだまだ終わっていないと考えられるようですね。
時間がたつとおそらく2次災害とは言わないのでしょうが、明らかにあの大水害の影響で倒れたものだと考えられます。

a0254656_18485383.jpg「木野設備」さんにお願いした最終作業は、井戸のポンプのパイプを保温する作業です。「木野設備」の木野秀明社長は、私の中学時代の後輩でそのような縁もあり、本当に良い仕事をしてくれました。

a0254656_18535113.jpgポンプの屋根は災害前からのものを再利用して、少しでもコストを抑え、この様にパイプの保温のための養生をしてくれ、コンセントのボックスも取り付けてくれました。
今後は東屋で何か電気が必要な時は、延長コードで持ってくることが容易になりました。
a0254656_1955840.jpg
あの7.12北部九州大水害以降、「まずは井戸を確保して、出来るだけ早く水道を出るようにしましょう!」と言ってくれました。
毎日毎日冷たい水に入り、井戸掘りから作業はスタート!
水道が出るようになるまでは、土日も休まず来てくれて作業を続けてくれました。

毎日毎日この山奥まで来てくれて、ありがとう!
毎日毎日私のつまらん冗談に付き合ってくれて、ありがとう!
毎日毎日丁寧な作業で以前よりはるかに良くしてくれて、ありがとう!

木野秀明社長ならびに「木野設備」のスタッフの皆様、本当に心から感謝しています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-08-27 19:25 | FLC | Trackback | Comments(0)

7.12北部九州大水害 砂利入れ作業

FLC日記 2012年8月26日(日) 晴れ
すごく天気の良い夏空ですが、台風の影響かものすごく風が吹いています。洗濯物がもう100回は倒れました(ジョーク)。

昨日、敷地内の「東屋」でバーベキューを楽しみましたが、西日(にしび)対策が大変でした。
a0254656_13502878.jpg
これは東屋から井戸越しに見た、西側の風景です。
本来ここにはしいたけを栽培できるような森があって、全く西日など差すことなく夕方までバーベキューを楽しめたのですが、7.12の大水害で森ごと全部なくなってしましました。

a0254656_1354276.jpg水害以来ずっと復旧工事をお願いしている「木野設備」さんに砂利を入れていただいた時の様子です。
2tトラックに3台の砂利を入れていただきましたが、驚きはそのトラックの搬出方法です!

a0254656_13564022.jpg道路から東屋までは、かなりの急勾配の坂道です。
砂利を積んだトラックは、バックでゆっくりと入ってきて砂利を降ろすと、登るにはユンボ(重機)のクレーンを使って登っていきました。

a0254656_1359147.jpg最終的には、ユンボがそのまま前進して2tトラックを押し上げていきます。
車のタイヤでは空回りして進めない坂道でも、ユンボならトラックを押しながら進むことが出来ます。とても働き者の使えるやつですね(笑)。

a0254656_1494277.jpg敷地内の駐車場の整備もお願いしました。
水害以降、土がだいぶ流されたせいもあり、ぬかるんでしょうがなかったので、残った表面の土を剥ぎ取り、新しい砂利を入れてもらいました。

a0254656_14112160.jpgユンボで砂利を広げ、さらには人力で満遍なくならしていきます。
夏の暑い日差しの中の作業は、かなりの重労働です。

a0254656_14284548.jpg砂利を広げ終わると、よく工事現場などで見かける機械で、踏み固めていきます。
実に丁寧な仕事ぶりです。何から何まで「木野設備」さんにお任せして本当によかったと思いました。

a0254656_14271056.jpg仕上げにユンボのキャタピラでさらに踏み固めていきます。
実に起用にユンボを操作し、ほとんどずれを生じることもなく踏み固めてくれました。
a0254656_14341258.jpg
これで、ユンボを使う復旧作業や工事は全て完了です。
トラックにユンボを積み込む木野秀明社長に、「なんだかユンボがいなくなると思うと寂しくなるなぁ~」なんて冗談を言うと、「そうですか!またなんか合ったらすぐに駆けつけますよ!」と返してきたので、「これ以上なんかあったら困る!」と言って、二人で笑いました!

「木野設備」の木野秀明社長及びスタッフの皆様・・・。
本当にお世話になりました。
これでほとんどの復旧にめどが付き、後は一部井戸周りの作業を残すのみとなりました。
7.12北部九州大水害、あの日の朝の光景を思い出すと、今でもゾッとします!私は熊本県菊池市の菊池水源の山奥を選んで会社を作りましたので、この大自然の中で暮らす苦労も覚悟の上でしたが、今回ばかりはあらためて自然の驚異を思い知らされました。
これからも、さまざまな困難があると思いますが、それ以上にここで暮らす喜びを毎日たくさん感じています。
今後もここでのさまざまな様子をお伝えしていきたいと思います。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-08-26 14:47 | FLC | Trackback | Comments(0)

東屋でバーベキュー&リューバーダムで水遊び!

2012年8月26日(日) くもり
昨日(8月25日)のこと・・・。
晴天に恵まれ、東屋でバーベキューを楽しみました。
私のサラリーマン時代の友人達が、家族で遊びに来て本当に楽しいひと時を過ごすことが出来ました!
a0254656_8133869.jpg
7.12の大水害で被害を受けた東屋(バーベキュー場)とその前の広場を復旧させやっと実現できました。

a0254656_8161556.jpg水害前までは、この広場あたりも木陰でとても涼しかったのですが、あの日1晩で森の木々も土も一切合切が流されたので、今回初めてタープテントとパラソルを導入してのバーベキューです。

a0254656_8223385.jpg奇跡的に流されずに残った「東屋」でしたが、囲炉裏はほぼ壊滅状態・・・。
なにせ、この囲炉裏の上も濁流が流れていたのですから!

a0254656_833278.jpg焼肉と焼きそばでお腹いっぱいになった子供たちをつれて川遊び!最初は「冷たい!!」と水に入るのを怖がっていた子供たちを、半ば強引に?水の中に入れました!

a0254656_8363589.jpgここ1週間の晴天続きで水位も随分減っていましたので、安全に遊ぶことが出来ます。
水の冷たさにもすぐになれて、浮き輪を使って元気に泳いでいます。

a0254656_8401812.jpg「お魚が取れたよ!」と見せてくれました。川魚の稚魚のようです。
大人たちはまだまだ食べるのに夢中ですね!

a0254656_8432536.jpgすっかり日も暮れて、子供たちは待望の花火をスタート!
大人たちは室内に場所を移して飲み直しています。

本当に本当に久々の再会でしたが、すごく楽しいいひと時を過ごすことが出来ました。大水害からの復旧が出来たことに感謝しつつ、短い夏のいい思い出が出来ました。

再会を約束して、夜の9時に解散!
ドライバーの皆さん夜の山道の運転くれぐれもお気をつけて!
次回は、栗拾いイベントを計画中です!
これからも、この大自然の環境で、春夏秋冬、四季折々の移り変わりをみんなで楽しんでいきたいと思います。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-08-26 09:05 | FLC | Trackback | Comments(0)

7.12北部九州大水害 復旧工事大詰めです

FLC日記 2012年8月24日(金) 晴れ
7.12北部九州大水害で、崩壊した弊社の井戸とポンプの復旧作業が、いよいよ大詰めを迎えました。
a0254656_18474397.jpg

a0254656_18522881.jpg奇跡的に残った東屋(バーベキュー場)の手前をえぐるように水が横切り、倒木と流木、瓦礫で覆われていました。
手前に転がっているのが、私が水の中から引き上げたポンプです。もちろん動きませんでした。奥にかすかに見えるのが「東屋」です。そのときはなんだかはるか遠くにあるように感じていました。

a0254656_18594452.jpg井戸のふたは流され、ひっくり返しで瓦礫と流木の下から発見されましたが、井戸はご覧の通りむき出しになっていました。この上も水が通ったらしく、様々な物が井戸に落ち込んでいました。

a0254656_1944626.jpg災害から、43日を経てこの様に立派な井戸がほぼ完成しました。
後は、井戸のふたの修復とチェーンをかける作業が残っていますが、明後日の日曜日には完成の予定です。

a0254656_19131673.jpg東屋の前の広場には、2t車で3台分の砂利を入れました。
川底にあった大きな石を下に敷き詰めてた後に砂利を入れたので、あの大水害で流された敷地内の土はそれ以上だと予想されます。

a0254656_192015100.jpgユンボ(重機)を使い、砂利をばらしながらきれいに整地していきます。
もちろんこの作業も「木野設備」の木野秀明社長が引き続きがんばってくれています。

a0254656_19262191.jpg「木野設備」の木野秀明社長は、私の中学時代の後輩です。100%の信頼で全てを任せて復旧作業をしてもらいました。本来ならお任せした作業以外の業務になる、東屋のバーベキュー用の囲炉裏の修復もしてくれました。これまた完璧です!!
本当に、本当にいい仕事をしてくれます。

明日は、サラリーマン時代の仲間が家族で遊びに来ます。
総勢15名の大宴会です。
子供たちは「リューバーダム」で川遊び!大人たちは囲炉裏を囲んで飲みまくることでしょう・・・。

あの大水害直後は、この東屋でこの夏にバーベキューが出来るなんて全く想像すら出来ませんでした。
「木野設備」さん、本当にありがとうございました。
明後日の最終作業もよろしくお願いします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-08-24 19:36 | FLC | Trackback | Comments(0)

株式会社旬援隊 夏の終わりの近況報告

FLC日記 2012年8月23日(木) 晴れ
熊本県菊池市菊池水源にあるここ(㈱旬援隊)は、高冷地にあるため、もう随分と涼しくなってきました。昼間は、ヒグラシが鳴き、夜は鈴虫やコオロギたちの大合唱です。
短い夏を惜しみつつ、最近のここの風景をご紹介します。
a0254656_16121153.jpg
まずは完熟で収穫したトマトと西日避けように植えていたゴーヤです。
実は、トマトは、「植えた」のではなく、「生えてきた」のです(笑)。スナップえんどうを植えたときに、私の母が畑に土を持ってきてくれたのですが、その時の土の中に種が残っていたらしく、スナップえんどうの畑から明らかにトマトの苗が伸びてきたので、移しかえ育てたものです。

a0254656_16154331.jpgまた次のトマトたちが育っています。
私は、トマトが大好きなんで、ちょっと洗ってそのままパクリといっちゃいました。
次回収穫したら、完熟トマトでハヤシライスなんていいですよね・・・!すごく楽しみに毎日の成長を見ています。

a0254656_1771376.jpg楽しみと言えば、枝豆(大豆)も、房を付け始めました。
私のビールのお供にする予定です。全く消毒も化学肥料も与えずに育てていますので、葉っぱは虫食いだらけですが、何とか収穫までたどり着きそうです。

a0254656_1794338.jpg新しい発見がありました。
皆さんはこれがなんだかわかりますか?私も全く解らなかったので、以前ここに住んでいたおじとおばに尋ねたところ、「カリン」とのこと・・・。
木になっているかリンを初めてみました。
袋をかけて育てることにしましたが、おそらく5個くらいの収穫でしょうね!広い敷地にはこれからもまだまだ新しい発見がありそうです。

a0254656_17125037.jpgそうそう。新しい仲間も増えましたよ。
烏骨鶏を10羽またつれてきました。母が孵化させてくれて、そのヒナを母鳥と一緒につれてきてここで育てていきます。
最初はすごくおどおどしていましたが、今では随分となれて、草をあげるとみんなよってきて食べています。春の草の「ハコベ」がここにはまだたくさんあるので毎日あげています。来年の春先にはタマゴを産んでくれると思いますが、まだまだ先は長いです。
a0254656_17191353.jpg
先日ご紹介しました「大山ファーム」さんから、キュウリの苗を分けていただきました。
「大山ファーム」さんで取材してきた、植え付けの手順に沿ってうえつけてみました。もちろんここにはハウスはないので、露地栽培です。元気に育つよう願いつつ、毎日朝夕に水をあげています。
ちょっと植えた間隔が狭いですが、そこは仲良く育ってくれることを信じてがんばっています。
「モロキュウ」をつまみにビールを飲むことを楽しみにしています。

私は、この様に自らさまざまな野菜、果樹、烏骨鶏たちを育てながら、食物を作る喜び・苦労を体感して、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる食材をご案内しています。
自らも体験することなしに、農家さんの本当の喜び・本当の苦労をお伝えすることは出来ないと考え、この熊本県菊池市菊池水源の山奥に会社を立ち上げました。
私が“本物”と自信を持ってご紹介する食材を、下記ホームページよりぜひ見てみてください。
弊社のショップ名は「FLCパートナーズストア」です。
『我が家の専用農家さん』をコンセプトに、“本物”だけをご紹介させていただいています。
よろしくお願いいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2012-08-23 17:33 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本梨 本藤果樹園 樹上完熟梨「豊水」

FLC日記 2012年8月22日(水) 晴れ
「本藤果樹園」さんの樹上完熟熊本梨「豊水」の販売をスタートしました。
「本藤果樹園」さんは、熊本県菊池市戸豊水(とりうず)でこだわりの梨を生産している匠の農家さんです。
そのこだわりは、樹上完熟にあります。
a0254656_17515594.jpg
販売所でそのほとんどを完売するほどの大人気の梨の秘密は、まさに樹上完熟!毎朝収穫した採れたての梨を、その日のうちに販売しています。
「FLCパートナーズストア」では、おかげ様で完売いたしました、「樹上完熟梨『幸水』」に続き、同じく「樹上完熟梨『豊水』」の販売をスタートしました。

a0254656_17555699.jpgこの惚れ惚れするような美しい梨を見てください!
弊社では、この樹上完熟熊本梨を販売させていただくにあたり、何度も何度も現地取材をして、「本藤果樹園」さんからの条件付で販売にやっとこぎつけました。

a0254656_17595889.jpg「ずっと樹上完熟にこだわってきたとたいね!それは、一番いいタイミングで収穫した梨を、一番美味しい時に食べていただきたいというこだりたいね!だから、仮にット販売するにしても樹上完熟→もぎたて→最旬で食べてもらいたいとたい!それが出来るね?」

a0254656_1842296.jpg「FLCパートナーズストア」では、朝採りの食材をその日のうちに発送し、早ければ翌日配達、遅くとも中1日での配達ができることを再三説明し、さらに新鮮さを保つため、“チルド便”(弊社負担)で送る旨をお話し、ご理解いただくことが出来ました。
「本藤果樹園」の本藤猪一郎さんは、お父さんの賢一さんの代からの「樹上完熟」にこだわった想いを私にお話いただきました。
a0254656_18163028.jpg

a0254656_18185174.jpgお父様の本藤賢一さんは、まさに匠の農家さん!梨作りの職人さんです!!
その技術と、樹上完熟にかける想いは息子の猪一郎さんにも受け継がれ、今年も最高の梨が出来ました。
「FLCパートナーズストア」では、数量限定で職人が作る最高の梨をネット独占販売しています。
本来なら販売所で全て完売する大人気の梨です。
樹上完熟のみずみずしさと甘さをぜひご賞味下さい!
定数になり次第予告なしで締め切らせていただきます。
下記ホームページより、ぜひお早めにお求め下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-08-22 18:26 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)