ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

株式会社旬援隊 夏の風景 果樹偏

FLC日記 2012年7月31日(火) 晴れ
晴れ!快晴!日本晴れ!
どんな表現が正しいのでしょうね?
晴天に恵まれたここ(㈱旬援隊)の敷地内の様子をご紹介します。
a0254656_1850018.jpg
朝一番の会社の母屋の写真です!
この透き通った空!青さに吸い込まれそうです!!!
朝一番には本当に雲ひとつなかったのですが、それではあまりにも絵にならないので、雲が若干見える写真を撮ってみました。
それにしてもきれいな空ですよね・・・。

a0254656_1853529.jpg今年もたくさんのセミ達が長い地中でのくらしを経て、地上に旅立っていきました!
早くもヒグラシが鳴いているので、ここの夏は本当に短いのだと実感しています。

a0254656_18592524.jpgたくさんの梅を梅干にしました。
この梅は、「小春農園」さんの『超自然派!山あいの南高梅』です。大きくて肉厚でとってもジューシーな最高級の梅です。
梅干をはじめ、梅酒、梅ジャム、梅エキス、梅ジュースなど大満足のできばえです!
梅自体が最高なので、どれもビックリするほど上手にできましたよ。

a0254656_198235.jpgキウイは今年も大豊作間違いなしです!
ちょっと摘果作業をしないといけないのですが、水道復旧に時間がかかり手がつけれてません。
12月もしくは1月にキウイ現物支給という条件でどなたかキウイ摘果のアルバイトしませんか?笑

a0254656_1910167.jpg今現在は、ブルーベリーがやっと色づき収穫を迎えました!
夏の間に遊びに来ると、朝一でブルーベリーを収穫してそのまま食卓に乗るってこともできますよ!

a0254656_19143390.jpgリンゴもだいぶ大きくなりました。でもこの袋が外れたリンゴ、実はこの裏側すでに鳥につつかれた後が・・・。
明日にでもリンゴの袋かけをやり直そうと思っています。

a0254656_19182652.jpg柿の実も随分大きくなりました。もちろんまだまだ青々としていますし、もっと大きく成長すると思います。去年は随分カラスに食べられちゃいましたので、今年は負けないように収穫します!

a0254656_19203631.jpg栗が栗らしくなりました(笑)。
全く消毒もせずに育てているので、葉っぱは随分虫にかじられていますね!
この栗でおばが作る『栗饅頭』最高です!今年もおばにお願いして作ってもらいます。

a0254656_19264984.jpgイクリも大豊作です!
まだちょっとすっぱいですが、ビミョーな甘さがこれまたいいんです!
もぎたてイクリをそのままいただいています。

a0254656_19312899.jpg2週間ほど前には、1本の桃の木から、約50個ほどの桃を収穫し美味しくいただきました。
ただ、その前の大雨(北部九州大豪雨)の時期で、日照時間不足で糖度はそこまで上がっていませんでした。でも自分で育てた食物をいただくのは最高の喜びであり、最高の贅沢です!

このように、ここ(㈱旬援隊)では自らさまざまな作物を育てています。
しかしそれらは全て自家消費用です!!!

農作物を育てる喜び・・・
農作物を育てる苦労・・・
を自ら実践しながら、匠の農家さんが作る“本物”の食材を全国の皆様にご紹介しています。
ショップ名は「FLCパートナーズストア」です。
自らもさまざまな農作物を育てることを実践して、本当の喜び、本当の苦労を知り、本物の食材をご紹介したいとこの地に会社を設立しました。

そんな私がご紹介する最高の食材をぜひ下記ホームページよりチェックしてみてください!
お問い合わせもお気軽にお待ちしています。
よろしくお願いいたします。

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2012-07-31 19:48 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本スイカ 2回目はあえて自根栽培

2012年7月30日(月) 晴れ
熊本スイカ『肥後漫遊』を栽培している、匠の農家さん「石貫農園」さんに取材に行ってきました。
「石貫農園」さんは、熊本県山鹿市で、スイカ一筋20年以上の大玉スイカにこだわりぬいて栽培しているスイカ農家さんです。
a0254656_18343864.jpg
熊本スイカ『肥後漫遊』が、もう随分と大きくなっていました。
フルーツパット(スイカの座布団)の上で、スイカも気持ちよさそうに元気に成長中です。

a0254656_18361310.jpg以前、私のブログで、かんぴょうの苗に挿し木をしてスイカを育てることをご紹介しました。
本来この時期のスイカは、“かぼちゃ”の苗に挿し木をして育てるのだそうですが、「石貫農園」さんでは、あえて自根(スイカの自分の根っこ)で栽培しています。

「熊本スイカ:かんぴょうからスイカ? 」
FLC日記 2012年1月20日(金) 晴れ
http://flcps.exblog.jp/14471296/


a0254656_18425560.jpgこれは、先ほどフルーツパットをしいたスイカの紹介をしましたが、そのスイカが成長中のハウスです。
一部黄色い葉っぱが見えると思います。これはここ最近のあまりの暑さでスイカが少し弱っているということだそうです。

a0254656_18451952.jpgかぼちゃの苗に挿し木をして育てると、根がよくはり元気に育つのだそうですが、「石貫農園」さんがあえて自根で育てるのは、美味いスイカを作るためです。
かぼちゃに挿し木するのと違い、自根で育てると俗に言う「スイカが煮える(赤くなりすぎる)」と言う現象が起こりにく、赤ピンクのきれいなスイカが育つのだそうです。
そもそも、約20年前にこのあたりの農家さんに先駆けて、かぼちゃに挿し木をしてスイカを育て始めたのは「石貫農園」さんです。
「かぼちゃに挿し木して美味かスイカの育つもんかい!」と皆さん笑っていたのだそうですが、いざ出荷されたスイカを見ると「やり方を教えてほしい!!!」と翌年からは皆さんがかぼちゃに挿し木をしてスイカを育てたのだそうです。

a0254656_18534718.jpgしかし、「石貫農園」さんではさらに研究を重ね今はまたスイカの自根で育てています。しかも、スイカの種を水に一晩浸して、畑に直播(じかまき)するのです!これはすごいことなんです!

a0254656_1858510.jpgこれは以前に撮影した写真です。
普通はスイカも苗床と言って、このようにスイカの種を苗床に植えて、後ろに見えているような1本1本をカップに移しある程度まで育て、それからハウスに定植するのです。もちろんこのときは、“かんぴょう”に挿し木をして育てています。

a0254656_1914757.jpgこのように種を直に植えたところから、発芽して見事に成長しています!
「ところどころ発芽しきらんだったとこもあるけど、見てみなっせ!見事に成長しよるどがい?(成長しているでしょ?)」と笑ってお話いただきました。
これは、スイカの種を水に浸す時と、直播(じかまき)するときの徹底した温度管理によってできるまさに“匠の技”とのことです。
「もちろん、自根はかぼちゃに比べ根を張りきらんけん受粉も弱くなるとたいね。だけん、その分しっかり手間ひまをかけて育てるとたい!もちろんできる限り根ば張るようにギリギリの水だけを与えるとたいね!この暑さに弱る苗もあるけど、しっかり育てるとほんなこてうまかスイカのでくっとたい!」

約20年前に「かぼちゃに挿し木」をしてスイカを育てることを最初に始めた「石貫農園」さんが、さらに研究に研究を重ねたどり着いた極みの栽培法が“自根”栽培です。
a0254656_19135793.jpg
「俺は、自分が納得できるスイカしか出さんけん、良かとのできた時は、また笠君にも販売してもらおうかね!」
「石貫農園」の石貫豊さんの自信にみなぎる素敵な笑顔でした!!

自根栽培でのこだわりスイカ『肥後漫遊』は9月の下旬の収穫予定とのことでした。間違いなく今回も「石貫農園」さんでは最高のスイカを育て上げられることと思います。
お許しがでたらすぐに「FLCパートナーズストア」で販売させていただきます。
皆さま、間違いなく“本物”のスイカです。ぜひご期待下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-07-30 19:26 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

7.12北部九州大水害 復旧!!水が・・・出るぅ~!

2012年7月29日(日) 晴れ
7.12の北部九州大豪雨の水害で、井戸とポンプが流されて以降、実に17日ぶりに水道が復旧しました!!
先日井戸の復旧作業をブログでご紹介しましたが、井戸さらいが完了し、いよいよ配管をしていただきました。
2012年7月28日(土)20:08
水が・・・出るぅ~!
a0254656_18295293.jpg
17日間待ちに待った水道の復旧です!
今まで大活躍してくれていた水のタンクとの2ショット・・・。
涙が出るほどうれしかったです。

a0254656_1837738.jpgそれまでは、タンクに水を汲み洗い物をしていましたし、洗濯は実家に戻ってやっていました。
トイレは、小は敷地内のそのあたりで済ませ(すみません)、大は雨水をお風呂に溜めてその都度トイレのタンクに水を入れなければいけなく、大変不便な日々でした・・・。
お風呂は、目の前の川で水浴び・・・。
冷たくて冷たくて、5分も入っていられない菊池水源の清流です!
(すみません。すっかりはしゃいじゃっていますね)

a0254656_18384136.jpg完全に井戸をさらい出し、水中ポンプで24時間水をくみ出して、澄みきった井戸です!
すごく透明で、さらにはむちゃくちゃ冷たい井戸水です!これがここ(㈱旬援隊)の水源です。

a0254656_1843342.jpg水をくみ出しながら、水害ですっかり流された井戸の周りの地盤を固めていきます。重機を使い大きな石を配置し泥をのせていきます。

a0254656_18464882.jpg石も土も全て流されているので、とりあえずの応急処置をしていただき、配管を整備を優先していただきました。ポンプより先は問題ないはずなので、ポンプさえ動けば完了のはずでした・・・。

a0254656_1849577.jpgところが・・・。
水害直後は動いていたポンプですが、うんともすんとも言いません。あの日、水の中に入っていたのを私が引き上げてきた旨を伝えると、「笠さん!そらぁ~無理ばい!ちょうど土曜日で発注かけられんけん、うちにあるポンプば持ってきますので、とりあえずつないどきましょう!」とのこと。
毎日がんばってくれているのは、菊池南中学校時代の1つ下の後輩の木野英明社長です。
「すんません。よろしくお願いします・・・。」

a0254656_18543986.jpg18:25待望の水道が出た瞬間です!!!
ところが・・・。
勢いよく出たのは最初だけで、すぐに水が止まってしまいました!
それから原因究明をすることになりました。

a0254656_19142733.jpgなんと、今は使っていない止めていたはずの昔の配管が水害により途中で折れ、そこから水が溢れ出していました。
泥が詰まっていた間は上への配管に水が行っていたのですが、泥が出ると同時にそちらに流れ出ていたようです。

a0254656_19154949.jpgすぐさま重機で掘りかえし、栓をしてまたポンプを動かしてみました。
山の日の暮れは早く、もうすっかりあたりは暗くなっていました。

a0254656_19171552.jpgそして、とうとうその瞬間を迎えたのです。
20:08勢いよく水が出てきます!本当に待ちに待った瞬間でした!
最初は若干のにごりがありましたが、すぐにきれいな澄み切った冷たい水が出てきて、思わず大声で「YES!」と叫びました!
その後、仮で備え付けたポンプの調子が悪かったらしく、結局昨日は40分ほど水が出ただけで、昨夜はまた断水状態・・・。
本日お休みにもかかわらず、心配して木野設備の木野英明社長が様子を見に来てくれ、再度ポンプを据えなおし本日からやっと水道が出る生活が復活しました。
a0254656_1920057.jpg
これは、本日のポンプから出る配管の様子です。
見てください!この真夏にこれだけの結露をするほどの冷たい水がここには送られてきているのです!本当に清らかで冷たい水です。

今回の水害で、
水の恐ろしさ・・・
水の偉大さ・・・
水の大切さ・・・
を知ることができました。

最後になりましたが、木野設備の木野英明社長及びスタッフの皆様、心より感謝し御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
まだ、井戸の周りの整備がありますので、引き続きよろしくお願いします。


a0254656_1941427.jpg水道が復旧しても、恒例となったプライベートリバー?での水浴びは、今後も続けていきます(笑)。
見てくださいこの水の透明度!
蚊に刺されることをのぞけば、最高のロケーションです!ぜひ遊びに来てください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-07-29 19:53 | FLC | Trackback | Comments(0)

小春農園 デコポン(肥後ポン)のひも吊り作業

2012年7月28日(土) 晴れ
昨日に続き、「小春農園」さんの取材日記です。
熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんは、デコポン(肥後ポン)を生産している匠の農家さんです。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため『肥後ポン』での販売となります。
a0254656_1543653.jpg
1個1個丁寧にひもで吊り下げられたデコポン達です。
現在ゴルフボールくらいの大きさで、まだまだ青々としていますが、デコポン特有の頭のでっぱりが出ています。

a0254656_1612353.jpgこのように、1個1個全てのデコポンにひもをかけ吊り下げていく作業は、半端な労力ではありません。
同じ枝に毎年実らせるわけではありませんので、同じひもを使うこともできません。

a0254656_1662919.jpgちょうど指差していただいているところから、果実まで「へ」の字になっているのがわかりますか?
このように、いったん上がってそれから下げるように吊るすことがポイントです!

a0254656_1695241.jpgですから、その分を見越してこのようにひもに余裕を持たせる場合もあります。
その見極めは、まさに匠の技です!

a0254656_1615684.jpgひも吊りの作業は、主に奥様が担当されています。
はしごを使い登り、ハウスの梁や専用の針金にひもを通し、長さを見極め1個1個吊り下げていきます。
この作業、約3ヶ月間続くのだそうです。「本当にはしごの上り下りで、足がパンパンになるとよ!上手く日が当たるようにバランスも取らんといかんし、マメにはしごを動かし、大事に大事にね!」

a0254656_16312755.jpgそうお話いただきながらも、見事な手さばきで作業が進んでいます。
手品でも見せられているかのようなスピードで、次々にデコポンたちが吊られていきます。
「この作業、本当に大変でしょ?」と声をかけると、「そうね・・・。2年前にはしごから落ちてケガしてからはちょっと慎重になってるし、大変は大変かな?」
「でもね、物が良いと仕事が楽しいのよ!」と笑顔でお答えいただきました。
a0254656_1784167.jpg

今年も良い花が咲き、良い果実が実りそうです。
デコポンにかける情熱と思い・・・。
手間ひまのかかった最高のデコポンです!
「物が良いと仕事が楽しいのよ・・・」
奥様の言葉が、私の中で何度もリフレインしています!
出荷はまだまだ12月もしくは1月になると思いますが、ぜひ楽しみにしていてください。
今後も「小春農園」さんのデコポン(肥後ポン)の取材を続けていきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-07-28 17:15 | 蔵出し完熟肥後ポン | Trackback | Comments(0)

小春農園 デコポン(肥後ポン)の成長記録

2012年7月27日(金) 晴れ
小春農園さんに、デコポン(肥後ポン)の成長過程の取材に行ってきました。熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんは、こだわりのデコポン(肥後ポン)農家さんです。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため『肥後ポン』での販売となります。
a0254656_1710565.jpg

「FLCパートナーズストア」でも販売させていただいた、『蔵出し完熟デコポン』はおかげ様で6月で完売しました。全国のお客様より、大変ご好評をいただき来年度の予約もいただいているほどです。
小春農園さんのデコポンは、まさに手塩にかけた一品です。
本日は栽培過程をご紹介する取材日記です。

a0254656_17162329.jpg5月の開花から約2ヶ月が過ぎ、デコポンの果実はゴルフボール大まで最長していました。
デコポンの特徴でもある、頭の出っ張りも随分と?見事に目立ってきて、デコポンらしいフォルムになっていました。

a0254656_17202672.jpg夏草がたくさん生えていました。正確に言いますと、夏草をたくさん生えさせています。これは、一切の除草剤を使うことなくデコポンを育てる「小春農園」さんの自然派!のこだわりの1つです。
この時期、デコポンは発散作用も高く、たくさんの水分を必要とします。

a0254656_17241733.jpgこれはとなりのハウスの幼木たちの様子です。少しわかりつらいでしょうが、2メートル間隔のスプリンクラーが散水している様子です。
雑草が生えていることで、地面が乾かず保水力も上がります。さらにその雑草たちは時期をみて、草刈機を使い全て手作業で刈り、そのままその雑草を肥料として使うのです。
だから、「生えている」のではなく、「生えさせている」のです。

a0254656_1737219.jpg果実の成長と共に、今は、「夏芽」が伸びていました。この時期に元気に伸びる芽です。見てくださいこの「トゲトゲ」!
これは、もちろん成長の過程で自らの枝を守るためのもので、若い木や新しい芽にしかトゲはありません。
「人間もデコポンも一緒!若いうちはトゲがあって、年取るとだんだん丸くなっていくとたい!」と、小原正宏さんが笑ってお話いただきました。
ただ、このトゲ・・・笑い事ではないのです。果実を傷つける恐れがあるので、全て剪定していくのです。
とんでもない手作業と手間ひまです!!しかし、この作業こそがキズ1つない最高のデコポンを育てる匠の技です!

a0254656_1815510.jpg小原正宏さんにお話をうかがいました。「果実を育てると言うことは今年だけじゃなかでしょうが・・・。今年だけ良くてもダメ!来年も同じように、いや今年以上に良いものをつくらにゃんたいね!だけん、難しかし、面白かったい!」
このデコポンの樹木は、毎年ほぼ同じ大きさに剪定し、同じように実らせていきます。
まさに匠の技です!

a0254656_18165025.jpg私が「“夏芽”を撮らせてください!」と撮った写真です。
その奥に写る小原さんの我が子の成長を見守るような優しい眼差しがとても印象的です。
今年もきっと愛情に満ちた最高のデコポンが実ることと思います。
明日は、そのための大切な大切な作業、「果実のひも吊り」についてご紹介したいと思います。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-07-27 18:27 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 社方園 極旨!新鮮をお届けします

2012年7月26日(木) 晴れ
熊本ぶどう「社方園」さんの販売所のおしゃれな店内をご紹介します。
朝採り新鮮なもぎたてぶどうをその日のうちに発送いたします。
a0254656_11533669.jpg
見てください!
この輝き!!
この新鮮さ!!
「社方園」さんの、この大粒の種なしブドウをほおばると、新鮮なぶどうの香りと共に、糖度20度の果汁が口の中いっぱいに広がります!果汁が溢れ出す!って感じですね!
果汁を押しのけて『美味い!!!』と思わず叫びたくなるほどです。
この感動をぜひ多くの方にも味わっていただきたいです!

a0254656_1157191.jpg極旨の新鮮ぶどうは、おしゃれな店内から発送されます。
入り口のドアと本日出荷を待つ梱包がすでに終わった商品です。
ドアノブも自然な木のぬくもりを感じさせるつくりになっていますよね。

a0254656_12285080.jpg ウッド調のログハウスを思わせる店内は、天井が高く開放的な空間です。
この大きな梁(はり)は、民家の古い家屋から移築してきたものだそうです。
こんな立派な梁を活かした店内のつくりになっているんですよ。

a0254656_128387.jpg入り口のガラスに加え、この大きなガラス窓から差し込む自然な光で、店内はとても明るい雰囲気です。
だから、優しさとぬくもりに満ちた空間が、ホッとさせてくれるのです。

a0254656_12122450.jpg店舗の奥では、本日の出荷準備が大忙しで行われていました。
濃厚な味わいで人気の高い黒ぶどうの「ピオーネ」の詰め合わせの準備です。

a0254656_1224845.jpg「社方園」さんでは、20種類以上ものぶどうを栽培していて、その中から最旬のもぎたてぶどうをお選びいただき出荷しています。これは、極選2色つめ合わせです。1房がなんと驚きの400g以上のビッグサイズです!
ぶどうの種類は「社方園」さんにお任せするわけですが、本当に安心してお任せ下さい!ぶどうのプロ!匠の目で選び抜いた厳選ぶどうです!

a0254656_1230261.jpg店内にはいたるところに、「社方園」さんのお名前のプレートがディスプレーされています。それらは全て手作りです。
看板をはじめ、ネームプレートは「工房松山」さんの作品なんです!

a0254656_12324313.jpgちょうど「社方園」さんに伺っている時、「工房松山」さんの製作・技術代表の「松山茂行」さんとお会いすることができました。
とても気さくで、それでいてダンディーな松山さんは、例えるなら「山鹿のエジソン」!さまざまな技術を使っていろんなものを製作しています。
 ●金属石窯等の製作
 ●ユニバーサル製品製作・改造・改修
 ●諸機械製作・修理、他、金属加工・溶接
 ●竹・木工製品製作
いつの日かその工房にもお伺いして、「FLCパートナーズストア」の看板もお願いしたいと思いました。
a0254656_12461064.jpg
この素敵な直売所をメインとして「社方園」さんのぶどうは販売されています。

私が「社方園」さんのぶどうの味に・・・
私が「社方園」さんのあたたかく素敵な店内に・・・
私が「社方園」さんのみなさんのぶどうにかける想いとそのお人柄に・・・
全てに惚れ込んで、ご契約いただき、販売している、まさに至高の「熊本ぶどう」です!!!

「FLCパートナーズストア」でネット独占販売させていただいてます!
全国の皆様にも、溢れる果汁をぜひご賞味いただきたいと思います。
「社方園」さんの種無しぶどうの中でも、自ら選びに選びぬかれた“極選”のぶどうのみを、数量限定販売中です!
ご注文は、下記ホームページより急ぎください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-07-26 13:20 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

全面通行止めに付、別ルートお知らせします

2012年7月25日(水) 晴れ
今日も井戸の復旧作業は続いています。
水道が出ない生活も13日目です。
この生活には随分と慣れましたが、かなりの不便さを感じる毎日です。

ここ(㈱旬援隊)に来る道順を、国道387号線を阿蘇方面に向かい、県道45号線から右折して登るルートを以前お知らせいたしましたが、現在は、右折後のルートが全面通行止めです。
本日は、別ルートをご案内したいと思います。
a0254656_17281991.jpg
菊池市中心部より国道387号線を阿蘇方面(菊池渓谷方面)に向かいます。菊池市中心部より約10kmのところにこのような道があります。
すみません。
その前にはなかなか目印らしい目印がなくて、とにかくここまで来てください。(約2km手前にはヤマザキデイリー(ここから最短のコンビニ)があります)

a0254656_17344480.jpg左手にENEOSのガソリンスタンドがあったら行き過ぎです(笑)。右手に「水の駅」があったら行き過ぎです(笑)。
目印は、写真中央の「岩蔵」の看板です!ここを右折します。

a0254656_17375393.jpg右折するとすぐに、直進と右折(トンネル)になります。
迷わず右折してトンネルへ進みます。

a0254656_17401481.jpg「菊池北部地区広域農道」「菊池グリーンロード」の看板が出ている、割と立派なトンネルです。

a0254656_17415750.jpg300mほどのトンネルjを抜けると、菊池川にかかる橋です。

a0254656_17434632.jpg 橋からの景色(左)

a0254656_17444248.jpg橋からの景色(右)

a0254656_17473636.jpg それから約3kmほどは道なりに進んでいきます。
その途中の左手にはこのような大きなお茶工場があります。

a0254656_1750444.jpg次の目印が見えてきました。
県道201号線を「伊牟田」方面に左折します。
写真で見えるカーブミラーを左折ですね!

a0254656_17533663.jpg左折して進むべき道はこんな感じです。
県道201号線です。ここからは、ひとまず「伊牟田」を目指して進んでください。
ここで注意!!!これから先、細い曲がりくねった道が続きますが、対向車も割りと多いのでスピードの出しすぎにご注意下さい。
山から杉や檜を切り出した大型のダンプも通りますので、気をつけて進んでください。

a0254656_17563349.jpg県道201号線を左折するとすぐに、このような分かれ道が・・・。ほぼ直進方向「伊牟田」方面へ進みます。

a0254656_182988.jpg途中、「渡内」と言う地区を通ります。
このあたりまでは、曲がりくねったり、真っ直ぐだったりする1本道です。

a0254656_18324060.jpg両サイドに広がる茶畑を通り抜けると、白い小屋が見えます。この地域の消防団の消防車を置いている車庫です。
ほぼ直進方向道なりに進みます。

a0254656_18342399.jpgその後は、杉やクヌギの木の林をぬけてください。
県道201号線の看板があれば間違っていません。

a0254656_18361382.jpgやっと「伊牟田」の村にたどり着きました。
正面は公民館です。左の道(上に向かって)進みます。

a0254656_18415443.jpg「伊牟田」の看板を右に見ながら進みます。
「伊牟田」は、私のところも含めて、13戸ほどの小さな集落です。

a0254656_18453873.jpg最後の分かれ道!青い看板のある右の道に進みます。
ちなみに、左に進んでもいずれは行き止まりになります。いつも大変お世話になっている「川口さん」のお宅があるのがこの左の道です。

a0254656_18501369.jpg最後のチェックポイント!橋の先は交差点になっています。
そのまま、細い道を直進方向!私を信じて登ってください!

a0254656_18542352.jpg交差点は、左は現在全面通行止め!右は菊池市旭志に抜けるスーパー林道です。

a0254656_19232579.jpg青い看板には何も明記されていませんが、直進方向を道なりに進むと右に大きく曲がります!

a0254656_191154.jpg
お疲れ様でした。
ここが株式会社旬援隊(ショップ名:FLCパートナーズストア)です。

さぁ!何して遊ぶ?
川で泳ぐ?
カブトムシ取りにいく?
ブルーベリーの収穫もいいね?
さっそく、囲炉裏を囲んで飲んじゃおうか?
Let’s Party!!

ここにくれば、ほぼ軟禁状態です(笑)。
「あれ買い忘れたからちょっと買ってきて!」なんてことは不可能です!
お忘れ物のないように、覚悟を決めてぜひ遊びに来てください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-07-25 19:24 | FLC | Trackback | Comments(0)

7.12北部九州大水害 井戸の復旧工事スタート

2012年7月24日(火) 晴れ
7.12北部九州大水害の際に流されたここ(㈱旬援隊)の井戸の復旧工事がやっと始まりました。
今日で、水道が出ない生活12日目です。
逆境をむしろ楽しみながらがんばってきましたが、やはりかなり不便です。
阿蘇方面や菊池市旭志地区などもっともっと被害が大きかった地域の復旧を先にして、やっとここの順番が回ってきました。
a0254656_17141664.jpg
朝一番に重機を持ってきていただき、まだ瓦礫の残る井戸の周りの瓦礫の除去作業からのスタートです。

a0254656_17174144.jpg井戸が流されるくらいなので、ここの土もずいぶんと流されました。
足場の悪い中、見事な技術で重機を操作し現場まで下ろし、瓦礫、流木、倒木のの除去を進めていきます。

a0254656_17234882.jpg作業ができるまでの周りの整備が終わったら、水中ポンプで水をぬきながら、井戸の中にたまっている堆積物をさらっていくのです。

a0254656_17254289.jpg大水害の時に流れ込んだ水と、井戸の水をポンプでくみ出しながらの作業が続きます。
これだけ水をくみ上げても、井戸には水がどんどん流れ込むので、なかなか水位が下がりません。

a0254656_17275341.jpg腰までも水につかりながらの、井戸さらい作業が続きます。
日差しがあるときはいいのですが、ここの井戸水はかなりの冷たさです。本当に大変な作業です。

a0254656_17302888.jpg中に堆積しているのは土、砂利、大きな石、流木、落ち葉や枝などなどです。
スコップで掘り出し、バケツで井戸の外まで出す過酷な作業です。

a0254656_1733137.jpgその間にも井戸には地下を浸透してきた水が、どんどんと流れ込んでいます。
「笠さん!足元の方はこんなもんじゃなかですよ!もっとびゃんびゃん出よる!」
なかなか水位が下がらないので、水中ポンプをもう一台追加して作業は続きます。

今日は、約3メートル60センチまで掘り進めることができました。
夕方から雨が降り、本当に大変な作業だったと思います。
「木野設備」の木野英明社長自ら井戸の中に入り作業をしていただいています。
菊池南中学校の1つ下の後輩です。
本当にありがたいです。ありがとう英明!!!

私も汗だくになったので、川で水浴びをして、この逆境に負けないと誓いました!がんばろう日本!がんばろう北部九州!がんばろう㈱旬援隊!
a0254656_1881593.jpg
明日は、小春農園さんに朝一番から取材に行き、その後、岡山農園さんの熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』の最終出荷に行ってきます。
こんな時ですが、全国のお客様よりご注文をいただけること本当に本当に感謝しています。
これからも、最旬の最高の食材をご紹介し、皆様にお届けしていきたいと思います。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2012-07-24 18:25 | FLC | Trackback | Comments(0)

7.12北部九州大水害の復旧作業がんばってます

2012年7月23日(月) 晴れ
7.12北部九州の大雨は、各地に未曾有の大災害をもたらしました。
ここ熊本県菊池市も大きな被害に見舞われ、各地で復旧作業が続いています。
a0254656_1454418.jpg
これは菊池川の上流『立門導水路』のすぐ下流です。
護岸が崩れていて、大急ぎの復旧作業が続いています。

a0254656_14145398.jpg大型クレーンが出動して、家を越えての作業です。この日は水位が落ち着き作業可能でしたが、「また水位が上がるとすぐに作業中止になると」お話いただきました。
このお宅の本当にギリギリまでが崩れているので、大至急進めないと被害が拡大します。
「がんばってください!」と業者さんに声をかけ後にしました。

a0254656_14234547.jpgこれは、ここ(㈱旬援隊)よりすぐ下のお隣さん家(有働さん)の、がけ崩れの現場です。
この日は村の人たち総出で復旧作業をしています。もちろん私も参加しました。

a0254656_14315059.jpg業者さんの重機が入れる場所だったので、作業は割りとスムーズに進みました。
車庫は全て取り壊し・・・、車はレッカー移動・・・、落ちてきた土砂は処分する場所が決まっておらず半分ほども処理できませんでした。

a0254656_14362686.jpgこちらはわがやの復旧作業現場です。近所の川口さんと、熊本梨農家の本藤さんとがお手伝いに来てくれての作業です。
流木、倒木をチェーンソウで切りまくり何とか「東屋(バーベキュー場)」が見えるようになりました。

a0254656_14433763.jpg洪水直後は、このように「東屋」がほとんど見えない状態でした。
人力だけで、よくここまで見通せるよう片付けができたと思います。皆様のご協力本当にありがとうございました。

a0254656_1450577.jpgこのように、見通しのいい景色になりましたが、大雨の前まではここは原生林のうっそうとした林でした。何本かの木が残っただけの閑散とした荒地になってしましました。
植樹をしようと考えていますが、林と共にあった土も全て流されてしまい、大きな石ころがごろごろとしているだけなので、現状では植樹も厳しいと思います。
落葉樹の林で、夏は青々と葉が茂り、とても気持ちのいい木陰を作り、冬は葉が落ちて暖かい日差しの指すとても素敵な林でしたので、残念でなりません・・・。
悔やんでてもしょうがないので、今後のことはまた前向きに考えてみます。

明日から、やっと井戸の復旧工事が始まる予定です。
水道がない生活も、はや11日目・・・。ずいぶんとなれました。
でもやはり不便ですね!
風呂代わりに川に飛び込んで水浴びをしていますが、冷たすぎて5分も入っていられません。
あたたかいシャワーも浴びたいものです・・・。

a0254656_15273065.jpg
先週、ここで実った「桃」を収穫しみんなで食べました。
日照不足で糖度はそこまで上がっていませんでしたが、自分で育てた作物を食べるのは格別の味です!!!
自然の中で暮らす喜びと苦労をしっかりと体験しながら、農家さんが育てる本物の食材をこれからもご紹介していきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2012-07-23 15:36 | FLC | Trackback | Comments(0)

あれはなんだ?野良豚?

2012年7月22日(日) くもり後雨
それは、7月20日(金)のお昼前の出来事でした。
熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』と、高級メロン『肥後グリーン』生産農家の「岡山農園」さんに向かっている途中で、その生き物に遭遇しました。
a0254656_18132046.jpg
いつもの道路を走っていると、見たことはありますが道路にいるはずのない生き物がいました。
「え?!豚?」
思わずブレーキを掛け車を停止させ、カメラを手にし撮影しました。

a0254656_18234890.jpg対向車も2台来ました。
1台目の軽トラックが、クラクションを鳴らしますが、全く動じることなくマイペースで道路の中央で何かをしています。
美味しいものでもそこにあるのでしょうか?

a0254656_18263359.jpg軽トラックは開いたスペースを右折していきました。
その生き物も、なんだかすごくめんどくさそうに「しょうがないなぁ~」って感じで、こちらにトコトコ歩いてきました。

a0254656_18284569.jpgその生き物はやはり、いや間違いなく「豚ちゃん」でした。
最初は、野良豚?と思ったのですが、なんと首輪をつけているではありませんか!明らかに飼い豚です。
しかしながら、放し飼いなんです。飼い豚である以上「豚ちゃん」と呼ばせていただくことにします。

a0254656_18333237.jpg明らかに私と私の車の存在には気づいているものの、全く平気のマイペース!時々横目でこちらを見ながら、草を食べ始めるではありませんか!
それにしても首輪がかなり苦しそうです・・・。

a0254656_18372195.jpg対向車の軽自動車とその後ろのトラックが通りすぎる間、悠々と草を食べ、私の撮影にも笑顔?とまでは行きませんが、きちんと応じてくれます。
おそらくここがこの「豚ちゃん」の自宅なのでしょう。大きな体を揺らしながらゆっくりと帰っていきました。

いやはや、首輪までつけている豚をはじめて見ました。
でも、放し飼いって有りなん?
そうするなら、「豚出没注意!」の看板でもたてとかないと、危うくあの軽トラックにはねられちゃうとこでしたよ。

ここ(㈱旬援隊)は熊本県菊池市水源のすごく山奥にあるので、ここの敷地内や、ここを下る道ではよく野生の動物に遭遇します。
イノシシ、シカ、イタチ、ウサギ、タヌキ、などなどです。
それらの動物はたいてい、車や人影を見ると慌てて逃げるのですが、今日のような堂々とした生き物は初めてでした。
あの「豚ちゃん」・・・、
なんだかお腹が大きいように見えたので、そのうち子豚をぞろぞろと連れているところを目撃できるかもしれません。

a0254656_18475951.jpg最後にこちらをチラッと振り向き、「また会おうぜ!」って感じでおそらく自宅?の方にゆっくりと進んでいきました。
なんともほのぼの?とした驚きの取材への道のりでした。

たまにはこんなブログもいいかもですね。
「FLCパートナーズストア」では、岡山農園さんの熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』や、熊本産の高級梨、高級ぶどうを好評販売中です。
ぜひ、下のロゴマークをクリックしてホームページをのぞいて見て下さい。
よろしくお願いします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2012-07-22 18:59 | FLC | Trackback | Comments(0)