ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:旬の食材( 202 )

樹上完熟朝採りトマト大好評発売中!トマトらしい本来の美味さです!さらに中玉トマトも販売します!

FLC日記 2017年6月17日(土) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県山鹿市鹿北町の早野徹さんが栽培する、こだわりの『樹上完熟朝採りトマト』を大好評発売中です!
a0254656_17160142.jpg
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、トマトが大好きです!

a0254656_17181409.jpgただ、今はやりの「甘いトマト」ではなく、昔ながらのトマト本来の美味さの完熟トマトの方がさらに大好きです。
もちろん、こうしてスライスしてオリーブオイルをかけたりしても食べますが、子供のころばあちゃんちで食べた完熟トマトの味は今でも忘れられません!

a0254656_17332713.jpg樹上で真っ赤に完熟したトマトを、その場で、そのままとって食べるのが最高です!
私は「FLCパートナーズストア」では、そんなトマトを販売しようと探し求めていました。

a0254656_17364899.jpgそこで出会ったのが、トマト生産農家の早野徹さんでした。
その出会いは、昨年(2016年)の3月でした。
こちらは、現在の様子ですが、早野さんがトマトを栽培する様子をそれからずっと現地取材してきました。

a0254656_17401321.jpg早野さんのトマトの栽培ハウスです。
連棟建ての広い広いハウスはとても1枚の写真では収まりきれません。
有機肥料をふんだんに与えた元気な土で、こだわりのトマトを栽培しています。

a0254656_17502550.jpg現在は、2節目から咲いた花で実ったトマトが収穫の時期を迎えています。
早野さんは、トマトの脇芽を全てかいで、主幹から咲く花からのみトマトを育て、収穫しています。

a0254656_17530757.jpg「早野さん!それは何の作業をしているのですか?」
と尋ねると、
「ほら!ハウス内には支柱を立てて、ひもをはってるでしょ?それにトマトの主幹を誘引してたとこだよ!」
と早野さん。

a0254656_17550660.jpg近づいて見てみると、専用の器具を使って丁寧に誘引されていました。
熊本の旬を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17575832.jpgもちろん、早野さんのトマト栽培の様子も、販売に向け昨年より現地取材を重ねてきました。
こちらは、定植間もない5月上旬の様子です。
この頃はまだ、支柱は立ててあるものの、ひもはありませんね!

a0254656_18012343.jpgまだ幼いトマトの苗ですが、こうして花が咲いていました。
この花から実る最初のトマトは、6月上旬ごろから収穫し出荷しました。
私は、早野さんのトマトは、収穫時期をずらすため、2段階で定植してあるものだと思っていました。

a0254656_18075069.jpgお分かりいただけますか?
奥のトマトの苗たちに比べ、手前の苗たちが幼く見えたからです。
ところがそれは私の思い込みで、実は別の品種のトマトを栽培していたのです。

a0254656_18150668.jpgそれは、今回の取材でのこんなやり取りからわかったのです。
「今日はもう収穫を終えて、完熟トマトはないですよね?あれば撮影したいのですが・・・」と言うと、
「どうだろう?笠さんとこの出荷分を朝あから収穫したからねぇ~!収穫しもれてるのがあるかもしれないけど、おそらくないと思うよ。中玉ならあるんだけどねぇ~。」と早野さん。

a0254656_18233027.jpg「中玉はどこのハウスで育ててるんですか?」と尋ねると、
「どこって、こっちの畝は中玉だよ!「フルティカ」と言う品種なんだけどね!」
早野さんはそう言いながら、中玉トマトをすぐに収穫してきました。

a0254656_18261615.jpg「そうだったんですね!私はてっきり収穫時期をずらすための畝だとばかり思ってました。」と言うと、
「もぎたてを食べてみる?」
と早野さんが、完熟した採りたての中玉トマトを渡してくれました。

a0254656_18284680.jpg「早野さんのいつもの大玉のトマトに比べ、少し酸味がありますが、めちゃくちゃ美味いじゃないですか!」と言うと、
「おぉ!さすがによくわかるねぇ~」
「これも私に販売させてください!」とさっそくお願いしました。
「もちろんいいけど、そんなには数がないから毎回の出荷量は、数量限定になるけど良い?」と早野さん。

a0254656_18344967.jpg「もちろんです!」と言う私に、
「それにしても笠さんは本当に美味しそうに食べるねぇ~!」と笑ってます。
「美味しそうじゃなくて、美味しいんですよ!」
「それは嬉しいなぁ~。」早野さんは満面の笑みを浮かべました。

a0254656_18374597.jpg「商材写真がいるでしょ?少し時間あるかな?箱に詰めるから持って帰たら良いよ!」
そう言ってご用意いただいたのがこちらの中玉トマトです。
早野さんと私のこだわりの樹上完熟のトマトたちです。

a0254656_18410485.jpgそれにしても実に美しいトマトですよね。
24個前後入っていて、1箱1kg入りでの販売を予定しています。
「FLCパートナーズストア」では、週明けよりこの『樹上完熟朝採りトマト(中玉)』の販売に向け、全力準備を進めます。

a0254656_18453058.jpg「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん、早野徹さんが育てた『樹上完熟朝採りトマト』をネット独占販売いたします。
現在は、大玉トマトで、「小4玉入り」「大4玉入り」そして「箱入り4kg」でのみ販売です。

a0254656_18474658.jpgただし、樹上完熟を朝採りで収穫し、即日発送でお届けするため、発送日を決め数量限定での販売です。
とりわけ、写真の「箱入り4kg」は、毎回の出荷予定数を完売する人気なので、ご注文はお急ぎください!
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、“熊本産新鮮野菜”のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-17 18:49 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

熊本産ステビアにんにく 収穫(にんにく掘り)の様子を現地取材

FLC日記 2017年6月6日(火) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「本藤果樹園」さんの、熊本産『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。
a0254656_18075129.jpg
作物品質向上効果に優れる有機肥料の“ステビア”を土作りに利用し、無農薬栽培で育てられた『ステビアにんにく』は、すでにたくさんのご予約を頂戴している弊社の大人気商品です。

a0254656_18113271.jpg一般的なにんにく(中国産)と比べてみました。
その最大の特徴は、なんといっても1粒の大きさです!
しかも、みずみずしく、辛さがマイルドで、嫌な香りが少ない!など、 にんにくのうまみ成分はそのままに、臭いが少ないにんにくにです。

a0254656_18172965.jpg“ステビア”とは、南米パラグアイ原産のハーブの1種です。
作物の品質向上効果に優れる有機肥料の“ステビア”を土作りに利用すると、土が微生物豊かで健全な状態へと戻っていきます。
熊本県菊池市は、ステビアでの土つくりを積極的に取り入れ、様々な野菜や果樹を高品質に育て上げています。

a0254656_18145364.jpg収穫を終えた現在は、雨が当たらない風通しの良いところで乾燥させています。
乾燥を終え、出荷は毎年7月下旬からです。
ホームページでの受付はもう少々お待ちください。
※お電話でのご予約は、現在も承っております。

a0254656_18205307.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県菊池市にある、「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』の畑です。
生産者の「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんがにんにくの収穫を行っています。

a0254656_18235359.jpg先ほど、“畑”と紹介しましたが、本来この場所はお米を育てる田んぼ(棚田)です。
小さな三日月形の棚田を区画整備で大きく1面に拡張しました。
そこでは、今年のお米作りの準備が始まっています。

a0254656_18273554.jpgこの一画だけは、高さがどうしても異なり、そのまま三日月形の田んぼとして残っていました。
昨年までは、野菜やスイカなどを栽培していましたが、その農家さんが今年は何も栽培しないということで、本藤さんがその地を借りて『ステビアにんにく』を栽培しました。

a0254656_18322149.jpgちなみに、そのすぐ上には「安藤果樹園」さんのブルーベリー畑が広がています。
そのブルーベリーは、無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』として、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_18353028.jpg5月30日、本藤さんがスコップを使ってにんにくを1つ1つ掘り上げています。
本藤さんにお話をうかがいました。
「ほら!今年からここでは作物を作らんって聞いたけん、荒れさせるといかんと思って、ここに『ステビアにんにく』を栽培したけど、親父たちが言うように、うちの田んぼで育てとけばよかったって後悔しよるばい!(笑)」

a0254656_18432078.jpg先ほど紹介したブルーベリー畑のすぐ上には、「本藤果樹園」さんの梨園の1つがあります。
こちらは4月中旬の花咲く頃の写真です。
「本藤果樹園」さんは、その屋号でもお分かりのように、果樹(とりわけ梨)を育てる匠の農家さんです。

a0254656_18465910.jpg7月下旬から出荷する『幸水』よりスタートし、『豊水』、『秋麗』(写真)、そして、ジャンボ梨『新高』と、10月中旬までの収穫及び出荷です。
「梨の本当のおいしさを味わってほしい!!」と、樹上完熟にこだわり、朝採り即日発送にこだわる「本藤果樹園」さんの梨たちは、毎年、「全部の梨を初回出荷分で届けてほしい!」と言うご注文を頂戴するほどの人気です。

a0254656_18552138.jpgそんな中、5年ほど前本藤さんのお父さんの本藤賢一さんに「笠くんはにんにくは好きね?うちで作ったとだけん食べなっせ!」といただきました。
その大きさ、その美味さに惚れ込んだ私は、「絶対に売れるので来年はたくさん作って私に販売させてください!」と頼み込み、栽培を依頼しました。

a0254656_18590266.jpgこちらが、その翌年のにんにくの収穫作業の様子です。
まるで工事現場の様ですよね!(笑)
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19015080.jpgもちろん、「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』の栽培の様子も、『ステビアにんにく』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫は重機を使い土ごと掘り上げ、その後こうしてにんにくを集めていました。

a0254656_19040954.jpg『ステビアにんにく』の根っこはすさまじく、手で引き抜こうとしても無理です。
今年から猪一郎さんが、ご両親に少しでも楽をさせようと、場所を変えて一人で『ステビアにんにく』を栽培しました。

a0254656_19080015.jpgところが、この栽培地には重機が入りません。
もちろん、今年も手で引き抜こうとしても、ご覧の通り全く歯が立ちません。
そこで、1つ1つをスコップで掘り上げながら収穫することになったのです。

a0254656_19102239.jpg「ほら見てん!根っこがすごかでしょ?親父たちは、いつものようにうちの田んぼで作れば良かって言いよったとば、俺がしゃんむり(どうしても)ここで作るって言ってしもたけん、今年はしょんなか(仕方ない)ばってん、来年からはまたいつもの田んぼで作ることにするよ(笑)」

a0254656_19145544.jpg「親父たちが残してくれたにんにくの種だし、ステビアの効果もあって、出来自体は今年も最高ばい!掘り上げて、しっかり乾燥させたら出荷たい。その中から良かとば選んで出すけん、自信もって販売して良かばい!」
猪一郎さんは、にんにくの良い出来に満足げにそう話しました。

a0254656_19204546.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの無農薬で育てた『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。
大きくて、ビタミン、ミネラルが豊富で、日持ちが良く、美味しい、しかもニンニクの香りがあまりきつくない『ステビアにんにく』は大人気商品です。
受注受付は、7月中旬の予定で、7月下旬より出荷いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-06 19:24 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

樹上完熟の朝採りトマト 悲願の予約販売受付スタート!初回出荷は6月6日(火)です!

FLC日記 2017年6月2日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県山鹿市鹿北町の早野徹さんが栽培する、こだわりの『樹上完熟朝採りトマト』の予約販売の受付を、本日よりスタートしました!
a0254656_17001987.jpg
その栽培方法、完熟トマトの美味しさへのこだわり、朝採り即日発送の新鮮さなどなど、1年以上も取材を続けてきた、悲願ともいえる商品の販売です。

a0254656_17032313.jpgトマト本来の美味しさを最大限に引き出すために、樹上で完熟させ、朝採りで収穫し、即日発送でお届けいたします。
そのこだわりゆえに、毎回の出荷量を数量限定し完全予約制販売です。
出荷日は、毎週火曜日と金曜日を予定しています。

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_18103604.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、早野徹さんの『樹上完熟朝採りトマト』の栽培ハウスです。
風通しよく、足元をスッキリと管理されたトマトの苗たちが、元気に成長しています。

a0254656_18172749.jpg地面から近い不要な枝葉を摘んでいくことで、地面付近を風通しよくし、害虫や病気からトマトの苗を守ろうとしています。
その作業は、5月中旬に行われていました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18212623.jpgもちろん早野徹さんの『樹上完熟朝採りトマト』の栽培の様子も、苗床から足を運び、ずっと取材してきました。
「昨年の栽培時にもお話ししましたが、うちでは本木(主幹)から咲く花にだけトマトを実らせます。ですから、脇芽は全部かいでいくんです。」
そうお話しいただいたのは、生産農家の早野徹さんです。

a0254656_18250905.jpg「ほら!これが脇芽ですね。これを、手作業で全てかぎ取っていくんです。」
「脇芽にはトマトはできないんですか?」と尋ねると、

a0254656_18264938.jpg「もちろん、脇芽にも花が咲きトマトはできますよ。でも、できることと、きちんと実らせることは違うんです。本木からの花にだけトマトを実らせ徹底管理して育て収穫するんです。」

a0254656_18414122.jpg「向こうでは、父も同じ作業を行っています。5月でも日中はハウスの室温は40℃を超えるような暑さになるので、早朝から初めてお昼前には一旦休憩です。でも、ついついここまで終わろうと頑張るので、熱中症になりかけたことも何度もありますよ。」

a0254656_18460073.jpg「それでも、作物を育てるには、手をかければかけるだけ、必ず良いものとなって答えてくれるので、やっぱり楽しいですね。それに、今年から笠さんとこでの販売も始まるので、もっともっと頑張ろうと思ってますよ!(笑)」

a0254656_18512719.jpg私(笠泰紀)はトマトが大好きなんです。
ただ、近年のトマトの傾向に多い、甘さを求めるトマトではなく、トマト本来の美味しさの完熟トマトが好きなんです。
トマトはどんなに甘くても、糖度が12~13度程度です。
対象が異なるかもしれませんが、メロンの17度以上、ぶどうの18度以上、マンゴーの20度以上と言った果物には到底かないません。

a0254656_18592423.jpg私は、弊社でトマトを販売するにあたり、本当に信頼おける生産農家さんを探していました。
本来のトマトの美味しさの甘み、酸味、うま味のバランスのとれたもので、樹上完熟で収穫し、朝採りで出荷いただける!そんなトマトです。

a0254656_19200149.jpg早野さんとの出会いは、昨年の3月中旬のトマトの苗床の時期でした。
私は、自らの理想とするトマトの話をしました。
すると・・・
「もし、笠さんが甘いトマトをお望みならば、販売はおろか取材すらもお断りするつもりでした。私が理想とする甘み(糖)、酸味(有機酸)、そしてうま味(グルタミン酸)のバランスの良さこそがトマトの美味しさだと思って作り続けてきたので、それでしたら、ぜひ販売してください!」

a0254656_19251843.jpgそれから、度々早野さんの栽培ハウスに伺い、取材を続けてきました。
実は、昨年からこの『樹上完熟朝採りトマト』の販売をしようと準備を進めてきました。
しかし、早野さんのこだわりのトマトの旬は短く、昨年は販売を断念したのです。

a0254656_19324430.jpg「今年はあえて販売を見送り、来年(平成29年)の6月上旬から、私がこだわり続けて育て、ベストなタイミングで収穫したものを出荷しますので、ぜひそうさせてください!」
早野さんからそんな申し出があったのです。
その言葉を聞き、私はさらに早野さんに全幅の信頼をよせることとなりました。

a0254656_19371403.jpg「今年も変わらぬ栽培法で、しっかり手をかけて育て上げました。ぜひ、笠さんや私が理想とするトマトをたくさんの方に食べていただきたいですね!」
早野さんは先日の取材でそう笑顔で話してくれました。

a0254656_19392622.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年より満を持して早野徹さんが育てた『樹上完熟朝採りトマト』をネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました。
私の悲願とも言える、こだわりトマトの販売です。
ただし、樹上完熟を朝採りで収穫し、即日発送でお届けするため、発送日を決め数量限定での販売です。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、“熊本産新鮮野菜”のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-02 19:48 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

熊本産ステビアにんにく 芽カギ(摘蕾作業)の様子とこだわりの無農薬栽培

FLC日記 2017年5月25日(木) くもりのち晴れ
「にんにく(球根)に栄養が行くように、この時期に“芽カギ”ばせにゃんとたい。つまり、花が咲く前の蕾の段階で、その芽を全部摘むわけたいね。」
「本藤果樹園」の本藤猪一郎さんが、そう話しながら手際よく芽カギ作業を行っていました。
a0254656_17124968.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「本藤果樹園」さんの、熊本産『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。

a0254656_17155473.jpg『ステビアにんにく』は、作物品質向上効果に優れる“ステビア”を土作りに利用し、育てられたニンニクです。
“ステビア”とは、南米パラグアイ原産のハーブです。
作物の品質向上効果に優れる“ステビア”を土作りに利用すると、土が微生物豊かで健全な状態へと戻っていきます。その結果、 農薬や化学肥料の使用量が減り、土が持つ本来の力を呼び戻すことで野菜や果物も本来の 自然の味にしていきます。

a0254656_17180470.jpgその最大の特徴は、ひと粒が大きいこと!
さらにとてもみずみずしく、辛さがマイルドで、嫌な香りが少ないと、 にんにくのうまみ成分はそのままに、臭いが少ないにんにくなのです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。
※7月下旬より販売予定です。

a0254656_17210228.jpgここは、熊本県菊池市戸豊水(とりうず)にある、「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』の畑です。
10日ほど前の、5月16日に芽カギ作業の様子を現地取材に伺いました。

a0254656_17271726.jpgこれが、本藤さんが摘み取っているにんにくの花芽です。
丸く膨らんでいるところがこれから花になるところのようです。
「本藤さん!私もこうして毎年取材に来ていますが、にんにくの花を見たことないのですがどういう花なんですか?」と尋ねると、

a0254656_17333084.jpg「確か、紫色の小さな花が丸くたくさん咲くって聞いたことはあるばってん、俺も見たことなかけん知らんばい。
なにせ、こうして全部摘んでしまうけんねぇ~。帰ってからインターネットで調べてみなっせ!」と本藤さん。

a0254656_17401909.jpg調べてみました。
本藤さんがお話しされたように、紫色の丸い花です。
小さな花の集合体のようですね!
ただし、品種によって異なるようで、白っぽい色をした花も見受けられました。
「本藤果樹園」さんと言えば、このブログ(FLC日記)をご覧いただく方や、「FLCパートナーズストア」のお客様であるなら、ご存知の方も多いはず!

a0254656_17480578.jpgこだわりの『樹上完熟梨』の生産農家さんです。
こちらは、梨のシーズンの到来を告げる、7月下旬より出荷する『幸水(こうすい)』です。
この時期は、梨の“摘果作業”の真っ只中です。
この日も、摘果作業の手を止め、私の『ステビアにんにく』の取材にお付き合いいただきました。

a0254656_17570809.jpgこちらは、5月1日に取材した、梨の摘果作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17595041.jpgもちろん、「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』や『ステビアにんにく』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「本藤果樹園」さんでは、本藤賢一さんと奥様、息子さんで園主の本藤猪一郎さんの、親子2代、3人の匠によって、“本物”と呼べる農作物を育てています。
梨の摘果作業の様子は先日のブログで詳しく紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

a0254656_18215257.jpgさて、『ステビアにんにく』に話を戻しましょう!
「笠くんは「にんにくの芽」は好きね?良かなら、目の前にあるとばかたっぱしに摘んで、好きなだけ持って帰って良かよ!」と本藤さん!

a0254656_18242330.jpg「ありがとうございます!」私もお手伝いをさせていただきながら、たくさんの“にんにくの芽”をいただいて帰りました。
ザクザクと切って、豚肉と塩コショウで炒めていただきました。
おかげさまで、その日はビールをかなり飲みすぎちゃいました!(笑)

a0254656_18275898.jpg「今年も収穫は6月に入ってからですか?」と尋ねると、
「そうね!でも、今の状況も知りたかろ?1つ掘ってみようか?」
本藤さんはそう言うと、1本のにんにくを掘り上げました。

a0254656_18300235.jpg「どうね?まだまだ小さいやろ?収穫前になると、もっともっと根が張って、簡単には引き抜けんようになるけんね。やっぱり、今年も6月に入ってから収穫やね!」
今年も予定通り、6月上旬の収穫で、それから1ヶ月ちょっとの乾燥を経て、7月下旬よりの出荷のようです。

a0254656_18341072.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』をネット販売いたします。
初回出荷分はすでに、たくさんのご予約を頂戴しているほどの人気で、おそらく今年も完売間違いなしの大人気商品です。
受注受付は、7月中旬頃からの予定です。
『ステビアにんにく』の収穫や、その後の乾燥の様子など、現地取材でまたご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-25 18:36 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

『無農薬栽培にんにく』 芽カギ作業を終えまもなく収穫です。収穫後は乾燥させ今年もネット独占販売します!

FLC日記 2017年5月14日(日) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、有機肥料をふんだんに与えた元気な土で、農薬を一切使用せずに育てた「長尾農園」さんの『無農薬栽培にんにく』を今年(平成29年)もネット独占販売いたします。
a0254656_18274152.jpg

a0254656_18355568.jpg「長尾農園」さんの『無農薬栽培にんにく』は、弊社の商品の中でも、大変人気の滝商品です。「長尾農園」さんは、「FLCパートナーズストア」に様々な野菜や『七城米 長尾さんこだわりのお米』を提供いただいている“匠”の農家さんです。

a0254656_18404883.jpg「長尾農園」さんが育て上げた野菜は、“長尾ブランドの野菜”と称賛され、その美しさが大人気です。
道の駅などの直売所でも、購入者が絶えず、出せば出すだけ売れていくほどの人気です。
この写真の「長尾農園」さんが育てたダイコンを見ただけでもその美しさはお分かりいただけると思います。

a0254656_18520751.jpgまた、『七城米 長尾さんこだわりのお米』は、店長一押しのお米として好評発売中です。
お米の粒がそろっていて、ご飯に炊き上げると艶、風味、そして独特の甘さいずれも格別で、弊社の大人気の看板商品です!

↓ 今すぐ購入(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』


a0254656_16473604.jpgさて、本日の主役『無農薬栽培にんにく』に話を戻しましょう!
ここは、熊本県菊池市七城町にある、「長尾農園」さんの『無農薬栽培にんにく』を育てる畑です。
2週間ほど前の5月上旬の写真です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17014312.jpgもちろん「長尾農園」さんの様々な野菜やお米の栽培の様子も、もう何年の年間を通して現地取材してきました。
こちらは、11月に定植してにんにくたちが、元気に成長している2月上旬の様子です。
にんにくを育てる畑のこの黒土は、太古の昔、阿蘇山の噴火でもたらされた火山灰がベースとなっています。

a0254656_17064021.jpg定植前にはたっぷりと有機肥料を与え、元気な土を作り上げます。
そこに、穴の開いたマルチビニールを張り、にんにくの種(球根)を植え育てていくのです。
氷点下にもなるような冬の寒さにも耐え、今年も元気に育ちました。

a0254656_17121805.jpg現在の様子に話を戻します。
5月上旬に、にんにく栽培においてとても大切な作業があります。
この時期、にんにくは花芽が成長し蕾を作ります。
しかし、にんにくに花を咲かせると、そちらに栄養が行き、にんにく(球根)が育ちません。

a0254656_17393219.jpgこちらが、にんにくの蕾です。
にんにくの葉っぱの間の中央部から芽吹いています。
この時期、花を咲かせないために、この花芽を摘む“芽カギ”と呼ばれる作業をします。

a0254656_17412718.jpgこちらが、つい先日取材に伺った際に撮った、芽カギ後の写真です。
中央から伸びるにんにくの花芽を、1つ1つ手作業で摘み取っていくのです。
にんにくも子孫を残すために花を咲かせるのですが、こうしてその花芽を摘むことで、球根に栄養を注ぎます。

a0254656_17442294.jpgこの茎の下に、にんにくが成長しています。
そして、5月下旬には大きく育ったにんにくを収穫します。
「長尾農園」さんでは、消毒や農薬、除草剤なども一切使用せずににんにくを育ててきました。

a0254656_17535830.jpg安心、安全、そして何より美味しいにこだわり続け育てられたにんにくたちは、収穫後茎を切り落としハウスの中で乾燥させます。
この時期「長尾農園」さんでは、ダイコンやニンジン、ほうれん草やジャガイモなどを栽培するハウスを乾燥用に準備し約1ヶ月半ほどをかけしっかりと乾燥させるのです。
にんにくは乾燥させることで、長期保存が可能になります。

a0254656_17583566.jpgにんにくには強力な抗菌・殺菌、解毒作用があります。
これはにんにくのニオイの元であるアリシンという成分によるものです。
しかし、こうして乾燥させているにんにくに近づいても、全く匂いがしません。

a0254656_18065081.jpgにんにくの臭いの原因はアリシンは、生のにんにくには含まれていませんが、にんにくを切ったり、刻んだり、加熱したりすると発生します。
弊社では、こうして袋に入れて販売していますが、他の商品と同梱してもあまり気にならないようです。

a0254656_18023170.jpg薄皮をむくまではあまり匂いはしませんが、すりおろしたり、切ったりすると途端ににんにくの香りがしてきます。
匂いは気になるところではありますが、臭いの原因はアリシンは、回復やアンチエイジングなどニンニクには欠かせない効果があるんです。
ちなみに、にんにくの匂いを素早く除去するには、緑茶がおススメですよ!

a0254656_18072829.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も「長尾農園」さんの『無農薬栽培にんにく』をネット独占販売いたします。
スーパーなので販売されているにんにくは、中国産のものが多いようですが、こちらは正真正銘、熊本県産の『無農薬栽培にんにく』です!

a0254656_18085855.jpg安心・安全にこだわりぬいた、「長尾農園」さんの『無農薬栽培にんにく』は、収穫、乾燥を経て、選別し7月中旬からの出荷予定です。
昨年も大好評いただき、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
現在、ホームページでの販売は行っておりませんが、お電話でのみご予約を承っています。
出荷に向け、収穫や乾燥の様子も今年も現地取材してまたご紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-14 18:13 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

樹上完熟の朝採りトマト お待たせしました!6月上旬より出荷予定!現在の成長の様子を現地取材!

FLC日記 2017年5月12日(金) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県山鹿市鹿北町の早野徹さんが栽培する、こだわりの『樹上完熟朝採りトマト』の販売をいよいよスタートいたします。
平成29年度から販売する新商品で、6月2日(金)からの出荷予定です!
a0254656_17594994.jpg


a0254656_18013307.jpg「樹上で赤く完熟したトマトが、やっぱり美味しいんです。一般流通だと、なかなかそうはいきません。約1週間後に完熟するよう、青いトマトを収穫して出荷しています。でも、笠さんとこ(FLCパートナーズストア)ならば、樹上完熟の朝採りトマトを出荷できそうですね!」
生産農家の早野徹さんにそうお話をいただき、取材をスタートしたのは、昨年の3月でした。

a0254656_18042429.jpgこちらがその様子です。
3月中旬の苗床に並ぶトマトの苗たちです。
苗床とは、定植するまでの期間、こうして集中管理して苗を育てるところです。
早野さんは、こだわりのトマトを、こうして育苗から行い栽培しています。

a0254656_18084928.jpg今年の5月上旬のトマトの栽培ハウスの様子です。
広い広い連棟建てのハウスに定植され、現在元気に成長中です。
早野さんは、化学肥料を一切使用せずにトマトを栽培しています。
有機肥料(たい肥)をふんだんに与えた元気な土つくりにこだわり、大事に大事にトマトを育てているのです。

a0254656_18135367.jpg同じハウスの中に、先ほどの苗より、少し幼い苗たちがいました。
これは、種まきや定植を遅らせた苗です。
収穫時期をずらすため、この様に2段階に分けトマトを栽培しています。

a0254656_18222557.jpg幼い苗のため、輪ゴムを使って優しく誘引してありました。
これから1ヶ月後の6月上旬には、有機肥料をふんだんに与えた元気な土で栽培されたトマトたちは、ビックリするほどたくましく育ちます。

a0254656_18264610.jpg昨年の6月上旬、収穫を迎えたころの様子です。
青々としたトマトの葉が、その元気さを象徴しているようです。
支柱を用い、ハウス内に張り巡らされたワイヤーに丁寧に誘引され、満遍なく日が当たるよう育てています。

a0254656_18304322.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、早野さんのトマト栽培の様子も、販売に向けこうして現地取材を重ねてきました。

a0254656_18385296.jpg生産農家の早野徹さんです。
私は早野さんのトマト栽培の真摯な姿勢、そして何より育て上げたそのトマトの美味しさに惚れ込み、弊社での販売をお願いしました。
当初は、昨年(平成28年度)よりの販売予定でした。

a0254656_18454035.jpg早野さんが育てるトマトの旬は、6月上旬から7月中旬の限られた期間です。
昨年は「せっかく販売するのであれば、今年1年しっかり取材もしていただき、私もベストのトマトを育て上げ、それを皆さんに味わっていただきたい!」との早野さんからの申し出もあり、あえて昨年は販売を見送り、今年(平成29年度)より満を持して販売することとしました。

a0254656_18512746.jpg私はトマトが大の好物です。
ただ、最近ありがちなフルーツトマトと称される“甘さ”を重視したトマトではなく、昔ながらのトマトの味が大好きなんです。
そんなトマトを探していた際に、早野さんと出会いました。

a0254656_18585953.jpg「もし、笠さんが甘いトマトを希望されるのであれば、私のトマトの販売はご遠慮するつもりでした。トマトの本来の美味しさを追及するとやっぱりバランスなんですよ。甘さにこだわり過ぎず、甘み、酸味、うま味のバランスの取れたトマトを理想とし作り続けてきたので・・・。そしてそのバランスは、樹上完熟させてこそ完成するんです。」

a0254656_19034920.jpg「でも、一般流通用のトマトは、どうしても店頭に並ぶ際に赤く色づくように、これくらいまだ青い段階で収穫し出荷します。笠さんが完全予約制で販売し、私がその日の朝に収穫したものを、翌日またはは翌々日にお客様に届けると話された時、これならいける!って思ったんです。」

a0254656_19095009.jpg「私が理想とするバランスの良い旨さのトマトをぜひ多くの方に食べていただきたいと思ってます。」
昨年、私は試食を重ねる毎に、早野さんのトマトに惚れ込みました。
それがこの、こだわりの『樹上完熟朝採りトマト』です。

a0254656_19140022.jpg出荷日を決めて、完全予約制での販売をすることと、出荷後、翌日もしくは翌々日にお客様に届けることを条件にして、弊社で『樹上完熟の朝採りトマト』として販売する運びとなりました。

a0254656_19152136.jpg現在、成長の様子を現地取材しながら、早野さんと最終打ち合わせを重ねています。
「小4玉入り」「大4玉入り」そして「箱入り4kg」の商品をご用意いただくことになりました。
6月2日(金)より出荷予定で、まもなく先行予約受付をスタートいたします。
しっかりと時間をかけ現地取材を重ねていよいよ今年より販売いたします。
早野さんのこだわり『樹上完熟朝採りトマト』に、ぜひご期待下さい!お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-12 19:23 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

大人気!下茹でいらずの簡単皮むき!!たけのこの王様『山竹たけのこ』 平成29年度先行予約受付スタート‼

FLC日記 2017年5月8日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』をネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました‼
a0254656_17440020.jpg


a0254656_17453783.jpgこちらが『山竹たけのこ』です。
知る人ぞ知る“究極のたけのこ”なんです!!
「寒山竹」、「大名竹」に似ていますが、正確にはホテイチク(布袋竹)という種類で、節が膨れて布袋腹のようになるのが名前の由来なんです。

a0254656_17481205.jpg一般的には、“コサンチク”と呼ばれています。コサンチクは“虎攅竹”または、“鼓山竹”と表記するようです。
こちらは、熊本県山鹿市鹿北町柏ノ木にある、『山竹』の栽培場(竹林)です。

a0254656_17574530.jpg『山竹たけのこ』は、“究極のたけのこ”、 “やみつきたけのこ”、“たけのこの王様”などとも呼ばれています。
とにかく、柔らかな食感と、たけのこから出るうま味がたまりません。

a0254656_18025704.jpgしかも、全くアクがなく、下茹での必要がありません。
それどころか、下茹でしてしまうと、せっかくのうま味と言いますか“ダシ”が逃げちゃいます。
簡単に皮もむけますので、そのままお好きな大きさに切って、知る人ぞ知る“究極のたけのこ”『山竹たけのこ』を、お好きなお料理にご活用ください!

a0254656_18123263.jpgちなみに、こちらは私が大好きな、「山竹三昧定食」です。
「山竹の炊き込みご飯」、「山竹のお吸い物」、「山竹と牛肉のコチジャン炒め」
いかがですか?
美味しそうでしょ!!
本日より、「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』の先行予約の受付をスタートしました!
今期の初出荷は、5月16日(火)です!
この時期だけの最旬食材をぜひご賞味ください!


↓ 今すぐ注文したい方、詳しい情報を知りたい方はこちら! ↓

「FLCパートナーズストア」
「山竹たけのこ」



a0254656_18265994.jpg『山竹たけのこ』の収穫の様子を取材行った際の写真です。
たけのこの収穫と言えば、トウガ(たけのこ掘り専用の鍬)が必要だと思っていましたが、この日はなんと手ぶらでの収穫です。

a0254656_18293140.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんは、この『山竹たけのこ』の美味さに惚れ込み、『山竹』を譲ってもらって自分の山を切り開いて、わざわざ植えて育てています。
「笠さん!この辺が良かばい。どれくらい柔らかいか見よきなっせ!」と古川さん。

a0254656_18320455.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18335058.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『山竹たけのこ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
『山竹たけのこ』は、一般的なたけのこのように掘り上げるのではく、地上に出てきた部分を切り取り収穫します。

a0254656_18360841.jpg「ならいくばい!それ!!」
なんと、古川さんは『山竹たけのこ』を、足先でチョンと蹴ると、簡単に折れてしまいました。
「普段はカマば使って収穫するとばってん、どれくらい柔らかかを見せようと思ってな!この年よりでもこぎゃんして簡単に折れるほど柔らかかとたい。」

a0254656_18452661.jpg「ちょうど良かサイズばい。これはしっかりダシも出てたいぎゃ美味かばい!(笑)」
「古川果樹園」さんは、「FLCパートナーズストア」の大人気商品、『太秋柿プレミアム』、『種なしかぼす』、『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』などを生産する匠の農家さんです。

a0254656_18474404.jpgこちらは先日『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』の収穫の際に撮影した写真です。
古川孝人さんとアツ子さんのとっても仲の良いご夫婦の二人三脚で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_18495673.jpg『山竹たけのこ』は、少し包丁を使えば、この様に簡単に手で皮がむけ、お好きなサイズにカットすれば、そのまま調理できるんです。
『山竹たけのこ』の皮むきの手順は、以前のブログで詳しくご紹介していますので、ぜひそちらをご覧ください。
「FLCパートナーズストア」オフィシャルブログ『FLC日記』

a0254656_19095428.jpg古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』は、ホームページでご予約を承り始める前から、お電話でご注文を多数頂戴する大人気商品です。
期間限定、数量限定の完全予約販売で、とっても希少なたけのこです。

a0254656_18585439.jpg古川さんが惚れ込み栽培を始めた、自慢の『山竹たけのこ』を、さらに私が惚れぬいて、今年(平成29年度)も「FLCパートナーズストア」でネット独占販売いたします。

a0254656_19030935.jpgアクがなく下茹でいらずで、しかも『山竹たけのこ』から出るだしが美味いんです!!
『山竹たけのこ炊き込みご飯』は、私にとって、この時期の何よりのごちそうですね!
この時期だけの販売で、もちろん、朝採り新鮮そのものを即日発送致します。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ショップページから『熊本産新鮮野菜』のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-08 19:10 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

アスパラ 「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」大好評販売中!この後は立茎の時期!数量限定の販売となります!

FLC日記 2017年5月4日(木) 晴れ

a0254656_16485005.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんのなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』をネット独占販売いたします。
朝採り新鮮そのものの『グリーンアスパラガス』を、即日発送いたします!
a0254656_16492873.jpg


a0254656_16512263.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんのアスパラの栽培ハウスです。
のどかな田園風景の中で、『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』を生産しています。

a0254656_16541294.jpg『アスパラガス』は、古代ギリシャ時代には、薬用植物とされていたほどの、栄養価の高い食材です。
栄養ドリンクにも使われるアスパラギン酸を多く含み、疲労回復や新陳代謝を高める効果があるとされています。
穂先に含まれるルチンは血管を強くして、血圧を下げる働きがあります。
カロチンやビタミンB1、B2、Eなども豊富に含まれています。
また、ガンなどの病気の原因をつくる活性酸素を抑える働きをもつグルタチオン、動脈硬化を防ぐ葉酸も含まれていて、健康に!美容効果に!大変注目されている食材です。

↓ 今すぐご注文したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』


a0254656_16572675.jpgなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』の収穫の様子です。
「古川果樹園」の古川孝人さん、アツ子さんが、夜明けと同時に収穫を始めていました。
慣れた手つきでとても手際よく行っています。

a0254656_17572466.jpgアスパラガスは多年生の植物です。
冬の間は、地中にて冬眠しています。
春先には、地中にため込んだ養分で、こうして芽吹いてくるのです。
私たちが通常食べるアスパラガスは、その新芽の部分です。

a0254656_17115645.jpgちなみに、芽吹いたアスパラを収穫せずにそのまま育てると、こんな感じになるんです!
これは、6月下旬の立茎後の写真です。
立茎とは、親とするアスパラを育てることです。

a0254656_17173838.jpgこちらがその様子です。
5月中旬ころから、親とするアスパラを育てます。
親とするアスパラを残すため、その頃は収量が減ってしまいますが、毎年きちんと育てていくために必要なことなのです。

a0254656_17233182.jpg「こぎゃんして、できるだけ満遍なく親ば立てるようにして残すとたいね。新しく出てきた分は、親にしたととの距離が近すぎるといかんけん、それは収穫するとたいね。春の立ち始めた時は、全部収穫するばってん、この頃はピシャッと考えながら収穫せにゃんたい。」
古川さんがその取材の際にそう話してくれたのを思い出しました。

a0254656_17415447.jpgさてこちらは、先日取材に伺った収穫の様子です。
「笠さんは、ずっと俺たちのアスパラ栽培ば見てきとるけん分かるだろうばってん、今年は立ち始めるののほんと遅かったもんなぁ~。」と古川さん。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17461356.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
「毎年4月上旬から笠さんとこにも出荷しよったばってん、今年はずいぶん遅くなったね。でも、これくらい収量があれば良いけど、収穫した中から、良いのだけを笠さんとこのお客さんには出したいからねぇ~。」アツ子さんがそう話しながら手際よく収穫しています。

a0254656_17502315.jpg「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』として笠さんとこに出しよるでしょ?夜の間に成長したとの方が、柔らかくて美味しかとたい。こしこ太くても柔らかくてとてもうまかばい!」
古川さんが、収穫したての自慢のアスパラを見せてくれました。

a0254656_17541875.jpg収穫用のハサミに取り付けた、目印の長さ以上のものだけを収穫します。
そして、下の部分を切りそろえ、大きさ(太さ)に分けて出荷します。
現在は、2L、L、Mと、ご希望のサイズをお届けしています。

a0254656_18090736.jpgまぁ、それにしても、いつ伺ってもしっかりと手をかけてある栽培ハウスです。
古川ご夫妻が、惜しみない手間ひまをかけ、大事に育てているのです。
また、ハウスと言えども加温するのではなく、あくまで雨風からアスパラを守るための、いわば屋根のようなもので、ハウスの両サイドや入り口は開いています。

a0254656_18114505.jpg「笠さんとこのお客さんは、『古川さんとこアスパラを!』って注文もらうわけだけん、しっかり良かとば出しよるばい。それに、全国のお客さんから『美味しい!』のお声をいただくと、やっぱ張り合いもあって、頑張ろうって思えるたい!」
古川さんご夫妻は、そんな話をしながらツーショット写真の撮影に応じてくれました。

a0254656_18155774.jpg「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラガス』を、今年もネット独占販売しています。
朝採りの新鮮さはもちろんのこと、有機肥料をふんだんに使った元気な畑、古川さんご夫妻の愛樹たっぷりの惜しまぬ手間ひまで育ったアスパラは、味わい深い甘味があり、“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_18164493.jpgとりわけ、2Lサイズのアスパラ(写真)は、この時期だけのとても貴重な商品となってます。
「古川果樹園」さんのなごみの里の『朝採りグリーンアスパラガス』のご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-04 18:20 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

熊本産ステビアにんにく 元気いっぱいに成長中!今年も7月下旬から出荷予定です!

FLC日記 2017年4月22日(土) 晴れ
「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「本藤果樹園」さんの、熊本産『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。
a0254656_17164383.jpg

a0254656_17182030.jpg『ステビアにんにく』とは、作物品質向上効果に優れる“ステビア”を土作りに利用し育てられたニンニクです。
その特徴は、ひと粒が大きい!みずみずしい!辛さがマイルド!嫌な香りが少ない!など、 にんにくのうまみ成分はそのままに、臭いが少ないにんにくにです。

a0254656_17215958.jpg6月上旬の収穫、そして1ヶ月以上乾燥期間を経て、今年も出荷は7月下旬からの予定です。
すでに今年のご予約を頂戴している大人気商品です。
本日は、元気に育つ現在の様子をご紹介いたします。

a0254656_17244432.jpgここは、熊本県菊池市戸豊水(とりうず)にある、「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』の畑です。
「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんが、成長の様子をチェックしています。

a0254656_17305764.jpg先ほど、“畑”と紹介しましたが、ここはもともとお米を植える田んぼ(棚田)だった場所です。
下の棚田は冬の耕運作業を終え、6月には田植えをするようです。

a0254656_17330411.jpg「本藤果樹園」さんが『ステビアにんにく』を栽培する畑として使用している以外の下の棚田は、区画整備で小さな棚田をまとめてありますが、ここだけは当時のままです。
その証拠に、ここは三日月型の圃場となっています。

a0254656_17360065.jpg「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんです。
「ステビアの効いとるけん、にんにくも良く成長するけど、雑草もすごいとたい!まぁ、これも無農薬栽培の証拠ではあるばってん、これから草とりも大変ばい!(笑)」

a0254656_17385685.jpg「本藤果樹園」さんと言えば、このブログ(FLC日記)をご覧いただく方や、「FLCパートナーズストア」のお客様であるなら、ご存知の方も多いはず!
こだわりの『樹上完熟梨』の生産農家さんです。

a0254656_17422865.jpg「梨、本来の美味しさを味わってほしいから!」と、こだわりぬく樹上完熟の朝採りの梨は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
今年も7月下旬の「幸水」からスタートし、続けて「豊水」、熊本限定栽培品種の「秋麗」(写真)、ジャンボ梨「新高」と、4品種の梨を販売予定です。
梨のお話はまたあらためてするとして、『ステビアにんにく』に話を戻しましょう!

a0254656_17471071.jpgこちらは11月上旬の種まき作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17515215.jpgもちろん、「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』や『ステビアにんにく』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、種まきから1ヶ月後の12月上旬の写真です。

a0254656_17545462.jpgこちらは現在の様子です。
種まきから、5ヶ月半を過ぎ、こうもたくましく成長していました。
実は、「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』は当初弊社で販売予定ではありませんでした。

a0254656_17583223.jpgしかしある日、猪一郎さんのお父さんの本藤賢一さんにこの『ステビアにんにく』をいただき、そのあまりの大きさと美味しさに驚き、販売をお願いしたのです。
昨年までは、梨栽培をしながら本藤賢一さんと奥様の郁代さんが栽培していました。

a0254656_18014874.jpgこちらは収穫作業の様子です。
まるで工事現場ですよね!(笑)
『ステビアにんにく』は、とても根っこが多く簡単に引き抜くことができないため、機材を使って土ごと掘り返します。

a0254656_18085046.jpg「収穫が一苦労ですね!」と言うと、「本なこつなぁ~!良かとば作ろうちゃ、やおいかんばい!(本当だねぇ~!良いものを作ろうとするととても大変なんだよ!)」と、笑顔で答えてくれました。

a0254656_18162106.jpgさて、こちらは現在の様子です。
「来月の上旬には花芽カギばせにゃんたいね!親父もおふくろも毎年頑張ってきたけん、少しは楽させようと場所ば変えて俺が育ててきたばってん、まぁ、これからが大変たいね!」と猪一郎さん。

a0254656_18204792.jpgにんにくは花を咲かせると栄養が花に行くので、私たちが普段食べる球根の部分にいかなくなるため、このように蕾の段階で全て芽カギを行います。
その後、約1ヶ月成長させ収穫し、収穫後は乾燥です。
もちろん、その様子も今年も現地取材してこのブログで紹介いたします。

a0254656_18260572.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。
大きくて、ビタミン、ミネラルが豊富で、日持ちが良く、美味しい『ステビアにんにく』は、大人気商品です。ニンニクの香りがあまりきつくないところも、その人気の秘密と言えるでしょう!
受注受付は、7月中旬の予定です。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-22 18:27 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」 今年は桜も遅かったごつ、アスパラもだいぶ遅れとるばい!

FLC日記 2017年4月10日(月) 雨(強風)

a0254656_17415097.jpg「今年は、熊本の桜の開花も10日くらい遅かごつ、うちのアスパラたちもだいぶ遅れとるばい。まだ、数えるしこしか立たんとたいね。例年なら、この4月の中旬ころは、いっぱい立っとかんといかんとばってんなぁ・・・。」匠の農家さん「古川果樹園」の古川孝人さんが、そう話しました。
a0254656_17440067.jpg
ここは、熊本県玉名郡和水町(なごみまち)三加和(みかわ)にある、「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の栽培ハウスです。

a0254656_17463440.jpg1週間前の、4月4日に現地取材に伺いました。
「古川果樹園」さんの、アスパラのハウスは、言わば屋根替わりで、あくまで雨風から大切なアスパラを守るための設備で、加温をして育てているのではありません。
ハウスと言えども、入り口や両サイドは開いています。

a0254656_17544355.jpgこちらは、例年のこの4月上旬の様子です。
毎年、3月の終わりには立ち始めます。そして、この時期になるとこうして乱立していたのですが、今年はなかなか芽吹いてくれません。

a0254656_17572879.jpgこちらは、同日の出荷場にて撮影したもの!
この時期は、このような2Lサイズの太めのアスパラが収穫でき、きれいに切りそろえ束ねて次々に出荷されていました。

a0254656_18053491.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、、「古川果樹園」さんの、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」を毎年ネット独占販売しています。

a0254656_18093390.jpgなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』は、商品名にあえて“朝採り”と入れるこだわりの新鮮さと、柔らかさと美味しさで、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
今年もすでにたくさんのご予約を頂戴していますが、まだ初出荷ができていません。

a0254656_18124894.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんです。「もう20年以上もここでアスパラば育てよるばってん、こぎゃん遅かこつは初めてばい!」
「確かのそうですよね!私もずっとその栽培の様子を見てきましたが、今年のようなことはなかったですもんね!」

a0254656_18174742.jpg私は、古川さんの言葉にそう答えながら、写真を撮りました。
ここに1本見事なアスパラが立っているだけで、その向こうには全く見えません。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18214246.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
収穫の様子だけではなく、その全てを取材しています。
こちらは、12月~1月に行われる、親株を片付けている様子です。
アスパラガスはユリ科の多年生の植物で、春から夏にかけて出てくる新芽を食べる野菜です。

a0254656_18284363.jpg例えるならば、今が旬の「たけのこ」のような感じですね!
こうして芽吹いたものを一定の長さまで成長させ収穫します。
5月中旬から6月中旬には、“立茎”と言って、収穫せずにそのまま成長させ、親株を立てていきます。

a0254656_18315761.jpg立茎を終えた夏の栽培ハウスは、春の時期とは一変します。
青々と茂っているのが、親として立てたアスパラガスです。
収穫せずに成長させると、このようになるのです。

a0254656_18394631.jpg毎日「古川果樹園」さんでは、収穫する際に雑草を取り除いているので、いつ伺ってもこうしてきれいな栽培地です。
先ほど、たけのこに例えましたが、親として立てたものは、たけのこが成長した竹とは異なり、冬になると枯れてしまいます。

a0254656_18462230.jpgその枯れたものをそのまま放置しておくと、病気の原因になるので、冬にすべて取り除くのです。
夏の間に茂った親が、地下茎にたくさんの養分をため込み、冬の間は冬眠し、春になるとこうして芽吹いてくるのです。

a0254656_19000992.jpgさて、こちらは4月4日現地取材した様子です。
古川孝人さんと奥様のアツ子さんが作業をしています。
「本来なら、朝早くからアスパラの収穫でてんてこ舞いしてるとこだけど、今年はねぇ~。だから、通路のマルチビニールを張り替えていたとこなの。」とアツ子さん。
「古川果樹園」さんは、この仲良しご夫婦で、惜しまぬ手間ひまをかけ、様々な“本物”と呼べる農作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_19042611.jpg本日紹介している、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」をはじめ、匠が育てる『太秋柿』(写真)、熊本産高級『種なしかぼす』、『山竹たけのこ』などを生産しています。
いずれも、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売している大人気商品です。

a0254656_19085872.jpg「まだ、数えるほどしか立ってこんもんだけん、出荷はもうちょっと待って!笠さんとこのお客さんは、毎年楽しみにしてくれとるけん、ある程度収量が増えて、その中からしっかり良かとだけば選んで出したかけんね!」
古川さんが取材の最後のそう話してくれました。

a0254656_19150526.jpg「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』を、楽しみにされているお客様も多いこととは思いますが、初出荷はもう少々お待ちください。
必ず今年も、柔らかく、甘く、みずみずしいまさに“本物”と呼べる味わいのアスパラガスをお届けいたします。
出荷準備ができ次第、ホームページにアップいたしますので、「FLCパートナーズストア」のホームページもお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-10 19:19 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)