ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:FLC( 299 )

株式会社旬援隊の敷地内の様子 台風18号の被害に負けず頑張ります!

FLC日記 2017年9月18日(月) 晴れ(台風一過)
昨日、鹿児島県に上陸した台風18号は、暴風雨を伴い各地に大きな被害をもたらしました。
ここ、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある株式会社旬援隊の、敷地内の農作物も大きな被害が生じました。
a0254656_17060783.jpg
こちらは、敷地内の上の段にある、えごま畑の今朝の様子です。

a0254656_17122209.jpg半分以上の黒えごまたちが倒れ、3分の1ほどは、茎が折れたり裂けたりしました。
中には、完全に折れてその場にとどまることもできず、遠くまで飛ばされているのもありました。

a0254656_17182557.jpg株式会社旬援隊の本社は、熊本県菊池市原(はる)の伊牟田地区にあります。
こちらがその伊牟田地区でも最も山奥にある弊社の本社社屋です。
どれくらい山奥かと言うと・・・

a0254656_17243226.jpg目の前には舗装道路がありますが、ここへ来るには、この1本道しかありません。
敷地内に電柱が立っていますが、電線はここまでしか来ていません。
ここより山奥には誰も住んでいないからです!

a0254656_17350905.jpgここには、5反(1500坪)の敷地があり、さらに近隣の農家さんに同じく5反ほどの畑をお借りして管理しています。
この写真は、敷地内のシイタケを栽培しているクヌギと栗でできた「しいたけの森」とこの秋に起こすしいたけの原木、奥には烏骨鶏たちの鶏舎です。
私は、この菊池水源の山奥で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、果樹を育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_17413830.jpg私が育てる『水源キウイ』は今年も順調に育っています。
自らも農業を営み、農業の苦労、喜びを自ら体験することで、生産者であり消費者であるという立場で、ここで育てるもの、さらに契約農家の“匠の農家さん”たちが作る“本物”の食材を、全国の方々にご紹介しようとがんばっています。

a0254656_18214678.pngネットショップの名前は「FLCパートナーズストア」です。
ここで販売している商品(旬のフルーツや新鮮野菜、お米、タマゴ、乾物など)は、他では購入することのできないものばかり!
ぜひ、熊本の旬の食材をホームページでご覧ください!

ホームページはこちら!↓ ココををクリック!! ↓



a0254656_17524261.jpgさて、話を台風18号の被害へと戻しましょう!
最も被害が大きかったのは、えごま畑です。
ここまでの被害が出たのは、エゴマを栽培し始めて初めてのことです。

a0254656_17582838.jpgここまで大きく裂けてしまったら、おそらく厳しいでしょう。
しかし、できるだけ触らずに、根元にたくさんの土をかけました。
あとは、エゴマの生命力を信じるしかありません。

a0254656_18005476.jpg完全に折れ、遠くまで飛ばされていたものも多数!
それを手に落ち込んでいる私です。
逆光で顔が黒々となっているだけで、テレビ番組「こんな時間に地球征服するなんて」の「ナスD」ではありませんよ(笑)。

a0254656_18065416.jpg折れたものも、復活を信じ土に深く差しましたが、昼前にはこうして完全にしわ枯れていました。
花芽が出始めていたころだけに、残念でなりません。

a0254656_18060471.jpg倒れているものは、折れないように気をつけながら、丁寧に起こし土を寄せました。
倒れてから起こすまでにすでに先端は光の方へと曲がり伸びていました。
なんだかその頑張っている姿に胸が熱くなりました。

a0254656_18141690.jpg幸いだったのは、近隣の農家さんに畑を借りて育てているえごまたちが、ここほどの被害がなかったことです。
ここは、高台にあるので、台風の強風の影響をもろに受けたのだと思われますが、これらの畑はここより少し低いとこの、谷間にあるので被害が少なかったようです。
これは、先ほど紹介したのと同じころに定植した黒えごまたちですが、倒れたのははず化で折れたり裂けたりはほぼありませんでした。

a0254656_18175955.jpg黒えごまたちより、1ヶ月ほど前に定植した白えごまたちも、多少被害はありますが無事でした。
まもなく花が咲き終わり、今月末か来月初頭には収穫です。
このまま無事に収穫まで育ってほしいものです。

a0254656_18230116.jpg収穫といえば、まもなく色づき落ちてきて収穫(栗拾い)を迎えるはずの『利平栗』も青いままかなり落ちてしまいました。
ただ、今年はかなり力を入れ栽培してきたので、収量はかなり見込めていましたので、これでも例年ほどは収穫できると思います。

a0254656_18330830.jpg残った『利平栗』はいよいよ色づき始めました。
落ちた栗や、折れたり裂けたりしたえごまを悔やむより、頑張って残ったものたちを大事に育てようと思いました。

a0254656_18373361.jpg本日紹介した『えごま』『利平栗』『水源キウイ』など、ここで育てる作物は全て、完全無農薬、完全無化学肥料で栽培しています。
ここの敷地のすぐとなりには、有機栽培の茶畑があり、私が仮に農薬や化学肥料を使用しそのお茶に少しでも影響が及べば、3年間は有機栽培のお茶としての出荷ができなくなるため、ここでは一切の農薬や化学肥料は使用していないのです。

a0254656_18411158.jpg弊社オリジナルブランド商品の、自然栽培で育てた栗の王様『利平栗』は、現在、ご予約を承り中です。
おかげさまで、今年も順調にご注文(ご予約)を頂戴し、まもなく完売とさせていただこうと思っています。
台風18号にも負けなかったいわば“勝ち栗”ですよ!
ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ!
「FLCパートナーズストア」
『自然栽培で育てた利平栗』


a0254656_18445112.jpg台風一過の青空と、残った栗たちを眺めながら、自然の猛威による農業の厳しさを知り、「よし頑張ろう!!」と、新たな熱い思いを感じることができた1日でした。
私はこれからも、この山奥で頑張っていきます。
応援よろしくお願いいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2017-09-18 18:49 | FLC | Trackback | Comments(0)

無農薬・無化学肥料で育てた栗の王様「利平栗」 平成29年度はまもなく出荷!予約受付は残りわずかです!

FLC日記 2017年9月14日(木) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も自社オリジナルブランド商品の、自然栽培で育てた『利平栗』をネット独占販売いたします。
a0254656_16305613.jpg


a0254656_16312913.jpg毎年、決まって完売する大人気商品で、今年も、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
『利平栗』は“栗の王様”、“幻の和栗”などと称されていて、ホクホクとした食感がとてもよく、さらには栗本来が持つ甘味も強く、とても美味しい栗です。

a0254656_16555081.jpg『利平栗』は、管理が難しく、生産量も年々減少している“幻の栗”とも言われる大変貴重な栗です。
とても大きなイガにも関わらず、中に入っているのは、栗の実が1つだけのことも多々あります。

a0254656_16574227.jpgその生産効率の悪さも、栽培農家さんの減少の要因のようです。
もちろんここ(株式会社旬援隊)でも、なかなかたくさんの量は収穫できません。
しかも、弊社で販売しているのは、完全無農薬、完全無化学肥料で育てた、大変貴重な『利平栗』です。

a0254656_17070321.jpg『利平栗』は、“栗の王様”と呼ばれるだけあり、香りも強く、茹で栗でも絶品ですが、渋皮煮にするとバツグンの美味しさです。
私は、栗おこわを毎年楽しみにしています(笑)。
初回出荷は、例年通りなら9月中旬からですが、今年は若干遅れています。その訳は、後ほどお話いたします。

a0254656_17103525.jpg今年も、収穫した中から、大きなものだけを選び抜いた“大粒”の2kg入りと、大変お買い得な“中粒”の2kgをご用意しました。
ただし、数量限定の完全予約制販売!!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
早い者勝ちですよ!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ!
「FLCパートナーズストア」
『自然栽培で育てた利平栗』


a0254656_17164215.jpg『自然栽培で育てた利平栗』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の敷地内で育てています。
こちらは、本社社屋です。

a0254656_17214826.jpgどれくらい山奥かと言うと、ここへ来るには、この1本道しかありません。
敷地内に電柱が立っていますが、電線はここまでしか来ていません。
ここより山奥には誰も住んでいないからです!(笑)
こちらは、2年前の9月10日の写真です。毎年、9月10日をめどに彼岸花が満開になりますが、今年はどうも遅いのです。

a0254656_17240709.jpg道路沿いの白い彼岸花に加え、赤い彼岸花もたくさん咲きますが、今年はこうしてまだ蕾のものも多いようです。
今年は、春のサクラ(ソメイヨシノ)の開花が、例年より10日ほど遅れましたし、全ての植物が例年より遅いように思えます。

a0254656_17263567.jpg彼岸花の満開と同じくして、『利平栗』も色づき落ち始めますので、まだ満開を迎えていない今年の『利平栗』は、まだ青々としています。
収量は例年以上を見越しています。
ただし、出荷のスタートは早くて20日ごろからかと思います。
毎年見てきた私が言うことなので間違いないと思われます。

a0254656_17334301.jpg株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、この山奥で自然と共に生き、自ら畑を耕し野菜を作り、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
こちらはエゴマを栽培している畑と、『利平栗』の栗林です。
ここには、5反(1500坪)の敷地があり、さらに近隣の畑も借り、様々な作物を育てていますが、それらは全て完全無農薬、完全無化学肥料栽培で、除草剤も一切使用していません。

a0254656_17402643.jpg私がすべての作物を、無農薬、無化学肥料で育てるには理由があります。
ここ熊本県菊池市、菊池水源は日本有数の茶どころです。
こちらは、5月下旬に行われた、茶摘みの際に撮影したものです。

a0254656_17481006.jpg弊社の敷地の周りは、「有機栽培のお茶」を生産する茶畑が隣接しています。
茶畑のすぐとなりには、私が栽培している野菜の畑、エゴマの栽培地、そして『利平栗』の栗林もあるのです。
お茶を有機栽培をするには、農薬・化学肥料の厳しい基準があり、もしそのようなものが検出されると、その茶畑は3年間は有機栽培として認められません。

a0254656_17580298.jpgそこで、ここ(株式会社旬援隊の敷地内)では、全ての作物を無農薬、無化学肥料で栽培しています。自給自足のための野菜や果樹たち、そして生産し出荷を目的としている『利平栗』や『水源キウイ』、『えごま』なども全て完全無農薬、無化学肥料で育てています。
写真は、現在花が咲き始めた『白えごま』です。
ご覧の通り、葉っぱは虫食いだらけです(笑)。

a0254656_18101242.jpg『利平栗』は、とても大粒で丸みを帯びた形状をしています。
鬼皮の果頂部にうっすらと毛が生えていて、外観でもすぐにほかの栗と区別することができます。
しかし、果皮がとても固く、剥きにくいため、加工用としては使用されることは少なく、業務用として出荷してもむしろ通常の栗より安かったりもするのです。

a0254656_18115777.jpgでも、皮のむきにくさなんて、一度食べたら関係なくなっちゃいますよ!
栗の王様と称される利平栗は、他の栗に比べ甘みが強く、噛んだ時のあのホクホクとした食感と広がる甘味はたまりません!!

a0254656_18180337.jpg生産効率が悪く、管理も難しいため、生産量は年々減少して“幻の栗”とさえ言われています。
しかし、その美味さはまさしく“栗の王様”で、その『利平栗』を弊社では、完全無農薬、無化学肥料で育てているのですから、人気があるのもお解りいただけますよね!

a0254656_18205703.jpg「FLCパートナーズストア」では、弊社オリジナルブランドの『自然栽培で育てた利平栗』を、今年も販売大好評販売中です。
大粒、中粒共に定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文(ご予約)はお急ぎ下さい!

a0254656_18235808.png熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、本日紹介した自然栽培で育てた『利平栗』以外にも、たくさんの熊本の旬の食材を販売しています。ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをのぞいてみてください。ご来店お待ちしてます!!
FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-09-14 18:30 | FLC | Trackback | Comments(0)

敬老の日ギフトまもなく締め切り!みずみずしいフルーツ、エゴマ油を豊富なラインナップでご紹介!(2017)

FLC日記 2017年9月12日(火) 雨のちくもり時々晴れ
9月18日(月)は、敬老の日ですね!!
『敬老の日ギフト』はお決まりでしょうか?
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、朝採りの「フルーツ」や「エゴマ油」を豊富なラインナップでご紹介しています。
a0254656_16241076.jpg

9月18日(月)までにお届け希望の場合は、9月13日(水)17:00締切!
敬老の日ギフトと明記の上ご注文下さい!
9月15日(金)発送→9月16日(土)または9月17日(日)の配達予定
※以降も“敬老の日ギフト”と明記があれば、「敬老の日お祝いカード」を同梱してお送りいたします。

<敬老の日ギフト用商品>
1.熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』
2.山あいの『甘熟いちじく』
3.熊本産樹上完熟梨『あきづき』、『秋麗』
4.無農薬で育てた『種なしかぼす』
5.無農薬栽培の菊池水源産『えごま油』

↓ 詳しい情報を知りたい方、今すぐ注文したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
FLCパートナーズストアの 『ギフト』


1.熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』
a0254656_16391460.jpg
生産者:「社方園」さん
生産地:熊本県山鹿市久原
20種類以上のぶどうから、その時最旬の品種を匠の目で判断しお届けします。
その全てが“種なしぶどう”です。

a0254656_16463437.jpgぶどうの定番、黒ぶどうは『ピオーネ』を、大人気!白ぶどうは『シャインマスカット』、そして、大好評の赤ぶどうはあの『クイーンニーナ』を中心に、3色のぶどうを大好評発売中!
バツグンの糖度と、あふれだす果汁!
ひとたびその1粒を口に入れると、濃厚な果汁が口いっぱいに押し寄せてきます。
15種類の豊富なラインアップの中からお選びいただけます。
いずれも、大切な方に贈るギフトや、ご家庭用としても大人気の商品です。

a0254656_16494831.jpg現在の、1番人気は白ぶどうの『シャインマスカット』です。
20度を超えると思えないほどの、とてもさわやかな甘みと芳醇なマスカットの香りを味わえます。
※写真は3パック詰め合せ(1房330g前後×3房) 5,616円(内税)

a0254656_16590500.jpg一切の妥協を許さないぶどうの匠が育てあげ収穫したぶどうから、選びに選び抜いた“極選”ぶどうをお届けします。
他では味わうことのできない美味さをぜひご堪能ください。
美味しいぶどうを食べたい方、最高級のぶどうを贈りたい方必見です!!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
高級種なしぶどう 『山鹿のぶどう』


2.山あいの『甘熟いちじく』
a0254656_17015085.jpg

生産者:「小春農園」さん
生産地:熊本県山鹿市鹿北町
昔懐かしい優しい甘さで、昨年の“敬老の日ギフト”ナンバーワン商品です!

a0254656_17030893.jpgいちじくは、小売店やスーパーなどでなかなか目にすることがありませんよね!
それは、いちじくは樹上で完熟でないと美味しくないし、その状態で出荷するととてもいたみやすいフルーツだからなのです!!
仮に、店頭に並んでいても、それらのほとんどは、完熟前に収穫し出荷されたものです。

a0254656_17073234.jpg「FLCパートナーズストア」が販売する『甘熟いちじく』は、樹上で完熟させ、朝採り、即日発送でお届けしています。
ですから、一般流通のいちじくより、甘さを十分にお楽しみいただけます。

a0254656_17102933.jpg毎年、“敬老の日ギフト”としては、売れ筋ナンバーワンの商品です!
子供のころはよく美味しい『いちじく』を食べたといわれるおじいちゃん、おばあちゃんに、お届けし大変喜ばれています。
今年の“敬老の日ギフト”は、『甘熟いちじく』にしてみませんか?

今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
山あいの『甘熟いちじく』


3.熊本産樹上完熟梨『あきづき』、『秋麗』
a0254656_17155870.jpg
<あきづき>
生産者:「岩永農園」さん
生産地:熊本県菊池市市野瀬
<秋麗>
生産者:「本藤果樹園」さん
生産地:熊本県菊池市戸豊水
こだわりの無袋栽培、本当の美味しさを届けるために樹上完熟の朝採りの梨です。
※数量限定で、梨のサラブレットこと『あきづき』、熊本のブランド梨『秋麗』を絶賛販売中!

a0254656_17212228.jpg『あきづき』と言う名前は、まるで、秋のお月さまみたいな、まんまるとした美しい形状が由来です。
『あきづき』は、“梨のサラブレット”と呼ばれていて、『豊水』と、ジャンボ梨『新高』を掛け合わせ、『幸水』と交配させ、3つの梨の良いとこどりをしている梨なんです。

a0254656_17253452.jpg『豊水』の大きさを引き継ぎ、1玉約500gと満足する大きさで、ジャンボ梨『新高』のような日持ちの良さが好評で、さらに『幸水』の持つ強い甘味と、本当に良いとこどりした梨なのです。
数量限定・期間限定の完全予約制での販売です。

a0254656_17264404.jpg『秋麗』は、熊本県が県をあげて“ブランド梨”として推し進めている梨です。
酸味のない濃厚な甘さと、芳醇な香り、さらにはサクッとした触感が大人気です。
“青梨”と呼ばれる種類の梨になり、見た目はけっして美しいとは言えないのですが、ひとたび食べれば、誰もが一瞬にして大好きになる美味さです。

a0254656_17294413.jpg13度前後の高い糖度、芳醇な香り、味わい、食感のいずれも優れています。
他の梨とは一線を画すなしだと言われていて、知名度も人気も急上昇中です。
食べきりサイズのお買い得な小玉8玉入り(写真)も大好評です!
こちらも、数量限定・期間限定の完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)はお急ぎください!!

ご注文(ご予約)、詳し情報を知りたい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
「FLCパートナーズストア」
ジャンボ梨『新高』


4.無農薬で育てた『種なしかぼす』
a0254656_17335643.jpg
生産者:「古川果樹園」さん
生産地:熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木
通常かぼすは、果実に種がぎっしりと詰まっています。
しかし、「古川果樹園」さんの山あいの『熊本産高級種なしかぼす』は、種が入っていません!!
しかも、無農薬・無化学肥料で育てられたかぼすなのです。

a0254656_17384949.jpg「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培場です。
ご覧の通り、とてものどかな山あいで、しっかり手をかけながら育てられています。
この付近には、他に柑橘類の栽培がないため、病気や害虫があまり発生しないので、「古川果樹園」さんでは、農薬や化学肥料を一切使用せずに、『種なしかぼす』を育てています。

a0254656_17415449.jpg『かぼす』は、大分県を原産とする柑橘類です。
「すだち」と混同されることが多いのですが、「すだち」の酸味に比べ、『かぼす』の酸味はとても柔らく、香りも良く、豊かな風味があって様々な用途に利用されています。
本来『かぼす』はこの写真の中央のように、タネがぎっしりと入っている果実なんです。
しかし、「古川果樹園」さんの山あいの『熊本産高級種なしかぼす』は、種が入っていません。
(まれに小さなものが1~2個入っている場合もございます)

a0254656_17461563.jpgこの季節、美味しい秋の味覚が目白押しですよね。
いつもとちょっと違う“敬老の日ギフト”にいかがですか?
焼酎好きなおじいちゃんも、秋刀魚を待ちわびているおばあちゃんにもきっと喜ばれること間違いなし!
『熊本産高級種なしかぼす』は、超おすすめ商品です!!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』


5.無農薬栽培の菊池水源産『えごま油』
a0254656_18004525.jpg
生産者:きらり水源村「えごま部会」のみなさん、株式会社旬援隊
生産地:熊本県菊池市菊池水源
熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬で育てた『エゴマ』の種子(粒)を絞った『エゴマ油』と、種子を焙煎した『焙煎エゴマ粒(白・黒)』は,その安全性と美味しさで、多くのリピート購入のお客様を持つ大人気商品です!
(※白えごま油『ピュアホワイト』は、平成28年度産分は完売しました)

a0254656_18041913.jpg『えごま油』や『焙煎えごま粒(実)』は、私たちの身体に欠かすことのできない“α-リノレン酸”を多く含んだ食品です。
この写真は撮影用にお皿にたくさん注いでいますが、『えごま油』の場合、1日に小さじ1杯程度を食すと良いと言われています。
a0254656_18062217.jpg

エゴマ油やエゴマ粒の主成分、α-リノレン酸の主な身体への働きは・・・

●血管を強く、しなやかにし若返らせる
●心臓のリズムを整える助けをする
●動脈硬化を遅らせる
●LDLコレステロール値と中性脂肪値を下げる
●血液の粘度を下げる
●血圧を下げる
●免疫システムを強化する
●皮膚炎など様々な炎症を抑える
●関節炎の痛みを緩和する
●腎臓病を防ぐ
●美肌効果
●脳を活性化させ認知症の予防効果
●うつ病の改善効果
●視力回復

などがあげられ、脳・神経の正常な機能に必要不可欠なものなのです。

a0254656_18083877.jpg『エゴマ油』、『焙煎エゴマ粒(白・黒)』を、ついついお酒を飲みすぎるおじいちゃまや、健康が気になっているおばあちゃまにいかがですか?
平成28年度の白えごま油『ピュアホワイト』は完売しましたが、菊池水源産『えごま油』『焙煎えごま粒』は、数量限定で販売中です。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの『菊池水源産えごま』のページにお進みください!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
菊池水源産『エゴマ』



a0254656_18132819.jpg「敬老の日ギフト」の注文時にご指示いただきますと、弊社の敷地内で探し出した『四葉のクローバー』をお名前入りでカードにして、商品と一緒にお送りするプレゼント中です。
世界で1枚だけのオリジナルカードで、いつもと違う「敬老の日」を演出してみませんか?
※敬老の日ギフトは、9月15日(金)発送 → 9月16日(土)または9月17日(日)のお届け予定です。
a0254656_18150864.jpg

「FLCパートナーズストア」では、“わが家の専用農家さん”と称する、匠の農家さんたちと販売契約を結び、本日ご紹介した全ての商品をネット独占販売しています。
いずれも、数量限定の完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-09-12 18:16 | FLC | Trackback | Comments(0)

敬老会(2017) 今年も元気なおじいちゃん、おばあちゃんたちと共に楽しいひと時を過ごしました

FLC日記 2017年9月11日(月) くもりのち雨
9月18日は敬老の日です。
昨日(9月10日)、株式会社旬援隊があり、私が住む熊本県菊池市、菊池水源の伊牟田地区でも、「敬老会」を行いました。
a0254656_16331742.jpg


a0254656_16362714.jpg熊本県菊池市、菊池水源にある井牟田地区は、12戸のとても小さな村です。
そんな小さな村ですが、今年も16名の方々の敬老のお祝いをしました。
10名にご参加いただき、敬老を祝って楽しい食事会をしました。

a0254656_16431563.jpgみなさんとっても心優しい方ばかり!
私は、すっかりこの地区に慣れ親しみ、みなさんにかわいがっていただいています。
かわいがっていただいているどころではありません。
この日も、すっかり甘えて敬老の方々の真ん中に陣取って、一番楽しそうに飲んでいます!(笑)

a0254656_16490288.jpg熊本県菊池市原(はる)にある、伊牟田地区は、ブランド茶の『菊池水源茶』発祥の地です。
これは、5月の茶摘みの写真で、高冷地の寒暖の差を利用して、多くの農家さんが、美味しい茶を育てています。

a0254656_16503304.jpg今回の敬老会の会場となった伊牟田地区の公民館のすぐそばには、立派な記念碑が建てられています。
伊弁田地区は、ブランド茶の『菊池水源茶』発祥の地です。

a0254656_16595806.jpg熊本県菊池市菊池水源は、まさに水の源(みなもと)にある地区です。
その菊池水源の中でも、この伊牟田地区は最も上流ににある村です。
1級河川の菊池川の支流に位置し、清らかで新鮮な川が流れています。
私も含め、ここで暮らす全12戸の水道は、山から湧き出る清水と井戸水を利用しています。

a0254656_17031123.jpgその水が良いのでしょう!
伊牟田地区は本当に長寿の村なんです。
開始時間前には、みなさん各々、元気ば足取りで会場へとお越しいただきました。
今回ご参加いただけませんでしたが、99歳のおばあちゃんもいるんですよ!

a0254656_17122556.jpgこれは、株式会社旬援隊の本社所在地。
この伊牟田地区でも最も山奥にあります。
私がここで暮らし、株式会社旬援隊を設立して、まもなく丸6年になろうとしています。

a0254656_17132760.jpgここにはもともと私の叔父と叔母が、叔父の定年退職を機会に、田舎暮らしをしたいと住んでいました。
25年暮らし、その後叔父の実家に引っ越したのでその後を私が譲り受け暮らしています。
ここの敷地内にある、エゴマの畑と利平栗の栗林です。
この地で私は、様々な果樹や野菜、原木しいたけを完全無農薬で育て、烏骨鶏を飼育し、自給自足の生活を目指しながら、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、匠の農家さんが育てた“本物”と呼べる食材を販売しています。

a0254656_17152734.png株式会社旬援隊が運営する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、全国のお客様に、インターネットを通じ、熊本の最旬食材をご紹介し販売しています。
写真の弊社のトップページは、現在大好評販売中の旬の食材です。

a0254656_17171485.jpg現在は、山あいの『甘熟いちじく』(写真)、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』、『自然栽培で育てた利平栗』、無農薬で育てた『種なしかぼす』、こだわりの『樹上完熟梨』などなどを好評発売中です!
いずれも、ここでしか買えないものばかり!
ホームページものぞいてみてください!!

ホームページはこちら!
↓ 「FLCパートナーズストア」のロゴをクリック!! ↓


a0254656_17203513.jpgもちろん、この地で育つブランド茶の『菊池水源茶』も、「FLCパートナーズストア」で販売しています。
朝夕の寒暖差が非常に激しく、霧深いこの地で育つ『菊池水源茶』は、弊社の売れ筋商品です。特に、有機栽培(無農薬・無化学肥料)で育てられた「緑茶」や「抹茶」は特に大人気です!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
 『菊池水源茶』


a0254656_17240915.jpg匠の農家さんの川口荘一さんが育てた有機栽培(無農薬・無化学肥料)の茶葉を使用した『菊池水源紅茶』も昨年より販売を始めました。
茶葉が広がりやすい、三角のティーパックに一つづつ入っています。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
 『菊池水源紅茶』


a0254656_17290484.jpgさて、敬老会に話を戻しましょう!
男性の方々は特に、この地で生まれ、この地で育った方ばかり!
思い出話も含め、話が盛り上がっています。
私は、割と早くにじいちゃんもばあちゃんも失くしたので、言葉は悪いかも知れませんが、“じじ・ばば孝行”をあまりできていません。

a0254656_17371627.jpg年齢からすると、じいちゃんばあちゃんと言うより、親父やお袋といった方が近いのですが、この日は“敬老の日”なので、あえておじいちゃん・おばあちゃんとさせてください。
今、この村に移り住み、たくさんのおじいちゃん・おばあちゃんに囲まれて暮らしています。
また敬老会は村の婦人部の皆さん(写真手前)と共に準備しました。

a0254656_17394305.jpg「笠くん!写真ばかり撮りよらんで飲みよるかい?」と、一番ご近所の川口一吉さん!
「えぇ!おそらく私が一番飲んでますよ!」と言うと、
「それなら良かった!もう、俺のハゲ頭は写さんで良かばい!」
そう言う一吉さんに、みなさん大爆笑です!

a0254656_17471299.jpgカメラを預け、写真をお願いして、またおじいちゃん、おばあちゃんの輪の中に入って飲み直しです!
皆さんといろんな話をするのが楽しくて仕方ありません!
この時も、私が知らない昔話や、ここで暮らすための様々な知識を話してくれました。

a0254656_17515998.jpg熊本県菊池市水源の伊牟田地区は、清らかな水と、心温まる人の良さで、みなさんとっても長寿の村なんです。
伊牟田地区は、12世帯の小さな村ですが、村の方々は本当に心のきれいな優しい方ばかりです。
私は、この伊牟田地区とここの皆さんが大好きです。
最後にみんなで記念撮影をしようとしましたが、「もう帰ったもんもおるし、動かんでこのままで良かばい!」とのこと。

a0254656_17553796.jpg「はいはい!わかりました!では撮りますよ!」と言うと、
「俺の頭ば中心に写そうとしよるど!隠しとかにゃん!」と一吉さんが言って、みなさん思わず笑顔がこぼれました。
この、笑顔あふれる長寿の村で、私はこれからもがんばっていきます。
最後になりましたが、敬老の日のお祝いを迎えた、私が大好きなこの村のおじいちゃま、おばあちゃま、心よりお祝い申し上げます。
これからも、元気に長生きしていただき、私の話し相手(笑)になって、たくさんの情報を教えてください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2017-09-11 18:00 | FLC | Trackback | Comments(0)

本日、山暮らしを始め6回目、48回目の誕生日を迎えました!!躍進の誓いと感謝!

FLC日記 2017年9月4日(火) 雨のちくもり
本日、9月4日は、私こと笠泰紀の48回目の誕生日です!
熊本県菊池市、菊池水源の山奥に移り住み、弊社(株式会社旬援隊)を立ち上げ、この山奥で迎えた6回目の誕生日は、雨のちくもりのお天気!
本日のブログは、弊社の社屋の写真からスタートします。
a0254656_18020291.jpg


a0254656_18110524.jpg上の写真は、弊社の敷地のほんの一部!
ここには、5反(1500坪)の敷地があり、さらに近隣の農家さんに同じく5反ほどの畑をお借りして、私は、自然と共に生き、自ら畑を耕し、果樹を育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
この写真は、上の段の畑(黒エゴマ栽培中)と、利平栗の栗林です(8/28撮影)。

a0254656_18173717.jpgまもなく収穫を迎える、私が栽培している『利平栗』です。
自らも農業を営み、農業の苦労、喜びを自ら体験することで、生産者であり消費者であるという立場で、ここで育てるもの、さらに契約農家の“匠の農家さん”たちが作る“本物”の食材を、全国の方々にご紹介しようとがんばっています。

a0254656_18042838.pngネットショップの名前は「FLCパートナーズストア」です。
ここで販売している商品(旬のフルーツや新鮮野菜、お米、タマゴ、乾物など)は、他では購入することのできないものばかり!
ぜひ、熊本の旬の食材をホームページでご覧ください!

ホームページはこちら!
↓ ココををクリック!! ↓




a0254656_18311389.jpgここでの暮らしを少し紹介しましょう!
こちらは、私が育てている『黒エゴマ』の様子です。
実は、今日の誕生日をこの写真のようにとてもすがすがしい気持ちで迎えています。
この時期に行う、エゴマの土寄せ作業を昨日までに完了したからです。
エゴマの栽培は、今年で3年目ですが、たくさんの方に指導いただき、自分で言うのも変ですが、随分と上手く育てることができるようになってきました。

a0254656_18460520.jpg1ヵ月早く定植した『白えごま』は、こうして元気な花が咲き始めています。
ここでは全ての作物を、無農薬・無化学肥料で栽培していますので、蟻が花のとこまで登ってきてますね!

a0254656_18564207.jpgここで私が育てているえごまに加え、NPO法人「きらり水源村」の皆さんとで無農薬、無化学肥料で育てた『えごま』は、収穫したえごまの粒(実)を使った、菊池水源産『えごま油』『焙煎えごま粒』として大好評発売中です!
詳細は下記をクリックしてご覧ください!


a0254656_19084680.jpg弊社のネットショップ名は「FLCパートナーズストア」です。
その“FLC”とは、「four-leaf clover」 四つ葉のクローバーです。
4つの葉に「生産者」、「消費者」、「弊社」そして、そこから生まれる「未来への希望」・・・
そのような想いを込め、皆様の良きパートナーとして活動していきたいと頑張っています。
a0254656_19094755.jpg

私が、この熊本県菊池市菊池水源の山奥で、自ら田舎暮らしをしながら、たくさんの果樹や野菜を育て、烏骨鶏などを飼育しているのは、全て、「わが家の専用農家さん(契約農家さん)」の本当の苦労や喜びを、自らも農業体験することで、農家さんたちとお客様の間に立つ立場で、リアルにご紹介したいと考えたからです。

a0254656_19174269.jpgこの山奥に会社を立ち上げ、ネットショップ「FLCパートナーズストア」をスタートした私には、たくさんの友人や仲間がいて、この水源地区に住むみなさんや、たくさんの匠の農家さんとの出会いがあり、今日まで来たのだと深く感謝しています。
写真は、現在大好評販売中の『甘熟いちじく』等々を生産する「小春農園」代表の小原正弘さんと小原将輝専務です。

a0254656_19301336.jpg5月下旬の『山鹿のぶどう』生産農家の「社方園」園主の社方武路さんの、摘粒作業の様子です。
弊社で販売する商品(農作物)は、その生産過程の全てを、私が年間を通して現地取材してこのブログで紹介しています。

a0254656_19365606.jpg例えば、現在大好評販売中の『樹上完熟梨』であるなら、写真の収穫の様子はもちろん、収穫後のお礼肥え、冬の剪定と誘引、花咲く様子、摘果作業、成長の過程など、それらの全てです。
だからこそ、弊社の商品として、全国のみなさんに自信を持ってご紹介できるし、“本物”と呼べる商品を出荷しています。

a0254656_19422968.jpg現在の最旬食材としては、写真の『高級種なしぶどう』、『樹上完熟熊本梨(豊水、秋麗、あきづき)』、『山あいの甘熟いちじく』、『種なしかぼす』、『青柚子』などがあります。

a0254656_19474858.jpgそしてこれからは、『利平栗』、『ザ・みかん』も出荷し、もちろん今年も熊本の安全で美味しいお米も出荷します。
弊社の自慢は、高いリピート率です。
私が全てを取材し紹介している商品は、全国のたくさんのファン(お客様)の多くの支持によって支えられています。
本当にありがたく思っています。

a0254656_19562105.jpg本日、誕生日を迎えた私に、スタッフの中村くんが出社して来るなり「誕生日おめでとうございます。」と、いも焼酎の『原酒』をプレゼントしてくれました。
先ほど、ここの自慢の囲炉裏をバックに撮影しました。
「くれぐれも飲みすぎないように!」と、くぎを刺されたので、今日は半分くらいにしておきます。(笑)

a0254656_20022513.jpgこれからも、弊社を信頼いただいている全国のお客様方々と、応援してくれるたくさんの匠の農家さん、そして支えてくれるスタッフや仲間と共に、さらに躍進すべく、48歳の私も邁進してまいります。
これからも、笠泰紀及び株式会社旬援隊(FLCパートナーズストア)を、よろしくお願いいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-09-04 20:08 | FLC | Trackback | Comments(0)

利平栗 無農薬・無化学肥料で育てた栗の王様「利平栗」 平成29年度の先行予約受付スタート!!

FLC日記 2017年9月1日(金) 晴れ
本日より、平成29年度の『利平栗』の先行予約の受付をスタートしました。
「FLCパートナーズストア」のオリジナルブランド商品で、『自然栽培で育てた利平栗』は、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた『利平栗』です。
a0254656_16315767.jpg

初回出荷は、例年通りの9月中旬で、ご注文(ご予約)いただいた順に随時出荷の予定です。

a0254656_16400815.jpg毎年、完売する大人気商品で、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴しています。
とてもリピート率が高いのは、やはりその美味しさと、無農薬・無化学肥料の安全性からのようです。
ですから、葉っぱはご覧の通り虫食いだらけですけどね!(笑)

a0254656_16344448.jpg『利平栗』は、食感がとてもホクホクとしていて良い上に、“栗”本来が持つ甘味も強く、とても美味しい栗で、「栗の王様」と呼ばれています。
香りも強く、茹で栗でも絶品ですが、渋皮煮にしてもバツグンの美味しさです。
しかも、完全無農薬、完全無化学肥料で育てられた、大変貴重な『利平栗』です。

a0254656_16435816.jpg今年も、収穫した中から、大きなものだけを選び抜いた“大粒”の2kg入りと、大変お買い得な“中粒”の2kgをご用意しました。
ただし、数量限定の完全予約制販売!!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
早い者勝ちですよ!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ!
「FLCパートナーズストア」
『自然栽培で育てた利平栗』


a0254656_17130978.jpgこちらが現在の様子です。
『自然栽培で育てた利平栗』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の敷地内で育てています。

a0254656_17224750.jpgここには、5反(1500坪)の敷地があり、さらに近隣の畑も借り、私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この地で様々な果樹や野菜、原木しいたけを完全無農薬で育て、烏骨鶏を飼育しながら、自給自足の生活を目指しながら、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、匠の農家さんが育てた“本物”と呼べる食材を販売しています。

a0254656_17260644.jpgここ(株式会社旬援隊)では、『利平栗』をはじめ、様々な作物を完全無農薬、完全無化学肥料で栽培しています。
もちろん消毒や除草剤も一切使いません。
写真は『利平栗』のすぐ横の畑の『黒えごま』で、もちろん無農薬、無化学肥料栽培です。

a0254656_18183383.png弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県の匠の農家さんたちが育てる“本物”と呼べる旬の食材を、インターネットを通じ、全国のお客様に販売しています。
また、弊社の敷地内で栽培する、無農薬・無化学肥料で育てる『利平栗』などの農作物や、烏骨鶏のタマゴも同じく販売しています。
弊社で販売している商品は、他では購入することのできないものばかり!
ぜひ、熊本の旬の食材をホームページでご覧ください!

ホームページはこちら!
↓ 「FLCパートナーズストア」のロゴをクリック!! ↓


a0254656_17472553.jpgここで一切の農薬や除草剤などを使用せずに様々な作物を育てるにはきちんとした理由があります。
ここ、熊本県菊池市、菊池水源は日本有数の茶どころです。
こちらは、5月下旬に行われる、茶摘みの際に撮影したものです。

a0254656_17501791.jpg弊社の敷地の周りは、「有機栽培のお茶」を生産する茶畑が隣接しています。
その茶畑のすぐとなりには、私が栽培している野菜の畑やこの時は草が生い茂っていますが先ほど紹介したエゴマの栽培地、そして『利平栗』の栗林もあるのです。
お茶を有機栽培をするには、農薬・化学肥料の厳しい基準があり、もしそのようなものが検出されると、その茶畑は3年間は有機栽培として認められません。

a0254656_17541371.jpgそこで、ここ(株式会社旬援隊の敷地内)では、全ての作物を無農薬、無化学肥料で栽培しています。
もちろん、『利平栗』も同じです。
こちらは現在の様子で『利平栗』のイガは、こうして元気に成長していますが、葉っぱは虫食いだらけです!

a0254656_17575498.jpg『利平栗』は、管理が難しく、生産量も年々減少している“幻の栗”とも言われる大変貴重な栗です。
とても大きなイガにも関わらず、中に入っているのは、このように大きな栗の実が1つだけ!と言うことが多く、その生産効率の悪さも、栽培農家さんの減少の要因のようです。
ここでも、なかなかたくさんの量は収穫できません。

a0254656_18002188.jpgまた、鬼皮が厚い為、とても剥きにくく、加工用としてはむいていないと言われています。
しかし、そこは「栗の王様」です!
口に入れて噛んだ時のあのホクホク感、広がる甘味を考えると、私は剥きにくいことなんか忘れてしまいますね!

a0254656_18023478.jpg私が、毎年最初に食べる『利平栗』の料理は、やっぱり“栗おこわ”ですね!!
新鮮な栗を贅沢に使って、お米ともち米、小豆と炊いた栗おこわは、この時期の何よりのごちそうです。

a0254656_18050516.jpg生産者の特権?として、毎年出荷前にきちんと味見をします(笑)。
炊飯ジャーを開けた瞬間の香りがまたたまらなく良いんです!
この瞬間を考えると、皮の剥きにくさも一切気にならないから不思議ですよねぇ~。

a0254656_18091088.jpg『利平栗』の美味しさは、誰よりもここの近隣に住む、野生動物が知っているようです!!
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥なので、様々な野生動物がいます。
『利平栗』は、やはり美味しさが違うので、この辺りに生息する野生動物(特にイノシシ)が放っておきません。
イノシシは超グルメで、『利平栗』と他の栗が落ちていても、イノシシは決まって『利平栗』だけを食べるんです。
イノシシは、『利平栗』の美味しさを知ってるんですね!

a0254656_18124488.jpgこれが野生のイノシシです。
数年前には、あまりの被害のひどさを心配して、知り合いの猟師さんがわなを仕掛け捕獲してくれました。
今年もイノシシに食べられないように、夜中も栗拾いをして、きちんと出荷分は確保しようと思っています。

a0254656_18285238.jpg「FLCパートナーズストア」では、弊社オリジナルブランド商品『自然栽培で育てた利平栗』を、今年も販売いたします。
本日より、ホームページでの先行予約の受付をスタートしました。
数量限定の完全予約販売です。
間違いなく、今年も完売が予想される、大人気商品で、収量を見越した、受注定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、お急ぎください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-09-01 18:29 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本県菊池市、菊池水源の山奥で、自ら田舎暮らしをしながら最旬食材を全国のお客様にお届けします!!

FLC日記 2017年8月21日(月) くもりのち雨
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、フルーツ、野菜、タマゴ、お米など、熊本の旬の食材を販売しています。
「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にその本社所在地があります。
a0254656_16512744.jpg

こちらは本社社屋です。
ここの敷地は1500坪ほどあります。

a0254656_16540625.jpgこのブログを読んでいただいている皆さんも、ある程度の田舎(山奥)を想像されていることでしょうが、ここは、本当に山奥で、この道がここへ登ってくるための唯一の舗装道路です。
その道は、さらに山の奥へと続きますが、弊社があるとこより先には、誰も住んでいません。
ですから、敷地内に立っている電柱には電線がここまでしか来ていません。

a0254656_17002671.jpg私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この山奥で様々な作物を育て、自給自足の生活を目指しながら、弊社を運営しています。
こちらは、上の段の畑と栗林です。

a0254656_17041302.jpg畑では、その時々の季節の野菜を育てています。
今年も美味しいナスができました。
ナスも3種類ほど植えましたので、毎日飽きずに食べていますよ。

a0254656_17093804.jpg15種類の果樹も栽培しています。
商品として出荷しているのは、こちらの『水源キウイ』と『利平栗』です。
ここでは、全ての作物を完全無農薬、完全無化学肥料で栽培しているので、キウイも栗も弊社の大人気商品となっています。

a0254656_17222065.jpgその他には、今が旬のブルーベリー、これから実る、リンゴ、柿、かぼす、柚子、カリン、春にはサクランボ、梅、イクリ、グミ、野イチゴに木苺、一般的なイチゴなどがあり、それらは生産量も少ないので、販売はせずほとんど自分で食べています。

a0254656_17272982.jpg原木しいたけの栽培もおこなっていますよ。
こちらは、本伏せをした時の様子です。
昨年秋に伐採したクヌギに、春先、しいたけ菌のコマをうち、来年の秋にこのボタ木を起こしてしいたけの収穫を迎えます。

a0254656_17384935.jpg烏骨鶏も飼育していて、そのタマゴは弊社で販売しています。
昼間は自由に庭で遊びまわっているので、ストレスのない元気な烏骨鶏たちです。
雄と雌を一緒に飼っているので、タマゴはほとんどが有精卵です。

a0254656_17412429.jpg骨鶏は、別名“薬用鶏”とも呼ばれていて、大変栄養価の高いタマゴを産みます。
古来中国では、食することで、「不老不死」になるとさえ言われ、大変重宝されていました。
ただし、産卵数が少なく売り切れのことっが多いのですが、販売中の際はぜひ急いでお買い求めください!

a0254656_17480439.jpgまた、ここの敷地の畑に加え、近隣の農家さんに畑をお借りして、「えごま」の栽培もおこなっています。
こちらは、白エゴマの現在の様子で、黒エゴマより1ヶ月ほど前に定植をしました。
もちろん、完全無農薬、完全無化学肥料栽培です。
これからもっと成長し、花が咲き、実ります。
えごま粒は収穫後、加工して『えごま油』『焙煎えごま粒』として販売しています。

a0254656_17514175.jpg『えごま油』や『焙煎えごま粒(実)』は、私たちの身体に欠かすことのできない“α-リノレン酸”を多く含んだ食品です。
平成29年度のえごまはまだまだ成長中です。
平成28年度産のえごまで作った『えごま油』や『焙煎えごま粒(実)』はいよいよ残りわずかとなってきました。
ご注文はホームページよりお待ちしてます。

a0254656_18144587.jpg本日のブログでは、この菊池水源の山奥の様子を紹介しましたが、こんな山奥に会社を作り、自ら作物を育てているのは、全国のお客様に様々な農作物をご提供するにあたり、自らも農業を行い、作物を育てる苦労も喜びも知りたいと考えたからです。
こちらは、白えごまの除草を兼ねた耕運と土寄せ作業の様子です。

a0254656_18173325.jpg「FLCパートナーズストア」では、現在、熊本県産の“旬”の食材を中心に販売しています。
私が育てた作物と、専属農家さんと特別契約をしている、弊社でしか買うことのできない商品ばかりです。
a0254656_18181877.jpg


a0254656_18265056.jpg私は、弊社で販売するすべての食材の作付地に伺い年間を通して取材をし、その成長の様子や農家さんたちの苦労や手間ひま、匠の技を毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_18242618.jpgこちらは、ぶどうの匠「社方園」さんの、6月中旬に行われる、収穫前の最後の作業“袋かけ”直前の果実の洗浄作業の様子です。
「社方園」さんの、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』は、7月~9月の大人気商品です。

a0254656_18340561.jpg『山鹿のぶどう』は、1粒1粒がとても大きく、そのぶどうを口にすると、甘い果汁が口いっぱいに押し寄せてきます。
朝採りの新鮮ぶどうを即日発送にてお届けいたします。
「社方園」さんの『山鹿がのぶどう』は、これぞまさに“本物”と呼べる最高級のぶどうです。

a0254656_18354407.jpgこの時期は、大人気のフルーツが目白押しです!
完熟ならぬ“甘熟”にこだわった、『山あいの甘熟いちじく』も、毎回の出荷予定数は全て完売する人気商品です。

a0254656_18364539.jpg『熊本産樹上完熟梨』も見逃せませんよ!
現在は、希少品種の『豊水』と熊本のブランド梨『秋麗』(写真)を販売中です。
数量限定の完全予約制販売、早い者勝ちですよ!

a0254656_18393092.jpg「FLCパートナーズストア」では、他ではなかなか手に入れることのできない商品が目白押しです!
現在大好評販売中の、無農薬、無化学肥料栽培の、山あいの『種なしかぼす』も、まさにその1つです。
a0254656_18434670.jpg

熊本の最旬のフルーツをお探しなら、「FLCパートナーズストア」のホームページは必見です!
全て私が、現地取材を重ね、自信をもってお勧めする商品で、きっとご希望に添えるはず!
ぜひのぞいてみてください!!
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2017-08-21 18:45 | FLC | Trackback | Comments(0)

利平栗 無農薬栽培で育てる栗の王様『利平栗』 今年も順調に生理落果がはじまりました!(2017)

FLC日記 2017年8月7日(月) 晴れ一時雨(夕立)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も弊社の敷地内で、無農薬、無化学肥料で栽培した、栗の王様『利平栗』をネット独占販売いたします。
a0254656_17350162.jpg

まだ、8月になって間もないというのに、すでに今年の『利平栗』のご予約を多数頂戴したり、お問い合わせを頂戴しているため、本日は、この時期の様子をご紹介いたします。

a0254656_18375314.jpg今年も、順調に成長しています。
現在は大きなもので、ソフトボールほどの大きさになっています。
もちろん、無農薬・無化学肥料栽培で育てているので、葉っぱは虫食いだらけですけどね!(笑)

a0254656_18385734.jpgこの8月上旬の時期から、毎年、生理落下が始まります。
この時期の生理落下は、後期の生理落下です。
生理落果とは、風や病害虫など果実の外側からの原因により落果するのではなく、果実側の原因によって落果してしまうというものです。

a0254656_17412569.jpg7月上旬の着果間もないころにおこる早期落果は、雌花が小さかったり、その枝が細かったり、梅雨時期の日照時間の短さで起こりますが、後期落果は果実が上手くできない栗におこる現象です。
(写真中央のイガの色が抜けているもの)

a0254656_18404048.jpg的確な時期に、的確な量の肥料を与えないと、樹勢が弱り生理落下も起きやすいので、農薬や化学肥料を一切使用しない分、有機肥料をその的確な時期に、的確な量与えてきたので、今年も樹勢はとても良いようです。
ちなみに、手前の畑で元気にそえあっているのは、ここで栽培している『えごま』です。
もちろん『えごま』も、無農薬、無化学肥料栽培です。

a0254656_18433622.jpg栗の生理落下する果実は、落ちるべきして落ちるもの!
むしろ、きちんと落ちてもらわないと困るのです。
そうでなければ、小さな栗がたくさん実ることになるので、果樹の判断でしっかり落としてもらい、美味しくて大きな栗を育てたいと思っています。

a0254656_18440988.jpgこの時期に生理落下で落ちている栗は、ご覧の通り小さいです。
テニスボールほどの大きさまで成長しているものだと、毎年の経験からして、生理落下は起きないように感じています。

a0254656_18472293.jpgさて、ここで育てている『利平栗』は、無農薬・無化学肥料栽培だと度々申しておりますが、それにはきちんとした理由があるんです。株式会社旬援隊は熊本県菊池市、菊池水源の山奥に所在します。

a0254656_18523476.jpg正確に言うと、熊本県菊池市の原(はる)にある伊牟田地区の中です。
この伊牟田地区は、ブランド茶の『菊池水源茶』発祥の地で、日本有数の茶どころです。

a0254656_18531876.jpg株式会社旬援隊の敷地の周りにも、茶畑が広がっています。
手前がその茶畑で、奥に見えるのが先ほど紹介した栗林です。
隣接している茶畑は、有機栽培で育てているお茶畑です。

a0254656_18542681.jpg有機栽培をするには、農薬・化学肥料の厳しい基準があり、もしそのようなものが検出されると、その茶畑は3年間は有機栽培として認められません。
そこで、ここ(株式会社旬援隊の敷地内)では、全ての作物を無農薬、無化学肥料で栽培しています。
ですから『利平栗』も完全無農薬・完全無化学肥料で育てているというわけなんです。

a0254656_18552407.jpgこれから『利平栗』は、もう1周り、2回りほどイガが成長し、果実を充実させる時期になってきます。
これからの時期、台風が心配ですが、9月の中旬の収穫(栗拾い)まで、しっかりと育て上げたいと思っています。

a0254656_18292153.jpg『利平栗』は、とても大粒で丸みを帯びた形状をしています。
鬼皮の果頂部にうっすらと毛が生えていて、外観でもすぐにほかの栗と区別することができます。
しかし、果皮がとても固く、剥きにくいため、加工用としては使用されることは少なく、業務用として出荷してもむしろ通常の栗より安かったりもするのです。
でも、皮のむきにくさなんて、一度食べたら関係なくなっちゃいますよ!

a0254656_18305733.jpg栗の王様と称される利平栗は、他の栗に比べ甘みが強く、噛んだ時のあのホクホクとした食感と広がる甘味はたまりません!!
シーズンになると、栗ご飯は私にとって何よりのごちそうです(笑)。

a0254656_18585327.jpg1粒が大きくても、イガの中にはたった1粒だけしか入っていないことも多く、生産効率が悪いため栽培している農家さんも年々減少しているようです。
そのため、「幻の栗」と言われることも増えてきました。
その「幻の栗」を、完全無農薬、無化学肥料で育てているのですから、人気があるのもお解りいただけますよね!

a0254656_19003608.jpg「FLCパートナーズストア」では、毎年、大粒サイズと小粒サイズの無農薬、無化学肥料で栽培した『利平栗』を販売しています。
大変ありがたいことに、毎年ご購入いただくお客様も多く、決まって毎年完売する大人気商品です。

a0254656_19013196.jpg『利平栗』の販売(出荷)は、毎年9月中旬からで、予約の受付は、8月下旬よりホームページで行っています。
※現在は、ホームページは“完売”とさせていただいていています。

a0254656_19022521.jpgしかし、「今年も、どうしてもあの『利平栗』が食べたいから!」と、早々にお電話を頂戴し、予約をいただくお客様も多く、お電話でのみ受注(予約)を承っている状態です。
詳しい情報は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページより『自然栽培の利平栗』のページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-08-07 19:05 | FLC | Trackback | Comments(0)

FLCパートナーズストアの本社所在地(株式会社旬援隊)熊本県菊池市、菊池水源の山奥の様子 2017夏編

FLC日記 2017年7月31日(月) 晴れのちくもり
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本の旬の食材を販売しています。
「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にその本社所在地があります。
a0254656_17342300.jpg
こちらは本社社屋です。
ここの敷地は1500坪ほどあります。

a0254656_17441141.jpgこの山奥で私(株式会社旬援隊代表取締役 笠泰紀)は、自然と共に生き、自ら畑を耕し、15種類の果樹と原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
こちらは、上の段の畑と、栗林(利平栗)の現在の様子です。
夏野菜に加え、秋に収穫する里芋やこの時期に食べるためのダイコン、白菜、キャベツなども育てています。

a0254656_17531178.jpgこちらは定植したばかりのエゴマ(黒)の畑です。
ここでは、一切の消毒や農薬、化学肥料を使わずにすべての作物を育てています。
自らの敷地の他にも、近隣の畑や田んぼを借りて作物を栽培しています。

a0254656_17584290.jpgこちらがその畑で、1ヶ月ほど早くエゴマ(白)を定植しました。
この時は、除草を兼ねた耕運と土寄せ作業を行っています。
あえて、畔の草を残しておき、虫がそこに留まりえごまに最小限の影響ですむようにしています。

a0254656_18013879.png弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県の匠の農家さんたちが育てる“本物”と呼べる旬の食材を、インターネットを通じ、全国のお客様に販売しています。
また、弊社の敷地内で栽培する、無農薬・無化学肥料で育てる農作物や、烏骨鶏のタマゴも同じく販売しています。
弊社で販売している商品は、他では購入することのできないものばかり!ぜひ、熊本の旬の食材をホームページでご覧ください!

ホームページはこちら!
↓ ココををクリック!! ↓




a0254656_18131321.jpgこの山奥の様子に話を戻しましょう!
このブログを読んでいただいている皆さんも、ある程度の田舎(山奥)を想像されていることでしょうが、ここは、本当に山奥で、この道がここへ登ってくるための唯一の舗装道路です。
その道は、さらに山の奥へと続きますが、弊社があるとこより先には、誰も住んでいません。
ですから、敷地内に立っている電柱には電線がここまでしか来ていません。

a0254656_18180941.jpgそんな山奥ですから、たくさんの野生動物たちがこのあたりには住んでいます。こちらは、エゴマの定植前に耕運した翌日の様子で、明らかに動物の足跡がるでしょ?私がここで見かけた動物たちをざっと紹介すると、イノシシ、シカ、タヌキ、キツネ、テン、イタチ、野ウサギ、アナグマ、などがいます。
おそらく畑の足跡はアナグマで、大した悪さはしないのですが、毎日うちの敷地にやってきます。
アナグマってどんなの?とお思いでしょう!
お見せしましょう!
a0254656_18223631.jpg
夜間やってくることが多いのですが、この日は昼間に来ていたので、携帯電話のカメラで急いで撮影しました。
こんなかわいいのもいますよ!
a0254656_18243820.jpg
草刈りをしようと、草刈り機のエンジンをかけたら、その音に驚き、よちよち歩きの野ウサギが飛び出してきました。
そっと抱えて、草むらへ戻しその日は別の場所から草刈りをしました。
あまり見たくないかもしれませんが、爬虫類や両生類もいっぱいいます。
a0254656_18271938.jpg
これは、私が「デカエル」と呼んでいる大きなカエルです。
このこの他にももう1匹、もっと大きなカエル(通称「ドン」)がいます。
どうやら敷地内に住み着いているようです。
その他にも、トカゲ、ヤモリ、ヘビも普通に見かけますね。
ちょっと気分直しに!!
a0254656_18384997.jpg
男子の永遠のあこがれ!ミヤマクワガタです!
毎年、1匹か2匹は捕獲しますが、年々減少しているので、その1晩だけはこうして眺め、虫かごで「虫ゼリー」を与え、次の日の朝にはまた森へ返します。
もちろん、ノコギリクワガタやカブトもいますよ。

a0254656_18485070.jpgそうそう!虫と言えば、ちょっと困ったことが起こりました。
ここは、うちの敷地にある川沿いの通称「東屋」、バーベキュー場です。
家の中の囲炉裏ではよくバーベキューをするのですが、ここでは今週末、久しぶりに行うので、草刈りに行ったんです。

a0254656_18534594.jpgすると、ものすごい羽音がするので、近づいてみると、やっぱりいました!!
黄色スズメバチです。
しかも、すでにハンドボール位の巣を作っていました。

a0254656_18595244.jpgこれでは、バーベキューや川遊びどころではありません。
ちなみに、この川は、夏はこうして水が流れていますが、冬になると水無し川になっちゃいます。
まぁ、それほど山奥ってことですね!

a0254656_19052911.jpgもう一つちなみに、水がある間は、水の中にしばらくじっとしていると、小さな魚たちがたくさん集まってきます。
それらは、そのまま動かないでいると、皮膚の角質を食べるんです。
天然の「ドクターフィッシュ」ってとこですね。

a0254656_19095062.jpgさて、話をスズメバチの巣に戻し、本日、業者さんに依頼して駆除してもらいました。
ここでは、ほとんどのことを自分で行っていますが、スズメバチの駆除はやはり危ないのでお願いしたのです。
完全防備で、殺虫剤片手に戦っています。

a0254656_19131197.jpgこちらが、取り除いていただいたスズメバチの巣です。
中にはたくさんの幼虫がいました。
完全防備さえできれば、自分でできそうなので、次回からは何とか頑張ってみようと思っています。

a0254656_19254424.jpgそんなこんなで、ここ(株式会社旬援隊)の夏の様子をご紹介しましたが、株式会社旬援隊の本業は、匠の農家さんたちが育てる、“本物”と呼べる食材のネット販売です。
各種フルーツ、新鮮野菜、お米、加工品などなどを「FLCパートナーズストア」と言うショップ名で販売しています。
a0254656_18044762.jpg
特に、熊本の最旬フルーツは弊社の大人気商品です。
弊社で販売する、商品は全て、私がその栽培地に伺い、年間を通してその成長の様子や、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、毎日更新するこのブログを中心に紹介しています。

a0254656_19293197.jpg現在の、イチオシ商品は、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』です。
大人気の『シャインマスカット』も含め、選べる16商品の豪華ラインナップで販売しています。

a0254656_19310759.jpgその他には、無農薬で育てた朝採りの『フレッシュブルーベリー』、樹上完熟『アップルマンゴー』も大人気です。
そして、今週末(8月4日)からは、いよいよこだわりの『樹上完熟梨』の出荷もスタートです。
いずれも、“匠”と呼べる農家さんが育てた逸品です。
お中元やご贈答用にも大変喜ばれています。
ぜひ、下記ホームページよりチェックしてみてください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2017-07-31 19:36 | FLC | Trackback | Comments(0)

利平栗 栗の王様『利平栗』 今年も無農薬で育てます!着果後の様子!まもなく生理落下です!

FLC日記 2017年7月26日(水) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も、熊本県菊池市、菊池水源で、無農薬・無化学肥料栽培で育てた、弊社オリジナルブランド商品の栗の王様『利平栗』をネット独占販売いたします。
a0254656_17152692.jpg


a0254656_17581023.jpg『利平栗』は、とても大きなイガにも関わらず、中に入っているのは、このように大きな栗の実が1つだけ!と言うことが多く、管理が難しく、生産量も年々減少している“幻の栗”とも言われる大変貴重な栗です。
イガに対して、栗の収量が少ないため、その生産効率の悪さも、栽培農家さんの減少の要因のようです。
ここでも、なかなかたくさんの量は収穫できません。

a0254656_17595148.jpgしかも、弊社で生産及び販売しているのは、完全無農薬、完全無化学肥料で育てた、大変貴重な『利平栗』です。
“栗の王様”と呼ばれるだけあり、香りも強く、甘みも十分で、茹で栗でも絶品ですが、渋皮煮にするとバツグンの美味しさです。
私は、栗おこわを毎年楽しみにしています(笑)。初回出荷は、例年通りの9月中旬よりの予定です。

a0254656_18064174.jpgさて、現在の成長の様子を紹介しましょう!
6月中旬から下旬にかけて栗の花が咲き、虫たちによって受粉し、今年もたくさん着果しました。
しかし、現在成長している『利平栗』たちは、全てが収穫まで育つことはありません。

a0254656_18111209.jpg8月になると、“生理落下”と言って、成長している『利平栗』の一部が、自然と落ちていくのです。
それぞれの『利平栗』の果樹が持つ体力に応じた数にだけ、自ら栗の果実をおとして調整するのです。

a0254656_18144285.jpgこれは、毎年見てきた私の良そうですが、今の時点で、テニスボールほどの大きさ(写真)にまで成長しているものは落ちないようです。
それよりも小さな未成熟のものが落ちることが多いようですね。

a0254656_18205529.jpg弊社で販売している『利平栗』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある弊社の敷地内の栗林で栽培しています。
左には、有機栽培の菊池水源茶の茶畑が広がっています。

a0254656_18341641.jpg今年は、6月上旬に茶摘みが行われました。
この茶畑は、「碾茶」と言って、抹茶の原料となるお茶を栽培しています。
有機栽培のお茶には、とても厳しい基準があり、農薬・化学肥料・除草剤などの使用ができません。
もし、何かしら検査で検出されたなら、それから3年間は有機栽培のお茶としての出荷ができないのです。

a0254656_18355262.jpg弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」でも好評発売中の菊池水源茶、有機抹茶『雲上の白』が、有機抹茶として販売できるように、茶畑に隣接しているここの敷地では、一切農薬も化学肥料も除草剤も使わずに、様々な作物を育てています。

a0254656_18424165.jpgこれは、株式会社旬援隊の本社社屋です。
エントランスには薪ストーブがあり、室内には囲炉裏があるような、ログハウス調の建物です。
私は、この自然豊かな菊池水源の山奥で、自給自足の生活を目指しながら、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、匠の農家さんが育てた“本物”と呼べる食材を販売しています。

a0254656_18460651.jpgここは、本当に山奥で、目の前を通る1本道は、さらに山の奥へと続くのですが、ここより上には誰も住んでいません。
写真中央付近が、先ほど紹介した有機栽培の茶畑です。
1,500坪の広い敷地を利用して、ここでも様々な作物を育てています。
オリジナルブランド商品として、本日ご紹介する『利平栗』の他に、『水源キウイ』、『タラの芽』、『ふきのとう』などがありますが、全て完全無農薬・無化学肥料で育てたものです。

a0254656_18495709.jpgまた、烏骨鶏も飼育しています。
済んだ空気の中、清らかな水を飲み、自然の草もふんだんに食べて育った『烏骨鶏のタマゴ』は、弊社の人気商品の一つです。

a0254656_19013216.jpgまた、敷地内の畑と、近隣の農家さんからお借りした畑で、『えごま』も栽培しています。
これは、先に定植をした『白えごま』たちです。
除草もかねて、管理機を使って土寄せをしました。
明日は、『黒えごま』を畑に定植する予定です。

a0254656_19031360.jpgもちろん、無農薬、無化学肥料で育てたえごまです。
収穫したえごまの粒(実)を使った、菊池水源産『えごま油』『焙煎えごま粒』を大好評発売中!詳細は下記をクリックしてご覧ください!


a0254656_19070009.jpg随分と話がいろんな方向に飛んじゃいましたが、ここで育てている『利平栗』は、今年も順調に生育中です!
冬の剪定をかなり頑張って行ったので、今年は例年より1つ1つが大きいような気がしてます。

a0254656_19134911.jpgさて、ここで育てる『利平栗』も、収穫まであと2ヶ月あまり!しっかりと手をかけ育て上げなければなりません。
なにせ、すでに今年のご予約を頂戴しているのですから生産及び販売者としての責任があります。
安全・安心な、もちろん美味しい『利平栗』を育てあげます。
今年もぜひ楽しみにしていてください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2017-07-26 19:18 | FLC | Trackback | Comments(0)