ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:ウコン( 4 )

無農薬栽培の『秋ウコン』 まもなく収穫のスタートです!

FLC日記 2016年12月22日(木) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、早野徹さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』の販売に向け、現地取材を重ねています。
こちらが現在の様子です!
a0254656_16231838.jpg
ウコンはショウガ科ウコン属の多年草の植物です。
ウコンは東南アジア原産なので、乾燥と寒さが苦手です。

a0254656_16284018.jpgこちらは、8月中旬の様子です。
4月に定植したウコンの種から、青々とした葉っぱが伸び元気に育っていました。
そしてこの頃、ウコンは花を咲かせていました。

a0254656_1631025.jpgこれがウコンの花です。
この花は、とても長持ちするので、切り花としても人気があります。
水を全く変えなくても、1ヶ月くらいはきれいに咲き続けます。

a0254656_1625129.jpg季節もすっかり冬となり、葉も茎もこうして枯れて色が変わっていました。
しかしこの下には、種(根茎)がしっかりと生きています。
それを収穫し、乾燥させ、健康食品の『秋ウコン』とするのです。

a0254656_16333080.jpgこちらは掘り上げた(収穫した)ばかりのウコンです。
やはり、ショウガ科と言うだけあって、本当にショウガにそっくりですね!
生でももちろん食べれますが、長期保存ができるように乾燥させます。

a0254656_16423062.jpg早野さんは、乾燥機を使わず、“天日干し”で乾燥させています。
せっかく、無農薬栽培で育てたものだから、自然の方法で乾燥させたいと考えたからです。

a0254656_16445399.jpgスライサーでスライスしたウコンを乾燥させるので、しっかり乾燥ができると、こうして軽く握っただけで、粉々になります。
もちろん、このままでは食しにくいので、もっと細かく粉にします。

a0254656_16521857.jpg以前取材に伺った際に、どのような機材で粉末にするのかを早野さんに見せて頂きました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1657198.jpgもちろん、早野徹さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』も、こうしてその全てを現地取材してきました。
ウコンは、漢字では 「鬱金」と書き、「鮮やかな黄色」と言う意味です。

a0254656_172394.jpg英語名は「ターメリック」で、スパイスとしてカレー粉などにも使用されています。
また、この黄色い色素分は“クルクミン”と言うポリフェノールの1種です。
“クルクミン”は、肝臓に良いとされ、二日酔い以外にも様々な効能があると言われています。

<生活習慣病>
肝疾患、心筋梗塞、心不全、心肥大、腎疾患、糖尿病、動脈硬化、メタボリックシンドロームなど
<癌>
口腔(こうくう)癌、腎臓癌、すい臓癌、大腸癌、乳癌、皮膚癌など
<炎症>
アレルギー、胃潰瘍、炎症性腸炎、潰瘍性大腸炎、関節炎、リウマチなど
<その他>
鬱(うつ)、筋肉疲労、骨粗しょう症など


a0254656_1743892.jpg私は毎日、本当によくお酒を飲むので、早野さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』は、日々の生活に欠かせません。
こちらの、粉末タイプの他にも、飲みやすいカプセルに入ったものも商品化しています。

a0254656_1785221.jpgウコンにはさまざまな効果をもつ精油成分が多く含まれていますが、乾燥させてしまうと精油成分が飛んでしまうのです。
ウコンに含まれる精油成分には本当に豊かな効能があるので、早野さんが無農薬栽培で育てた『秋ウコン』なので、ぜひ、生の『秋ウコン』も販売したいと考えています!

a0254656_17213548.jpg早野徹さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』の栽培地は、熊本県山鹿市鹿北町にあります。
鹿北町は、清流の里として知られる水がきれいで、空気は澄み渡り、山々に囲まれたとてものどかなところです。

a0254656_17225713.jpg隣にある、連棟建てのハウスで作業中の早野さんのお父さんに声をかけ、早野さんにお越しいただきました。
このハウスでは、現在、スナップエンドウを栽培中です。

a0254656_17241990.jpg無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』栽培農家の、早野徹さんです。
「今日は、野菜の作業中で、バタバタなんです。せっかくお越しいただいたのに、すみません。」と早野さん。
突然の訪問にも、こうして対応いただきむしろ感謝です。

a0254656_1726329.jpgまた、来年(平成29年)からは、早野さんが育てる『樹上完熟の朝採りトマト』も販売予定です。
6月上旬から7月中旬までの期間限定での販売となりますが、その様子はまた現地取材にて紹介したいと思っています。

a0254656_17293376.jpg「FLCパートナーズストア」では、早野徹さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』の販売に向け、こうして現地取材を続けています。
これからの収穫の様子、洗浄しスライスする作業、天日干しの様子や粉末にする作業など、これからも現地取材しご紹介いたします。
なかなかいい天気が続かないため、収穫は少し遅れていますので、販売は、平成29年の1月下旬からの予定です。
ぜひ楽しみにしていてください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-12-22 17:34 | ウコン | Trackback | Comments(0)

無農薬栽培の『秋ウコン』 ウコンの花が咲きました!現地取材:種まきから花まで(その2)

FLC日記 2016年8月19日(金) 晴れのちにわか雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、早野徹さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』の販売に向け、現地取材を重ねています。
昨日の花の様子に続き、今日は少し時間を戻して、種まきの話を中心にご紹介いたします。

a0254656_17101497.jpgこれは、6月上旬の現地取材の様子です。
生産農家の早野徹さんにお話をうかがいました。
「ウコンは、4月から5月にかけて、種(根茎)をまきます。今は、こうして新芽が芽吹いている時期です。有機肥料をふんだんに与えた元気な土で育てていますので、きっと、根っこも元気に成長しているはずですから、お見せしましょうか?」
早野さんは、そう言いながら、1つの種(根茎)を掘り上げてくれました。
a0254656_17135560.jpg

a0254656_17162197.jpgまるで、ショウガのようですね!
それもそのはず!!
ウコンはショウガ科ウコン属の多年草の植物です。
この種(根茎)は、昨年栽培したものを“種(たね)”として、保管していたものです。

a0254656_1719751.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、早野徹さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』の栽培地(圃場)です。
マルチビニールをはり、あらかじめ用意してあるその穴に、1つ1つウコンの種を撒いています。

a0254656_17231865.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
「もう一つくらい掘ってみましょうか?」と早野さん。

a0254656_17261898.jpg「いえいえ、しっかりい写真が撮れてますので、もう充分です。それより、根茎はもちろん、なんだか葉っぱもショウガに似ている気がしますが、昔、ばあちゃんちで見たショウガの葉っぱより大きいと思うのですが・・・」と言うと、

a0254656_17324649.jpg「よくご存じですね!ショウガは、笹のような葉っぱですが、ウコンは、こんな感じで丸まった葉っぱの状態で発芽して、それが大きく開いていきます。8月上旬の花の時期は、背丈が1mは優に超えているので、きっとビックリしますよ!」と早野さん。

a0254656_17441236.jpg「え?ちょっと待ってください!背丈の話もそうですが、花が咲くんですか?」
「ハハハっ!見たことないでしょ?花が咲いたら連絡するので、ぜひ見に来ればいいよ!」
早野さんはそう笑顔でお話しいただきました。

a0254656_17485585.jpg早野さんのお話通り、8月上旬には、こんなにも成長していました。
背丈は、1mははるかに超えています。
子の青々とした元気な葉っぱが、夏の日差しを浴びて、その養分を根茎にためるのです。
そして、先日、早野さんから約束のお電話をいただき、ウコンの花を見に行きました。

a0254656_17541744.jpg葉っぱを傷つけないように、そ~っとかき分け撮影したので、葉っぱがじゃまなことはご容赦ください。
なんだかとても魅力的な花です。
かすかにウコンの香りもしました。

a0254656_1853548.jpg花の時期、やはりこうして大きく展開した葉っぱが重要とのことでした。
こうして、しっかりと元気に成長したウコンの1株からは、大きなものでは1kg以上のウコンが収穫できるのだそうです。
ちなみに、収穫は晩秋の11月上旬~下旬に行います。
葉が枯れたら、根茎を掘り上げます。
ウコンは東南アジア原産なので、乾燥と寒さが苦手です。

a0254656_18144687.jpgこちらは、以前取材した掘り上げたばかり(収穫したばかり)のウコンです。
ショウガのように、すりおろして食べることもできるようです。
早野さんは、収穫後しっかりと洗って、スライスして乾燥させます。

a0254656_18223153.jpgその様子がこちら!
こだわりの天日干しでの乾燥です。
乾燥させることで、長期保存が可能になります。
これらを、粉末にして、無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』として販売するのです。

a0254656_18323399.jpgウコンは、漢字では 「鬱金」と書き、「鮮やかな黄色」と言う意味です。
英語名は「ターメリック」で、スパイスとしてカレー粉などにも使用されています。
また、この黄色い色素分は“クルクミン”と言うポリフェノールの1種です。

a0254656_1840498.jpgクルクミンは、肝臓の解毒機能を強化する作用や胆汁の分泌を促進する作用を持つほか、抗酸化作用やコレステロール値を低下させる効果などが期待されており、ウコンの中で最も注目される成分です。
クルクミンの働きで胆汁の分泌量が増えると、その分、体内のコレステロールが消費され、コレステロールや中性脂肪を減らすことができると言われています。
早野さんは、内容量をきちんとそろえ、専用の容器に入れ、無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』を生産しています。

a0254656_1856274.jpg早野徹さんが、無農薬、無化学肥料で栽培する『秋ウコン』は、元気に成長中です。
これからも、収穫の様子はもちろん、その後のこだわりの天日干しなど、現地取材でご紹介していきます。
平成28年度の無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』は、12月上旬よりの出荷予定です。
これからも、このブログ(FLC日記)や「FLCパートナーズストア」のホームページをお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-08-19 19:01 | ウコン | Trackback | Comments(0)

無農薬栽培の『秋ウコン』 ウコンの花が咲きました!現地取材:種まきから花まで(その1)

FLC日記 2016年8月18日(木) 晴れのち雨(夕立)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、早野徹さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』の販売に向け、現地取材を重ねています。
ウコンの花が咲いたとの連絡をいただき、さっそく栽培地に取材に伺いました。
ご覧ください!
これが『秋ウコン』の花ですよ!
a0254656_17352225.jpg

a0254656_17391465.jpg秋ウコンはショウガ科の多年草で、初秋(8月~9月)に、白くて美しい花を葉の間から咲かせます。
葉を傷つけないように、そ~っと撮影したので、ちょっと周りの葉がじゃまですがご容赦ください。
花の寿命が長いので、観賞用に向いている花です。

a0254656_17425522.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、早野徹さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』の栽培地です。
花が咲いていると聞いて伺ったのですが、どう見ても花が見当たりません。

a0254656_17474470.jpg私も、ウコンの花を見るのは初めてなので、どこに咲くのかも知らないまま伺ったので、さんざん探し回りました。
それにしても、青々としたウコンの葉っぱが、元気な太陽の光を浴びてキラキラと輝いています。

a0254656_17532740.jpgもしかしたら、根っこの近くに咲くのかと思い、下の方も見てみましたが、やっぱりありません。
困り果て、生産者の早野さんに電話をしました。
すると・・・、

a0254656_17574626.jpg「笠さんごめん!ちょうど今日、『生花で欲しい!』って人がいて、花を摘んじゃったんだよ!花は、葉の間に咲くので、上からのぞいてみると、もしかしたらまだあるかもしれないし、ここ(早野さんの自宅)に来たら花を見せるから、その後にでもよってみて!」とのこと。
いやはや、伺ったタイミングが悪かったようです。

a0254656_183115.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
ちなみに、左にあるのは、早野さんの『樹上完熟の朝採りトマト』の栽培ハウスです。

a0254656_1855920.jpg『樹上完熟の朝採りトマト』は、平成29年度から販売予定です。
6月上旬から7月中旬までの期間限定での販売となります。
『樹上完熟の朝採りトマト』の栽培の様子は、また現地取材してこのブログで紹介します。

a0254656_18104098.jpgでもその前に、今日は“ウコンの花”の現地取材です。
何とか見つけ出そうと、探し回りました。
すると、あったのです!
まだ開花間もない花のようです。

a0254656_18192497.jpgどうしても、咲いている様子を見たくて、さらに探し回って見つけたのが、本日のブログの冒頭で紹介したこの花です。
私が、生まれて初めて“ウコンの花”を見た瞬間の写真です。
なんだかとても引きつけられました。
葉っぱに隠れてひっそりと咲いていましたが、すごく魅力的な花です。
写真を撮り終え、早野さんのご自宅へと向かいました。

a0254656_18253740.jpg生産者の早野徹さんが、ウコンの花束をもって迎えてくれました。
「も~う!私もウコンの花を見るのは初めてなので、まさか摘んであるとは知らずに、根元の方までさんざん探し回りましたよ!」

a0254656_18274369.jpg「でも何とか探し出して、撮ってきましたけどね!」
花の写真を見せながらそう言う私に、
「それはほんと申し訳ないことしたね!」と早野さん。
この笑顔を見ると、そんなことすっかりリセットされてしまうので、早野さんもウコンの花と同じで、とても魅力的な人です(笑)。

a0254656_18323268.jpg秋ウコンの花は、花の寿命が長く、あまり手入れもいらないので、その存在を知っている方からは、とても人気があるのだそうです。
「水替えをたまにするだけで、1ヶ月くらいはきれいに咲き続けるよ!」と早野さんが教えてくれました。

a0254656_18412958.jpg「お詫びと言っちゃなんだけど、笠さん!これ1つ持って帰る?」と早野さん。
「良いんですか!!ありがとうございます!」と言って、その香りをかいでみました。

a0254656_18432227.jpgすると、かすかにウコンの香りがするんです!
「いやぁ、現地でも見てきましたが、間違いなくウコンの花ですね!ところで、この花から“ウコンの種(タネ)”ができるんですか?」と尋ねると、
「また面白いことを聞くね!それはしたことがないけど、花は子孫(タネ)を作るために咲くのだから、きっとタネができるんだろうね!でも、基本的には「根茎」で増えるので、種は聞いたことないなぁ。それに、根茎なら親と同じものだけど、花の種になると親とは違った個体なるんじゃないかな・・・。」と説明してくれました。

a0254656_18492375.jpgちなみにこちらが、種まき後、発芽間もない6月上旬ころのウコンの種(根茎)の様子です。
その時の取材の様子も紹介したいのですが、本日は少々長くなりましたので、この続きはまた後日!

a0254656_18525077.jpg「FLCパートナーズストア」では、早野徹さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』の販売に向け、現在その成長の様子をこうして現地取材しています。
乾燥させ粉状にしたものと、それを飲みやすいカプセルに入れたもの、さらには、生の『秋ウコン』も販売したいと考えています!
お酒が大好きな私も、毎日の生活に欠かせないアイテムになっています。
商品アップまでもう少々お待ちください。
これからも、現地取材にて早野さんの『秋ウコン』ご紹介いたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-08-18 18:58 | ウコン | Trackback | Comments(0)

無農薬栽培の『秋ウコン』の販売に向け、現地取材してきました!!

FLC日記 2016年3月21日(月) 晴れ
「これが、『秋ウコン』ですよ!ショウガにそっくりですよね!ウコンはショウガ科ウコン属の多年草の植物で、こうして掘りあげてみると、ほんとショウガのようでしょ!」
無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』栽培農家の、早野徹さんがそう言いながら、目の前で『秋ウコン』を掘りあげて見せてくれました!!
a0254656_17335345.jpg

a0254656_17421346.jpg熊本県山鹿市鹿北町にある、早野徹さんの無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』の栽培地に伺いました。
鹿北町は、清流の里として知られる水がきれいで、空気は澄み渡り、山々に囲まれたとてものどかなところです。
この日は、私の急な申し出にもかかわらず、早野さんはこころよく取材に応じてくれました。

a0254656_17455573.jpg無農薬栽培の天日干し『秋ウコン』栽培農家の早野徹さんです。
「ほんとすみません!私が急に伺うといったので・・・。」と言うと、
「いえいえとんでもないです。ちょうど出先から戻ってきていたとこだったので、なんだか農家らしくない格好でこちらこそすみません!(笑)」

a0254656_17522384.jpg「ここにウコンが育ってるんですよね?」と尋ねると、
「ほんとショウガみたいですよ!ここで育てているのは、『秋ウコン』です。ウコンにはほかにも、『春ウコン』、『紫ウコン』がありますが、肝臓に良いとされる有効成分“クルクミン”が多く含まれるのが『秋ウコン』なんですよ。」

a0254656_1757543.jpg「せっかくなので、ちょっと掘りあげてみましょうか!」
早野さんは、そう言いながら棒を使って掘り始めました。
「以前は、『春ウコン』や『紫ウコン』も栽培していましたが、今は『秋ウコン』だけにしています。やはりウコンを食される方は、肝臓をいたわりたいと思うことが多いようで、“クルクミン”は『春ウコン』の10倍ほど入っているので、『秋ウコン』を皆さん望まれるようです。」

a0254656_1811480.jpg「おぉ!出てきましたねぇ~!ウコンの食するところは要は球根って感じなんですかね?」と尋ねると、
「まさにその通りですね!4月にはこのウコンをまた植えて、栽培するんですよ。これじゃダメだな!ちょっと鍬をとってきます!」

a0254656_1845253.jpg「早野さん!そんなわざわざ、良いですよ!」と言う私に、
「ハウスまでちょっと行ってきます。すぐに戻るのでそのまま待っててください!」と早野さん。
『秋ウコン』栽培地の田んぼを挟んで向こう側には、早野さんの野菜の栽培ハウスがあります。

a0254656_187515.jpg「お待たせしました!」
早野さんは、鍬を片手にあぜ道を革靴のまま走って急いで戻ってきてくれました。
その姿でも早野さんは、とても誠実で一生懸命な方だということがすぐにわかりました。

a0254656_18103159.jpg「この中に、ウコンがあるんです。かなり大きな塊になってるんですよ。有機肥料をしっかり与えて大切に育てましたからね!」
早野さんは、鍬を使ってウコンを掘りあげています。

a0254656_18142426.jpg「ほら!出てきましたよ!うん!数も大きさもしっかりとした良いウコンが出てきましたね!うちでは、これを洗浄してスライスして、乾燥させ粉にしたものを販売しているんです。」

a0254656_18165959.jpg「笠さんはお酒は飲みますか?」
「はい!毎日結構な量を飲んでいます。」
「ハハハ!そうですか!それならぜひ『秋ウコン』の粉末を飲んだほうが良いですよ!」

a0254656_18245787.jpg「ウコンは生では食べれないのですか?」と尋ねると、
「生で食べる方もいますよ!スライスしてハチミツ漬けとか、ショウガのようにおろしたりして・・・。でも、ご存知と思いますが、かなり香りや味にクセはありますよ!」

a0254656_18274132.jpg「私は、お酒をかなり飲んだ次の日に、カレーを食べたくなるんですよ!カレー粉のターメリックは『ウコン』と同じなんですよね!知らず知らずのうちに、私の体が『ウコン』を欲しがっていたんですね!」と言うと、
「確かにそうかもしれませんね!ほら!この色!!カレー粉に似ているでしょ?インドのカレーにはよく豆を入れますが、豆に含まれているレシチンと一緒に摂ると、『ウコン』の“クルクミン”の吸収率も上がると言われてるので、笠さん!次回からは飲んだ後は「豆カレー」もいいかもですね!(笑)」

“クルクミン”は、肝臓に良いとされ、二日酔い以外にも様々な効能があると言われています。

<生活習慣病>
肝疾患、心筋梗塞、心不全、心肥大、腎疾患、糖尿病、動脈硬化、メタボリックシンドロームなど
<癌>
口腔(こうくう)癌、腎臓癌、すい臓癌、大腸癌、乳癌、皮膚癌など
<炎症>
アレルギー、胃潰瘍、炎症性腸炎、潰瘍性大腸炎、関節炎、リウマチなど
<その他>
鬱(うつ)、筋肉疲労、骨粗しょう症など

a0254656_18424381.jpg「早野さん!乾燥して粉にするのもご自分でなさっているのですか?」と尋ねると、
「えぇ!もちろんです。よかったら、その工程を簡単にお見せしますので、私の家まで来ませんか?」と早野さんに言っていただき、収穫した『ウコン』を商品にするまでを見せて頂くことにしました。
少々長くなりましたので、その様子はまた後日ご紹介することとしましょう!

a0254656_1849534.jpgこちらが、早野さんが無農薬栽培の天日干し『春ウコン』です。
この他にも、カプセルに入れて飲みやすくした商品もあります。
いずれも、「FLCパートナーズストア」での販売に向け、現在、全力準備中です。
また、生の『春ウコン』も、販売したいと考えています。
ウコンにはさまざまな効果をもつ精油成分が多く含まれていますが、乾燥させてしまうと精油成分が飛んでしまうのです。
ウコンに含まれる精油成分には本当に豊かな効能があるので、早野さんが無農薬栽培で育てた『秋ウコン』なので、ぜひ、生の『秋ウコン』も販売したいと考えています!
商品アップまでもう少々お待ちください。
これからも、現地取材にて早野さんの『秋ウコン』ご紹介いたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-03-21 18:58 | ウコン | Trackback | Comments(0)