ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:水耕栽培の新鮮野菜( 13 )

水耕栽培のフレッシュバジル!まもなく販売スタートです!

FLC日記 2017年7月2日(日) くもり時々晴れ
新鮮な生野菜を食べていますか?
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』を大好評販売中です!
a0254656_18381530.jpg


a0254656_18400830.jpgここは、熊本県菊池市神来(おとど)にある、「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』の栽培ハウスです。
水耕栽培とは、土を一切使用せずに、通称“ベッド”と呼ばれる栽培地に、水を循環させながら浮遊するトレーの上で栽培する方法です。


a0254656_18430149.jpgこちらは、収穫直前の『サラダリーフ(レタス)』です。
マヨネーズかドレッシングを手に、この新鮮な野菜を、この場で食べたら本当に美味しいでしょうね!
もちろん、そんなことはできませんので、「FLCパートナーズストア」では、朝採り新鮮そのものを、即日発送でお届けしています。

a0254656_18471010.jpg一番人気の、サラダリーフ(レタス)(写真)をはじめ、サラダ水菜、ベビーリーフチコリ、ルッコラ、サラダほうれん草をネット独占販売しています。(サラダほうれん草は現在出荷休止中)
水耕栽培ならではの、驚くような柔らかさ、さらには全くエグミのないそれらの野菜たちは、多くのリピート購入をいただく大人気商品です!

a0254656_19015389.jpgはなまる人気急上昇中なのが、こちらの『ルッコラ』です。
ハーブの1種で、香ばしいゴマのような香りがします。
本来は、少しピリッと辛く、苦味も持っていますが、水耕栽培だとそこまでのクセはなく、めちゃくちゃ食べやすいんです。

a0254656_19051209.jpg朝採り即日発送にこだわる弊社では、毎回の出荷数を限定して、完全予約制販売で、毎週火曜日と金曜日に出荷しています。
水耕栽培ならではの、とっても柔らかくエグミがほとんどない新鮮野菜をぜひご賞味ください!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓


a0254656_19172595.jpg生産農家の「サラダハウスK&T」さんの鍬田美智子さん、鍬田智宏さんです。
この親子の匠と、パートさんたちとで、新鮮かつ、とても柔らかく身体にも優しい野菜たちを育てています。
そんなお二人の匠の技、惜しまぬ手間ひまを「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_19202067.jpgそして、私が生産をお願いしていた商品の出荷がスタートしました。
それがこちらの『バジル』です。
朝採りの生のバジルを、どうしても全国のお客様に販売したかったのです。

a0254656_19232754.jpg『サラダリーフ』の袋に40gを入れて、この『バジル』のかわいいイラスト入りのシールを貼って出荷することにしました。
生のバジルと言えば、ジェノベーゼソースですよね。
パスタでいただくと最高です!

a0254656_19290121.jpg独特な風味の美味しさもたまりませんが、生のバジルは、ビタミン、ミネラル、鉄、亜鉛、食物せんなどを多く含み、実は栄養価もすごく高いんです。
具体的には、抗酸化作用を持つ「βカロチン」「カルシウムK」「シネオール」「オイゲノール」などがあげられます。
アンチエイジングやダイエット効果、ストレスの軽減の効果なども期待できるようです。

a0254656_19364510.jpg実は私も大好きな野菜で、先日、「夏野菜とバジルのクリームチーズサラダ」でいただきました。
作り方はいたって簡単!野菜とクリームチーズを食べやすい大きさに切って、ちぎったバジルとオリーブオイルを混ぜ、味付けは塩コショウのみ!
これがめちゃくちゃ美味いんです!

a0254656_19460903.jpg現在、「サラダハウスK&T」さんとの最終打ち合わせも終わり、現在ホームページでのアップに向け、全力準備中です。
もちろん、出荷の日の朝に収穫した新鮮バジルを、即日発送で翌日もしくは翌々日にはお届けします。
こちらも、人気の商品になりそうです!お楽しみに!!
FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-07-02 19:49 | 水耕栽培の新鮮野菜 | Trackback | Comments(0)

水耕栽培の朝採り新鮮野菜 フレッシュバジルの販売に向けて!

FLC日記 2017年5月16日(火) くもり
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』を大好評販売中です!
a0254656_17121627.jpg


a0254656_17160132.jpg一番人気は、『サラダリーフ(レタス)』です。
こうしてサラダで食べるのも良し、お料理の色どりを飾るのも良し。
なにせ、朝採りの新鮮そのものを即日発送でお届けしているので、その美味しさはバツグンです!

a0254656_17253561.jpg『サラダリーフ』の他にも、『サラダ水菜』、『ルッコラ』(写真)、『ベビーリーフチコリ』、『サラダほうれん草』(現在は入荷待ち)と、5品種の商品を販売しています。

a0254656_17261432.jpg毎回の出荷数を限定して、完全予約制販売で、毎週火曜日と金曜日に出荷しています。
水耕栽培ならではの、とっても柔らかくエグミがほとんどない新鮮野菜をぜひご賞味ください!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『水耕栽培新鮮野菜』


a0254656_17332652.jpgここは、熊本県菊池市神来(おとど)にある、「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』の栽培ハウスです。
水耕栽培では、土を一切使用せずに、通称“ベッド”と呼ばれる栽培地に、水を循環させながら浮遊するトレーの上で野菜を育てます。

a0254656_17351890.jpg水は常に空気を入れながら循環させています。
その水に肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリウムと、微量要素を計算し配合して、希釈して与え野菜を育てるのです。

a0254656_17470562.jpg生産農家の「サラダハウスK&T」さんの鍬田美智子さん、鍬田智宏さんです。
この親子の匠と、パートさんたちとで、新鮮かつ、とても柔らかく身体にも優しい野菜たちを育てています。

a0254656_17505091.jpgそんなお二人の匠の技、惜しまぬ手間ひまを「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
そんな中、先日取材に伺うと、
「笠さん!いよいよ『フレッシュバジル』の生産をスタートしましたよ!この子たちはまもなく収穫です。」

a0254656_17551336.jpg「ほら!笠さんもご存じのピザ専門店「マローネ・ストラーダ」の長畠好美店長さんが、「美味しいバジルを作ってほしい!」とのことで、本格的な栽培をスタートしたんです。現在、出荷に向け袋にはルシールを発注してるとこなんです。」
と智宏さん!

a0254656_18061109.jpg「マローネ・ストラーダ」さんは、熊本県菊池市大平の国道387号線沿いに、今年の1月にオープンした、とてもお洒落なピザ専門店です。
本格的な溶岩石窯焼きピザと、アンティパスト(前菜)の美味さは、オープンから半年を待たずして、県内外から多くのお客様が訪れる人気店となりました。

a0254656_18112576.jpg素材にこだわる長畠店長は、「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』たちを使用しています。
お客様たちは本格的な溶岩石窯焼きピザはもちろんのこと、必ずと言って良いほどサラダを注文します。
その日の朝に収穫した野菜たちの美味いこと!

a0254656_18163809.jpg私も何度も食事に行き、あらためて「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』の美味さを実感しました。
「マローネ・ストラーダ」の詳しい情報は、以前のブログで紹介していますの、ぜひそちらもご覧ください!


a0254656_18260372.jpgさて、話を『フレッシュバジル』に戻しましょう!
私は、バジルが大好きなので、こうして撮影しながらでも、その香りを楽しみたく、鼻の穴が広がりっぱなしでした!(笑)

a0254656_18284369.jpg「ところどころ、バジルの株がないとこがありますが、すでに収穫したのですか?」
と尋ねると、
「さすが笠さん!鋭いところをついてきますねぇ~!実はそれらは発芽しなかったんですよ。」

a0254656_18311811.jpg「他の野菜たちと同じように育てても、どうやら発芽しないので、今、もっと発芽率をあげようと試行錯誤をしています。まだ、確信ではないので詳しく話せませんが、ちょっとしたコツがあるんです!」
と智宏さん。
かなり興味深い話です。

a0254656_18344647.jpgそのお話は、また後日きちんと取材してご紹介するとして、「FLCパートナーズストア」では、「サラダハウスK&T」さんの水耕栽培の『フレッシュバジル』の販売に向け動き出しました。
こちらは、サンプルとしていただいてきた『フレッシュバジル』です。

a0254656_18400237.jpg1袋に、これくらいの量の『フレッシュバジル』を入れての販売予定です。
内容量は20gで、もちろん朝採りの新鮮そのもののバジルをお届けいたします。
とても研究熱心な智宏さんが、試行錯誤を繰り返し安定供給できるよう頑張ってくれています。
私も楽しみでなりません!
販売が決定したら、このブログでご紹介いたします。
これからも「FLC日記」をお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-16 18:45 | 水耕栽培の新鮮野菜 | Trackback | Comments(0)

農薬や消毒を一切せずに育ったサラダ用の水耕栽培の生野菜を大好評販売中!

FLC日記 2017年3月13日(月) 雨
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』を大好評販売中です!
a0254656_17122155.jpg

a0254656_16565841.jpg一番人気の、サラダリーフ(レタス)をはじめ、販売商品は全部で5品種です。
水耕栽培ならではの、とても柔らかく、全くエグミのないそれらの野菜たちは、多くのリピート購入をいただく大人気商品です!

a0254656_1731515.jpg収穫を待つ『サラダほうれん草』も、鮮やかなグリーンで、とてもみずみずしく元気に育っています。
ここは、熊本県菊池市神来(おとど)にある、「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』の栽培ハウスです。

a0254656_1775981.jpgこちらは「サラダハウスK&T」の鍬田美智子さんの収穫の様子です。
水耕栽培では、土を一切使用せずに、通称“ベッド”と呼ばれる栽培地に、水を循環させながら浮遊するトレーの上で野菜を育てます。
水に肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリウムと、微量要素を計算し配合して、希釈して与えます。
土は一切使用していません。
ですから、野菜たちの根っこは、ご覧の通り真っ白です。

a0254656_17101387.jpg販売している商品は、『サラダリーフ(レタス)』、『サラダ水菜』、『サラダほうれん草』、『ルッコラ』、『ベビーリーフチコリ』の5品種です。
完全予約制での販売で、毎週火曜日と金曜日に朝採り即日発送でお届けいたします。

a0254656_17222098.jpg私は、取材に伺うと“試食”と称し、こうして度々その新鮮な生野菜たちをその場でいただいています。
とても柔らかい野菜たちは、エグミがなく、サラダがこんなに美味しいのかと思うほどです!
農薬を使用せず、消毒も一切行わずに育てられた安心、安全な『水耕栽培の新鮮野菜』たちです。

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『水耕栽培新鮮野菜』


a0254656_17275075.jpgこちらは、発芽後1週間ほどの『サラダリーフ』たちです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17332376.jpgもちろん、「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、発芽間もないルッコラの様子です。

a0254656_17355657.jpg成長するとこんな感じになります。
『ルッコラ』はハーブの1種で、香ばしいゴマのような香りがします。
本来は、少しピリッと辛く、苦味も持っていますが、水耕栽培だとそこまでのクセはなく、めちゃくちゃ食べやすいんです。

a0254656_17375668.jpg『ルッコラ』は、かなり栄養価の高い野菜で、β-カロテンをはじめ、ビタミンEやビタミンKを多く含み、マグネシウム、リン、鉄と言ったミネラルも豊富なんです。
さらに、辛みの元となるアリルイソチオシアネート(芥子油)は、抗癌作用や抗菌作用の他血栓予防にも効果があるとされています。
ビタミンCも豊富で、風邪の予防や疲労回復、肌荒れにも良いとされています。

a0254656_17452938.jpgこちらは、リピート率がとても高い、『ベビーリーフチコリ』の栽培ベッドです。
「サラダハウスK&T」さんの鍬田智宏さんが、その成長の様子をチェックしています。

a0254656_17483665.jpg白菜の小さなものようなあの“チコリ”と同じ種類ですが、これは『イタリアンレッド』と言うチコリです。
わかりやすく言えば、この葉っぱを食べるチコリなんです。
茎の部分が赤く、こちらもサラダに加えるとこの色合いがとても鮮やかで、良い感じの苦みもあり、色合いも味も、程よいアクセントになると思います。
チコリには水溶性食物繊維の一種である“イヌリン”が多く含まれています。

a0254656_17522149.jpgイヌリンは多糖類ですが砂糖や他の炭水化物と比較して3分の1から4分の1程度のエネルギーしか含まないと言われて、胃腸で消化吸収されることなく結腸まで進み、そこで有益なバクテリアによって代謝されるので、有効なバクテリアを育てることにもなるとも言われています。
また、チコリ特有の成分のチコリ酸と呼ばれる成分には、消化を促進する働きや肝機能を高める働きなどもあると言われています。

a0254656_17534532.jpg「最近、ルッコラやチコリの女性のお客様からのリピート注文がやばくないですか?」と智宏くん。
今どきの言葉で話す若者ですが、笑顔がとってもさわやかすぎるかなりの高青年です!

a0254656_181735.jpg「サラダハウスK&T」さんは、鍬田美智子さん鍬田智宏さん親子の匠が中心となり、パートさんたちと主に、安全で、美味しく、新鮮な野菜たちを水耕栽培で育てています。
栽培する作物は、水の上に浮遊するトレーの上で育ちます。
栽培するこの棚のことは、ベッドと称され、ベッドの中には、水があり、その水に作物が育つのに必要な栄養素を加え、常に循環させています。

a0254656_18102330.jpgまた、水には空気(酸素)を送り込んでいます。
植物は根っこからもも空気を吸収しますので、水の中に空気(酸素)が無いと植物は育ちません。
水に空気を送り込む発気用の設備を、各ベッドに備えてあり、栽培期間中はフル稼働です。

a0254656_18123031.jpg特別に根っこを見せて頂きました。
水の中を自由に伸びた根っこから、3代栄養素と水、そして空気を取り込み育つのです。
使用している水は、天然の地下水です。

a0254656_1819030.jpg収穫を終えたベッドは、きれいに洗浄しまた新たに種まきをし作物を育てます。
こちらは2年ほど前の写真で、洗浄作業をしているのは、智宏さんのお兄さんの真志さんです。
そのころはまだ大学生で夏休みを利用してお手伝いをしていましたが、今では立派な社会人として活躍しています。

a0254656_18225899.jpgせっかくなんで、その際に撮った懐かしい写真を紹介しましょう!
仲良し親子が大切に育てる愛情たっぷりの水耕栽培の葉物野菜たちは、とても優しい味がします。

a0254656_1828922.jpg「FLCパートナーズストア」では、無農薬・無消毒で、水耕栽培で育てた、「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』を大好評販売中です。
朝採り、新鮮そのものを即日発送するため、袋のまま冷蔵庫で保管すれば、かなり日持ちもしますよ!
数量限定の完全予約制での販売とさせていただいています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
「熊本産新鮮野菜」のページで購入いただけます。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-03-13 18:30 | 水耕栽培の新鮮野菜 | Trackback | Comments(0)

水耕栽培の朝採り新鮮野菜大好評発売中!無農薬栽培のフレッシュな生野菜を即日発送でお届けします!

FLC日記 2016年10月19日(水) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、農薬や消毒を一切せずに育てる水耕栽培の『新鮮野菜』を大好評販売中です!
a0254656_18144676.jpg

a0254656_18161527.jpg現在、販売している商品は、『サラダリーフ(レタス)』(写真)、『サラダ水菜』、『ルッコラ』、『ベビーリーフチコリ』です。
現在、度重なる台風や長雨などの天候不順により、全国的に葉物野菜の高騰しています。

a0254656_18264953.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市神来(おとど)にある、水耕栽培で野菜を育てる、「サラダハウスK&T」さんの、『水耕栽培新鮮野菜』を販売しています。
もちろん、現在も価格の変更なく販売していて、大人気商品となっています。
完全予約制での販売で、毎週火曜日と金曜日に朝採り即日発送でお届けいたします。

a0254656_18281953.jpg水耕栽培ならではの、とても柔らかい野菜たちは、エグミが少ないため、ぜひサラダでご賞味ください!
農薬を使用せず、消毒も一切行わずに育てられた安心、安全な『水耕栽培の新鮮野菜』たちです。

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『水耕栽培新鮮野菜』


a0254656_18435524.jpg水耕栽培では、土を一切使用せずに、通称“ベッド”と呼ばれる栽培地に、水を循環させながら浮遊するトレーの上で野菜を育てます。
水に肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリウムと、微量要素を計算し配合して、希釈して与えます。

a0254656_18472163.jpgこちらは、発芽間もない『ベビーリーフチコリ』です。
白菜の小さなものようなあの“チコリ”と同じ種類ですが、これは『イタリアンレッド』と言う品種で、わかりやすく言えば、成長した葉っぱを食べるチコリです。

a0254656_18494646.jpg茎の部分が赤く、こちらもサラダに加えるとこの色合いがとても鮮やかで、良い感じの苦みもあり、色合いも味も、程よいアクセントになると思います。
チコリには、水溶性食物繊維の一種である“イヌリン”が多く含まれていて、さらには、チコリ特有の成分のチコリ酸と呼ばれる成分には、消化を促進する働きや肝機能を高める働きなどもあると言われています。
お酒を多く飲まれる方にも良いかもしれませんね!

a0254656_1857633.jpg「サラダハウスK&T」さんの鍬田智宏さんです。
「サラダハウスK&T」さんでは、鍬田美智子さんと智宏さんの親子の匠が中心となり、『水耕栽培の新鮮野菜』を育てています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1912084.jpg「笠さん!やっぱり『サラダリーフ(レタス)』が一番の売れ筋ですが、最近の『ルッコラ』、『ベビーリーフチコリ』の人気もやばくないですか?」と智宏さん。
今どきの若者らしい言葉で話す智宏さんですが、とってもさわやかな好青年で、かなりの頑張り屋さんです。

a0254656_1952896.jpg先ほど紹介した、『ベビーリーフチコリ』もうそうですが、この『ルッコラ』も女性のお客様のリピート率が大変高く、現在はなまる人気急上昇中の野菜です。
香ばしいゴマのような香りがして、本来は、少しピリッと辛く、苦味も持っていますが、水耕栽培だとそこまでのクセはないのが好評です。

a0254656_1994976.jpgβ-カロテンをはじめ、ビタミンEやビタミンKを多く含み、マグネシウム、リン、鉄と言ったミネラルも豊富です。
ビタミンCも多く、風邪の予防や疲労回復、肌荒れにも良いとされています。

a0254656_19144139.jpg生野菜が高騰している現在も、私は「サラダハウスK&T」さんの『水耕栽培新鮮野菜』を、毎日モリモリ食べています(笑)。
ちなみに、プチトマトとキュウリは、私が家庭菜園で育てたもので販売はしていません。

a0254656_19183285.jpg私がモリモリ食べれる要因は、ドレッシングとして極上一番だしぽん酢『臣城』を使用しているからです。
こちらは、「FLCパートナーズストア」で販売をスタートするやいなや、多くのリピート購入を頂く大人気商品です。

a0254656_19202495.jpg選び抜かれた特選素材でとった一番だしのうま味が、バツグンで、野菜そのものの味をしっかりと引き立ててくれる全く飽きのこない美味しさです!
ドレッシングとして、これからのお鍋のアイテムとして、お勧めのポン酢です。

『極上 一番だしポン酢 臣城』 300ml×1本 1,296円(内税)
↓ 今すぐご注文したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ!! ↓

『極上 一番だしポン酢 臣城』



a0254656_19325685.jpgお鍋と言えば、私は『水菜』を入れた、ハリハリ鍋が大好きです。
もちろんこれはサラダ用の『水菜』ですが、お鍋にしても最高です!
豚肉と薄く切ったダイコン、それにこの水菜があれば、お手軽な美味しいお鍋になりますよ!

a0254656_1937717.jpg収穫は、1つ1つ手作業で行います。
「こうしてハサミを使って、行います。ホント今は野菜が高いからですねぇ~!笠さん良かったら少し持っていきます!」
そう言って、美智子さんが水菜をおすそ分けしてくれました。
この日は、さっそくお鍋にして美味しくいただきました。

a0254656_19423760.jpg生産者の「サラダハウスK&T」さんの鍬田美智子さん、智宏さん親子です。
このすごく優しい笑顔からもお分かりのように、新鮮かつ、とても柔らかく身体にも優しい野菜たちを育てる匠です。

a0254656_19441548.jpg「FLCパートナーズストア」では、無農薬・無消毒で、水耕栽培で育てた、『水耕栽培新鮮野菜』を大好評販売中です。
朝採り、新鮮そのものを即日発送するため、数量限定の完全予約制での販売とさせていただいています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
「熊本産新鮮野菜」のページで購入いただけます。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-10-19 19:46 | 水耕栽培の新鮮野菜 | Trackback | Comments(0)

水耕栽培 無農薬で育てた朝採り新鮮野菜大好評発売中!美味しい生野菜食べてますか?

FLC日記 2016年10月3日(月) くもり時々雨

a0254656_185658100.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、農薬を一切使用せずに育てる水耕栽培の『新鮮野菜』を大好評販売中です!
美味しい新鮮野菜食べてますか?
a0254656_193130.jpg
一番人気は、『サラダリーフ(レタス)』です。
まぁ、とにかく新鮮で、とても柔らかく、レタス特有のエグミは一切ありません。

a0254656_18583150.jpg現在、販売している商品は、『サラダリーフ(レタス)』(写真)、『サラダ水菜』、『ルッコラ』、『ベビーリーフチコリ』です。
ここは、熊本県菊池市神来(おとど)にある、鍬田さんの水耕栽培の連棟建ての広い広いハウスです。
成長の様子をチェックしているのは、生産者の鍬田智宏さんです。

a0254656_1965965.jpg『サラダ水菜』も、すごく生き生きと育っていますね!
これらの水耕栽培の野菜たちは、鍬田美智子さん、智宏さん親子とパートさんと一緒に、惜しまぬ手間ひまをかけ育てています。

a0254656_1912390.jpg水耕栽培とは、土を一切使用せずに、水に肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリウムと、微量要素を計算し配合して、希釈して与えながら栽培する農法です。
栽培する作物は、水の上に浮遊するトレーの上で育ちます。
ですから、このように自由に水の中に根を伸ばし成長します。
水と栄養素だけなので、その根っこは真っ白ですね!

a0254656_19181250.jpg栽培するこの棚のことは、ベッドと称されます。
ベッドの中には、水があり、その水に作物に必要な栄養素を加え、常に循環させています。
また、水には空気(酸素)を送り込んでいます。

a0254656_19205953.jpg植物は根っこからもも空気を吸収しますので、水の中に空気(酸素)が無いと植物は育ちません。
水に空気を送り込む発気用の設備を、各ベッドに備えてあり、栽培期間中はフル稼働です。

a0254656_19285157.jpg水は天然の地下水を使用しています。
水耕栽培だと、天候に左右されないと思われがちですが、実はそうとも言えません。
これだけの建物(ハウス)ですから、台風による被害も予想されますし、4月16日未明に起こった「熊本地震」の際には、停電により発気用の設備が止まり、その後の発育に影響が出たため、そのベッドは栽培途中ですべて処分したとのことも話されていました。

a0254656_1925172.jpgしかし、大きな被害はなく、現在は順調に生育中です。
これらの発揮用の設備で、空気と水を循環させながら栄養素を送り込み、ハウスの開閉で温度管理をしながら大切に育てているのです。

a0254656_1936535.jpg現在、人気急上昇中なのが、こちらの『ルッコラ』です。
『ルッコラ』はハーブの1種で、香ばしいゴマのような香りがします。
本来は、少しピリッと辛く、苦味も持っていますが、水耕栽培だとそこまでのクセはなく、めちゃくちゃ食べやすいんです。

a0254656_19393951.jpg『ルッコラ』は、かなり栄養価の高い野菜で、β-カロテンをはじめ、ビタミンEやビタミンKを多く含み、マグネシウム、リン、鉄と言ったミネラルも豊富なんです。
さらに、辛みの元となるアリルイソチオシアネート(芥子油)は、抗癌作用や抗菌作用の他血栓予防にも効果があるとされています。
ビタミンCも豊富で、風邪の予防や疲労回復、肌荒れにも良いとされています。

a0254656_19423148.jpgこちらは、リピート率がとても高い、『ベビーリーフチコリ』です。
白菜の小さなものようなあの“チコリ”と同じ種類ですが、これは『イタリアンレッド』と言うチコリです。
わかりやすく言えば、この葉っぱを食べるチコリなんです。

a0254656_194657.jpg茎の部分が赤く、こちらもサラダに加えるとこの色合いがとても鮮やかで、良い感じの苦みもあり、色合いも味も、程よいアクセントになると思います。
チコリには水溶性食物繊維の一種である“イヌリン”が多く含まれています。

a0254656_19492955.jpgイヌリンは多糖類ですが砂糖や他の炭水化物と比較して3分の1から4分の1程度のエネルギーしか含まないと言われて、胃腸で消化吸収されることなく結腸まで進み、そこで有益なバクテリアによって代謝されるので、有効なバクテリアを育てることにもなるとも言われています。
また、チコリ特有の成分のチコリ酸と呼ばれる成分には、消化を促進する働きや肝機能を高める働きなどもあると言われています。
『ルッコラ』も『ベビーリーフチコリ』も、ぜひサラダで食べてみてください!

a0254656_19525448.jpgこちらは、発芽間もない『ベビーリーフチコリ』です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19552981.jpgこちらは、野菜の種の1つです。
それぞれの野菜の種をまいて、ベッドごとにそれぞれの野菜に合う、肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリウムと、微量要素を計算し配合して、希釈して与えます。

a0254656_1959278.jpg種は、このような専用のシートに蒔きます。
そのシートを、水に浮遊するトレーにセットして栽培するのです。
水耕栽培は、温度管理がとても重要です。

a0254656_2023755.jpg冬の時期は、できるだけ日光を入れて保温し、夏の時期は日光を遮るためのシート(寒冷紗)を、ベッド上に広げて、光の入り具合や温度管理を行います。
こちらは、初夏の様子です。

a0254656_2043823.jpg「それぞれの野菜に合う温度と光の調整をするのが最初はとても難しく、たくさんの失敗もしてきたけど、今はこうしてどの野菜たちも、元気に育てることができています。」
鍬田美智子さんがそう話してくれました。

a0254656_2074549.jpgただ、『サラダほうれん草』だけは、夏の期間の出荷を止めています。
生産はしているのですが、夏の時期はどうしても良いものができにくいので、「自信をもって出荷できたものしか出したくないから!」という、こだわりで出荷をしないのです。

a0254656_20101196.jpg10月となり、出荷用の生産をスタートしました。
多くのお客様が待ち望んでおられる大人気商品です。
でも、一番楽しみにしているのは、他ならぬ私かもしれません(笑)。

a0254656_20125459.jpg「FLCパートナーズストア」では、無農薬・無消毒で、水耕栽培で育てた、『水耕栽培新鮮野菜』を大好評販売中です。
鍬田さん親子が育てる野菜たちは、生野菜でありながら、なんだかとってもあったかい感じがしますよ。
美味しい生野菜食べてますか?
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
「熊本産新鮮野菜」のページで購入いただけます。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-10-03 20:15 | 水耕栽培の新鮮野菜 | Trackback | Comments(0)

お待たせしました!朝採りの新鮮野菜『ベビーリーフチコリ』『ルッコラ』の販売スタートです!

FLC日記 2016年7月20日(水) くもり時々雨のち晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、農薬を一切使用せずに育てる水耕栽培の『新鮮野菜』を大好評販売中です!
a0254656_17352353.jpg
本日より、『ベビーリーフチコリ』、『ルッコラ』を、新たにラインナップに加え、販売をスタートしました!!
いずれも、身体に良いと言われ、大注目の野菜です!

a0254656_1827754.jpgしかも、ハウス内で、水耕栽培で育てられた野菜たちです。
水耕栽培とは、土を一切使用せずに、水に肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリウムと、微量要素を計算し配合して、希釈して与えながら栽培する農法です。

a0254656_1833746.jpg農薬は一切使用せず、消毒も行いません。
朝採り、新鮮そのものを即日発送でお届けします。
リピート購入が大変多い弊社の大人気商品です。
ぜひ、生(サラダ)でご賞味ください!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『水耕栽培新鮮野菜』


a0254656_18372645.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県菊池市神来(おとど)にある、鍬田さんの水耕栽培の連棟建ての広い広いハウスです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18415587.jpgこちらが、生産者の鍬田美智子さん、智宏さん親子です。
このお二人が中心となり、さらにパートさんと一緒に、惜しまぬ手間ひまをかけ、身体に優しく、とてもやわらかで美味しい野菜たちを育てる匠です。

a0254656_18481977.jpg水耕栽培は、ベッドと呼ばれる栽培施設で水を循環させ、その水にトレーを乗せ浮遊させて作物を育てます。
「水耕栽培で大事なのは、温度管理と水なんです!ここの水は本当に美味しい井戸水ですよ!」と、智宏さん。

a0254656_18515384.jpgこの水は、地下水をくみ上げた水です。
その水に、作物に必要な栄養素を加え、常に循環させています。
また、水には空気(酸素)を送り込んでいます。
植物は根っこからもも空気を吸収しますので、水の中に空気(酸素)が無いと植物は育ちません。

a0254656_18552544.jpg水の上に浮遊するトレーの上で接野菜たちは、このように自由に水の中に根を伸ばし成長します。
土を使わず、水と栄養素だけなので、その根っこは真っ白ですね!

a0254656_18595890.jpgこちらは、『ルッコラ』の収穫の様子です。
「収穫は、ハサミを使って1株1株行います。同じように育てても、成長には個体差が出るので、収穫の見極めが大事なんですよ!」
いつも笑顔の智宏さんが、この時ばかりは真剣なまなざしです。

a0254656_1944224.jpg『ルッコラ』は、地中海沿岸が原産とされるハーブの一種で、アブラナ科に属し、ハーブと言えどもイタリアでは野菜として販売されています。
ゴマのようなとても香ばしい香りがあり、程よい辛みも特徴です。
サラダで食べるのはもちろんのこと、油炒め、お浸し、和え物で食べるのも良いですね。

a0254656_19144068.jpg『ルッコラ』は、栄養価が高い緑黄色野菜として、多くのメディアでも取り上げられています。
β-カロチン、ビタミンE、ビタミンKを多く含み、とりわけビタミンCは、非常に豊富で、ほうれん草の2倍も含まれています。

a0254656_19184428.jpg美肌効果や疲労回復、デトックス効果も期待され、とりわけ女性の方にはぜひご賞味いただきたい野菜です。
世界3代美女の一人、クレオパトラが美しさを保つために、好んでルッコラを食べたという伝説もあります。

a0254656_1925054.jpgこちらは、『ベビーリーフチコリ』です。
“チコリ”と言えば、小さな白菜のようなものを連想される方も多いと思います。
でも、こちらもれっきとしたチコリなんです。

a0254656_19293793.jpg正式には、“イタリアンレッド”と言う品種のチコリです。
茎の鮮やかな赤い色が、サラダに色どりを加えてくれます。
低カロリーでありながら栄養価が高い点と、含まれる成分から健康維持や改善に適していると注目の野菜です。
ちょっと苦みがありますが、それがまたいい感じのアクセントになって、サラダを美味しくいただけるんです。

a0254656_19341574.jpgチコリは、利尿効果があるとされ、腎臓を浄化しむくみの解消も期待できます。
豊富に含む食物繊維が、腸内環境を整えお通じにも効果的です。
肝機能を高める効果もあると言われ、お酒を飲むときにも最適ですね!

a0254656_193867.jpg鍬田美智子さん、智宏さんは、親子ならではのケンカもしながら(笑)、とても体に優しい野菜たちを育てる匠です。
鍬田さん親子が育てる野菜たちは、生野菜でありながら、なんだかとってもあったかい感じがするんです。

a0254656_19414116.jpg現在大好評発売中の『サラダリーフ(レタス)』と、『ルッコラ』、『ベビーリーフチコリ』で、身体に美味しいサラダをぜひご賞味ください!
朝採り、新鮮そのものを即日発送するため、数量限定の完全予約制での販売とさせていただいています。

a0254656_19443175.jpg「FLCパートナーズストア」では、無農薬・無消毒で、水耕栽培で育てた、『水耕栽培新鮮野菜』を大好評販売中です。
本日より『ルッコラ』、『チコリベビーリーフ』の販売もスタートしました!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
「熊本産新鮮野菜」のページで購入いただけます。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-07-20 19:46 | 水耕栽培の新鮮野菜 | Trackback | Comments(0)

水耕栽培 生野菜食べてますか?無農薬・無化学肥料で育てた、ルッコラ、ベビーリーフチコリ販売決定!

FLC日記 2016年7月17日(日) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、農薬を一切使用せずに育てる水耕栽培の『新鮮野菜』を大好評販売中です!
a0254656_18313468.jpg

a0254656_18374021.jpgここは、熊本県菊池市神来(おとど)にある、鍬田さんの水耕栽培の栽培ハウスです。
水耕栽培とは、土を一切使用せずに、水に肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリウムと、微量要素を計算し配合して、希釈して与えながら栽培する農法です。

a0254656_18423695.jpg生産者の鍬田智宏さんが、大人気の『サラダリーフ(レタス)』の、成長の様子をチェックしています。
鍬田美智子さん、智宏さん親子の親子の惜しまぬ手間ひまで、育てられた水耕栽培の野菜たちは、朝採り即日発送の新鮮さと、エグミがなくとても柔らかい美味しさで、リピート購入が絶えない大人気商品です。

a0254656_18483939.jpgそれにしても本当に美味しそうな『サラダリーフ(レタス)』です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18544198.jpg現在、鍬田さん親子は、『サラダリーフ(レタス)』、『サラダ水菜』、『サラダほうれん草』を栽培しています。
こちらは、『サラダ水菜』です。
※現在、『サラダ水菜』、『サラダほうれん草』は、注文多数で品質保持のため、ご注文を控えさせていただいています。

a0254656_18575293.jpg「笠さん!これ見て下さいよ!新しく栽培を始めた野菜ですよ。なんだかわかりますか?」と、智宏さん。
いろんな野菜を見てきた私ですが、さすがに発芽間もないこの野菜を当てるのは難しいです。

a0254656_1902659.jpg「これが、その成長した野菜で、まもなく収穫です。」
成長した姿を見てもわからない私に、智宏さんが、「これは、『ルッコラ』ですよ!」と教えてくれました。
「『ルッコラ』ですか?サラダバーなどでは、見たことはあったんですが・・・。」と言うと、

a0254656_1942848.jpg「ちょっと匂いを嗅いでみてください。」そう促され、近づいてみると、なんだかとても香ばしい香りがしました。
「『ルッコラ』はハーブの1種で、香ばしいゴマのような香りがするんです。本来は、少しピリッと辛く、苦味も持っていますが、水耕栽培だとそこまでのクセはなく、めちゃくちゃ食べやすいんですよ!」

a0254656_19221712.jpgさっそく食べてみました。
かなり香ばしいゴマに似た香りがします。
ほのかな辛みと、苦みもありますが、サラダとして食べるには、こんなアクセントがあっても良いと思います。
調べてみると、かなり栄養価の高い野菜で、β-カロテンをはじめ、ビタミンEやビタミンKを多く含み、マグネシウム、リン、鉄と言ったミネラルも豊富な野菜なんです。

a0254656_19305266.jpgさらには、辛みの元となるアリルイソチオシアネート(芥子油)は、抗癌作用や抗菌作用の他血栓予防にも効果があるとされています。
ビタミンCも豊富で、風邪の予防や疲労回復、肌荒れにも良いとされています。

a0254656_1934495.jpg「笠さん!これも新しく栽培を始めた野菜で、ベビーリーフチコリの『イタリアンレッド』と言う野菜ですよ。白菜の小さなようなあの“チコリ”と同じ種類ですが、これはこれくらいの時期の葉っぱを食べるチコリなんです。」

a0254656_19383225.jpg発芽間もないころは、このような感じです。
名前の由来となっている、赤い茎がもう見え始めていますね。
これらが育ち、収穫前の様子がこちらです!

a0254656_19403661.jpg茎の部分が赤く、こちらもサラダに加えると、鮮やかな色合いも食欲をそそる仕上がりにできると思いました。
食べてみると、辛みはないのですが、良い感じの苦みがありました。
サラダでは、程よいアクセントになること間違いなしです。

a0254656_19491758.jpgチコリには水溶性食物繊維の一種である“イヌリン”が多く含まれています。
このイヌリンは多糖類ですが砂糖や他の炭水化物と比較して3分の1から4分の1程度のエネルギーしか含まないと言われて、胃腸で消化吸収されることなく結腸まで進み、そこで有益なバクテリアによって代謝されるので、有効なバクテリアを育てることにもなるとも言われています。
また、チコリ特有の成分のチコリ酸と呼ばれる成分には、消化を促進する働きや肝機能を高める働きなどもあると言われています。

a0254656_19533297.jpg「『ルッコラ』も『ベビーリーフチコリ』、サラダで食べていただきたいのですが、それぞれ単独で食べるより、やはり『サラダリーフ(レタス)』と一緒に食べるのが美味しいと思いますよ!」
智宏さんが、この日の取材の最後にそう言って、『ルッコラ』、『ベビーリーフチコリ』、『サラダリーフ(レタス)』をお土産にくれました。
さっそく、私が育てたキュウリ、プチトマトと一緒にサラダでいただきました。
a0254656_19574025.jpg

a0254656_1959313.jpgその日に収穫した新鮮な野菜たちですから、美味しいのは当たり前なのですが、『ルッコラ』の辛みと、『チコリベビーリーフ』の苦みのアクセントがなんとも美味いんです!!
さらに、『サラダリーフ(レタス)』の柔らかいこと!
このサラダならば、身体にもバツグンに良いわけだし、ホント毎日でも食べたいと正直に思いました。
みなさんは、生野菜食べてますか?

a0254656_2031896.jpg「FLCパートナーズストア」では、無農薬・無消毒で、水耕栽培で育てた、朝採りの『サラダリーフ(レタス)』を大好評販売中です。
さらに本日ご紹介した『ルッコラ』、『チコリベビーリーフ』もホームページにアップに向け、現在全力準備中!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
「熊本産新鮮野菜」のページで購入いただけます。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-07-17 20:06 | 水耕栽培の新鮮野菜 | Trackback | Comments(0)

水耕栽培 無農薬で育てた朝採り『サラダ水菜』再入荷!『サラダリーフ』も大好評発売中!

FLC日記 2016年6月10日(金) 晴れ

a0254656_1821758.jpg「FLCパートナーズストア」では、農薬を一切使用せず、消毒もしない、水耕栽培で育てた、朝採りの『サラダリーフ』を大好評発売中!
そして、本日より『サラダ水菜』の再入荷も決定し、販売を再スタートしました!
a0254656_18223349.jpg
ここは、熊本県菊池市神来(おとど)にある、鍬田さんの水耕栽培の栽培ハウスです。

a0254656_1825589.jpg連棟建ての広い広いハウス内で、清らかな水と惜しまぬ手間ひまによってそれらの野菜たちは育てられています。
水耕栽培とは、土を一切使用せずに、水に肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリウムと、微量要素を計算し配合して、希釈して与えながら栽培する農法です。

a0254656_18243557.jpg子の青々と、元気に育つ『サラダ水菜』たちの下には、全く土がないんですよ!
しかも、農薬を使用せず、消毒も一切せずに育てているのです。
商品名にあえて“サラダ”とつけているのは、そうして育てた安全な野菜たちを、ぜひ生で食してほしいという思いからなんです。

a0254656_18401665.jpg『サラダリーフ(レタス)』、『サラダ水菜』、『サラダほうれん草』を栽培しています。
完全予約制販売で、朝採り即日発送で、火曜日・金曜日に発送いたします。
水耕栽培ならではの、エグミのない、柔らかい野菜たちをぜひご賞味ください!!
※現在、『サラダほうれん草』は、元気に成長中で、入荷待ち状態です。

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『水耕栽培新鮮野菜』


a0254656_18421340.jpg生産者の鍬田美智子さん、智宏さん親子です。
このとても優しい笑顔からもお分かりのように、このお二人が中心となり、さらにパートさんと一緒に、とっても柔らかく身体にも優しい野菜たちを育てる匠です。

a0254656_18483045.jpgこちらは、11月中旬の栽培ハウスの様子です。
今の時期とは、ちょっとハウスの中が違うんです。
水耕栽培は、温度管理がとても重要です。
冬の時期は、できるだけ日光を入れて、保温が必要です。

a0254656_18563435.jpgしかし、気温が高くなるこの初夏の時期からは、こうして日光を遮るためのシート(寒冷紗)を、ベッドと呼ばれる栽培場の上に広げて、光の入り具合や温度管理に活かしています。
また、寒冷紗も濃い色のものや、薄い色のものをその時期、その作物に合わせて使用しているのです。
こうして育つ作物の下(根っこ)の様子をお見せしましょう!

a0254656_1935161.jpg栽培する作物は、水の上に浮遊するトレーの上で育ちます。
ですから、このように自由に水の中に根を伸ばし成長します。
水と栄養素だけなので、その根っこは真っ白ですね!

a0254656_1955769.jpgベッドの水には作物に必要な栄養素を加え、常に循環させています。
また、その水には空気(酸素)を送り込んでいます。
植物は根っこからもも空気を吸収しますので、水の中に空気(酸素)が無いと植物は育ちません。

a0254656_1925664.jpgこちらは水に空気を送り込む発気用の設備です。
4月16日未明に起こった「熊本地震」の際には、停電により設備が止まり、その後の発育に影響が出たため、そのベッドは栽培途中ですべて処分したとのことも話されていました。
しかし、大きな被害はなく、現在は順調に生育中とのことでした。

a0254656_19313674.jpgさて、この元気に生育中の『サラダリーフ』ですが、みなさんがご存じなのは、こうして視聴した跡の姿ですよね。
発芽したばかりのそれぞれの野菜たちの様子もご紹介しましょう!

a0254656_19334834.jpg『サラダリーフ』の発芽間もないころの様子。

a0254656_19362169.jpg『サラダ水菜』の発芽間もないころの様子。

a0254656_19365663.jpg『サラダほうれん草』の発芽間もないころの様子。

a0254656_1940480.jpgそれらは、惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情を受けて元気に成長していくのです。
ベッドを複数に分けているのは、成長が思わしくなかったり、仮に病気が発生しても、すぐに新しく育てなおすことができるようにするためです。

a0254656_19473662.jpg鍬田さん親子が“サラダ”と言う商品名にこだわり、安全で美味しい、水耕栽培の野菜たちは、やはり生で食べるのが一番です。
さっと水洗いして、しっかりと水分を切り、キュウリと一緒に『サラダ水菜』をハムにまいていただいちゃいました。
トマトを添えると、彩もホント良いですよね!

a0254656_19521960.jpgお勧めのドレッシングは、極上一番だしぽん酢『臣城』です。
こちらは、「FLCパートナーズストア」で販売をスタートするやいなや、多くのリピート購入を頂く大人気商品です。

a0254656_19535116.jpg選び抜かれた特選素材でとった一番だしのうま味が、バツグンで、野菜そのものの味をしっかりと引き立ててくれる全く飽きのこない美味しさです!
ぜひ、水耕栽培の野菜たちと一緒にお買い求めください!

a0254656_19593594.jpg「FLCパートナーズストア」では、無農薬・無消毒で、水耕栽培で育てた、朝採りの『サラダリーフ』、『サラダ水菜』を大好評発売中です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
「熊本産新鮮野菜」のページで購入いただけます。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-06-10 20:04 | 水耕栽培の新鮮野菜 | Trackback | Comments(0)

水耕栽培 無農薬で育てた朝採りサラダほうれん草、サラダリーフ、サラダ水菜!販売スタート!!

FLC日記 2016年3月29日(火) 晴れのちくもり

a0254656_1721526.jpg「FLCパートナーズストア」では、水耕栽培で育てた朝採りの『サラダほうれん草』、『サラダリーフ』、『サラダ水菜』の販売をスタートしました!
農薬を一切使用せず、消毒もしない安全安心な新鮮野菜たちです!!
a0254656_1723742.jpg

a0254656_1794847.jpgご覧のみずみずしさ!
ご覧の新鮮さ!
完全予約制販売で、朝採り即日発送で、火曜日・金曜日に発送いたします。
水耕栽培ならではの、エグミのない、柔らかい野菜たちをぜひご賞味ください!!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『水耕栽培新鮮野菜』



a0254656_17211599.jpgここは、熊本県菊池市神来(おとど)にある、鍬田さんの水耕栽培の栽培ハウスです。
この地の神来(おとど)は、読み仮名をふらないと、知らない方は絶対に読めない地名ですよね!
その地名の由来などは後ほど紹介することにします。
水耕栽培とは、土を一切使用せずに、水に肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリウムと、微量要素を計算し配合して、希釈して与えながら栽培する農法です。

a0254656_17313775.jpg主に、葉物野菜が栽培され、鍬田さんは『サラダほうれん草』、『サラダリーフ』(写真)、『サラダ水菜』を育てています。
この、土のない畑(ハウス)で栽培するのですが、こうした設備と高い技術力、さらには徹底管理が必要とされます。

a0254656_17372855.jpg鍬田さんの野菜たちは、あえて“サラダ”と商品名の最初に入れています。
それは、水耕栽培を始めるにあたり、無農薬で消毒も一切せずに生の新鮮野菜を食べてもらいたいという思いでスタートしたからです。
この『サラダほうれん草』は、もちろん炒めても茹でても美味しくいただけますが、やっぱりサラダが一番ですね!

a0254656_17435865.jpgまた水耕栽培ならではの、とても柔らかい野菜たちは、エグミがなくてどれもサラダ向きです!
とりわけ、この春先の時期の『サラダリーフ』は、食べ出したら止まりませんよ!

a0254656_17503966.jpg生産者の鍬田美智子さん、智宏さん親子です。
このとても優しい笑顔からもお分かりのように、とっても柔らかく身体にも優しい野菜たちを育てる匠です。
それでは、鍬田さん親子が育て上げ、「FLCパートナーズストア」で販売する、3つの商品の紹介をしましょう!

a0254656_17561198.jpg
▲水耕栽培新鮮野菜『サラダほうれん草』
1袋(110g以上)
280円(内税)/1袋


a0254656_17594650.jpg
▲水耕栽培新鮮野菜『サラダリーフ』
1袋(55g以上)
324円(内税)/1袋


a0254656_182209.jpg
▲水耕栽培新鮮野菜『サラダ水菜』
1袋(150g以上)
259円(内税)/1袋


a0254656_18102178.jpg収穫は、1つ1つ手作業で行います。
「こうしてハサミを使って、収穫のタイミングを見計らって行うんですよ。大切に育ててきた野菜たちが、一番美味しい時にお客様にも食べていただきたいからですね!」

a0254656_18163270.jpg収穫を迎えると同時に、他のベッドでは次に収穫を迎える『サラダリーフ』が元気に育っていました。
このベッドと呼ばれる栽培場に水をはり循環させ、土を一切使用せずに作物を育てているのです。

a0254656_18193948.jpg循環させる水には、発気用の設備を用いて、空気を送り込んでいきます。
植物は、根っこからも空気を吸収しながら成長するので、水の中に空気(酸素)が無いと植物は育ちません。
また、使用している水は地下水をくみ上げた井戸水です。

a0254656_18333475.jpg熊本県菊池市は、豊かな水に恵まれた地です。
『菊池渓谷』は、夏の避暑地、秋の紅葉など多くの県内外から多くの方が訪れる観光名所です。
その菊池渓谷の水は、名水百選にも選ばれています。

a0254656_18423240.jpg菊池と言う地名は、この地を収めた菊池一族に由来しています。
菊池中央グラウンドにある菊池一族の第15代城主、菊池武光公の騎馬武者の銅像です。

a0254656_18454532.jpg菊池初代・則隆は藤原後胤説や菊池土豪説など諸説ありますが、菊池則隆の子孫である菊池武光は、元寇(蒙古襲来)に際して一族を挙げて戦い、が『蒙古襲来絵詞』に描かれていほどの活躍を残しています。
初代の菊池則隆が京都から貴船神社を勧請した折に、 「神の降り来せし地とせん」という意思を社名にこめ「神来貴船神社」を建立しました。

a0254656_18545960.jpgそれにちなみ、この地を「神来(おとど)」と称するようになったのです。
鍬田さんの水耕栽培ハウスは、その神来地区にあります。
美しい水があり、また昔から水害や台風の被害にも合いにくい土地と言われてきました。

a0254656_1914020.jpg清らかで新鮮な水と、農薬や消毒を一切せずに、惜しまぬ手間ひまをかけ育てられた、愛情たっぷりの野菜たちをぜひご賞味ください!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、お進みください!
朝採り新鮮な『水耕栽培の野菜』を、即日発送でお届けいたします。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-03-29 19:05 | 水耕栽培の新鮮野菜 | Trackback | Comments(0)

水耕栽培 ほうれん草、サラダレタス、水菜!収穫と出荷の様子を取材してきました!!

FLC日記 2015年11月17日(火) 雨

a0254656_16482755.jpg「やっぱり収穫が一番楽しいですね!頑張って育ててきたのがこうして形になるので!!1株1株その様子を確認しながら、こうしてハサミを使って収穫していくんですよ!」
a0254656_16511055.jpg
熊本県菊池市で、水耕栽培の野菜を育てる鍬田智宏さんがそう言いながら、とても手際よく収穫作業をしていました。
しっかりと成長し満足いく『サラダレタス(サラダリーフ)』を手に、智宏さんの顔もついついほころんでいます。

a0254656_16571350.jpg鍬田美智子さん、智宏さん親子は、土を一切使わない水耕栽培で、『サラダレタス(商品名:サラダリーフ)』、『サラダほうれん草(商品名:サラダレンソウ)』、『サラダ水菜(商品名:サラダみず菜)』栽培に取り組んでいます。

a0254656_1723523.jpgそれぞれの商品に、“サラダ”とつけているのは、朝採りのみずみずしさはもちろんのこと、水耕栽培ならではのとても柔らかい野菜たちが、サラダで食べてもバツグンな美味しさだからです。

a0254656_177375.jpgもちろん、炒めたり、煮たりしても美味しく召し上がれますが、私はせっかくなのでサラダでいただくことが多いです。
「サラダでも食べていただきたいから、農薬は一切使用せずに育ててるの。その分、管理も大変だし、しっかりと手をかけないといけないけど、やっぱり安全で美味しいものを食べてもらいと思って毎日頑張ってるのよ!」
鍬田美智子さんは、主婦目線の農家さんとして、安全な生野菜にこだわって生産しているのです。

a0254656_17352831.jpg水耕栽培とは、ベッドと呼ばれる栽培場に水をはり循環させ、土を一切使用せずに作物を育てる栽培方法です。
発砲スチロールの土台に、種をまくためのシートをセットして土台を水に浮かべて栽培します。
水には肥料の3大要素の窒素、リン酸、カリウムと、微量要素を計算し配合して、希釈して与え養分を作物に取らせます。

a0254656_1722399.jpg作物は、このように自由に水の中に根を伸ばし成長します。
水と栄養素だけなので、その根っこは真っ白ですね!
ベッドを複数に分けているのは、成長が思わしくなかったり、仮に病気が発生しても、すぐに新しく育てなおすことができるようにです。

a0254656_17425136.jpg「笠さん!みて下さい!!このあたりは、2日前の収穫の時に、ちょっと早いと思ってとっておいたとこですよ。同じように種を蒔き、同じ環境で育てても、こうしてそれぞれの成長のスピードが異なったりするので、収穫はやはりしっかりとその見極めをしていかないといけませんね!成長をそろえることは、難しくもありますが、面白いことでもありますよ。」

a0254656_17501467.jpg「播種(種まき)時期を、計画的にベッドごとにずらしながら栽培するので、ある意味このずれも、出荷が切れ目なくスムーズにいくためには、ある意味良い意味での成長のズレになりますけどね!」
智宏さんは、今どきのイケメンでとてもさわやかな好青年です。

a0254656_17551117.jpgその頃、お母さんの美智子さんは、栽培ハウスの中にある出荷場にて、出荷の最終段階の作業を行っていました。
根っこを落とし、きちんと計測して、袋に詰めていくのです。

a0254656_1805323.jpgこれは、10月上旬に取材に伺った時の写真です。
この日は、長男の真志さんが、大学の休みを利用して手伝いに来ていました。
そこには、私が初めて目にする機械がありました。

a0254656_1833449.jpg何やら、高速に回転しているところに、収穫したばかりの新鮮だ野菜を差し込んでいます。
「この機械で、野菜の根っこを切りそろえるんです。不要なところだけを取り除くには、包丁でまっすぐに切るよりこの方が、細かい部分も取れるし効率が良いんですよ。」
と真志さん。
「その中はどうなってるんですか?」と尋ねると、
「お見せしましょうか!」
真志さんは作業の手を休め機械を止め見せてくれました。

a0254656_187740.jpg「なるほど!その針金のようなもので根っこを切るんですね!」と言うと、
「実はそれゴムなんです!だからまだ揺れてるでしょ?いろいろ試しましたが、ゴムが一番傷つけることなく根っこを切ることができますよ!」
効率のいい便利な機械ですね!

a0254656_1814983.jpg真志さんが根っこを切り落とし、智宏さんがきちんと計測して、美智子さんが袋に入れる!
この日は、真志さんが手伝いに来てくれていることもあり、3人でのスムーズな流れ作業を行っていました。

a0254656_18173272.jpgきれいに袋に入れられた『サラダリーフ』が、コンテナの中に次々に並べられていきます。
最後にビニールの上の部分をきちんと止めて商品としての完成です。

a0254656_18193382.jpgみずみずしい朝採りの『サラダリーフ』が、しっかりと空気を含んだ袋に収められました。
水耕栽培ならではの、とても柔らかい葉っぱと、レタス特有のエグミと言うか苦みが全くない、最高の『サラダリーフ』です。

a0254656_18273281.jpg前回の取材で、最後のビニールの圧着の写真を取り損ねたので、今回智宏さんに見せていただきました。
「あれ?空気をしっかり入れて圧着しなくていいんですか?」と尋ねると、
「ハハハッ!よく見てますね!!『サラダリーフ』はしっかり空気を入れて圧着しますが、『サラダレンソウ』や『サラダみず菜』は、そうはしません。と言うより、袋自体に空気穴があけてあるので、あんなにパンパンにはならないんです。」とのこと。

a0254656_18305071.jpgそれぞれの商品名を入れた、それぞれの商品に適した袋を用意し、きちんと出荷しているのです。
『サラダレンソウ』や『サラダみず菜』収穫後も呼吸をさせた方が良いし、『サラダリーフ』は輸送時の揺れで葉が傷つかないようにパンパンにして袋詰めするのだそうです。

a0254656_18334850.jpgこの笑顔がもたらす優しい味の野菜たちをぜひご賞味ください。
「FLCパートナーズストア」では、鍬田さん親子が惜しまぬ手間ひまをかけ育て、創意工夫を尽くされ出荷される水耕栽培の野菜たちのネット販売に向け全力準備中です。
販売の準備ができ次第、「FLCパートナーズストア」のホームページにアップします!
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-17 18:36 | 水耕栽培の新鮮野菜 | Trackback | Comments(0)