ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:熊本産 パイナップル( 17 )

熊本産パイナップル 『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』 実りの冬?を迎え大好評発売中!

FLC日記 2016年1月26日(火) 雪のちくもり時々雨
「夏の時期に咲いたパイナップルの花たちが、この時期にこうして実りを迎えるんです。ここ(熊本)では、やはり年間通して収穫はできませんね。じっくり育ったパイナップルは完熟で食べると、程よい酸味もあって美味しいんですよ!」
「田代農園」の田代憲一さんがそう言いながら、美味しそうに色づいたパイナップルを見せてくれました。
a0254656_174525.jpg
ここは、熊本県菊池市七城町にある、「田代農園」さんのパイナップルの栽培ハウスです。

a0254656_1762372.jpg「田代農園」さんでは、熊本県菊池市七城町で、もう30年以上もパイナップルを育てる匠の農家さんです。
「FLCパートナーズストア」では、大変貴重な国産パイナップル、しかも熊本産の『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』を好評発売中です!!
a0254656_1785964.jpg

↓ 今すぐ注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
菊池・七城産
『けんちゃん家のパイナップル』


a0254656_17104064.jpg「田代農園」の田代憲一さんは、30年前に購入したたった1このパイナップルを、お店の方が「この葉っぱの部分を育てればパイナップルができるよ!」と言った一言でパイナップルの栽培を始めました。
最も多い時は、なんと5000株ものパイナップルを育てていました。

a0254656_17181751.jpg田代さんにお話をうかがいました。
「かなりの数実っていますね!今が最旬ですね!」
「夏に咲いた花たちが、じっくり時間をかけて実っていくので、まだこれからどんどん色づいてきますよ。」

a0254656_17242837.jpgパイナップルは、言わずと知れた南国のフルーツです。
そのパイナップルを熊本で育てると、どうしても年間通して収穫はできません。
春から秋にかけて開花したパイナップルが、この時期まで時間をかけて育ち、収穫を迎えるのです。

a0254656_17314882.jpg9月の中旬に撮影したパイナップルの花です。
紫色したところが花びらで、パイナップルはたくさんの花から実る果実の集合体なんです。
開花後、季節にもよりますが、約100日ほどで収穫を迎えます。

a0254656_1734923.jpg「田代農園」さんでは、この時期、防寒対策として、ハウス内に石油ストーブを設置して温度を保っています。
夕方から火をともし、明け方まで加温するのです。

a0254656_17385122.jpg「これが、10月の上旬に開花したパイナップルじゃないかなぁ・・・。ボイラーを焚くなんかして、しっかり加温して年中同じ温度に保つなら良いかもしれんけど、ここでは12月から3月くらいまでは、なかなか花が咲かんとですよ。だから、4月から7月くらいまでは収穫ができずに、暖かい時に咲いた花が、この時期にこうして実りを迎えることになるんです。」

a0254656_17462730.jpg「年中暖かいとこなら、きちんと育てれば年中収穫できるけど、私のパイナップルは今が旬ってとこですかね。この子たちも、2年がかりで育ててやっと今年収穫ができるようになったとですよ。」

a0254656_17505648.jpgパイナップルは、果実の上の葉っぱのところを植えておけばまたパイナップルの株が育つと言いますが、それも間違いのないことです。
しかし、それだと株を増やすことはできません。

a0254656_17573967.jpgパイナップルは、成長の過程で、時折こうして脇芽が芽吹きます。
ここまでたくさんの脇芽が出ることは稀ですが、その脇芽を摘んで、植えるとそれが新たな1本のパイナップルの株になるのです。

a0254656_1851550.jpg脇芽を摘み、それを植えなおすと、順調に育てば2年後に花を咲かせます。
それから、約100日後に実ります。
「田代農園」さんのパイナップルは、ほぼ3年のスパンで収穫を迎えるのです。
パイナップルの増やし方は、以前のブログで詳しく紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

熊本産パイナップル
『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』
花と脇芽!パイナップルを増やす話


a0254656_18121040.jpg「これなんかは、ちょうど収穫の時期ですか?」と尋ねると、
「夏場ならそれくらいの色で良かとばってん、この時期はしっかり完熟させた方が良かとですよ。それくらいの熟しかただとまだ酸味が残るけんですね・・・。」

a0254656_18143842.jpg「これくらいしっかりアメ色になってからが良いですね。お客様にも届いてから少し置いてもらって、パイナップルの香りがしっかりするようになってから食べるように勧めてください。」と田代さん。

a0254656_18182950.jpg「田代農園」さんの『けんちゃん家のパイナップル』は、糖度が19度以上、高い時は23度ほどもあるとっても甘いパイナップルです。
さらに、生のパイナップルによくある、舌にジカジカする感じが全くなく、すごくやさしい酸味と甘さのベストバランスなのです!!

a0254656_18215189.jpg「30年前に「熊本でパイナップルができるもんかい!」なんて言って、随分冷やかされましたよ(笑)。でも、継続は力ではないですが、30年続けて、納得できるパイナップルになってきましたねぇ~!」
田代さんは今回の取材の最後に、そう笑顔でお話しいただきました。

a0254656_18274713.jpg国内で流通している生(フレッシュ)パイナップルのほとんどは、フィリピンなどから輸入されたもので、輸入パイナップルのシェアは、97%と言われています。
その数字から見ても、国産パイナップルは、一般的にはほとんど流通しておらず、しかも国産パイナップルのほとんど(99.5%)は沖縄で生産されています。

a0254656_18253825.jpgそんな中、「田代農園」さんは、熊本でパイナップルを栽培し、こうして出荷しているのです。
「FLCパートナーズストア」では、「田代農園」さんの『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』をネット独占販売しています。

a0254656_1830854.jpg国産パイナップル!しかも熊本産の貴重なパイナップルです!!
毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売となっています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
お気軽にご来店くださいませ!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-01-26 18:31 | 熊本産 パイナップル | Trackback | Comments(0)

熊本産パイナップル 『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』予約販売受付中!!

FLC日記 2015年11月18日(水) 雨時々くもり
「FLCパートナーズストア」では、大変貴重な国産パイナップル、しかも熊本産の『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』を好評発売中です!!
a0254656_17204836.jpg

a0254656_17225245.jpg日本国内で流通している生のパイナップルは、輸入されたパイナップルで、そのシェアは約97%に達しています。
現在はそのほとんどが、フィリピン産です。
国内産の生のパイナップルは、なかなかお目にかかることはないでしょう。
しかも、国産パイナップルの生産は、99.5%沖縄県で育てられています。
熊本県産のパイナップルは、その統計調査の数字にさえ出てきていませんでした!(笑)

↓ 今すぐ注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
菊池・七城産
『けんちゃん家のパイナップル』


a0254656_17253797.jpgここは、熊本県菊池市七城町にある、「田代農園」さんのパイナップルの栽培ハウスです。
色づきを待つパイナップルたちが、元気に成長中です。

a0254656_17363330.jpgもちろん、パイナップルらしくきれいに色づき、出荷を待つばかりのものもありましたよ。
「田代農園」さんでは、熊本県菊池市七城町で、もう30年以上もパイナップルを育てる匠の農家さんです。

a0254656_17423541.jpg南国フルーツを熊本で栽培していることと、そのパイナップルの美味しさとで、「田代農園」さんは、テレビや雑誌などでも紹介されています。

a0254656_17392823.jpgこちらは、2014年9月18日(木)に、KKT熊本県民テレビの人気番組『テレビタミン』で、生中継された際の写真です。
熊本産のパイナップルと言うのは、それほど貴重なものなのです。

a0254656_17504844.jpg「田代農園」さんの『けんちゃん家のパイナップル』は、糖度が19度以上、高い時は23度ほどもあるとっても甘いパイナップルです。
さらに、生のパイナップルによくある、舌にジカジカする感じが全くなく、すごくやさしい酸味と甘さのベストバランスなのです!!

a0254656_175237100.jpg実は、今年の「田代農園」さんの『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』は、出荷ができないかもしれないという危機的状況を乗り越えていたのです。
それは、8月25日に熊本県に上陸した「台風15号」によるものでした。

a0254656_1802179.jpgこれは、台風15号が通り過ぎた後の、「田代農園」さんのパイナップルの栽培ハウスの様子です。
ご覧の通り、ハウスのビニールはもうどこにあるかさえ分からず、パイプも折れたり曲がったりしています。

a0254656_1812359.jpgそんな中でも、パイナップルたちは、力強く成長していました。
「もうすべてをあきらめて、パイナップル栽培をやめようかと思ったよ。」
「田代農園」の田代憲一さんはその時そう話しました。

a0254656_18104474.jpg「ただね!このパイナップルたちは、私がたった1このパイナップルから30年かけて5000株にまで増やした子たちたいね。だけん、そうそう簡単にはあきらめちゃいかんと思ってね!風で倒れかけたりしている子たちもおるけど、こっちのハウスは幸いパイナップルたちはこうして元気に育ちよるわけだけん、もう一度冬までにはハウスを整備して、頑張ろうと思いよるとたい。」

a0254656_1811412.jpg台風15号の被害が甚大だった、テレビ中継をしたこちらのハウスは、ちょうど収穫を終えたタイミングであったこともあり、あきらめることにしましたが、現在成長中のハウスは復活を遂げています。

a0254656_18133548.jpg現在は、秋晴れの青空のもと、ハウスの修復も終え、しっかりと冬に備える準備もできています。
こちらのハウスで栽培しているパイナップルを、「FLCパートナーズストア」で販売中なのです。

a0254656_18171128.jpg「田代農園」の田代憲一さんです。
田代さんは、30年前に購入したたった1このパイナップルを、お店の方が「この葉っぱの部分を育てればパイナップルができるよ!」と言った一言でパイナップルの栽培を始めました。

a0254656_1821128.jpgそのたった1このパイナップルが、運良く成長しこうして蕾をつけ花が咲き、果実が実ったのだそうです。
この写真でいえば、下のところがパイナップルの果実の上の葉っぱの部分で、その上に花をつけパイナップルは実ります。

a0254656_18235592.jpgパイナップルの果実は、いくつもの花の果実による集合体です。
紫色しているのがパイナップルの花で、それらは1つ1つ本来は独立した花なのです。
パイナップルは、毎年実るのではありません。
栽培を始めてから、約2年ほど成長して、それから花をつけて開花後約100日で果実が実ります。

a0254656_1829377.jpgそうして栽培していると、下の方から“脇芽”らしきものが出てきたので、それを摘み取り栽培したところ、新たなパイナップルになったのです。
この写真の右下にあるのが“脇芽”ですね。

a0254656_18312363.jpgその脇芽を別の場所に定植して、少しづつ大切に大切に増やしていきました。
その繰り返しをして、たった1個のパイナップルを30年以上かけて5,000株にまで増やしたのです。

a0254656_18334836.jpg「FLCパートナーズストア」では、「田代農園」さんの熊本産パイナップル『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』をネット独占販売しています。

a0254656_18354324.jpg現在は、写真の3個入りのパイナップルのみの販売となっております旨、あらかじめご了承ください。
もちろん、甘くて香り高い完熟パイナップルをお届けいたします。
数量限定の完全予約制での販売です。
まぎれもなく国産で、しかも熊本産のパイナップルですよ!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-18 18:37 | 熊本産 パイナップル | Trackback | Comments(0)

熊本県産『チヒロパイン』 8月中旬より販売予定!現地取材その2(試食してみました!)

FLC日記 2015年7月4日(土) くもりのち雨

a0254656_16313861.jpg「こうして収穫量もしっかり増えた!その中からベストな食べごろのパイナップルば出荷するばい。樹上で完熟したパイナップルは、海外から来るような青刈りのパイナップルとは違って、コクのある甘さがあるとたいね。しかも、舌がジカジカする感じがいっちょん(全く)無かばい。」

a0254656_16344582.jpg農業生産法人「有限会社チヒロ産業」さんの代表取締役の木庭徹成さんが、元気に実りまもなく収穫を迎えるパイナップルをとても優しい眼差しで見つめながらそうお話しいただきました。
ここは、熊本県山鹿市菊鹿町にある、「有限会社チヒロ産業」さんのパイナップルの栽培ハウスです。
そしてこちらがまもなく(8月中旬)に収穫を迎えるパイナップルです!!
a0254656_16391220.jpg

a0254656_16445529.jpg熊本県でパイナップル栽培ですよ!!
この日は、同じ菊鹿町でパイナップルを栽培している「木庭健康畜産」の木庭泰文さんも一緒です。
お2人は、様々な情報交換をしながら、より美味しいパイナップル作りに励んでいます。

a0254656_1648256.jpgお2人との出会いは、2年前(2013年)の9月のことでした。
熊本県山鹿市で、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を生産する「社方園」さんの直売所でお会いしました。
「美味かパイナップルば作ろごたるけん、意見ば聞かせてもらえんだろうか?」と言うことで、お会いしたのです。

a0254656_16563491.jpgこの左の方が、社方さんのご友人で、お2人の木庭さんを紹介していただいた、高橋さんです。
私と「社方園」園主の社方武路さん、ご紹介いただいた高橋さん、そして二人の木場さんの5人で、様々な意見を交換しました。

a0254656_16595055.jpgこちらがその時、試食用としてお持ちいただいたパイナップルです。
社方さんは生産者の立場で、高橋さんは消費者目線で、私は販売をするということで様々な意見を述べました。

a0254656_1715074.jpg「良かなら、この芯の部分も食べてみなっせ!食感の違って美味しかばい。ただ、こぎゃんして切ってみると熟仕方のわかるばってん、今のとこは収穫のタイミングがまだしっかりつかめとらんとたいね。」と徹成さん。

a0254656_17115883.jpg「これくらいの色合いがベストだと思うとばってん、まだ安定供給と質の維持ができとらんけん、しっかりそれがつかめて、自信をもって出せるようになったら、販売もぜひお願いしたい!」
二人の木場さんと、そう約束して、この夏が来ました。

a0254656_1719046.jpgそしてこちらが現在の栽培ハウスの様子です。
「有限会社チヒロ産業」さんでは、数ヵ所のハウスでパイナップルを育てています。
そこには、たくさんのパイナップルが実り始めていました。

a0254656_17221279.jpg「ほら!もう色付いてるパイナップルもあるばい!収穫して試食してみようかね!」と徹成さん。
「まだしっかり色が来ていないですが、大丈夫ですか?」と尋ねると、

a0254656_17242348.jpg「成熟具合は問題なかと思うよ!せっかく笠さんも来てくれとることだし、これくらいの色合いのパイナップルの味を知っとくのも良かと思ってね!もちろん、このサイズでは商品としてはちょっとこまかね(小さいね)!」
パイナップルは、定植後2年で花をつけます。
季節にもよりますが、開花後、100~120日間で成長し色付き、収穫を迎えるのです。

a0254656_17323629.jpgちなみに、こちらがパイナップルの花です。
紫色の一つ一つが花で、パイナップルの果実はたくさんの花の集合体です。
それらの様子は、昨日のブログでもご紹介していますので、ぜひのぞいてみて下さい。

↓ FLC日記 2015.7.3 ↓
『熊本県産『チヒロパイン』 8月中旬より販売予定!
現地取材その1(株の増やし方)』


a0254656_17454952.jpg先ほど収穫したパイナップルも含め、二人の木場さんと私とで試食してみました。
「これは、昨日収穫したやつで、ちょっと熟れ過ぎとると思うとたい。収穫の時期の見極めがやっぱりなにより重要たいね。」
そう言いながら、徹成さんがパイナップルにナイフを入れた瞬間!
何とも甘い香りが立ち込めてきました!

a0254656_17492875.jpg「香りは100点満点ですね!」と言うと、
「そうだろ?ばってん問題は見た目たいね!もちろん、この状態でも美味しく食べられるばってんね!」
さっそくいただくと、実に甘い!!
しかし確かに若干の熟れ過ぎ感はあります。

a0254656_17535459.jpgこちらは先ほど収穫したもの!
パイナップルの中はしっかりと色付いています。
パイナップルは収穫後追熟させても、糖度は増しません。
ただ、香りが増し、酸味が抜けるのでマイルドさは感じることができます。

a0254656_17593341.jpg「有限会社チヒロ産業」さんの『チヒロパイン(仮名)』は、こうして芯の部分まで食べられることも良いんです。
もちろん糖度は落ちますが、果肉と一緒に食べることで2つの食感を楽しみながら味わうことができるのです。

a0254656_18325.jpg「しっかりと収穫の時期ば見極めることのできるようになったな!これで、本格的に出荷のできるばい。」
二人の木場さんも、自分たちが育てたパイナップルに満足げな表情でお話しされています。
それから、具体的な商品構想を話しました。
2玉入りで大きさをそろえるのか?
重さでそろえるのか?

a0254656_1892357.jpgすぐに食べて頂く完熟のものと、7割熟したものの2つを入れたらどうだろうか?
3kgのビッグサイズは1玉で販売してみたいよね?
などなど、熱いトークは止まりません!(笑)

a0254656_18135656.jpg今回も、栽培ハウスも試食もお2人のこの笑顔を見てお解りの様に、私も含めとっても楽しい取材でした。
さぁ、いよいよ本格的な販売に向け急ピッチで準備を進めていきますよ!

a0254656_18165843.jpg「有限会社チヒロ産業」さんの『チヒロパイン(仮名)』は、8月中旬からの収穫に向け元気に成長しています。
「FLCパートナーズストア」でネット独占販売いたします。
2年がかりの約束がいよいよ形となるのです。
現在、全力準備中!
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-07-04 18:20 | 熊本産 パイナップル | Trackback | Comments(0)

熊本県産『チヒロパイン』 8月中旬より販売予定!現地取材その1(株の増やし方)

FLC日記 2015年7月3日(金) くもり時々晴れ
「このくらいのが、8月中旬から出荷出来るパイナップルたいね。これからもう一回り大きくなって、しっかり色づいたら出荷するばい!俺が育てたパイナップルばぜひ食べてもらいたかねぇ~!」
熊本県山鹿市菊鹿町にある、農業生産法人「有限会社チヒロ産業」さんの代表取締役の木庭徹成さんが笑顔でお話しいただきました。
a0254656_1752563.jpg

a0254656_1794197.jpgここは、熊本県山鹿市菊鹿町にある、農業生産法人「有限会社チヒロ産業」さんのパイナップル畑(ハウス)です。
「有限会社チヒロ産業」さんでは、10年ほど前から、なんと熊本県でパイナップルを育てています。
私は、2年前(2013年)の9月から、このパイナップル畑に伺い、取材を続けてきました。

a0254656_17162494.jpgその時の様子がこちら!
「N67-10」、「ボゴールパイン(スナックパイン)」、「ピーチパイン」といった、3種類のパイナップルを育てています。
木場徹成さんが、パイナップルの花を見せてくれました。
パイナップルの花、見たことあります?
これがパイナップルの花です!!
a0254656_17221396.jpg
私もその時初めて見ました。
指で指示して頂いている、紫色のものがパイナップルの花です。

a0254656_17235351.jpgパイナップルの花は、表面の6角形の1つ1つが花なんです。
ですから、パイナップルの果実は、たくさんの花から実った果実の集合体なんです。
そこで、「ボゴールパイン(スナックパイン)」は、その一つ一つをちぎって食べることができるんですね。

a0254656_1734418.jpgお尻の部分をカットして、6角形の部分をちぎりながら食べる面白さから、国内生産量の約2割をしめ、2番目に生産量の多い品種ですが、実は栽培するのはとても大変なんですよ!

a0254656_17373553.jpgその訳は、この鋭い葉っぱのトゲです。
私もジーンズを通り抜けて刺さるこのトゲと、取材中はずっと戦っていました。
帰社してジーンズを脱いでみると、足にはたくさんのキズがありました。(笑)

a0254656_1746044.jpg「徹成さん!それは、名の作業をしてるのですか?」と尋ねると、
「これは、脇芽ばかぎよるとたい!」とのこと。
「その脇芽で、また次世代のパイナップルを育てるのですね!」と言うと、
「いやいや。前はそうしよったばってん、それよりも良か方法があるとがわかったけん、今はあまりしよらんばい!」と言われました。

a0254656_17545230.jpg以前私が取材に伺った際には、こうして親株から脇芽を積んで、新しい株にするために育てるとお話しされていました。
自然界では、台風などの強風で、親株が倒れその脇芽が地上に根付き増えていくのですが、パイナップルを栽培し増やすためには、この脇芽を1つ1つかいで植えなおすのです。

a0254656_17562147.jpgその様子がこちら!
脇芽をかいで育て、成長し花が咲き果実が実るまでは、約3年の歳月がかかります。
しかし、今はもっといい方法がわかったというのです。

a0254656_1845216.jpg「ほら!これば見てみなっせ!右に収穫した親株があるとたいね。それからこうしてたくさんの脇芽が出て、もうこぎゃん成長しとるとたい。ばってんね、さっきの様な脇芽から育つと、ちゃんと根は張っとらんとたい。」

a0254656_1884978.jpg「だけん、こぎゃんして引っ張るならこの株はすぐ取れるとたいね。もちろん気長に待っとくなら、しっかり根ばはって成長するとだろうけど、それでも根ばはっとらんなら、良か(美味しか)パイナップルはでけんとたい。だけん、そぎゃんとはこうして取って処分するとたいね。」

a0254656_18105180.jpg「ほら!根っこはほとんどなかでしょ?今までは、親株からの栄養で育ちよったとたい。」とのこと。
「では、先ほどお話しされた、“良か方法”ってのはどうするんですか?」と尋ねると、

a0254656_18131225.jpg「それがこれたい!こっちは、もっと下(根っこ)から伸びた脇芽たいね。すると自分で根っこば伸ばして自立しとるわけたいね。だけん葉っぱも青々としとるでしょ!そこまでなったとば定植して育てるとたい。すると、3年も待たんで花が咲いて収穫できるわけたい。」

a0254656_18191133.jpg「親株から栄養ばもらいながら、自分でも根っこばしっかりはって栄養ば吸収しよるけん、成長の早かとたいね。それば育てると、栽培期間が短くて済むことがわかったとたい。一部、脇芽も育てよるばってん、今はこの方法に切り替えていこうとしよるとたい。」

a0254656_18292046.jpg「パイナップルの果実が実りはじめると、こうして葉っぱは変色して栄養ば果実に与えるとたいね。そんな中で、脇芽にまで栄養ば与えよると、良かパイナップルのでけんけん、脇芽は全部かぎよるとたい。」
惜しまぬ手間ひまで、良か(美味しい)パイナップルを育てる匠です。

a0254656_18373770.jpgこの日は、同じく菊鹿町でパイナップルを生産している「木庭健康畜産」の木庭泰文さんも来ていました。
お2人は、様々な情報交換をしながら、より美味しいパイナップル作りに励んでいます。
お二人の研究により、収穫のタイミングも確立したとのこと!!

a0254656_1844862.jpg現在、「有限会社チヒロ産業」さんの『チヒロパイン(仮名)』は、8月中旬からの収穫に向け元気に成長しています。
「FLCパートナーズストア」で、ネット販売に向け全力準備中です。

a0254656_1853166.jpg早く実った『チヒロパイン』を試食させて頂きました。
あまりの美味しさに、試食の域を超えてたくさん食べちゃいましたよ!(笑)
本日は少々長くなりましたので、この続きはまた後日ご紹介いたします。
「有限会社チヒロ産業」さんの『チヒロパイン(仮名)』にご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-07-03 18:53 | 熊本産 パイナップル | Trackback | Comments(0)

熊本産パイナップル 『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』 花と脇芽!パイナップルを増やす話

FLC日記 2015年6月16日(火) 雨時々くもり
「5月中旬からパイナップルの花が咲き始めたので、笠さん時間ある時に見においで!!今年も9月中旬から集荷ができると思うよ!」
『けんちゃん家のパイナップル』栽培農家「田代農園」の、田代憲一さんから連絡を頂き、さっそく取材していきました。
ご覧下さい!これがパイナップルの花です!!
a0254656_1574893.jpg
花と言うより、まだつぼみと言ったところでしょうか!
パイナップルは、下から順番に花を咲かせていきます。

a0254656_15102560.jpgもう少し成長するとこんな感じです。
出っ張った部分の先端にある、紫色のものが1つ1つの花の花びらで、パイナップルの果実は、たくさんの花からなる小さな果実の集合体です。

a0254656_15132838.jpgここは、熊本県菊池市七城町にある、「田代農園」さんのパイナップルの栽培場(ハウス)です。
「田代農園」さんは、30年も前から、熊本で最初にパイナップル栽培を始めました。
たった1株の買いなっぷるからスタートし、今ではなんと、4000~5000株のパイナップルを栽培しています。
でも、いったいどうやってパイナップルを増やしているのでしょう?

a0254656_15294285.jpgこちらは以前撮影した、収穫直前のパイナップルです。
「パイナップルは、上の葉っぱのところを植えておくと育つ!」なんてことを、まるで都市伝説の様に聞いたことはないですか?
それは本当の話で、田代さんは30年ほど前に、たった1個のパイナップルの先端のところをハウスに植えて、それから現在の数まで増やしてきました。

a0254656_15264789.jpgこちらは、別の栽培ハウスです。
次世代のパイナップルの苗が、元気に成長していました。
パイナップルは、定植後約3年で花を咲かせ収穫を迎えます。

a0254656_15335860.jpgでもこれらは、パイナップルの果実の先端のところを植えたようには見えませんよね。
もちろん、これらはその先端のところではありません。
先端のところを植えて育てると、いつまでたっても1本だけで、増やすことはできません。

a0254656_1538121.jpgパイナップルは、成長の過程で、時折こうして脇芽を芽吹かせます。
この写真の右下のものが脇芽です。
その脇芽を摘んで、植えると1本のパイナップルの株になるのです。

a0254656_15434313.jpg脇芽を摘み、新しい株として育て、少しずつ少しずつ増やしてきたのです。
自然界では、台風などの強風で倒れ、折れた先が根付けば新しい株となります。
果実の先端のところも同様に根付けば新しい株となりますが、成長は脇芽の方が早いようです。

a0254656_1635630.jpg花が咲き、こうして果実ができるということは、当然パイナップルの“種”もあります。
ちなみに種は、果実を食べる時に捨てる、この皮の部分にあるそうです。
(すみません。詳細は私は知りません)

a0254656_16434079.jpg「田代農園」さんの『けんちゃん家のパイナップル』の収穫時期は、9月中旬から3月までです。
パイナップルと言えば、夏のイメージですが、そのころの出荷はありません。

a0254656_164797.jpgパイナップルは、こうして花が咲いて収穫を迎えるまで、約100日ほどかかります。
南国の常夏な気温のところでは、年中花が咲きいつでも収穫時期を迎えますが、ここは熊本県です。
いくらハウスの中で育てているとはいえ、加温をしなければ、冬の時期にはパイナップルが開花しないのです。

a0254656_16552167.jpg5月の中旬より咲き始めた花が、9月上旬より実りますが、ある程度の数がそろい、良いものを選んで出荷するために、毎年の出荷は9月の中旬頃からとしています。

a0254656_17105070.jpgパイナップルの栽培ハウスの取材を終え、田代さんのご自宅に伺うと、田代さんはブルーファンタジアの花の出荷準備をしていました。
「田代農園」さんは、もともとお花の栽培農家さんです。
ブルーファンタジアやスターチスなどの花を育てています。

a0254656_1715639.jpgとりわけ、ブルーファンタジアはとても良い花を育て、ご自宅にはその功績をたたえる賞状が何枚も飾られていました。
現在は、生産量を減らし、直売所などでの販売をしています。

a0254656_1723410.jpg「田代農園」の田代憲一さんです。
「さすがに、見事なブルーファンタジアですね!」と言うと、
「そうね!ありがとう。昔は市場に持っていくと、同業者が、「わぁ~、田代さん今日持ってきたんですか?」」

a0254656_1727430.jpg「「田代さんが出すなら、今日は俺のにはよか値のつかんばい!今度はいつ持ってくるか前もって教えといてくださいよ!」なんてことを言われるほど、良か花ば出しよったばい。」
なんて思い出話をしてくださいました。
「ところで、パイナップルの花は見てきた?今年も良か花の咲きよったでしょ?」と田代さん。

a0254656_17312451.jpg「えぇ!良い花がたくさん咲き始めてました!私は田代さんのパイナップルが大好きなので、9月中旬が待ち遠しいです!!」と言うと、
「そう言ってもらえると嬉しかねぇ~!」と思わずこの笑顔!!

a0254656_17364415.jpg「田代農園」さんの『けんちゃん家のパイナップル』は、糖度が19度以上、高い時は23度ほどもあるとっても甘いパイナップルです。
さらに、生のパイナップルによくある、舌にジカジカする感じが全くなく、すごくやさしい酸味と甘さのベストバランスなのです!!

a0254656_17394963.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「田代農園」さんの『けんちゃん家のパイナップル』をネット独占販売いたします。
「これからも、収穫に向けしっかり手をかけて、みなさんに喜ばれるパイナップルを育て上げるよ!」田代さんは、この日の取材の最後に、そう笑顔でそうお話しいただきました。

a0254656_1744529.jpg日本国内で流通している、生のパイナップルの約97%は、国外から輸入されたパイナップルです。
さらに約3%の国産パイナップルの99.5%は沖縄で生産されています。
ですから、熊本産のパイナップルは、大変希少価値の高いものです。
これからも、パイナップルの成長の様子や、田代さんの惜しまぬ手間ひまなど現地取材でご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-06-16 17:48 | 熊本産 パイナップル | Trackback | Comments(0)

熊本産パイナップル 『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』 2玉入り再入荷しました!!

FLC日記 2015年2月25日(水) くもりのち雨
好評発売中の、熊本で育った『菊池・七城産けんちゃん家のパイナップル』の2玉入りの販売を再開しました!!
3月末までの発送予定です!!
「FLCパートナーズストア」では、「田代農園」さんの熊本産パイナップル 『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』をネット独占販売しています!!
a0254656_16461610.jpg

a0254656_16515239.jpg熊本県菊池市七城町にある、「田代農園」さんのパイナップルの栽培ハウスに伺いました。
「田代農園」さんは、なんと熊本県で『パイナップル』を育てる農家さんです。

a0254656_16564024.jpg色付きを待つパイナップルも元気に育っていました。
国内で流通している生(フレッシュ)パイナップルのほとんどは、フィリピンなどから輸入されたもので、輸入パイナップルのシェアは、97%と言われています。
その数字から見ても、国産パイナップルは、一般的にはほとんど流通しておらず、しかも国産パイナップルのほとんど(99.5%)は沖縄で生産されています。

a0254656_1713395.jpg「田代農園」さんでは、熊本県菊池市七城町で、もう30年以上もパイナップルを育てる匠の農家さんです。
数ヵ所のハウスの栽培場で、現在約5,000株ものパイナップルを栽培し、出荷ているのです。
a0254656_17335034.jpg

↓ 今すぐ注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
菊池・七城産
けんちゃん家のパイナップル


a0254656_1751917.jpg「田代農園」の田代憲一さんです。
「あらぁ!笠さんいらっしゃい!もう家(ご自宅)にはよった?家内が笠さんが来るのば待っとるよ!」
この日は、出荷のために田代さん家に伺う予定で、すぐ近くにある栽培ハウスに先によって見たのです。

a0254656_17175631.jpg「車があったので先にハウスによってみました。中を見せて頂いても良いですか?」と言うと、
「どうぞどうぞ!私がいない時も笠さんならいつ来ても良かばい!」と田代さん。
ハウスに入るとすぐに外気との温度差で、カメラのレンズがくもりました。

a0254656_17194355.jpg「このハウスは、早ければ今年の夏に花が咲いて、秋口からの収穫になるかなぁ・・・。花が咲くと、季節にもよるけどだいたい100日位で収穫できるけんね。今日は天気は良かけど、ちょっと冷えるけん、様子ば見に来とったところだったとたい。」と田代さん。
パイナップルの花を見たことがありますか?
昨年の夏に、取材に伺った際、撮った写真でお見せいたしましょう!!

a0254656_17412350.jpgまずは、蕾から!
パイナップルは成長すると、その先端にこのような蕾が芽吹いてきます。
これはあくまで蕾で、花ではありません。

a0254656_17434717.jpgつぼみが膨らむとこんな感じに成長します。
パイナップルは、実は、たくさんの花の果実の集合体です。

a0254656_1750875.jpgさらに成長し、花が咲き始めました。
下の方にある、紫色の花びらがお分かり頂けると思います。

a0254656_17523238.jpgこの一つ一つがパイナップルの花なのです。
パイナップルの果実の大きさは、花の数に比例します。

a0254656_17542394.jpg下から順番に花を咲かせ、上手く管理をしていくと、こうして最後は上の花までしっかりと咲きます。

a0254656_182309.jpg花が咲き終わると、今度はまた下から順番に成長しつつ、色付いてきます。
そして、最終的には、全部が色づき、みなさんが良くご存じの『パイナップル』となるのです。
a0254656_1873582.jpg

a0254656_181024.jpg今でこそ、「田代農園」さんでは、約5,000株のパイナップルを育てていますが、その始まりは30年以上前、たった1個のパイナップルを育てることからスタートしました。

a0254656_18375978.jpg「生のパイナップルを買う時に、お店の方が良く『この上の部分を植えとくとパイナップルが育つよ!』なんて言うでしょ?まさにそれを実践して育てて、さらに脇芽が出た分を少しずつ増やしながら、30年かけて5,000株にしたとたいね。」
なんとドラマティックなストーリーなのでしょう!!
「笠さん!家によってね!家内がまっとるけん!!」田代さんにそう言っていただき、ご自宅に伺いました。

a0254656_18464547.jpg奥様が、お茶とお菓子、そして田代さんが育てた『パイナップル』を出してくれました。
甘いパイナップルの香りが、ふわぁ~っと漂っています。

a0254656_18485724.jpg「田代農園」さんでは、田代憲一さんとヒロ子さんの仲良しご夫婦の2人3脚で、『けんちゃん家のパイナップル』を育てています。
奥様は、とても優しく、私が伺うといつもこうしてもてなしてくれるのです。

a0254656_1853889.jpg「笠さんが来ると聞いていたので、パイナップルを切って待ってました。甘いはずですよ(笑)!さぁ、食べてみて下さい。」
「ありがとうございます。ぜ~んぶ食べちゃっていいですか?」と言うと、
「えぇ!もちろん!!私は、笠さんが本当に美味しそうにうちのパイナップルを食べるのを見るのが好きなのよ!」ヒロ子さんは、笑顔でそう話されました。

a0254656_18582012.jpg今回も、期待通りの美味しさでした!
芳醇な香りと共に口にすると、果汁が口いっぱいに広がり、味、コク、もちろん甘さもバツグンです!
パイナップルにありがちな、舌がジカジカするようなこともなく、程よい酸味もまたいいんです。
「笠さんは、とっても美味しそうに食べてくれるので、本当に嬉しいわ。」とヒロ子さん。
「美味しそうに食べてるのではなく、本当に美味しいんですって(笑)!!!ごちそうさまでした!」
そんなやり取りをしながら、田代さん宅を後にしました。

a0254656_1912659.jpg「FLCパートナーズストア」では、「田代農園」さんの『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』をネット独占販売しています。
ご注文(ご予約)多数にて、入荷待ちとしていた2玉入りのパイナップルの販売も再スタートしました。

a0254656_19144618.jpg国産パイナップル!しかも熊本産の貴重なパイナップルです!!
毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売となっています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
お気軽にご来店くださいませ!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-02-25 19:17 | 熊本産 パイナップル | Trackback | Comments(0)

熊本産パイナップル 『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』好評発売中!!

FLC日記 2015年1月29日(木) くもり(強風)のち雨
「FLCパートナーズストア」では、大変貴重な国産パイナップル、しかも熊本産の『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』を好評発売中です!!
a0254656_1763823.jpg

a0254656_17133197.jpgここは、熊本県菊池市七城町にある、「田代農園」さんのパイナップルの栽培場です。
「田代農園」さんは、熊本でパイナップルを栽培して、なんと30年にもなるパイナップルの匠です。
南国フルーツを熊本で栽培していることと、そのパイナップルの美味しさとで、「田代農園」さんは、テレビや雑誌などでも紹介されています。

a0254656_17182262.jpgこちらは、KKT熊本県民テレビの人気番組『テレビタミン』で、9月18日(木)に生中継された際の写真です。
熊本産のパイナップルと言うのは、それほど貴重なものなのです。

a0254656_17214013.jpg日本国内で流通している生のパイナップルは、輸入されたパイナップルで、そのシェアは約97%に達しています。
現在はそのほとんどが、フィリピン産です。
国内産の生のパイナップルは、なかなかお目にかかることはないでしょう。
しかも、国産パイナップルの生産は、99.5%沖縄県で育てられています。
熊本県産のパイナップルは、その統計調査の数字にさえ出てきていませんでした!(笑)

a0254656_17305534.jpgでは、なぜ「田代農園」さんは、この熊本で30年以上もパイナップルを育てているのでしょう?
「この南国のフルーツを、俺も栽培して食べてみたかなぁ~。」
最初は、そんな興味本位からでした。

a0254656_17431646.jpg「田代農園」代表の田代憲一さんです。
現在、「田代農園」さんでは、約5,000株ものパイナップルを育てています。
「30年以上前のことたいね。1個の生のパイナップルを買った時に、「この上の葉っぱのところを植えておいたらまたパイナップルができますよ!」って、お店の人に言われて、やってみたとたい。もちろん、お店の人は、「育つはずない」と思いながら話さしたと思うばってんね!(笑)」と田代さん。

a0254656_17492245.jpg「そしたら、それが運よくちゃんと育ってねぇ~。蕾ができて、花が咲いて、実ができ、そのうちちゃんとパイナップルになるじゃなかね!ばってん、どぎゃんして増やすと良かとだろうか?って思言いよったら・・・」

a0254656_1821690.jpg「こうして、なんか“脇芽”らしかとの出てきてね、これかもしれん!って思ってそればまた植えてみたとたい。そしたら、それも上手く育って、また“脇芽”ができてそれで増やして!ってしていったわけたいね。」

a0254656_18165290.jpg30年前にパイナップルを育てている方は、知り合いはおろか、熊本には誰もいませんでした。
そこで、意を決し田代さんはハワイにまでパイナップルの栽培の様子を見に行ったのだそうです。

a0254656_18113153.jpg「せっかくパイナップル園まで見に行っても、言葉は通じらんし、むこうはただの観光客としか思ってないようで、全く教えてはくれんで、もう、「習うより慣れろ!」の気持ちで、また自分で育ててみたとたい。(笑)」

a0254656_18202732.jpg「30年育てよると、もうだいたいのことはわかるよ。脇芽は3年かかって成長して花をつけ実がなることや、花が咲いてからだいたい100日位で果実が実ることや、一番難しかったのは収穫の時期たいね。」

a0254656_18282814.jpg「田代農園」さんの『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』は、糖度が19度もありました。
初夏の収穫の時期になると、さらに増して22~23度にもなるとのことです。

a0254656_18313050.jpgしかも、生のパイナップルによくある、舌にジカジカする感じが全くなく、すごくやさしい酸味と甘さのベストバランスなんです!!
田代さんに、舌がジカジカしないパイナップルの育て方をうかがうと・・・。

a0254656_18423871.jpg「それがね!さっきも話したように、最初はほんとたった1個のパイナップルを手探り状態で育てたわけでしょ?その1個がもともとよかったのか、ここの土や育つ環境が良かったのか、舌がジカジカするようなパイナップルにはならんとですよね・・・。その上、甘さはしっかりあるけん、お客さんにも喜ばれてこうして30年も育ててきたというわけですね。まだまだ勉強中です!(笑)」と田代さんは笑顔でお答えいただきました。

a0254656_18503588.jpg「FLCパートナーズストア」では、「田代農園」さんの熊本産パイナップル『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』をネット独占販売しています。
現在は、写真の3個入りのパイナップルのみの販売となっております旨、あらかじめご了承ください。
もちろん、甘くて香り高い完熟パイナップルをお届けいたします。

a0254656_18534193.jpg数量限定の完全予約制での販売です。
まぎれもなく国産で、しかも熊本産のパイナップルですよ!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
お気軽にご来店くださいませ!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-01-29 18:55 | 熊本産 パイナップル | Trackback | Comments(0)

熊本産パイナップル 『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』予約販売の再スタートです!!

FLC日記 2014年12月28日(日) くもり
大変お待たせいたしました。
熊本産パイナップル 『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』予約販売の受付をスタートしました!!
a0254656_18165473.jpg
「FLCパートナーズストア」では、一般流通のほとんどない、国産パイナップル!しかも熊本県産の『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』をネット独占販売しています。

a0254656_1820285.jpgここは、熊本県菊池市七城町にある、「田代農園」さんのパイナップルの栽培場です。
「田代農園」さんでは、南国フルーツの代名詞ともいえる『パイナップル』を、熊本県でこうしてビニールハウス栽培で育てています。
しかし、あなどることなかれ!!
「田代農園」さんは、この地でパイナップルを育ててなんと30年以上のまさにパイナップルの匠なのです!!

a0254656_18294524.jpg「田代農園」の田代憲一さんです。
「笠さん!本当にお待たせして悪かったなぁ~!ばってん、パイナップルば30年作りよるけど、今年のごたるこつは初めてばい!この夏の日照不足がここまで影響するとはなぁ・・・。」

a0254656_183452100.jpg本来なら、熊本産パイナップル 『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』は、10月下旬には出荷予定でした。
しかし、この夏の長雨による日照不足で、パイナップルの花が咲かずに、出荷がずいぶんと遅れたのです。
夏のイメージがあるパイナップルですが、ここ熊本では、秋から春先にかけての収穫となります。

a0254656_18383514.jpgこれは、この夏咲いたパイナップルの花です。
パイナップルは、季節にもよりますが、開花後、着果し果実が成長して、約100日ほどで収穫を迎えます。

a0254656_18411997.jpg紫色のものが花です。
こうして下から順番に咲き始めます。
パイナップルの果実は、たくさんの花からなる小さな果実の集合体です。
ですから、主に花の数によって、パイナップルの大きさは決まるのです。

a0254656_18444054.jpg本来なら、夏の初めにはこうして蕾となり、夏に花を咲かせ、約100日後の10月下旬には収穫を迎えるはずでした。
しかし、今年は開花も遅れ、その上果実の大きさもそろわず、なかなか収穫し出荷できるサイズまで成長しませんでした。

a0254656_18501589.jpg9月になり、やっと良い花をたくさん咲かせ、こうしてまもなく収穫を迎えるパイナップルが順調に育ってきたということなのです。
このずらりと並んだパイナップルが収穫を迎えるのは、1月中旬からとなります。

a0254656_1859397.jpg「FLCパートナーズストア」では、「田代農園」さんの『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』をネット独占販売いたします。
2玉入り、3玉入りの販売です。
しかしながら、写真の大きめのパイナップルの2玉入りは、すでに予約分で完売となっています。
と言うよりも、早々にご注文頂いたお客様の発送がまだ完了しておらず、入荷次第の発送と言うことでお待たせしている状態です。

a0254656_1931076.jpg現状、ご注文(ご予約)頂ける商品は、この3玉入りの『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』だけであることご了承くださいませ。
もちろん、甘くて香り高い完熟パイナップルをお届けいたします。

a0254656_1992747.jpg「田代農園」さんは、完熟パイナップルにこだわり出荷しています。
なぜなら、パイナップルは収穫後に追熟させても、実はその糖度は変わらないからなのです

a0254656_19102955.jpg収穫後、一定期間待つと、パイナップルの表皮がこのようなあめ色に代わり、とても芳醇なパイナップル甘い香りが漂ってきます。
果肉もやわらかくなり、口当たりも良いのでそのころに食べるのをおススメします。
しかし、測定すると糖度は収穫した時点で変化はありません。

a0254656_19164156.jpgだからこそ、「田代農園」さんでは、完熟を待ち収穫し出荷します。
季節にもよりますが、糖度は19度以上もあり、初夏になると22~23度にもなります。
しかも、生のパイナップルによくある、舌にジカジカする感じが全くなく、すごくやさしい酸味と甘さのベストバランスなのです!!

a0254656_19223284.jpgパイナップルは、糖質の分解を助け、代謝を促すビタミンB1を多く含み、さらにビタミンB2やC、クエン酸なども含まれ、疲労回復や夏バテ、老化防止などに効果があると言われています。
美容にも効果的な食物繊維も豊富に含まれています。
美味しくて、美容や健康にも効果的だと言われているパイナップルをぜひご賞味ください。

a0254656_1927287.jpgただし、日本国内で流通している、生のパイナップルの約97%は、国外から輸入されたパイナップルで、そのほとんどがフィリピン産です。
日本におけるパイナップルの生産量は、わずか3.6%!
しかも、99.5%は沖縄で生産されています。

a0254656_19281987.jpg熊本産のパイナップルは、ほとんど一般流通されていないといっても過言ではありません。
「FLCパートナーズストア」で販売しているパイナップルは、まぎれもなく国産で、しかも熊本産なのです!!

a0254656_16355345.jpg「田代農園」さんの 『菊池・七城産 けんちゃん家のパイナップル』の予約販売の受付をスタートしました!!
出荷のタイミングは、田代さんの匠の判断にお任せすることにしていますので、ご注文(ご予約)後に、発送予定日をお知らせいたします。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
お気軽にご来店くださいませ!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-12-28 19:33 | 熊本産 パイナップル | Trackback | Comments(0)

熊本産パイナップル 9月18日(木)テレビタミンで「田代農園」さん生中継の裏話!

FLC日記 2014年9月20日(土) 雨時々くもり
熊本産のパイナップル『菊池・七城産 けんちゃんちのパイナップル』生産農家の「田代農園」さんが、KKT熊本県民テレビの人気番組『テレビタミン』で、9月18日(木)に生中継されました。
本日は、その日の生放送前後の裏話をご紹介いたします。
a0254656_17394256.jpg

a0254656_1749566.jpgここは、熊本県菊池市七城町です。
日本有数の米どころで、この地で育つ「七城の米」は、日本穀物検定協会の食味ランキングにおいて、2013年度も6年連続8度目の最高位『特A』を受賞しました。

a0254656_17523822.jpg「田代農園」さんは、この熊本県菊池市七城町で、熊本県産のパイナップルを30年以上育てています。
「FLCパートナーズストア」でも販売していて、さわやかな香りと、20度を超える高い糖度が大人気の商品です。

a0254656_17552145.jpgこれはパイナップルの花です。
あまり見る機会はないですよね!
その記事のブログを見た、KKT熊本県民テレビの『テレビタミン』の小屋野ディレクターさんから私に連絡があり、今回の生出演となったのです。

a0254656_17575733.jpg中央が小屋野ディレクターさん。
本番を控え、レポーターの小門容子さんと入念な打ち合わせ中です。
『テレビタミン』は、KKT熊本県民テレビの平日夕方放送の情報ワイド番組です。
大変人気の高い長寿番組で、毎週木曜日には、「小門容子のおいしい木曜中継」と言うコーナーで、熊本の旬の食材を紹介しています。

「テレビタミン」ホームページ


a0254656_1862031.jpg本日の主役、「田代農園」の田代憲一さん、ヒロ子さんご夫妻です。
ピンマイクをつけて、準備万端なのですが、お二人は、いつもの素敵な笑顔が消え、すっかり緊張したご様子・・・。
この日は、娘さんが心配してお昼から仕事を休みかけつけていました。

a0254656_1892980.jpg緊張した様子のお二人に、「景気づけにお酒でも飲みますか?」なんて冗談を言うと、やっと表情がほぐれ、いつもの笑顔を見ることができました。
小門さんも、「大丈夫ですよ!何かあっても私がちゃんとフォローしますから!!」と優しい言葉をかけてます。

a0254656_1828126.jpgさて、生本番の時間は刻々と迫っています。
本番さながらの通しリハーサルです。
カメラは、黄金色に色づいてきた田んぼの様子から入り、そこで小門さんのナレーションです。
「ここは、熊本県菊池市七城町。日本一にもなったお米の名産地です・・・。」
カメラがお二人に向くと、

a0254656_18222598.jpg小門さんの「これはいったい何の花でしょう?『え?熊本で?』とみなさんビックリする、あるフルーツの紹介です!」と言うナレーションでいったんスタジオに返す段取りです。
その後、再び生中継はハウスの中で行います。

a0254656_18391243.jpg田代さんと小門さんのやり取りの中、奥様は完熟のパイナップルを切って、小門さんに食べて頂く段取りをします。
その場でパイナップルを食べた小門さんが感想を言うためです。

a0254656_18444381.jpgリハーサルを終えると、本番に向け春野ディレクターから、
「奥様、よろしければ、こんな感じで切って、こうして渡して頂けますか?」と奥様にお願いがありました。
奥様は何度もうなづきながら、確認をしていました。

a0254656_18522977.jpg通しリハーサルを終え、奥様の緊張はピーク!!
見かねた女性スタッフが、優しく声をかけると、やっといつもの笑顔になりました。
おっと!!
田代さんは、セリフを確認しているのかまだまだ緊張のおもむきです。

a0254656_18553339.jpg奥様は笑顔が戻ったものの、ひざはガクガクで立っているのもやっとの様子。
「ここに座ってちょっと話しましょうか?」
本番までしばらく歓談し、奥様の緊張はほぐれました。
このあたりのフォローは、女性スタッフならではでさすがですね!

a0254656_18595647.jpgさて、本番では、ちょっとだけ田代さんのセリフが飛ぶハプニングもありましたが、小門さんのナイスフォローで無事に終了!
奥様の包丁さばきもお見事でした。
あっという間の出来事でした。

a0254656_1952939.jpg「せっかくなので、娘さんも一緒に記念写真を撮りましょうよ!」と私が言って撮影したのがこの1枚!
「ちょっと!!田代さん!まだ緊張してるんですか?顔が怖いですよ!!(笑)」

a0254656_1971944.jpgそう言った次の瞬間!!
ハイ!
いただきました。
みなさん本当に満面の笑みです。
本当に良い笑顔の記念写真を撮ることができました。

a0254656_19195760.jpg生放送では紹介しましたが、実はこのハウスは4月にすでに収穫を終えたハウスなのです。
パイナップルは、1本の株で1つしか実りません。
4月までに収穫できなかったパイナップルに、今新たに花が咲き実りつつあるところからの中継でした。
今年の夏の日照不足で、9月中旬から収穫予定だったのですが、現在はパイナップルが収穫できていないんです。

a0254656_19254350.jpg「30年パイナップルを栽培してるけど、こんなことは初めて!」と田代さんもお話しされていました。
でも、ご安心ください。
別のハウスでは、次世代のパイナップルたちが元気に成長しています。
予定より遅れはしますが、10月中旬以降の収穫予定で、もちろん「FLCパートナーズストア」でも販売いたします。

a0254656_19301337.jpg今回、本番中に小門さんが食べたパイナップルは、なんと田代さんが観賞用として鉢植えで栽培していたものなんですよ!(笑)
でも、もちろん甘さと味は一級品です!
ちょっと小ぶりなので、販売していないというわけですね。

a0254656_19404922.jpg田代さんは、本番を終え「次回は、バナナの紹介でどうだろか?」と、小屋野さんと小門さんに売り込んでいます!(笑)
最初は、あんなに、出演を嫌がっていたのに、すっかり打ち解けた様子でした。

a0254656_1943028.jpgそれもやはり、レポーターの小門容子さんの人柄によるものでしょう!
本番での一気にトップギアに入れるところも、本番中のトラブルを完璧にフォローをするところも、お見事でした。
素敵な笑顔をありがとうございました。

a0254656_19451131.jpgそして、小屋野ディレクターが、私のブログを読んで、お声かけ頂いたご縁にも感謝です。
このご縁を大事にして、またぜひいつかご一緒できればと思っています。
撮影スタッフの皆様もお疲れ様でした。
a0254656_19492862.jpg
「FLCパートナーズストア」では、契約農家さんを“わが家の専用農家さん”と称し、作物が育つ全ての様子、農家さんの惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、日に更新するブログでご紹介しながら、“本物”と呼べる最旬食材を販売しています。

a0254656_19534545.jpg現在は、写真のジャンボ梨『新高』、『甘熟いちじく』、最高級種なしぶどうの『シャインマスカット』、『原木生しいたけ』、『夢キュウリ』などなどを販売中です。
来月の10月10日には、大人気商品『太秋柿プレミアム』も出荷予定です。
もちろん、平成26年度の熊本産の美味しいお米もまもなく収穫です。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページものぞいてみて下さい。
熊本の最旬食材がそこにありますよ!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-09-20 19:58 | 熊本産 パイナップル | Trackback | Comments(0)

熊本産パイナップル 9月18日(木)テレビタミンで「田代農園」さん生中継決定!!

FLC日記 2014年9月17日(水) 晴れ
「ぜひ、「パイナップルの花」を『テレビタミン』で放送させてください!私も含め、パイナップルの花を見たことがない方は多いと思うんですよね!しかも、熊本でパイナップルでしょ!!「田代農園」さんの御出演、よろしくお願いします!!」
10日ほど前、KKT熊本県民テレビの『テレビタミン』、小屋野ディレクターさんからお電話を頂きました。
私が日々更新している「FLC日記」の2014年8月19日(火)「熊本産パイナップル 開花宣言!!再販売へ向け全力準備中!!」のブログを見てのご連絡でした。
そのブログはコチラ!!
「熊本産パイナップル 開花宣言!!再販売へ向け全力準備中!!」

明日、『テレビタミン』の生放送で中継されるのですが、まずは、「パイナップルの花」をご覧ください!!
a0254656_16331120.jpg
このサボテンのような植物の、下あたりにみられるきれいな紫色の部分が、「パイナップルの花」です。

a0254656_1636819.jpg拡大するとこんな感じです。
パイナップルは、こうして下から順番に花を咲かせていきます。
この1つ1つが花で、パイナップルの果実はたくさんの花が集まってできる果実の集合体なのです。

a0254656_16411957.jpg熊本県菊池市七城町にある、「田代農園」さんのパイナップル畑です。
この写真は、今年の1月中旬に撮影したものです。
「田代農園」さんは、まぎれもなく熊本産のパイナップルを生産する農家さんです。
「FLCパートナーズストア」では、「田代農園」さんの、『菊池・七城産 けんちゃんちのパイナップル』をネット独占販売しています。

a0254656_1653364.jpgただし、現在は売り切れ(入荷待ち)状態になっています。
この夏の天候不順(日照不足)で、かつてないほどの成長不良で、大きさがそろわないからです。
次の世代が今確実に成長していますので、販売(予約受付)はもう少々お待ちください。

a0254656_1724011.jpg『テレビタミン』は、KKT熊本県民テレビの平日夕方放送の情報ワイド番組です。
大変人気の高い長寿番組で、毎週木曜日には、「小門容子のおいしい木曜中継」と言うコーナーで、熊本の旬の食材を紹介しています。

「テレビタミン」ホームページ



a0254656_1774680.jpgこの2枚の写真は、「FLCパートナーズストア」の契約農家さんである、ぶどうの匠「社方園」さんが、昨年8月29日に出演した時のリハーサル風景です。
今回は、小屋野ディレクターさんが、「田代農園」さんに、出演依頼と打ち合わせに来ました。

a0254656_17131472.jpg挨拶をすますと、さっそく取材と打ち合わせに入りました。
このブログ「FLC日記」を見てのことなので、私も同行させて頂きました。
「田代農園」の田代憲一さんと小屋野宏ディレクターがお話をしています。
でも、ここはいったいどこ?って感じですよね。

a0254656_171604.jpg田代さんは、ご自宅の敷地内にあるハウスで、なんと「バナナ」も栽培しているんですよ!
「バナナ」は、ご自宅用や知人にプレゼントしたりする分がほとんどですが、一部直売所でも販売していて、れっきとしたバナナ農家さんでもあるんです。

a0254656_1718915.jpg実際、こんなにも見事な「バナナ」が実っていました。
「バナナの花」もお見せ頂きましたが、その話はまた後日詳しくご紹介することにします。
このバナナ栽培ハウスの中でも、少しだけパイナップルを栽培していて、今日のブログの冒頭の「パイナップルの花」はここで撮影したものです。

a0254656_17205444.jpg最初のサボテンの花のようなものでは、いったい何なのかわかりませんが、こうして、紫色の花が咲き終わる頃には、もうすっかりパイナップルとわかるようになっていますよね。
田代さんは、この様子を見せたくて、小屋野ディレクターさんをここに案内したのです。

a0254656_1735170.jpgその後、パイナップルの栽培場に移動しましたが、そこには花がありません。
夏の終わりに一気に開花し、ほとんどがこうしてパイナップルの果実となり成長していました。
「田代さん!花が咲いている栽培場はありますか?」と小屋野ディレクターさん。

a0254656_17583786.jpg「隣のハウスを見て見ましょうか?」と田代さんが言って、このハウスに移動しました。
「ここは、春先に収穫を終えたハウスたいね。パイナップルは1回実をつけたらその株は終わりだけん、収穫を終えた株をかいで、花が咲かなかった株を残してたとたい。ここの方が、蕾も花も実もあるかもしれんね!」と田代さん。

a0254656_183910.jpg「先ほど私見てきましたが、奥の方に花も蕾もありましたよ!」とわたしが言って見に行きました。
「おぉ!これがパイナップルの花が満開の状態ですね。」と小屋野ディレクターもその様子を確認して安心したようです。

a0254656_18124178.jpgその後、田代さんの御自宅におじゃまして、打ち合わせをしました。
田代さんの奥様のヒロ子さんにお話をうかがっています。
田代さんはなかなか戻ってきません・・・。

a0254656_18151020.jpg田代さんは、私たちにごちそうしようと、「バナナ」を取りに行っていたのです。
「笠さんもおひとつどうぞ!」そういって、「完熟バナナ」を頂きました。

a0254656_18165225.jpg奥様は、『菊池・七城産 けんちゃんちのパイナップル』を切ってきてくれました。
「どうしても、日照不足でこんな小さなのしか出来とらんけど、とても甘いよ!」田代さんに勧められてさっそくいただきました。

a0254656_18211147.jpg小屋野ディレクターもパイナップルを食べると、思わず
「甘いですねぇ~!」と言っています。
田代さんご夫妻も、やっと安堵の表情を浮かべました。
田代さんの匠の判断で収穫したパイナップルは、本当に美味いんです!!

a0254656_18231015.jpgすっかり打ち解けあったお二人は、笑顔で取材と打ち合わせを続けています。
奥様は、「私はでなくて良い!」と言っていましたが、パイナップルを切って頂くシーンに登場して頂くことになりました。

a0254656_18254944.jpg何とか無事に打ち合わせができてました。
私はと言うと、目の前の「バナナ」が気になり、頂いています。
甘い香りが漂ってきました。

a0254656_1828259.jpg美味いんです!
甘いんです!!
もちろん、パイナップルの甘さとは異なる甘さですが、「バナナ」好きの私が言うので間違いありません!
次回は、この「バナナ」での出演も良いかもしれませんね!(笑)

さて、ここで、「田代農園」さんの中継生放送される番組のご案内です。

日時:9月18日(木) 16:45~19:00
放送局:KKT熊本県民テレビ
番組名:テレビタミン
コーナー:小門容子のおいしい木曜中継

ぜひご覧いただきたく思います。

a0254656_1836973.jpg「田代農園」さんは、30年以上前に、たった1つのパイナップルから増やして、今では4000~5000株のパイナップルを育てています。
「この熊本でも、パイナップルを育ててみたい!!」その好奇心ともいえる思いから、長年続けてきたのです。

a0254656_18404968.jpg今現在は、この夏の天候不順(日照不足)で、田代さんの思い描くパイナップルができていないので、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」でも、完売(入荷待ち)状態とさせて頂いていますが、逆を言えば、しっかり納得したパイナップルでなければ、「田代農園」さんは出さないということなのです。
もちろん、この後必ずまた販売いたします。
10月下旬か11月上旬からは、数量限定でなら販売できるのではなかろうかと、田代さんは、お話しいただきました。
ご期待ください!!
その前に、明日の『テレビタミン』をぜひご覧ください!
私も後ろの方にちょこっと出演予定です!(笑)

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ



by flcps | 2014-09-17 18:47 | 熊本産 パイナップル | Trackback | Comments(0)