ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:究極の柑橘「せとか」( 48 )

究極の柑橘「せとか」 花から着果へ!惜しまぬ手間ひまと匠の技

FLC日記 2017年6月3日(土) 晴れ
究極の柑橘と呼ばれる『せとか』と言う果物をご存知ですか?
「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』に中から、選び抜かれた“極選”の『プリンセスせとか』を平成30年度もネット独占販売いたします!
a0254656_07540503.jpg


a0254656_07583134.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、匠の農家さん「小春農園」の究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
自然豊かなこの地の陽の当たる斜面に、澄んだ空気と清らかな水、大地の恵みを受け『せとか』は育てられています。

a0254656_08010527.jpg4月下旬から5月上旬にかけて、『せとか』は、白くてとてもかわいらしい花を咲かせます。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_08044023.jpgもちろん、「小春農園」さんの『せとか』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
今年も、匠の技“花芽剪定”を終えたせとかは、元気な花を咲かせました。

a0254656_08073441.jpg4月上旬、「小春農園」専務の小原将輝さんが花芽剪定を行っています。
「小春農園」さんでは、その作業を「命を吹き込む花芽剪定」と称しています。
この作業で、『せとか』の出来を大きく左右するからです。

a0254656_08160580.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんです。「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力を持つ親子の匠で、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育てています。

a0254656_08234845.jpg現在、大好評発売中なのが、弊社のリピート率ナンバー1商品の、蔵出し完熟『デコポン(肥後ポン)』(写真)です。
今期の出荷予定数も、いよいよ残りわずかとなり早い者勝ちのカウントダウン状態です。

↓ 『デコポン(肥後ポン)』を今すぐ注文したい方はこちら! ↓



a0254656_08304727.jpgまもなく、6月上旬からは、山あいの『南高梅(青梅)6月中旬からは、山あいの『南高梅(完熟梅)(写真)』、8月には『甘熟いちじく』を出荷いたします。
その他には、幻の白い『長生たけのこ』、『原木しいたけ』、『乾燥しいたけ』、『干したけのこ』、『ザ・みかん』なども生産していて、いずれも“本物”と呼べる逸品で、「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_08392362.jpgさて、『せとか』に話を戻しましょう!『せとか』は、こうしてまとまって咲く総状花と単生の花が混在しています。
この頃、栽培ハウスはとてもいい香りに包まれていて、毎年花の咲く頃に取材に伺うのを私も楽しみにしています。

a0254656_08422150.jpg『せとか』は、樹勢が弱いと葉っぱを持たない花が咲く場合があります。
しかし、「小春農園」さんでは、4月上旬の花芽剪定で、良い花芽を残しているので、樹勢もしっかり保てていて、そんなことはありません。
花芽剪定の様子は以前のブログで詳しく紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください!

↓ 究極の柑橘「せとか」 匠の花芽剪定(2016) ↓



a0254656_08535967.jpg「小春農園」さんでは、ハウス栽培と言えども、ボイラーを焚き、加温をして育てるのではありません。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのものです。

a0254656_08555364.jpgまた、「草生栽培」と言って、地面に雑草を生やしながら育てます。
そうすることで、ハウス内に仮に病気や害虫が侵入しても、この草にとどまることが多く、果樹への影響を極力減らすことができます。
それらの雑草は、時期を見て手作業で刈りそのまま有機肥料とします。

a0254656_09005397.jpgこの時期、花を咲き終えた『せとか』は、着果と生理落下が始まっていました。
生理落下とは、果樹が自らを守るため、樹勢に合う適正数まで果実を落とす現象です。
黄色く変色したものは生理落下し、青々としているものは着果しています。

a0254656_09065132.jpg7月上旬からは、匠の摘果作業です。
摘果を終え、選ばれたせとかたちは、1玉1玉ひもで吊り下げ育てていきます。
それらの様子は、今年も現地取材しまた後日詳しく紹介したいと思っています。

a0254656_09112894.jpg2月上旬、究極の柑橘『せとか』は収穫を迎えます。
親子の匠の惜しまぬ手間ひまと匠の技で、来年も美味しいせとかを育て上げることと思います。
今年の収穫には、新しい顔ぶれがありました。

a0254656_09143287.jpg将輝さんの隣にいるのは、小竹しおりさんです。
お2人は、なんと本日(2017年6月3日)、結婚式を迎えます。
私も出席させていただき、お二人の幸せの門出を共にお祝いします。

a0254656_09181020.jpg『せとか』は“究極の柑橘”と称されます。
全ての柑橘類の良いとこどりをしたような柑橘で、非の打ち所がないと言われているからです。
最大の特徴は、やわらかいトロットロの食感です。
果肉は1粒1粒がトロトロで甘く、爽やかな酸味もあり、種はなく、簡単に手で皮がむけるので、まさに“究極の柑橘”なのです。
しかし、究極ゆえに、多くの手間ひまと、高度な栽培技術を要します。

a0254656_09194677.jpg「FLCパートナーズストア」では、匠の技術と惜しまぬ手間ひまで育て上げられた、『せとか』の中から、「小春農園」さんが選び抜いた“極選”の『せとか』を、『プリンセスせとか』として販売いたします。
来年2月の収穫が待ち遠しくてなりませんが、それまでの成長の様子などなどは、また現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-03 09:21 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 平成29年度も大好評!今期発送予定分カウントダウンです!ご注文はお急ぎください!

FLC日記 2017年3月23日(木) 雨のちくもり
今期(平成29年)の、究極の柑橘「せとか」がいよいよ残りわずかとなりました。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売しています。
a0254656_18000892.jpg

a0254656_18054198.jpgせとかは、柑橘類のすべての良いとこどりをしたような果物です。
「柑橘の大トロ」、「柑橘の女王」、「幻のみかん」、「大人の柑橘」、「柑橘のダイヤモンド」などなど、『せとか』を讃える表現は数知れません!!

『せとか』が、“究極の柑橘”と言われる7つのポイントです。

1.果実が1玉300g前後と、大きいこと
2.外果皮がとても柔らかく、そのまま手でむけること
3.内皮(じょうのう膜)がとても薄くやわらかく、そのまま食べられること
4.果肉のつぶつぶがトロトロでやわらかいこと
5.タネがないこと
6.香り高いこと
7.酸味と糖度のベストバランスであること

a0254656_18030634.jpg現在、「FLCパートナーズストア」で販売しているのは、匠の農家さん「小春農園」さんが育て上げた『せとか』から、キズが全くないような選び抜かれた“極選”の『せとか』で、『プリンセスせとか』です。

a0254656_18095779.jpgまた、美味しさはそのままで、果皮に多少キズがある『せとか』を、大変お買い得なファミリータイプとしての販売も行っています。
くまモンのイラストが入った手提げ箱に、15~17玉(2.5kg)前後で、なんと4,320円です。

a0254656_18141153.jpg果皮に多少の傷があることはご了承ください。
この傷は、成長の過程で湿度が高い時にできたもので、果実には全く問題ありません。
もちろんトロトロの食感で甘い果汁を存分に楽しめると大好評です!

a0254656_18175858.jpgまた、「FLCパートナーズストア」のリピート率ナンバー1商品の、同じく「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』とのセットも、くまモンの手提げ箱入りで販売しています。

a0254656_18212723.jpg「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』は、今期も大変好評いただき、間違いなく完売する大人気商品です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文はとにかくお急ぎください!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ! ↓




a0254656_18424556.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、匠の農家さん「小春農園」の究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
ご覧の通り、大自然に囲まれたのどかな山あいにあります。

a0254656_18451931.jpgこちらは、収穫直前の1月下旬の写真です。
ハウスと言えども、ボイラーを焚き、加温をして育てるのではありません。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのものです。

a0254656_18542592.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんです。
将輝さんは大学で柑橘類の栽培を学んだ言わばスペシャリストの“匠”です。
その匠をもってしても、『せとか』は、究極の柑橘と呼ばれるだけあって、栽培にはかなり高度な技術を要します。

a0254656_18594698.jpg『せとか』の花です。
4月下旬から5月上旬にかけて『せとか』は花を咲かせます。
とても元気な良い花が咲いています。
そんな花を咲かせるためには、4月中旬に行う高度な剪定が必要です。

a0254656_19022369.jpg花が咲く前の、4月上旬に行う“花芽剪定”の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子をもう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_19045681.jpg将輝さんは2種類の剪定ばさみを使いながら、樹形を保つための枝の剪定と、花芽の剪定を行っています。
せとかは、たくさんの花芽を芽吹かせますが、それらを全て咲かせていては、良い果実ができません。
匠の技で、1本1本を見極め、的確な剪定作業を行っています。

a0254656_19085462.jpg元気な花が咲き、着果したのを確認したら、摘果作業を行います。
その後、8月上旬、『せとか』はゴルフボールほどの大きさに成長したころに、「小春農園」さんでは、せとかの果実1玉1玉を全てひもで吊るす作業を行います。
何度も何度も脚立を上り下りしながら、ひもで吊るす作業は、かなり過酷な手作業です。

a0254656_19161000.jpg9月下旬には、せとかの果実も随分と成長しました。
せとかは、1玉が300gほどにもなり、成長に伴い、枝が折れる恐れがあることと、ハウスにビニールをはるまでの間に風で揺れ果実が枝や葉、果実同士でぶつかってキズ着かないように1玉1玉を全てひもで吊るし惜しまぬ手間ひまをかけ、見た目にも美しい『せとか』を育てるのです。

a0254656_19194094.jpg高い技術と惜しまぬ手間ひま、さらには開花から収穫までの徹底した温度や水管理で、今年も美しくて、大きくて、美味しい『せとか』に仕上げました。
収穫は、毎年2月上旬です。

a0254656_19240659.jpg収穫の際に、将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんにお話をうかがいました。
「果樹栽培はその年1年が良くてもダメ!毎年毎年コンスタントに美味か果実を実らせてこそ初めて評価されるとたい!」
小原さんの言葉通り、今年も“本物”と呼べる至高の『せとか』を育て上げました。

a0254656_19252944.jpg「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で柑橘類を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力を持つ親子の匠で、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育てています。

a0254656_19285709.jpg贈答用や手持ちギフトとしても大好評の、究極の柑橘『せとか』くまもん手提げ箱入り1.8kg前後(7~8玉)も大人気です。
選びに選び抜いた“極選”の『プリンセスせとか』を3商品、お買い得なファミリータイプを1商品、さらにはデコポンとのセット購入の『プレミアムオレンジ』を1商品と、選べるラインナップも人気の秘密です。

a0254656_19345923.jpg「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』は、今期の発送予定はいよいよ残りわずかとなってきました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂きます。

ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
早い者勝ちです!!お急ぎください!!

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-03-23 19:37 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 待望のお買い得なファミリータイプ販売スタート!

FLC日記 2017年2月14日(火) 雪のちくもり時々雨
お待たせしました!
究極の柑橘『せとか』の大変お買い得なファミリータイプの販売をスタートしました!!
a0254656_17101933.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売しています。
a0254656_194514.jpg

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』


a0254656_17125092.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の“良いとこどり”をした、非の打ちどころのない美味しさから、“究極の柑橘”と呼ばれています。
果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

a0254656_17134470.jpg現在、「FLCパートナーズストア」で販売しているのは、匠の農家さん「小春農園」さんが育て上げた『せとか』から、キズが全くないような選び抜かれた“極選”の『せとか』で、『プリンセスせとか』です。

a0254656_17173611.jpg化粧箱に入った10~12玉(2.3kg入り)、くまモンの手提げ箱に入った7~8玉(1.8kg前後)(写真)、せとかの美味しさを知っていただくための袋に4玉(1kg前後)入れた商品の3つのラインナップです。
もちろんそれらは、選び抜かれた逸品で、多くのお客様からリピート購入をいただいたり、ご贈答用としてもご利用いただく大人気商品です。

a0254656_1728487.jpgそんな中、数多くのお客様から、こんな声をいただきました。
「キズがあっても構わないので、大きさにばらつきがあっても良いので、『プリンセスせとか』のシールが貼ってなくても、家庭で食べるお求めやすい価格のものを販売してほしい!」

a0254656_17395872.jpgお客様の多くの声を生産農家の「小春農園」代表の小原正宏さんに伝えました。
すると・・・
「笠さん!覚えてるね?最初笠さんがうちで『せとか』を初めて食べた時、「俺に販売させてください!」って言ったのを!」

a0254656_17453788.jpg「もちろん覚えています!あまりの美味しさに衝撃が走り、せとかを口に含んだまま、そう叫んだのを覚えています。」と答えると、
「そうだったね。でも、「自分が納得できるものでないと、絶対に出さん!!」と言うこだわりで俺は作物を出荷しよるとたい。見た目の美しさ、もちろん味の良さ、安定した供給数、それらを満たすのに3年待ってもらったよね。」

a0254656_1756092.jpg「その3年でせとかの果樹も成長して、うちの技術も向上して、こうして1玉1玉ひもで吊るしながら育てる手間ひまもかけてきたけん、そんなにキズがるせとかがないとたいね・・・。」

a0254656_1865849.jpg「数量限定で構いません!そこを何とかお願いします。」
私は粘り強く交渉しました。
すると、「笠さんとの付き合いも長かけんね・・・。それじゃ、数量限定と言うことで良かなら出そうか!」とのこと。

a0254656_189585.jpg「ありがとうございます!『ファミリータイプ』としたいので、お買い得でボリュームもお願いしたいのですが!」と言う私に
「ハハハッ!わかったよ!俺も一度、口にしたことだけん、必ずお買い得!って思っていただける量をお安く出すよ!」
実はこの交渉は、昨年よりずっと続けてきたものでした。

a0254656_18262014.jpgではあらためて、生産者と生産地の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培場(ハウス)です。
大自然に囲まれた、のどかな山里の日の当たる斜面を利用して、究極の柑橘『せとか』を栽培しています。

a0254656_1829580.jpgこちらは4年前の収穫の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子をもう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18302091.jpgそれは当然、収穫の時のみならず、春の選定作業(写真)、花咲く頃、着果と摘果作業、ひも吊り作業の様子、果実の肥大や着色する様などその全てを見て、現場で話を聞きこのブログで紹介してきました。

a0254656_18342688.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの『せとか』を1玉1玉吊るすなどの惜しまぬ手間ひま、息子さんで専務の小原将輝さんの大学で専門的に柑橘類を学んだ知識が加わり、まさに“本物”と呼べる『せとか』を育て上げてきました。

a0254656_1840329.jpg「小春農園」さんが育て上げ、収穫した『せとか』から、さらに選びに選び抜いた“極選”の『せとか』を、『プリンセスせとか』として、販売してきました。
そして、今回、待望の『ファミリータイプ』の販売が決定したのです!

a0254656_1849336.jpg究極の柑橘『せとか』のファミリータイプは、くまモンのイラストが入った手提げ箱での販売といたします。
15~17玉(2.5kg)前後で、なんと4,320円です。
小原さんがお約束していただいた通りの、かなりのボリューム、かなりのお買い得価格です!

a0254656_185484.jpgただし、果皮に多少の傷があることはご了承ください。
この傷は、成長の過程で湿度が高い時にできたもので、果実には全く問題ありません。
また、せとかの大きさもばらつきがございます。

a0254656_1857403.jpgサイズは若干小振り(1玉約150g~170g)で、皮の表面にほんの少しキズが有りますが、玉数も多く(15~17玉入り)、ご家庭でお召し上がり頂く分には、味も変わらず大変お得です。
せとかの濃厚な味わい、爽やかな香りを存分にお楽しみ頂けます!
ただし、数量限定商品で、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますゆえ、早い者勝ちの商品です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、究極の柑橘『せとか』のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-02-14 19:11 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 選び抜かれた“プリンセス”せとか!! 平成29年度のご予約受付スタート!

FLC日記 2017年2月10日(金) 雪(積雪7cm)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします!
収穫された『せとか』の中から、選びに選び抜かれた“極選”の『プリンセスせとか』です!
a0254656_1730944.jpg

a0254656_1737760.jpg先行予約の受付をスタートしました!
大変ありがたいことに、すでに昨年よりご予約をいただいているお客様も多く、初回発送分はすでに完売、また2回目の発送分は、一部完売している商品もございます。

<発送予定>
平成29年2月17日(金)→先行予約分にて完売しました!

平成29年2月21日(火)→ご予約承り中(2月14日17時締め切り)
※一部完売の商品も有り!

平成29年2月24日(金)→ご予約承り中(2月17日17時締め切り)


以降、火曜日・金曜日の発送です!!
毎回発送数限定、完全予約制での販売とさせて頂きます。
※ご注文順で、発送日を割り振りさせていただく旨、あらかじめご了承ください。
a0254656_17381945.jpg

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』


a0254656_17471863.jpg『せとか』は、香りや食味の良い柑橘を掛け合わせ、良いとこどりで生まれた新しい品種(2001年に品種登録)です。
清見・アンコール・マーコットの血を受け継いだ品種で、上品な香りと爽やかな味が魅力的です。
最大の特徴は、果肉のとろっとろの食感です!
そのため、“究極の柑橘”と呼ばれる他にも、「柑橘の大トロ」、「柑橘の女王」、「幻のみかん」、「大人の柑橘」、「柑橘のダイヤモンド」などなど、『せとか』を讃える表現は数知れません!!

a0254656_1804243.jpg果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

a0254656_1853218.jpg『せとか』の栽培は大変難しく、美しくて味の良い果実を作り上げるには高度な技術と惜しみない労力を要します。
そのため、生産量はまだまだ少ないようですが、人気は急上昇中のフルーツです。

a0254656_1881346.jpg毎年初物は、1玉がなんと2,000円以上もする超高級フルーツなんです。
もちろん、「FLCパートナーズストア」では、そのような価格での販売は致しません。
今年は、お値段据え置きで玉数を増やして、究極の柑橘『せとか』2.3kg入り(10~12玉)で、4,968円(税込)。

a0254656_1816212.jpg究極の柑橘『せとか』くまもん手提げ箱入り1.8kg前後(7~8玉)で、3,888円(税込)、とさせて頂いています。
また、せとかの美味しさを知っていただきたく用意した、2玉入り(1kg前後)2160円もご用意いたしました。

a0254656_18222325.jpg生産者と生産地の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培場(ハウス)です。
大自然に囲まれた、のどかな山里の日の当たる斜面を利用して、究極の柑橘『せとか』を栽培しています。

a0254656_18274667.jpgハウスと言えども、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。
ハウスはあくまで雨風や害虫、病気から大切な『せとか』を守るための設備です。
日々の、ビニールの開閉で温度調節を行いながら、究極の柑橘『せとか』を育ててきました。
また、「小春農園」さんでは、「草生栽培」と言って、地面に雑草を生やしながら育てます。

a0254656_18343263.jpgそうすることで、ハウス内に仮に病気や害虫が侵入しても、この草にとどまることが多く、果樹への影響を極力減らすことができます。
それらの雑草は、時期を見て全て刈り、そのまま有機肥料とします。
もちろん、除草剤などは一切使用しません。
地球に優しい、「自然派農業」で育て上げられた安心・安全な『せとか』です。

a0254656_18383495.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの『せとか』を1玉1玉吊るすなどの惜しまぬ手間ひま、息子さんで専務の小原将輝さんの大学で専門的に柑橘類を学んだ知識が加わり、まさに“本物”と呼べる『せとか』を育て上げてきました。

a0254656_18405821.jpg「小春農園」さんでは、『せとか』の果樹に、番号をつけて管理しています。
同じように育てても、果樹の個体差により生育が異なるからです。
収穫前に果実のデータを取り、そのデータに基づき収穫後追熟させ、ベストタイミングで出荷します。

a0254656_18515446.jpg収穫は作物を作るうえで、最も楽しい作業です。
今年の『せとか』のできに、小原さんも満足そうです。
「納得できないものは絶対に出さん!」小原さんの口癖です。

a0254656_18563074.jpgそのために、「小春農園」さんでは、徹底した管理と、惜しまぬ手間ひま、匠の技で、一切の妥協を許さず、様々な作物を育てています。
そしてその様子を、私は何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_1914941.jpgこちらは、5月上旬に将輝さんと共に見た、『せとか』の花咲く頃の様子です。
4月上旬には、元気な花を咲かせるための、“花芽剪定”の作業も見てきました。

a0254656_198353.jpgこちらは、6月下旬に行われる、新芽の剪定作業の様子です。
これは、来年もまた良い花を咲かせるための大事な作業で、高度な技術を要します。

a0254656_1995718.jpg将輝さんが左手に持っている、小さな枝がお分かりいただけますか?
匠の判断で、このような小さな枝をしっかりと選別し剪定を施していくのです。

a0254656_19132747.jpgまた、着果後、摘果作業を終えると、『せとか』の果実を1玉1玉全てひもで吊るすための作業が行われます。
小原さんの奥様の美子さんによって、惜しまぬ手間ひまをかけていくのです。

a0254656_19181119.jpgこちらは10月中旬の色付き八締めたころの様子です。
「小春農園」さんでは、『せとか』が、成長の過程で枝が折れないように、果実にキズが付かないように、こうして1玉1玉をひもで吊るし育ててきました。

a0254656_1922660.jpg「小春農園」さんのすべての作業や『せとか』の成長の様子を、この目で見て写真に収め、直接お話を聞き文章にして、このブログでご紹介してきました。
そうして、今年も惜しまぬ手間ひまと、匠の技で育て上げた『せとか』がいよいよ出荷を迎えるのです。

a0254656_19265783.jpg大切に大切に育て上げ、収穫した『せとか』の中から、さらに選びに選び抜いた“極選”の『せとか』を、『プリンセスせとか』と命名し、「FLCパートナーズストア」のお客様用として出荷いただきます。
ですから、毎回の出荷数を限定しての、完全予約制販売とさせていただいています。
「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』をぜひ一度ご賞味ください!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-02-10 19:30 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』 平成29年度の収穫の様子!後編:選び抜いたものだけが『プリンセスせとか』なんです

FLC日記 2017年2月4日(土) くもり時々晴れ
究極の柑橘と呼ばれている、『せとか』と言うオレンジをご存知ですか?
毎年、初物は1玉がなんと2,000円を超えるとテレビでも紹介される、超高級フルーツです。
a0254656_16385325.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も匠の農家さん「小春農園」さんが育てた、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします!

a0254656_16454113.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の“良いとこどり”をした、非の打ちどころのない美味しさから、“究極の柑橘”と呼ばれています。
果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

a0254656_16465691.jpgみずみずしく、1粒1粒を感じさせないほどとろける食感がたまりません!
それゆえに、「柑橘の大トロ」、「柑橘の女王」、「幻のみかん」、「大人の柑橘」、「柑橘のダイヤモンド」などなど、『せとか』を讃える表現は数知れません!

a0254656_16403663.jpg「小春農園」さんでは、大切に育て上げ収穫した『せとか』から、選びに選び抜いた“極選”の『せとか』を、この化粧箱に入れて『プリンセスせとか』として出荷しています。

a0254656_1643924.jpg大きさ、形、色あい、美しさ、全てにおいて選び抜かれた逸品です。
『プリンセスせとか』と命名したくらいなので、しっかり自信持っておすすめできるものだけを選び抜かれた、まさにお姫様の様な『せとか』たちです。

a0254656_1653096.jpg昨日、「小春農園」さんの『せとか』の収穫の様子を現地取材してきました。
収穫後、さらに味に深みを持たせるため一定期間貯蔵し追熟をさせ、今年(平成29年)は、2月21日(火)からの出荷予定です。

a0254656_1655514.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんが育て上げ収穫した『せとか』から、さらに選びに選び抜いた“極選”の『せとか』を、『プリンセスせとか』として、今年もネット独産販売いたします。
まもなく、先行予約の受付をスタートいたします。
ホームページでの受け付けは、もうしばらくお待ちください。

a0254656_1735111.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
本日は、昨日に続き「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の収穫の様子をご紹介いたします。

a0254656_1763045.jpgこちらは、4月下旬から5月上旬にかけ咲く『せとか』の花です。
熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子をもう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_1716114.jpg花が咲き終わるころの着果の様子を、「小春農園」専務の小原将輝さんがチェックしています。
取材に伺うと、私は必ず成長の過程を見て、生産農家さんにそのころの情報を聞き、どんな作業をしているのかを見て、このブログで紹介しています。

a0254656_17413898.jpgもちろん、収穫の様子も毎年現地取材してきました。
こちらは、昨年の収穫の様子です。
「小春農園」代表の小原正宏さんが、丁寧に1玉1玉収穫しています。

a0254656_17443161.jpg『せとか』は、“究極の柑橘”と呼ばれるだけあって、たくさんの手間ひまと、匠の技を必要とする、栽培がとても難しい作物(果実)です。
「小春農園」さんでは、果実が大きいものでは300g以上にもなる『せとか』が、成長の過程で枝が折れないように、果実にキズが付かないように、こうして1玉1玉をひもで吊るしながら栽培してきました。

a0254656_17464757.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの『せとか』を1玉1玉吊るすなどの惜しまぬ手間ひま、息子さんで専務の小原将輝さんの大学で専門的に柑橘類を学んだ知識が加わり、まさに“本物”と呼べる『せとか』を育て上げてきました。

a0254656_17553278.jpgそして今年も収穫の時を迎えました。
「しっかり手をかけ良いものができると、やっぱり収穫は楽しいですね!」と将輝さんも満面の笑みです。
しかし、今回の収穫は小原さんはお休みです。

a0254656_17591361.jpg小原さんは、長年酷使して、痛めてしまったひざの治療に専念するため、最も楽しい作業の収穫を今回はお休みしています。
その代わりと言っては何ですが、今回の収穫には2人の頼もしい助っ人が参加しています。

a0254656_184656.jpg将輝さんの弟の、小原寛也さんと、将輝さんのフィアンセの小竹しおりさんです。
寛也さんは、消防士をしていてこの日がお休みだったのでお手伝いをしています。
様々作物の繁忙期にはお手伝いをしていて、『せとか』の収穫も慣れたものでした。
また、6月3日に結婚式をあげるフィアンセのしおりさんは、今回が初めての収穫のお手伝いです。

a0254656_18194176.jpgただし、収穫後の1回目の選果作業は、必ず美子さんと将輝さんによって行われていました。
この段階で、大まかの傷ありの『せとか』を選果するのです。

a0254656_18225669.jpg「1玉1玉吊り下げながら育てても、どうしても傷つく場合がるんです。『せとか』には鋭いトゲがあるので、それが一番厄介ですね。出荷の際には、さらにもっともっとチェックして、キズ一つないものだけを『プリンセスせとか』として、笠さんとこのお客様に出荷しますよ。」
美味しさに加え、見た目の美しさにもとことんこだわる匠の表情となり、将輝さんはそう話しました。

a0254656_18374811.jpg「これから『せとか』たちはしばらく追熟させますが、その前のもぎたての味を笠さんも知っておいてください!」
将輝さんがそう言いながらせとかを半分にした瞬間、さわやかな香りが飛び込んできました。
「めちゃくちゃいい香りです!」と言うと、
「でしょ!きっと味もいいはずですよ!」と将輝さん。

a0254656_18413344.jpg1房1房を包む内膜の薄さがよくわかりますよね!
半分にしただけで、1房1房を分ける内皮が裂けてしまうほど薄いのです。
せとかのトロトロの食感の秘密は、この内皮の薄さにもあります。

a0254656_18454999.jpgトロトロの食感の果実をほおばると、糖度と酸味のベストバランスの果汁があふれてきました。
「めちゃくちゃ美味いです!」と言う私に、
「その味を覚えておいてくださいね!追熟させ、さらに味に深みを持った最高の美味さの『せとか』を必ず出荷しますから!」
将輝さんは、取材の最後にそう約束してくれました。

a0254656_18501420.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の中から、選びぬかれた“極選”の『プリンセスせとか』をネット独占販売いたします。
将輝さんの約束通り、溢れる果汁、濃厚な甘さとさわやかな酸味、とろける食感、それらの全てを満たしたベストなものだけを、しっかりと追熟させ出荷します。
平成29年度の初出荷は、2月7日(火)の予定です。
間もなくj先行予約の受付をスタートいたします。
ホームページでのお申し込みは、もう少々お待ちください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-02-04 18:54 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』 平成29年度の収穫の様子!前編:『プリンセスせとか』が育つまで!

FLC日記 2017年2月3日(火) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も匠の農家さん「小春農園」さんが育てた、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします!
a0254656_1640759.jpg
本日、平成29年度の究極の柑橘『せとか』の収穫の様子を、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの栽培ハウスに、現地取材に伺いました。

a0254656_16414058.jpg今年の初出荷は、収穫後の追熟を待ち、選び抜いた究極の柑橘せとかを、『プリンセスせとか』として出荷するために、2月21日(火)(予定)とさせていただきます。
まもなく、先行予約の受付をスタートいたします。
ホームページでの受け付けは、もう少々お待ちください!

a0254656_1648778.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の“良いとこどり”をした、非の打ちどころのない美味しさから、“究極の柑橘”と呼ばれています。
果実が大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

a0254656_17373823.jpg『せとか』の初物は、毎年1玉2,000円の値が付くこともある高級フルーツです。
「FLCパートナーズストア」では、「本当の美味さになった時に、しっかり選び抜いたものだけを『プリンセスせとか』として出荷したい!」と言う、「小春農園」さんの思いから、少し追熟を待ちベストな状態で出荷させていただきたく、まだ初出荷日を決定していません。
もちろん、決まり次第このブログやホームページでご案内いたします。

a0254656_1742524.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培場(ハウス)です。
大自然に囲まれた、のどかな山里の日の当たる斜面を利用して、究極の柑橘『せとか』を栽培しています。

a0254656_17463395.jpgこちらは、4月下旬から5月上旬にかけて咲く、『せとか』の花の様子です。
「小春農園」さんでは、ハウスと言えども、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。

a0254656_17541113.jpgこちらは、5月下旬の着果間もないころの写真です。
ビニールハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのものです。
また、地面にはあえて雑草を生やしながら育てる、“草生栽培”で、様々な作物を育てています。
この雑草は、生えているのではなく、“生やしている”のです。

a0254656_175730100.jpgそうすることで、仮に病気や害虫がハウス内に入っても、雑草にとどめておくことができ、さらには害虫を退治してくれる良い虫もそこにとどまってくれることができ、最小限の農薬や消毒で栽培できるのです。
こちらは、摘果作業後の、7月に行われる『せとか』のひも吊り作業の様子です。

a0254656_1811490.jpg「小春農園」さんでは、『せとか』の果実を、1玉1玉全てひもで吊るしながら育てます。
1玉が300gにもなる『せとか』の果実が、成長の過程で枝が折れたり、風で揺れて果実に傷がつかないように、これからの果実の成長と共に、枝が下がってくるのを見越しながら、全てひもで吊るし育てるのです。

a0254656_18646100.jpg12月中旬のハウスの内張り作業の様子です。
本格的な寒さに備え、ハウスの中にもう1枚のビニールをはり寒さ対策を施すのです。
私は、「小春農園」さんの『せとか』の栽培の様子を、こうして年間を通して取材してきました。

a0254656_1810533.jpg「小春農園」さんでは、長年の経験と豊富な知識を持つ「小春農園」代表の小原正宏さんと、惜しまぬ手間ひまをかける奥様の美子さん、そして、大学で柑橘類の栽培を専門に学んだ技術を持つ息子さんで専務の小原将輝さんが中心となり、本日ご紹介した究極の柑橘『せとか』など、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_18153043.jpgこちらは、「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』です。
弊社のリピート率ナンバーワンの大人気商品で、現在は、熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン『ひのゆたか』を、数量限定・完全予約制で大好評発売中です。
流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

↓ 今すぐ購入(予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『樹上完熟デコポンひのゆたか』


a0254656_18203428.jpgさて、『せとか』に話を戻しましょう!
本日、平成29年度の「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の収穫を迎えました。
惜しまぬ手間ひまと、匠の技で育てられた、まさに“本物”と呼べる逸品です。
そして私は、今年の収穫の様子も、もちろんこうして現地取材に伺いました。

a0254656_18275149.jpg「おはようございます!」と声をかけ、ハウスに入ると、将輝さんが満面の笑みで迎えてくれました。
「こうして満足いくものができると、やっぱり収穫は楽しいですね!」と将輝さん。

a0254656_18335447.jpg奥に進むと美子さんがこちらも笑顔で収穫しています。
「みなさん収穫が楽しいんですね!ホント笑顔ですね!」と言うと、
「今日の将輝の笑顔は、そればかりじゃないかもよ~!」とのこと。

a0254656_18412321.jpgさらに奥に進むと、美子さんの言葉の意味がすぐに分かりました。
「小春農園」さんで聞くことのないとても明るいチャーミングな声がしています。
私はすぐにその声の主が誰だかわかりました。
将輝さんのフィアンセの小竹しおりさんのようです。
今日はお仕事がお休みで、『せとか』の収穫のお手伝いに来ているようです。

a0254656_18474443.jpg「おはようございます!お久しぶりです!」と言いながらカメラを向けると、
「キャァ~!やめてください!髪はボサボサだし、将輝さんの防寒具を借りてるので恥ずかしいです!」とのこと!
そう言いながらも、しおりさんも笑顔です!(笑)

a0254656_18504987.jpg「ひもが上手く切れないんやけど~。」と言うしおりさんに、将輝さんがとても優しくその要領を教えています。
カメラを向けていても、こうして見つめあう2人になんだかこちらが照れちゃいました!(笑)

a0254656_18553779.jpgお2人は、6月3日に結婚式を迎えます。
ツーショット写真を何枚かとったのですが、将輝さんを見つめる、しおりさんの笑顔が素敵なこの写真を載せることにしました!

a0254656_192912.jpgさて、お2人の熱々ぶりは置いとくとして、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の収穫の様子や美味しさの秘密など、紹介したいことはまだまだありますが、本日は少々長くなりましたのでこのあたりまでとして、この続きはまた明日のブログで紹介いたします。

a0254656_1945112.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の中から、選びぬかれた“極選”の『プリンセスせとか』をネット独占販売いたします。
溢れる果汁、濃厚な甘さ、とろける食感、全てを満たした究極の柑橘『せとか』をぜひご賞味ください。
匠の判断で、ベストな美味しさに追熟させたものを出荷いたします。
間違いなく、“本物”と呼べる美味しさです!!
明日もまた、本日の収穫の取材の様子をご紹介する予定です。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-02-03 19:10 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 今年も順調に色づきました!出荷は2月上旬からの予定です!

FLC日記 2016年12月12日(月) くもり
「こうやって、視線を落として見上げてみてください!この景色が好きなんですよ!特にこのしっかりと色づいた『せとか』は、本当にきれいでしょ?」
「小春農園」専務の小原将輝さんがそう話しながら、美しく実る『せとか』を見上げていました。
a0254656_16584842.jpg

a0254656_16595587.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成28年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。

a0254656_1744349.jpg毎年、収穫及び出荷は、2月上旬からです。
「FLCパートナーズストア」で販売するのは、匠の農家さん「小春農園」さんが、大切に大切に育て上げた『せとか』から、選び抜かれた“極選”の『せとか』で、『プリンセスせとか』と命名し販売しています。
「小春農園」さんの、究極の柑橘『プリンセスせとか』は、もう何年も出荷予定数は、毎年完売している「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

a0254656_17235488.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
自然豊かなこの地の、陽の当たる山の斜面を利用したハウスにて、究極の柑橘『せとか』は育てられています。

a0254656_1726438.jpgハウスと言えども、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。
ビニールの開閉で温度調節を行っています。
ハウスはあくまで雨風や害虫、病気から大切な『せとか』を守るためのものです。

a0254656_17282622.jpg「小春農園」さんでは、“草生栽培”と言って、地面の雑草をあえて伸ばして果樹を育てています。
時期をみて、全て手作業で草刈りをして、それらの草はそのまま有機肥料としています。

a0254656_17335876.jpgまた、草を自由に伸ばすことで、仮にハウス内に病気や害虫が侵入しても果樹に影響することなく草にとどまるという効果もあるのです。
もちろん、草だけでは肥料は足りませんので、時期をみて有機肥料の“ぼかし肥料”を与えています。

a0254656_17352496.jpg小原将輝さんが、『せとか』の成長の様子をチェックしています。
将輝さんは、大学で柑橘類の栽培を専門的に学んだスペシャリスト、匠の農家さんです。

a0254656_17374334.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたようなまさに究極の柑橘です。
果実がこのように大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

a0254656_17384914.jpgしかし、“究極”とまで呼ばれるがゆえに、『せとか』の栽培には、専門知識と高度な技術、惜しまぬ手間ひまが必要不可欠です。
この様に果皮も美しい『せとか』が実っているのは、樹勢に見合った数に摘果してきたからです。

a0254656_1750211.jpgこちらは、7月中旬に行われた“摘果作業”の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1754725.jpgちなみにこちらは、あまりにも立ちすぎている枝に実っているので、摘果で落としています。
たちすぎている枝では、樹勢が強すぎて、皮がゴツゴツとした『せとか』の果実になるからです。

a0254656_1759345.jpg摘果作業を終えると、次に残した『せとか』の果実を、1玉1玉全てひもで吊り下げる作業が行われました。
1玉が300gにもなる『せとか』の果実が、成長の過程で枝が折れたり、風で揺れて果実に傷がつかないように、1玉1玉ひもで吊るして育てるのです。
ひも吊り作業と同時に、果実のお尻に残った柱頭をハサミで切り落とします。

a0254656_1834044.jpgこの写真の左側にある果実の上に見えるのがその柱頭です。
さらにもうひと手間かけ、果実の近くのトゲを全て切り落としていきます。
風で揺れて、そのトゲで傷つくのを防ぐためです。

a0254656_18115944.jpgご覧ください!
『せとか』には、このようなかなり鋭いトゲがあるんです。
もちろん、果樹自らを守るためのトゲですが、栽培をするにあたっては、かなり厄介なものなのです。

a0254656_1816096.jpg匠の判断で摘果され、惜しまぬ手間ひまで柱頭を落とし、周りのトゲを切って育てられた、「小春農園」さんの『せとか』たちは、今年も美しく順調に成長していました。

a0254656_1820371.jpg「これからは、温度管理と水管理をしっかり行いながら、今年も変わらぬ美味しさに仕上げていきます。いつも父が言っているように、毎年コンスタントに美味しい果実を育ててこそ、初めて評価されるのだからですね!」
将輝さんが、そう力強く話してくれました。

a0254656_1824155.jpg「では、その誓いを笑顔と共に証拠として残しときますか!(笑)」と言うと、将輝さんは少し照れながら私のリクエストに応えてくれました。
「小春農園」さんでは、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_18294562.jpgこちらは昨年の柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の収穫時に撮影した写真です。
「小春農園」さんでは、長年の経験と豊富な知識を持つ「小春農園」代表の小原正宏さんと、惜しまぬ手間ひまをかける奥様の美子さん、そして、大学で専門知識を学び技術を取得した息子さんの将輝さんが中心となり育てる農作物は、いずれも弊社の大人気商品です。

a0254656_1836637.jpg柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、12月下旬より出荷予定で、現在は、全く飾らず、みかんそのものの本当の美味さを楽しんでいただきたく命名された『ザ・みかん』(写真)が大好評販売中です。
M・Lサイズと2Lサイズの2パターンを、それぞれ2kg入り(袋)、5kg入り(箱)、10kg入り(箱)での販売で、大変リピート率の高い「FLCパートナーズストア」の人気商品です。
食べらば納得!のこの美味さをぜひ一度ご賞味ください!!

↓ 今すぐ購入したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『ザ・みかん』


a0254656_18415537.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』を、ネット独占販売いたします。
収穫した中からさらに選び抜いた“極選”の『せとか』を『プリンセスせとか』としての販売です。

a0254656_18445146.jpg「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』は、2月上旬より出荷予定です。
大変ありがたいことに、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
ご予約はお電話でのみ承っております。
ホームページでは、1月下旬より先行予約の受付をスタート予定です。
これからも、このブログ、そして「FLCパートナーズストア」のホームページを要チェックです!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-12-12 18:50 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 ハウスにビニールをはり、潅水と温度管理で収穫まで美味しく仕上げていきます!

FLC日記 2016年11月19日(土) 雨時々くもり
“究極の柑橘”と称される、『せとか』というフルーツをご存知ですか?
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成28年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
a0254656_14352283.jpg

a0254656_14371100.jpg「FLCパートナーズストア」で販売するのは、大切に大切に育て上げた『せとか』から、「小春農園」さんの“匠の目”で選び抜かれた“極選”の『プリンセスせとか』です。
「小春農園」さんの、究極の柑橘『プリンセスせとか』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品で、もう何年も出荷予定数は、毎年完売しています。

a0254656_14424815.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたようなまさに究極の柑橘です。
果実がこのように大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

<究極の柑橘『せとか』の7つのポイント>
1.果実が1玉300g前後と、大きいこと
2.外果皮がとても柔らかく、そのまま手でむけること
3.内皮(じょうのう膜)がとても薄くやわらかく、そのまま食べられること
4.果肉のつぶつぶがトロトロでやわらかいこと
5.タネがないこと
6.香り高いこと
7.酸味と糖度のベストバランスであること


a0254656_14441467.jpgトロトロの食感と、このみずみずしさ!
ですから、「究極の柑橘」を先頭に、「柑橘の大トロ」、「柑橘の女王」、「幻のみかん」、「大人の柑橘」、「柑橘のダイヤモンド」などなど、『せとか』を讃える表現は数知れません!!

a0254656_14565338.jpgしかし、“究極”とまで呼ばれるがゆえに、『せとか』の栽培には、専門知識と高度な技術が必要です。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培場(ハウス)です。
大自然に囲まれた、のどかな山里の日の当たる斜面を利用して、究極の柑橘『せとか』を栽培しています。

a0254656_158843.jpg上の写真とこちらの写真は、10月上旬に撮影したものです。
この時期の『せとか』は、色づき前の色が抜け始めているころでした。
また、この時期は『せとか』に寒さを感じさせるために、ハウスにビニールをはっていません。

a0254656_15115633.jpgその証拠がコチラ!
10月下旬に取材に伺った際の写真で、『せとか』の栽培ハウスに雨が降り注いでいます。
『せとか』は、寒さを感じることにより、こうして色づいてくるのです。

a0254656_15143272.jpg「究極の柑橘『せとか』が、寒さを感じてこうして色付いてきました。まもなく、ハウスのビニールを張りますが、まだこの時期しっかりと寒さを感じさせなければいけません!今年も順調に育っていますよ!!」
「小春農園」専務の小原将輝さんが、雨にもかかわらず取材を受けていただきそう話してくれました。

a0254656_15164534.jpg「今年は、昨年よりもさらに玉太りも良く、着果数も多くないですか?」と尋ねると、
「さすがによく見てますね!それぞれの『せとか』の果樹の樹勢が良くなり、たくさん身をつけさせてるんです。」

a0254656_1527013.jpg「でもその判断はすごく難しく、樹勢に対し着果数が少ないと、大きい果実にはなるのですが、果皮がゴツゴツして見た目が悪くなります。もちろん、着果数が多すぎると、果実が大きく育ちません。」と将輝さん。

a0254656_15295033.jpgこちらは、7月中旬に行われた摘果作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_15324560.jpgその際に、匠の判断で摘果作業を施し、残した果実を大切に大切に育てます。
1玉が300gにもなる『せとか』の果実が、成長の過程で枝が折れたり、風で揺れて果実に傷がつかないように、1玉1玉ひもで吊るして育てるのです。

a0254656_15502156.jpgこちらが、そのひも吊り作業の様子です。
将輝さんのお母さんの美子さんが、7月、8月の最も暑い中に、何度も何度も脚立を上り下りしながら、ひもで吊るす作業は、かなり過酷な手作業です。

a0254656_15531581.jpg「暑いし、脚立の上り下りは大変だし、絶対に果実を木津つけないように、もちろん枝を折らないようにと気を使いながらするので、ほんと大変よ!でもね、こうしてしっかりと手をかけてあげると、必ずいいものが育つでしょ?2月の収穫の時のきれいに実ったせとかのハウスを想像しながら頑張るのよ!」
美子さんがそう話してくれました。

a0254656_15563319.jpg現在、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』は、惜しまぬ手間ひまをかけ、1玉1玉つられながら、元気に成長中です。
ハウスにはビニールもはられ、これからハウスの開け閉めで温度を、潅水で水分をしっかり管理し収穫まで育てていきます。

a0254656_16223029.jpgこちらは、昨年2月9日の、究極の柑橘『せとか』の収穫の様子です。
「小春農園」代表の小原正宏さんも、満足いく出来に、収穫をしながら笑みを浮かべています。

a0254656_16244944.jpg「小春農園」さんでは、長年の経験と豊富な知識を持つ小原さんと、惜しまぬ手間ひまをかける美子さん、そして、大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんが中心となり、本日ご紹介した究極の柑橘『せとか』など、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_16285328.jpg「小春農園」さんでは、本日紹介した『せとか』の他には、『ザ・みかん』(写真)、『原木しいたけ(生、乾燥)』、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』、幻の白い『長生たけのこ』、『干したけのこ』、山あいの『南高梅(青梅、完熟梅)』、『甘熟いちじく』などを育てています。

a0254656_16303760.jpgそれらは、全てネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
現在は、『ザ・みかん(中世:興津)』や清流の里の『原木しいたけ(生・乾燥)』を販売しています。

a0254656_16333667.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年度も「小春農園」さんの『せとか』を、『プリンセスせとか』として販売いたします。
『プリンセスせとか』の販売は2月中旬からの予定です。
「FLCパートナーズストア」のホームページには、ここでしか買えない「熊本の旬」が目白押しです。
ぜひホームページものぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-11-19 16:35 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 樹勢も良く今年は収量アップの予感!匠の技で、美しく、大きく、美味しく育てます!

FLC日記 2016年9月29日(金) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成28年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
a0254656_181615.jpg
収穫した中kら、選びに選び抜いた“極選”の『プリンセスせとか』です。
「小春農園」さんの、究極の柑橘『プリンセスせとか』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品で、もう何年も出荷予定数は、毎年完売しています。

a0254656_1822989.jpg熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスに現在の様子を取材に行ってきました。
「小春農園」さんでは、究極の柑橘『せとか』を、こうして1玉1玉ハウス内に張り巡らしたワイヤーから垂らしたひもで吊り下げて育てています。
この惜しまぬ手間ひまが、美味しさと美しさがそろった、人気の秘密の1つですね!

a0254656_18291344.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたような柑橘で、非の打ち所がないまさに“究極の柑橘”と称されます。
最大の特徴は、やわらかいトロットロの果肉の食感です。
果肉は1粒1粒がトロトロで甘く、爽やかな酸味もあり、種はなく、簡単に手で皮がむけるので、まさに“究極の柑橘”なのです。

a0254656_18375224.jpgこれは、今年2月上旬の収穫直前の様子です。
『せとか』は、究極の柑橘と称されますが、こうも美しく、大きく、もちろん美味しく育てるには、多くの手間ひまと高い技術が必要です。

a0254656_18452747.jpg4月上旬に行われる、“花芽剪定”の様子です。
「小春農園」専務の小原将輝さんが、真剣なまなざしで作業を行っています。
将輝さんは、大学で柑橘類の栽培を専門的に学んだスペシャリスト!匠の農家さんです。

a0254656_18491919.jpg匠の技で“花芽剪定”を施した果樹には、4月下旬から5月上旬にかけ、今年も元気な花が咲きました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1853468.jpg5月下旬、『せとか』の果実が着果しました。
これから、今年の『せとか』の果実を、美しく、大きく、美味しく育てるために、匠の技が駆使されます。
まずは、生理落下後、匠の摘果作業です。

a0254656_18591611.jpg「樹勢、そして枝と果実のバランスなど、もろもろを判断して摘果作業をしていきます。落とすのを選ぶというより、残すのを決めると言う方が、正しいかもしれませんね。樹勢に対し、着果数が少なすぎると、大きなせとかに育ちますが、果皮がゴツゴツして見て目も良くありません。もちろん、逆に多すぎれば、小さな果実しか実らないので、その判断はかなり難しいですよ!」
将輝さんは、そう話しながら手際よく作業を進めていました。

a0254656_1924374.jpg摘果作業を終えると、7月、8月には果実のひも吊り作業を行います。
最も暑いこの時期に、脚立を何度も上り下りしながら行う、過酷な手作業です。
また、「小春農園」さんでは、あえて雑草をは生やしながら育てる“草生栽培”で作物を育てています。
草を生やしておくことで、たとえばダニや様々な病気のもとが、仮にこのハウスに入ったとしても、そのまま草にとどまってくれる様にしているのです。
雑草は、時期を見て刈り、そのまま有機肥料にします。
ですから、除草剤などは一切使用していません。

a0254656_19294333.jpgひも吊り作業と同時に行うのが、『せとか』の果実のお尻のとこに残っている、“柱頭”を切る作業です。
柱頭を切ることで、果実がきれいに育つのです。
さらに、もう1つ惜しまぬ手間ひまが・・・。

a0254656_19323540.jpg『せとか』は柑橘類ですので、このような鋭いとトゲが枝に無数にあります。
果実の周りのそのトゲをこうしてきちんと切っていくのです。
この時期、ハウスにビニールは張ってありません。
ですから、風が吹けば果樹や果実は揺れるのです。

a0254656_1938120.jpg風で揺れても、トゲで果実が傷つくことがないようにきちんと手をかけます。
『せとか』は、開花から収穫を迎える2月上旬まで、約10ヵ月もの栽培期間を経て育てられます。

a0254656_19415359.jpgこちらは、現在の様子です。
長い長い果実の成長の期間に、枝や葉、果実同士で『せとか』がぶつかって果皮に傷がつかないように、1玉1玉すべて絶妙なバランスで吊り下げ育てているのです。

a0254656_19462331.jpgさて、10月上旬になると、『せとか』の果実は、青々とした色から変化していきます。
これは、色づき始めているのではなく、まず青みが抜けているのです。
そして、時期を見てハウスのビニールをはり、温度と水管理を徹底的に行い、仕上げていくのです。
ここまでは、今年度の『せとか』の果実を、美しく、大きく、美味しく育てる惜しまぬ手間ひまと匠の技でした。

a0254656_19515347.jpgこれは、今回の取材の際に撮影した元気な夏芽です。
「夏の剪定で、必要な芽を残しこうして元気に成長しています。これが来年果実を実らせる枝になるんです。」と将輝さん。

a0254656_1955177.jpg来年の『せとか』の栽培は、すでに始まっていました。
6月~7月にかけて行う、選定作業の様子です。
「小春農園」さんが行う、『せとか』の匠の剪定のお話は、以前のブログでご紹介していますので、興味のある方はぜひのぞいてみてください。

FLCパートナーズストアオフィシャルブログ 「FLC日記」
幻の柑橘「せとか」
究極ゆえの手のかかる栽培方法!その1


幻の柑橘「せとか」
究極ゆえの手のかかる栽培方法!その2

今年の2月の収穫時の写真です。
「小春農園」代表の小原正宏さんと奥様の美子さん。息子さんで専務の小原将輝さんです。

a0254656_2065888.jpg長年の経験と豊富な知識を持つ小原さんと、惜しまぬ手間ひまをかける美子さん、そして、大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんが中心となり、本日ご紹介した究極の柑橘『せとか』など、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_208326.jpg代表の小原さんはいつもこう話します。
「果樹栽培は、その年、1年良くてもダメとたい。毎年コンスタントに高品質のものを育て上げて、初めて評価されるとたい。」
その言葉通りの、至高の『せとか』の出来ばえに、小原さんも満面の笑みです。

a0254656_20114240.jpg「小春農園」さんが育てる作物は、全て「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
本日紹介した『せとか』の他には、『ザ・みかん』(写真)、『原木しいたけ(生、乾燥)』、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』、幻の白い『長生たけのこ』、『干したけのこ』、山あいの『南高梅(青梅、完熟梅)』、『甘熟いちじく』などを育てています。

a0254656_20161088.jpg現在は、極早生みかん『日南』を大好評販売中です。
初回発送分は、先行予約のみで完売しているほどの大人気商品です。
この時期ならではの、さわやかな甘さと、程よい酸味をぜひご堪能ください!

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『ザ・みかん』


a0254656_20203453.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんが、惜しまぬ手間ひまと匠の技で育て上げた、究極の柑橘『せとか』の中からさらに選び抜いた『プリンセスせとか』を、来年もネット独占販売いたします。
とろっとろの食感と甘い果樹を味わいたく、来年2月の収穫が待ち遠しくてなりませんが、それまでは「小春農園」さんにしっかりとお任せすることとしましょう!!
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-09-29 20:23 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』 美味しく、きれいに育てるための惜しまぬ手間ひま!玉吊り作業に密着取材!

FLC日記 2016年8月20日(土) 晴れ
「私たちは、『せとか』を美味しさはもちろん、きれいに育てたいのよね!だからそのために、こうして1玉1玉ひもで吊って育てるの。その時に、果実に残る“柱頭”と切り落とすことと、果実に傷がつかないように周りの“トゲ”を切ることも忘れてはだめよね!」
a0254656_17343864.jpg
匠の農家さん「小春農園」さんの小原美子さんが、そう言いながら手際よく作業を進めています。
開花からだと10か月、この時期からだと約半年をかけ、『せとか』は育てられていくのです。

a0254656_17372854.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成28年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。

a0254656_17382562.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたような柑橘で、非の打ち所がないと言われ“究極の柑橘”と称されます。
最大の特徴は、やわらかいトロットロの果肉の食感です。
果肉は1粒1粒がトロトロで甘く、爽やかな酸味もあり、種はなく、簡単に手で皮がむけるので、まさに“究極の柑橘”なのです。

a0254656_17392425.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
左が『せとか』の栽培ハウスで、右は柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。

a0254656_1741364.jpg雄大な大自然の中、陽の当たる山の斜面を利用したハウスで、『せとか』も『デコポン(肥後ポン)』も栽培されています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1744055.jpgハウスの中にお邪魔しました。
ハウスと言えどもこの時期は、ハウスにビニールをはっていません。
天井の青いものは、網目のシートです。
直射日光に弱いせとかの果実を守ることと、害虫が入ることを避けるためのものです。

a0254656_17465030.jpg「小春農園」さんでは、“草生栽培”と言って、地面の雑草をあえて伸ばして果樹を育てています。
時期をみて、全て手作業で草刈りをして、それらの草はそのまま有機肥料としています。
草を自由に伸ばすことで、仮にハウス内に病気や害虫が侵入しても果樹に影響することなく草にとどまるという効果もあるのです。
もちろん、草だけでは肥料は足りませんので、時期をみて有機肥料の“ぼかし肥料”を与えています。

a0254656_1748879.jpgこの時期は、『せとか』の果実の玉吊り作業の時期です。
最も暑いこの時期に、脚立を何度も上り下りしながら、惜しまぬ手間ひまをかける匠がいました。
「小春農園」代表の小原正宏さんの奥様、美子さんです。

a0254656_1751497.jpgこちらは、今年2月上旬の収穫の際に撮影した、匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年、果樹栽培をしてきた豊富な経験と、卓越した技術、そして奥さまの美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには大学で専門的に果樹栽培を学んだ、専務の将輝さんの新たな知識や技術が重なり、最高級の『せとか』を毎年育てています。

a0254656_17594334.jpg7月中旬の摘果作業の様子です。
『せとか』は、他の柑橘類と同じように、4月から5月にかけて花を咲かせます。
その後、着果を確認し、7月中旬にこうして摘果作業をするのです。
『せとか』は、“究極の柑橘”と称されるだけあって、その栽培には高度な技術が必要です。
その中の1つ「摘果作業」は、以前のブログで詳しく溶解していますので、興味のある方はぜひご覧ください!

FLCパートナーズストアオフィシャルブログ 「FLC日記」
究極の柑橘「せとか」
着果から匠の摘果作業までの話


a0254656_1883120.jpg「将輝がきちんと摘果作業をして、これから育てる『せとか』の果実だけを残してくれてるから、私はそれらを1つ1つ玉吊りしていくのよ。」
美子さんは、そう言いながら、また脚立に上り作業を始めました。

a0254656_18121536.jpg『せとか』の栽培には、開花から収穫まで、約10ヶ月を要します。
その間に、枝や葉、果実同士で『せとか』がぶつかって果皮に傷がつかないように、すべて絶妙なバランスで吊り下げるのです。
また、『せとか』は、果実が300g前後と大変大きくなるので、ひもで吊り下げることで、収穫まで枝が折れることなく育つのです。

a0254656_1817064.jpgしかしその“玉吊り作業”は、真夏のこの時期に行う、想像を絶する過酷な手作業です。
「この惜しまぬ手間ひまが、あの美味しくて、きれいな『せとか』になるんですね!」と声をかけると、

a0254656_18195185.jpg「ホント大変なのよ(笑)!でもね、この作業で今年もまたあの『せとか』ができると思うと、なんだかわくわくするのよね!今はまだ、これからの果実の肥大を想定して、あえて余裕をもってひもを調整してるけど、2月の収穫の時は、笠さんもご存じのあの光景になると思うと、頑張ろうと思うのよね!」

a0254656_18224572.jpg「これも、きれいな『せとか』を育て上げるための大事な作業なのよ。『せとか』は、着果してもこうして“柱頭”が残ることがあるので、それをこの時期にきちんと切り落としてあげるの。」

a0254656_18243845.jpg「それと同時に、このトゲも切り落としていくのよ。『せとか』はこうして鋭いトゲを持ってるから、果実の周りにあるものは、この時期に切り落として、長い成長の期間に果実に傷がつかないようにするのよね!」

a0254656_18274432.jpg「小春農園」さんの『せとか』は、バツグンの美味しさもさることながら、美しさも人気の秘密なのです。
その“美しさ”は、こうした地道な手作業による、惜しまぬ手間ひまによって作り出されているのです。

a0254656_1833336.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
現在は、ゴルフボールをもう2回りほど大きくしたくらいまでに成長してます。
これからも、現地取材にてその成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-08-20 18:38 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)