ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:マンゴー(アップルマンゴー)( 36 )

完熟アップルマンゴー マンゴーの花!今年も惜しまぬ手間ひまをかけ花芽を全て吊って育てます!

FLC日記 2017年4月7日(金) 雨のち時々くもり

a0254656_19004767.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「上野マンゴー園」さんの、樹上完熟『』をネット独占販売いたします。
今現在は、まだマンゴーの花が咲いたばかりです。
まずは、マンゴーの花をご覧ください!
a0254656_17010538.jpg
マンゴーは、とても小さな花をたくさん咲かせます。
マンゴーの花は全体的にはとても大きなものです。
しかし、この大きな花から、着果し収穫を迎えるのは、1つできれば良い方です。

a0254656_17030598.jpgここは、熊本県合志市にある、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培ハウスです。
「上野マンゴー園」の上野幸伸さんの奥様の秀子さんが、花芽を吊る作業をしています。

a0254656_17110257.jpgマンゴーを上手く育てるには、この花芽を大切にせねばなりません。
ですから、「上野マンゴー園」さんでは、花芽1本1本を全て手作業でひもを使って吊るしていきます。
そうしないと、たくさん花を咲かせるマンゴーの花芽が折れる可能性があるからです。

a0254656_17125634.jpg広い広いハウス内に咲く、マンゴーの花をハウス内に張り巡らしているワイヤーやハウスのパイプを使いながら、全て吊り下げていくのですから、それは想像を絶する根気のいる手作業です。

a0254656_17212579.jpg秀子さんとパートさんたちが、何度も何度も脚立を上り下りしながら、丁寧に作業を進めています。
本当にみなさん働き者の、頑張り屋さんたちです。
実は、このハウスの中には、他にも働き者たちがいるんですよ!

a0254656_17270623.jpgそれがコチラ!
写真の中央をよく見て下さい!ミツバチです。
「上野マンゴー園」さんでは、ミツバチで交配(受粉)を行っています。
花が咲くこの時期に、契約している養蜂農家さんからミツバチを借りてくるのです。

a0254656_17282358.jpgしかし、どんなにミツバチが頑張っても、受精して果実となるのはわずか数パーセントです。
早いものは、小さなマンゴーの赤ちゃんになっていましたが、この状態ではきちんと着果したとは言えません。
これから整理落下と言って、きちんと受精していない果実は自ら落ちていきます。

a0254656_18025612.jpg「上野マンゴー園」の上野幸伸さんです。
整理落下が終わり、着果を確認すると、不要な花を剪定していきます。
あの大きな花から収穫するマンゴーは1つあれば良い方で、果樹に無駄な体力を使わせないためです。

a0254656_17592822.jpg匠の判断で、次々とハサミを入れていきます。
私には、全く必要な枝と不要な枝の区別がつきませんが、そこはまさに匠の技です。
「上野マンゴー園」の上野幸伸さんは、熊本県で最初にマンゴー栽培をはじめ、今年で22年目を迎えるまさに“マンゴーの匠”です。

a0254656_17484165.jpgこちらは、4月下旬の様子です。
マンゴーの果実が着果しています。
このころになると、匠の摘果作業が行われます。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_18202108.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
そんな私ですから、花の取材に伺ったこの日、このようなまだ蕾の状態があることに気が付き質問しました。

a0254656_18275962.jpg「今年は成長に少しばらつきがありますか?」と尋ねると、
「そぎゃんたい。昨年の熊本地震で根が揺れて、一昨年の台風で果樹が揺れとるでしょ?だけん、変りなかごつ見えるけど、果樹たちもかなりのストレスば感じ取るとだろうねぇ~。確かにばらつきのあるもんな。」

a0254656_18324739.jpg「こうなるとこれからの温度管理が一番厄介になるたいね。今まではこぎゃんこつはなかったけん、その分、俺たちがしっかり手ばかけて育ていかんとでけんたいな。」
やはり、台風、地震と2年連続で熊本を襲った大きな自然災害は、様々な影響を及ぼしているようです。

a0254656_18504393.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_18530673.jpg現在は、早いものでこうして花が咲き誇っている段階で、これから匠が惜しみない手間ひまをかけ育てていき、早ければ6月下旬から出荷をスタートし、8月中旬までの発送予定です。

a0254656_18554715.jpgもちろん、これからも大きな自然災害を乗り越え育つ、「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー』の成長の様子や、匠の摘果作業、収穫の様子などを、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-07 19:06 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー 冬の様子 本格的な寒さに備えビニールを2重にはり準備します

FLC日記 2017年1月3日(火) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度もマンゴーの匠「上野マンゴー園」さんの、樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』をネット独占販売いたします。
今年は6月中旬から8月にかけての販売予定です!
a0254656_1710156.jpg

a0254656_17113832.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある「上野マンゴー園」さんの栽培ハウスです。
広い広い連棟建てのビニールハウスで、今年で22年目のマンゴー栽培がスタートしています。

a0254656_1714407.jpg「上野マンゴー園」さんは、熊本で最初にマンゴー栽培を始めました。
失敗と成功、苦労と研究を積み重ねて、最高級のマンゴーを育てる、まさに“匠”の農家さんです。

a0254656_17161453.jpgこちらが、栽培ハウスの中の現在の様子です。
取材に伺ったこの日は、本格的な寒さに備えて、ハウスの中にもう1枚のビニールを張る作業が進められていました。

a0254656_17182820.jpgもっとも外にある、連棟建てのビニールハウスは、10月下旬にはビニールをはりました。
そして、12月下旬にその内側の三角のパイプの部分に、もう一枚のビニールをはり、防寒対策を整えるのです。

a0254656_1724543.jpgマンゴーの匠、「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんです。
作業の手を休め、取材にご協力いただきました。
上野さんから、最初に出た言葉はお詫びでした。

a0254656_17275085.jpg「平成28年度は、ほんと迷惑かけたなぁ~。あぎゃんこつは、俺も初めてだったけん、どうしようもなかったとたい。」と上野さん。
この写真は、昨年7月上旬の様子です。
たくさんのマンゴーが、実っていますが、待てども待てども完熟しネットに落ちてくれなかったのです。
「上野マンゴー園」さんは、こだわりの樹上完熟アップルマンゴーの生産者です。

a0254656_17313091.jpgマンゴーの果実は、完熟すると自ら落ちてしまいます。
そこで、こうして1玉1玉にネットを準備し、地面に落下しないようにして、ネットに落ちたマンゴーだけを収穫し出荷します。

a0254656_17334534.jpgしかし、昨年はその前の年の平成27年に熊本県に上陸し猛威を振るった台15号で果樹が揺らされ弱り、さらには昨年4月の「熊本地震」と、その後の度重なる余震で、今度は根っこが揺らされて、その上6月、7月の記録的な長雨で日照時間が極端に少なく、上野さんが思うマンゴーの収穫予定が大幅にくるってしまいました。

a0254656_17374680.jpgそこで、先行予約をいただいていたお客様分のみを最優先しながら順番に出荷し、新たなお客様からの受注をお断りしたのです。
毎年「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』を販売してきた弊社でも、このようなことは初めてでした。

a0254656_17404684.jpgこちらは、3月下旬のマンゴーの花の様子です。
台風15号で弱った果樹も、匠の技でこんなに見事な花をたくさん咲かせることができました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17431425.jpgもちろん「上野マンゴー園」さんのマンゴーの栽培の様子も、収穫後の剪定作業やビニール張り、花芽の芽吹きや開花の様子、もちろん実り色付き収穫するまでのすべてを、もう何年も年間を通し現地取材してきました。

a0254656_17454420.jpgそしてこちらが現在の様子です。
「ほら!こうして色の変わった葉っぱのあるたい。これは寒さでやられたとたいね。ばってん、これはある意味想定内で、いったんはきちんと寒さを感じさせんといかんとたい。」

a0254656_1748681.jpg「ばってんな、これから芽吹いてくる花芽が寒さでやられるなら、どぎゃんしようもなかけん、その前にハウスのビニールば2重にしてきちんと対策ばとるわけたいね。」
上野さんの言葉通りに、熊本弁で紹介しましたがわかりました?

a0254656_17502326.jpgそうこうしていると、ハウスの奥から上野さんの奥様の秀子さんがやってきて、開口一番、
「昨年は本当にごめんなさいね。」と上野さん同様に、昨年のことをお詫びされました。

a0254656_1757766.jpg「自然相手の農作物ですから、そんな時もありますし、仕方ないですよ。それより、今年はいかがなんですか?」と尋ねると、
「まぁ、これから花芽が出てくるとばってん、今のとこ順調にできよるばい。今年は昨年の分ば取り返すごつ、しっかり育て上げるばい。」
匠の力強い言葉をいただきました。

a0254656_1759373.jpg私は、上野さんのことを敬意を表し“仕事人”と呼んでいます。
マンゴー作りに一切の妥協を許さず、惜しまぬ手間ひまと匠の技で至高のマンゴーを育て上げるからです。
そしてこの仲良しご夫婦の笑顔が、さらに至高のマンゴーを育て上げます。

a0254656_1823749.jpg私は、年間を通して「上野マンゴー園」さんのマンゴー栽培を取材しています。
だからこそ、自信をもって「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しているのです。

a0254656_1851028.jpgこれからの花芽の芽吹き、開花、着果などなど、平成29年度の栽培の様子も、もちろん現地取材でご紹介いたします。
平成29年度の「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』に、ぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-01-03 18:07 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

樹上完熟アップルマンゴー 平成28年度のマンゴー作りを振り返って!そして22年目のマンゴー栽培スタート

FLC日記 2016年9月12日(月) 雨

a0254656_16102644.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年もマンゴーの匠「上野マンゴー園」さんの、樹上完熟アップルマンゴーをネット独占販売する予定でした。
しかし、今期(平成28年度)は、収穫が例年より大幅に遅れたため、ホームページでの受注をすることができませんでした。
a0254656_16105530.jpg
もちろん、早々にお電話でご予約いただいたお客様には、出荷予定日よりかなり遅れはしたものの、全てお届けすることができました。
しかしながら、ホームページでの新たな注文をお受けすることができなかったのです。

a0254656_16152275.jpg「上野マンゴー園」さんでは、どんなに色づいていても、マンゴーが完熟して自らネットに落ちるまで収穫しません。
そのこだわりが、多くのリピート購入のお客様を持つ人気の秘密なのですが、今期は、昨年8月25日の台風15号の影響と、今年の熊本地震で、かつてないほどの収穫の時期が遅れたのです。

a0254656_16364572.jpg熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんのハウスに取材に伺いました。
こちらは、本日の様子です。
収穫を終えたマンゴーの栽培ハウスは、この時期ハウスのビニールをすべて取り除いています。

a0254656_16404076.jpg毎年、9月になるとビニールを外し、秋から初冬にかけて、マンゴーの果樹たちにあえて寒さを感じさせます。
それと同時に、匠の剪定作業を施すのです。
すでに、来期(平成29年度)のマンゴー栽培はスタートしていました。
降りしきる雨に打たれながらも、マンゴーの果樹たちは、なんだか活き活きとしていました。

a0254656_16434380.jpg7月上旬のハウスの様子です。
「上野マンゴー園」の上野幸伸さんは、熊本で最初にマンゴー栽培をはじめ、来期で22年目を迎えるまさに“匠”の農家さんです。
その上野さんをもってしても、今年の収穫時期の遅れは、全く予想できませんでした。

a0254656_16484474.jpgこちらは、3月下旬の咲き誇るマンゴーの花たちです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16503757.jpg花の取材に伺った際に上野さんは笑顔で話しました。
「去年の台風でどぎゃんなっどかって思ったばってん、元気な花も咲いて、順調そのものばい!」
私もほっと一安心していたのですが・・・。

a0254656_1722837.jpg4月14日の前震、そして4月16日の本震、熊本を未曽有の地震が襲ったのです。
熊本地震は、本震以降もかつてないほどの余震が続き、「上野マンゴー園」さんのマンゴーの果樹たちの根っこを揺らし続けたのです。

a0254656_174360.jpgさらに、熊本を自然の猛威が襲います。
6月、7月は記録的な豪雨が降り続き、日照時間はほんの数時間しかありませんでした。
最もマンゴーの果実が成長する時期に、太陽の光が降り注がなかったのです。

a0254656_1773214.jpg7月上旬、本来なら毎日たくさんのマンゴーを収穫しています。
しかし、今年は、こうしてしっかり色づいても、ネットに落ちてきません。
ネットに落ちてこなければ、収穫はできないのです。

a0254656_17123171.jpgそこで、「上野マンゴー園」さんでは、マンゴーの果樹が全力で果実に力を注げるように、新芽の芽カギ作業を行いました。
上野さんの奥様の秀子さんです。
「笠さん!お待たせしてホントごめんね!こうして、しっかり果実に栄養が行くように、新芽を摘んで頑張るようしてるから、ちょっと待ってね!」

a0254656_17162876.jpg「絶対に樹上で完熟して、ネットに落ちてきたマンゴーでないと、俺が育てた本当の味にならんとたい。だけん、お待たせして申し訳なかばってん、それだけはどうしても譲れんとたい。」
上野さんはそう言いながら、芽カギ作業を行っています。

a0254656_17225041.jpg例年なら、6月下旬より完熟マンゴーが根とに落ち始め、7月、8月と徐々に収穫をしていくのですが、今年はそれが1ヶ月ほど遅れました。
私は、上野さんを敬意を込めて「マンゴーの仕事人」と称しています。

a0254656_17253896.jpg一切の妥協を許さぬ、惜しまぬ手間ひまと、熊本県で最初にマンゴー栽培を始めた豊富な知識と経験、さらには、本当に美味しいものを作り上げて出荷するという強いこだわりで、全国に多くのファンを持つ「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
上野さんは、平成28年度の収穫を終え、こう話しました。

a0254656_1729309.jpg「この子たちと一緒に、21年やってきたたい。ばってん、逆をかえすなら、まだ21回しか収穫しとらんとたいね。まだまだ勉強が必要ばい。22年目はもう一度しっかり手をかけて育て上げるばい。」

a0254656_17313365.jpg平成29年度の収穫に向け、上野さんの22回目のマンゴー栽培がスタートしました。
これからも、現地取材で成長の様子や惜しまぬ手間ひま、そして匠の技を紹介していきます。

a0254656_1734313.jpg今期、ご購入いただくことができなかったお客様には、この場を借りて深くお詫び申し上げます。
「上野マンゴー園」さんは、さらなる進化を遂げ、来期は必ずまた至高のマンゴーを育て上げます。
平成29年度の「上野マンゴー園」さんの樹上完熟『アップルマンゴー』にぜひご期待下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-09-12 17:37 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー 平成28年度販売中止のご案内とお詫び

FLC日記 2016年8月6日(土) 晴れのち雨(夕立)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年もマンゴーの匠「上野マンゴー園」さんの、樹上完熟アップルマンゴーをネット独占販売する予定でした。
しかし、今年度(平成28年度)は、これからの受注を中止させていただきますこと、ここにご報告し、深くお詫び申し上げます。
a0254656_14242366.jpg

a0254656_14274816.jpg例年通りなら、この時期は出荷の最盛期で、毎日、樹上で完熟しネットに落ちてきたマンゴーをたくさん収穫しています。
「上野マンゴー園」さんは、樹上で完熟し自らネットに落ちたマンゴーだけを収穫し出荷しています。

a0254656_14345340.jpgこれが完熟しネットに落ちてきたマンゴーです。
数年前の6月下旬に撮影したものです。
本来は、6月下旬よりこうして樹上で完熟し落ちてくるのですが、今年は明らかに違いました。

a0254656_14327100.jpgネットをかけ、落ちるのを待つばかりに準備万端整えているのですが、なかなかネットに落ちてきません。
それどころか、色づいてきているのはまだ少なく、色づきさえしてこないのです。
「上野マンゴー園」さんは、熊本で最初にマンゴー栽培をはじめ、今年で21年目となるまさに匠の農家さんです。

a0254656_14412915.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培ハウスです。
「上野マンゴー園」さんでは、広い広い連棟建ての栽培ハウスで、惜しまぬ手間ひまと徹底管理、さらには匠の技で『樹上完熟アップルマンゴー』を育てています。

a0254656_1444199.jpgこちらは、3月下旬のマンゴーの花の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_14473154.jpgこちらは、収穫を終えた後の9月下旬から10月上旬に行う、落葉した葉っぱの片付け作業の様子です。
この時は、近所の中学校から生徒が体験学習に来て手伝っていました。

a0254656_14511240.jpg12月下旬の花芽の芽吹く前の様子です。
私は、もう何年も、収穫の時期はもちろんのこと、こうして年間を通し、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培の様子を現地取材してきたのです。

a0254656_14563781.jpgそして、その惜しまぬ手間ひまと、徹底管理、匠の技で育て上げられる『樹上完熟アップルマンゴー』の、美しさと、もちろん美味しさに惚れ込み、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売をしてきました。
もちろん、多くのリピート購入のお客様を持つ、大人気商品となりました。
今期も、ホームページで受注をスタートする前から、たくさんの予約のお申し込みをいただいていたのです。

a0254656_1511586.jpg「上野マンゴー園」園主の上野幸伸さんです。
私は、上野さんの一切の妥協を許さない徹底した仕事ぶりを見て、敬意を表し“仕事人”と呼んでいます。
そんな上野さんをもってしても、今年は予定通りの収穫ができないのです。

a0254656_1562281.jpg今年の予想ができない、マンゴーの収穫状況は、昨年8月25日、熊本県に上陸した台風15号の影響から始まったようです。
こちらはその直後の写真で、マンゴーの果実はわずか1つを残し全て落ちてしまっていました。

a0254656_1583014.jpgその1つも、このような状況でした。
上野さんは、台風直撃の前に、ハウスの倒壊を防ぐために、ハウスのビニールを外し備えました。
台風はハウスの中を吹き荒らし、マンゴーの果樹に大きなダメージを与えました。

a0254656_15112584.jpgしかし、上野さんは奥様の秀子さんやパートさんたちと協力し、台風で被害にあったハウスを補修し、マンゴーの果樹たちには、それまで以上に手間ひまをかけ、今年も元気な花芽を芽吹かせました。

a0254656_15142829.jpgしかし、熊本にはさらなる天災が襲ったのです。
4月14日の前震、そして4月16日の本震の“熊本地震”です。
その後、かつてない頻度の余震が続き、このマンゴーの果樹の根っこを揺らし続けました。
ちょうど、マンゴーが着果して、上野さんが匠の技で摘果作業をしていたころです。

a0254656_15185676.jpgさらに天災は続きます。
6月の熊本県を襲った記録的豪雨と長雨で日照時間が極端に少なく、本来なら6月下旬より収穫するはずのマンゴーたちが、全く収穫できません。

a0254656_15414879.jpg「この辺りは、台風の被害ば一番受けたとこ。何とか元気を取り戻して、数は少なかばってんちゃんと実ってくれよるばい。ただ、これがいつ色づいてきて、いつネットに落ちるかは、ホント今年は予想のつかんとたい。」
上野さんは、そう言いながらマンゴーの果実の成熟具合を確認していました。

a0254656_15545546.jpg「笠さん!申し訳ない!今年は、ホームページでこれ以上受注するのをやめてもらえんだろうか?ここまで色づいたら、例年なら2日位で落ちてくるとばってん、今年は全く予想が立たんとたい。」

a0254656_15571488.jpg先ほども紹介したように、上野さんは強いこだわりを持つ“仕事人”です。
その上野さんの判断で、今期の『樹上完熟アップルマンゴー』のこれからの受注を中止する運びとなりました。
もちろん上野さんは、けっして手を抜いて栽培したのではありません。
むしろ、例年以上に手をかけて育ててきましたが、昨年の台風15号、熊本地震、そして記録的な豪雨と長雨は、上野さんのマンゴーに大きな影響を与えたようです。

a0254656_16193019.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成28年度の「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の販売を中止する決定をいたしました。
ホームページのアップを心待ちにされていた多くのお客様に、深くお詫びするとともに、本日紹介した理由での中止の判断をなにとぞご理解賜りたくお願い申し上げます。
来年度は、必ず至高のマンゴーを販売いたします。
これからもよろしくお願いいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-08-06 16:24 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー 今期の予約受付及び初回発送遅延のお詫びと現在の様子

FLC日記 2016年7月4日(月) くもり時々晴れ
「FLCパートナーズストア」では、今年も「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』をネット独占販売いたします。
a0254656_18273789.jpg
本来なら、6月下旬より出荷しているのですが、今年は、熊本県を襲った記録的豪雨と長雨の影響で、初回発送が、7月10日以降(予定)となっています。
現在の、『樹上完熟マンゴー』の栽培ハウスの様子を取材してきました。

a0254656_1837289.jpgここは、熊本県合志市にある、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培ハウスです。
連棟建ての広い広いハウスで、この時期は1玉1玉ひもで吊られて、マンゴーは育っていました。

a0254656_183937100.jpgこちらは、3月下旬の咲き誇るマンゴーの花の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18444445.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの、栽培の様子も年間を通し現地取材しています。
これは、6月下旬の収穫の様子です。
例年なら、6月下旬には、こうして色づきネットに落ちた『樹上完熟マンゴー』が収穫できるのです。

a0254656_18484553.jpgしかし、今年は、6月中旬からの豪雨を伴う長雨で、極端に日照時間が少なく、まだまだ熟してネットに落ちてくることはおろか、あまり色付いてさえもいません。
毎年こうして現地取材をしている私から見ても、明らかに例年とは異なります。

a0254656_18523673.jpg「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんに、現地に伺ってすぐにお話をうかがいました。
「毎年見よる笠さんならよくわかるど?今年はなんさま(熊本弁:とにかく)、日の照らんけん、熟れんとたい!」

a0254656_193205.jpg「ハウスの中を見せて頂いていいですか?」と言うと、
「もちろん!しっかり見て、たくさん写真撮って良かばい。ただ、俺はハウスに入れんとたいね!」と上野さん。
「えッ?どうしてですか?何かあったんですか?」と驚きながら訪ねると、

a0254656_1954059.jpg「ハハハっ!なんもなかとばってん、草刈りばしよったけんなぁ・・・。このままハウスに入って、害虫やら病気やらば、持ち来むといかんけん、もし入るなら、全部着替えて靴も変えにゃんとたい。」

a0254656_199132.jpg「俺はここまでしか入らんばってん、ここばまっすぐ行ったとこに、1玉だけ色着いとるとのあるもんね。せっかく来たとだけん、それば写真撮っときなっせ!」
私は上野幸伸さんのことを、敬意を表し“仕事人”と呼んでいます。

a0254656_1912569.jpg草刈りをしていたからと、着替えるまではハウスに入らない徹底ぶりはもちろんのこと、どこにどのように熟しているかを把握している管理能力、もちろん惜しまぬ手間ひまと匠の技で育てられたマンゴーの驚きの美味しさは、まさに“仕事人”なのです。

a0254656_19162452.jpg本来この時期、このように煌く赤に色づいたマンゴーたちがずらっと並んでいるはずなのですが、今年はずいぶん遅れているようです。
そうこうしていると、ハウスの奥の方から話し声が聞こえました。

a0254656_19213566.jpg「こんにちは!」と近づくと、上野さんの奥様(秀子さん:右)と、パートさんたちでした。
秀子さんは私の顔を見るなり、
「ごめんね・・・。本当は今頃、どんどん出荷しているはずなのにね・・・」と、とても申し訳なさそうに話しました。

a0254656_1924597.jpg「今日は、何の作業をしていたのですか?」と、尋ねると、
「マンゴーの果樹が果実に全力を注げるように、芽カギをしてたのよ。私たちが今できる最善を尽くそうと思ってね!」

a0254656_19271441.jpg「子の収穫の時期に芽カギですか?」と、また尋ねると、
「さすが笠さん!随分詳しくなったわね。本当はこの時期に芽カギはしないんだけど、とにかく新芽に栄養を取られることなく、果実に集中させないといけないから、この新芽をかいでいたとこなのよ。」

a0254656_19301258.jpg「うちでは絶対に、ネットに落ちたマンゴーしか出荷しないでしょ?このままだと、もっと遅れる可能性があるから、3人1組で、1本1本しっかり芽カギ作業をしていたとこよ。」
秀子さんはそう言いながら、新芽を丁寧にかいでいました。

a0254656_19345396.jpg「上野マンゴー園」さんが出荷するマンゴーは、こだわりの『樹上完熟マンゴー』です。
マンゴーは、果実が熟すと、自ら落ちてしまいます。
これは、昨年の6月中旬の写真です。
こうしてフックをかけ1玉1玉吊るしながら準備をします。

a0254656_19384814.jpgさらに、ネットをかけ、マンゴーが熟したのを感じ、自らネットに落ちてきたものだけを収穫するのです。
それが、こだわりの『樹上完熟マンゴー』で、美味しさの秘密なんです。

a0254656_1943868.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんのこだわりの樹上完熟アップルマンゴーの中から、選び抜いた特選マンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_1946253.jpgこちらは、大変お買い得なファミリータイプ(2~4玉入り)です。
『煌(きらめき)』と『ファミリータイプ』の違いは、果皮の色合いだけです。
果皮の色合いが若干薄く、『煌(きらめき)』にはなれなかったものの、形、大きさ、香り、もちろん味わいなどは『煌(きらめき)』と変わりません。

a0254656_19521123.jpg大変ありがたいことに、今シーズンはまだホームページで注文をお受けしていませんが、お電話にて「上野さんの『樹上完熟マンゴー』予約できますか?発送日はお任せします。あの味が忘れられなくて・・・」と、たくさんのご予約を頂戴しています。
私は、上野さんに100%信頼し、出荷日などなどは全てお任せしています。
現在は、お電話でのみ、発送日をおま変えいただけるということであれば、ご予約を承っております。
これからも、上野さんとしっかり連絡を取りながら、もちろん現地も見て今期の出荷をしていきますので、ホームページでの受け付けはもう少々お待ちください。
本日は、今期の予約受付及び初回発送遅延のお詫びと現在の様子のご紹介でした。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-07-04 19:57 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー 6月下旬からの収穫に向け、元気に成長中!ひも吊り作業と脇芽カギの話

FLC日記 2016年6月1日(水) くもり

a0254656_1843160.jpg「今月(6月)下旬には、収穫が始まるでしょ?今は、全てのマンゴーの果実をこうしてひもで吊っているのよ!今が一番忙しいだけど、美味しいマンゴーを育てるために頑張るわね!」
「上野マンゴー園」の上野秀子さんがそう言いながら、手際よく作業を進めていました。
a0254656_1871774.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年も、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』をネット独占販売いたします。

a0254656_1884557.jpgこだわりの樹上完熟で、これからかけられるネットに、自ら落ちるのを待って収穫します。
収穫時期はマンゴーの気分次第!(笑)
ですから、はっきりした初出荷日を決定できませんが、6月下旬よりの出荷予定です。

a0254656_18562927.jpg本日、熊本県合志市にある、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培ハウスに取材に伺いました。
ちょうどその時は、園主の上野幸伸さんは、機材をとりに自宅まで帰っていて、今日はお会いすることができませんでした。

a0254656_1816018.jpgこちらは以前の取材時に撮影した上野さんです。
熊本県で最初にマンゴー栽培に取り組み、今年で21年目を迎えるまさに“匠”です。
その徹底した仕事ぶりと、至高のマンゴーを育てる技術で、私は上野さんを敬意をこめて“仕事人”と呼んでいます。

a0254656_18292840.jpg3月下旬の咲き誇るマンゴーの花の様子です。
マンゴーの花を見る機会はほとんどないと思いますので、初めて見る方も多いことでしょう!
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1838065.jpgもちろん、「上野マンゴー園」さんの栽培の様子も全て現地で見てきました。
これは、花芽の剪定作業の様子で、たくさん花を咲かせる大きな花にマンゴーの果実を実らせるのは1つあればよい方なのです。

a0254656_18394339.jpg着果しても徹底的に摘果していきます。
これは摘果の様子で、上野さんが言うには
「これは形の悪かとたい。数じゃなかとたいね!良かもんば作り上げにゃんとたい。」とのこと。
上野さんの熊本弁わかりますか?(笑)

a0254656_18432497.jpg今日は、上野さんが匠の技で選び抜いたマンゴーの果実に、奥様の秀子さんとパートさんとで、ハウス内に張り巡らされたわいたーを使って、1玉1玉ひも吊り作業を行っていました。
想像を絶する惜しまぬ手間ひまです。

a0254656_18462452.jpgひもの先端には、番線(針金)で作ったフックで、マンゴーの果実の枝にかけています。
樹上で完熟したマンゴーは、果実と枝の根元のとこから自然と落ちていくのです。

a0254656_18482692.jpg「ほら!この子なんてもうずいぶん色づいてきてるでしょ?農作業は待ったなしだから、この時期はほんと1日も休むことなんてないわね!」
と秀子さん。
秀子さんはそういうと、おもむろに手を伸ばし始めました。

a0254656_18501555.jpg「それは何をしているのですか?」と尋ねると、
「果実のひも吊り作業と同時に、不要な芽を摘んでいるのよ。これがあると、他の葉に太陽の光が当たらないし、そっちに栄養を取られるからね。」

a0254656_18521934.jpgマンゴーは常夏の環境に適した植物で、気温条件などがあえば、こうして年中新芽が芽吹いてきます。
しかし、上野さんはこれからの収穫に合わせて栽培しているので、不要な脇芽を全て取り除いていきます。

a0254656_18595733.jpg「たっぷり取材させていただきました!」と言うと、
「笠さんも次の予定があるんでしょ?もう少しすれば主人も戻ると思うけど、ごめんね・・・。」
秀子さんのいつもの笑顔をマスクの隙間から見ることができました。

a0254656_1932327.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。
すでに、初出荷分で今年のご予約を多数頂戴しているほどの大人気商品です。
6月下旬より、朝採り、即日発送で販売する予定です。
今年も、これからのマンゴーの花咲く様子や摘果作業、ネットかけや、もちろん収穫の様子もこうして現地取材でご紹介します。
お楽しみに‼!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-06-01 19:05 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー マンゴーの開花!昨年の台風の影響で花が・・・

FLC日記 2016年4月2日(土) 晴れ
熊本県合志市にある、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培ハウスに伺いました。
今年も、元気な花が咲き誇っていました!!
a0254656_16431027.jpg

a0254656_16451243.jpg「上野マンゴー園」の上野幸伸さんは、熊本県で最初にマンゴー栽培をはじめ、今年で21年目を迎えるまさに“マンゴーの匠”です。
花が咲き始めたとの連絡を頂き、さっそく現地取材に伺いました。

a0254656_16475229.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。
6月下旬から8月中旬までの発送予定です。
こだわりの樹上完熟で、完熟しネットに落ちてきたものだけの出荷です。
数量限定の完全予約制での販売とさせて頂いています!!
※6月中旬より先行予約の受付をスタートいたします。

a0254656_16552742.jpgマンゴーは、このような小さな花をたくさん咲かせます。
この一つ一つがマンゴーの花なんですよ。
1本の花芽からたくさんの花を咲かせるので、「上野マンゴー園」さんでは枝が折れないように、1本1本をひもで吊るしながら育てています。

a0254656_170126.jpg私の手と比較してみました。
私の手はかなり大きな方だと思いますが、花全体はそれよりはるかに大きいですよね。
おそらく、40~50cmほどはあるのではないでしょうか。
しかし、その花全体で、収穫できるマンゴーは良くて1つです。
これだけの花を咲かせますが、この花から2つや3つのマンゴーは収穫できません。

a0254656_1743730.jpgマンゴーを上手く育てるには、この花芽を大切にせねばなりません。
ですから、「上野マンゴー園」さんでは、花芽1本1本を全て手作業でひもを使って吊るしていきます。
そうしないと、たくさん花を咲かせるマンゴーの花芽が折れる可能性があるからです。

a0254656_178396.jpg花をよく見ると、5枚の花びらがありました。
マンゴーは、、ウルシ科マンゴー属の果樹です。
自然界では、高さが10m以上、時には30mにも成長すると言われています。

a0254656_17162081.jpg「上野マンゴー園」さんでは、ミツバチで交配(受粉)をお行っています。
花が咲くこの時期に、契約している養蜂農家さんからミツバチを借りてくるのです。
しかし、どんなにミツバチが頑張っても、受精して果実となるのはわずか数パーセントです。

a0254656_1723141.jpg早いものは、小さなマンゴーの赤ちゃんになっていましたが、この状態ではきちんと着果したとは言えません。
これから整理落下と言って、きちんと受精していない果実は自ら落ちていきます。

a0254656_1729864.jpgこちらは、4月中旬の着果後の様子です。
私は、もう何年も「上野マンゴー園」さんのマンゴーの成長の様子や、惜しまぬ手間ひま、そして匠の技を現地取材してきました。

a0254656_17322450.jpg着果を確認した後は、匠の摘果作業が行われます。
本日のブログの最初の方でも紹介したように、あの大きな花から収穫するマンゴーは、良くて1つだけです。

a0254656_173519.jpg正しく言うと、選び抜いた1つだけを育て、大きくて甘いマンゴーに仕上げていくのです。
たくさん実らせることもできますが、そうすると果実も小さく、糖度も高くなりません。
選び抜いた1つをこうして折れないようにフックで支えて育てます。

a0254656_1738225.jpg収穫前には1玉1玉にネットをかけ、樹上で完熟し自らネットに落ちてきたマンゴーだけを収穫するのです。
大きくて甘いマンゴーを育て上げるには、かなりの手間ひまを要します。

a0254656_17552992.jpg「上野マンゴー園」の上野幸伸さんです。
上野さんは、おごることなくとても腰が低いにもかかわらず、仕事に対してはかなり厳しい方で、私は上野さんのことを敬意を表し、最高級マンゴーを育てる“仕事人”と呼んでいます。

a0254656_18129.jpgこの時期は、不要な花芽の剪定作業を行います。
私にはどれが必要で、どれが不要なのかは全く分かりませんが、“仕事人”はその匠の判断で手際よく剪定作業を行ていました。

a0254656_183185.jpg「今年はまいっとるとたい。昨年8月の台風15号で、マンゴーの果樹がかなり風で揺れて、花芽の送れとるとやら、木とらんとやらがあってね・・・。上手く実るかも心配ばい。」と上野さん。

a0254656_187818.jpgこれは台風直後の様子です。
もちろん台風接近前にハウスのビニールは全てはいで、対策をしていたのですが、それでもこの頑丈なハウスの支柱が曲がったりするほどのとんでもない風の強さだったのです。

a0254656_18105252.jpg「まだつぼみの状態で、花の咲いとらんとも多かとたいね。早かとは着果始めよるし、これからの温度管理はかなり難しかとたいね・・・。」上野さんは心配そうにそう話しました。

a0254656_18135959.jpg取材を終え、車に乗り込もうとする上野さんが、
「今年は、しっかり様子ば見ながら、収量を見極めんといかんね。そして、注文ばどれくらい受けるかば決めようか。」

a0254656_1816864.jpg「上野さんのマンゴーのファンは、全国にいらっしゃるので、今年もあの味を匠の技でお願いしますね!」と言うと、
「うわぁ~、プレッシャーねぇ~。まぁ、しっかり頑張るけん任せときなっせ!」上野さんは笑顔でそう答えてくれました。

a0254656_18182437.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』、及び『ファミリータイプ』をネット独占販売いたします。
もちろん、これからも現地取材にてその成長の様子や、匠の摘果作業、収穫の様子などご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-04-02 18:19 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー 弱ってる果樹ほど開花が早いんです!台風の影響と温度管理

FLC日記 2015年2月6日(土) くもり

a0254656_1704585.jpg「ほら!この子(アップルマンゴーの果樹)なんか、もう花の咲きそうばい!ハウスの端で、台風の風ばもろに受けとるけん、樹勢の弱っとるとたい。こぎゃんして、樹勢の弱るとどぎゃんか子孫ば残そうと頑張って、花の早く咲くとたい。」
マンゴーの匠、「上野マンゴー園」の上野幸伸さんがそうお話しいただきました。
a0254656_1733720.jpg
「FLCパートナーズストア」では、平成28年度もマンゴーの匠「上野マンゴー園」さんの、樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』をネット独占販売いたします。
今年も6月中旬から8月にかけての販売予定です!

a0254656_1754913.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培ハウスです。
私はもう何年も、「上野マンゴー園」さんのマンゴー栽培を年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_179899.jpgこの時期(2月上旬)は、毎年、花芽の芽吹きを取材しています。
「笠さん!例年なら、これくらい芽吹いてるころたいね!」上野さんがそう言いながら花芽を示しました。

a0254656_17191879.jpgこれが、アップルマンゴーの花芽です。
今の時期から花芽が成長し、蕾をつけマンゴーの花を咲かせます。
この時期に花芽が芽吹くように、徹底した温度管理を行ってきたのです。

a0254656_17231587.jpg昨年7月25日に熊本県に台風15号が上陸し、猛威を振るいました。
これはその直後の様子。
「上野マンゴー園」さんでは、上陸前にハウスのビニールをすべて外しました。

a0254656_17251037.jpg瞬間最大風速が70mも超えると言われた台風15号の猛烈な強風で、ビニールをはったままだとハウスの倒壊が心配されたからです。
ビニールの無いハウスは、当然その強風がマンゴーの果樹たちを襲いました。

a0254656_17275614.jpg「この辺は、もろに風ば受けたとだろうなぁ・・・。風に揺られて樹勢の弱っとるとたい。この時期にここまで花の来とることは、今までなかったもんなぁ~。」
樹勢が弱った果樹は早く花を咲かせ、急いで子孫を残そうとします。
まだ開花はしていませんが、しっかり蕾が来ていました。
a0254656_17314466.jpg

a0254656_1733381.jpgこちらは、もっと成長が進んでいるようです。
マンゴーは、小さな花をたくさん咲かせます。
ここに芽吹いている、1つ1つがマンゴーの花になります。
例年は、3月上旬ごろから花が咲き始めて、4月上旬に着果し、4月中旬以降に摘果作業を行います。
このマンゴーの果樹は、他のものに比べ、約3週間ほど早いようです。

a0254656_17411956.jpgちなみにこれがマンゴーの花です。
私の手と比較しても、その花全体はとても大きいものだとお分かりいただけると思います。
しかしそれは、たくさんの小さな花が集まって咲いているのです。

a0254656_17421794.jpg大きくて、甘くて、香りも良い最高のマンゴーを育てるには、たくさん花が咲いた大きな元気な花を咲かせなければなりません。
なにせ、この大きな花から、収穫できるマンゴーは、良くて1つ!
絶対に2つ以上実らせることはないからです。
そのために、上野さんは匠の技で、剪定作業を施し、この時期は徹底した温度管理を行ってきました。

a0254656_17461521.jpg「今年のごつ、ここまで花芽に差のあると、全体的な温度管理が難しかたいなぁ~。ばってん、こうして端っこにある果樹だけん、その分手もかけられるしうまくできると思うばい。」

a0254656_17494560.jpg上野さんは、熊本県で最初にマンゴー栽培をはじめ、今年で21年目となる匠の農家さんです。
失敗と成功を繰り返しながら、その匠の技で至高のマンゴーを育てています。
こうして早く芽吹いた果樹も、しっかりと育てていくと私に宣言してくれたのです。

a0254656_17575489.jpgハウス内での取材を終え、上野さんとハウスを出ると、奥様の秀子さんいました。
秀子さんはいつもこの笑顔で迎えてくれます。
とてもチャーミングで、とても働き者の奥様です。

a0254656_17591917.jpg「せっかくなので、お二人のツーショットを撮っときましょうか!」と言うと、
「恥ずかしかけんやめて!」
ほぼ同時に、お二人から同じ返事が!!
とっても仲良しの息の合ったお二人が、愛情たっぷりにマンゴーを育てているのです。

a0254656_1851528.jpg「FLCパートナーズストア」では、「上野マンゴー園」さんの樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』と、大変お買い得な『ファミリータイプ』を、今年もネット独占販売いたします。
6月下旬より、朝採り、即日発送で販売する予定です。
今年も、これからのマンゴーの花咲く様子や摘果作業、ネットかけや、もちろん収穫の様子もこうして現地取材でご紹介します。
ぜひ、これからもこのブログでマンゴーの育つ様子をチェックしてください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-02-06 18:08 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

完熟アップルマンゴー 冬の様子 2重張りのビニールと花芽の芽吹き

FLC日記 2016年1月22日(金) 雪のちくもり時々晴れ
「FLCパートナーズストア」では、平成28年度もマンゴーの匠「上野マンゴー園」さんの、樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』をネット独占販売いたします。
今年も6月中旬から8月にかけての販売予定です!
a0254656_1639738.jpg

a0254656_16404117.jpg「上野マンゴー園」さんは、熊本で最初にマンゴー栽培を始めました。
今年でなんと21年目を迎えます!!
失敗と成功、苦労と研究を積み重ねて、最高級のマンゴーを育てる、まさに“匠”の農家さんです。
「上野マンゴー園」代表の上野幸伸さんに特別に許可を頂き、現在のマンゴーの栽培ハウスの様子を取材してきました。
こちらが、現在のハウスの中の様子です!
a0254656_1647698.jpg

a0254656_16491584.jpg「上野マンゴー園」さんの栽培ハウスは、熊本県合志市(こうしし)にあります。
広い広い連棟建てのビニールハウスでの栽培です。
この時期は、ビニールを2重にはって寒さ対策を施してありました。

a0254656_16551381.jpgこれは、9月中旬のハウスの様子です。
「上野マンゴー園」さんのマンゴーの収穫時期は、毎年変わらず6月から8月いっぱい位までです。
収穫を終えると、こうしてハウスのビニールをすべてはぎ取ってしまいます。
マンゴーの果樹たちに、風を通し、しっかり太陽の光を浴びさせるのです。

a0254656_1741939.jpgしかし昨年は、8月24日にはビニールをはいでしまいました。
それは、8月25日に熊本県に上陸した台風15号の被害を防ぐためです。
台風一過のマンゴー園に上野幸伸さんを訪ねました。

a0254656_1782078.jpg「ビニールば全部はぎきっとたけん、何とかハウスは守られたばってん、本当なら収穫を待つばかりのマンゴーの果実は全てパーたい!笠さんとこの予約ばもらっとた方は断らんとしょんなかけん、ほんと申し訳なかったなぁ・・・。」

a0254656_17113995.jpg本来なら8月末くらいまでは、マンゴーの収穫を行っていました。
こだわりの樹上完熟マンゴーで、ネットをかけ自然とマンゴーが落ちるのを待ち出荷するのです。

a0254656_1715267.jpg「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』は、弊社の大人気商品で、昨年も3週間待ちは当たり前となっていました。
台風さえ来なければ、しっかりと受注分を発送予定でしたが・・・

a0254656_17185558.jpg風に飛ばされることなく、唯一残っていたマンゴーも、台風15号の激しい雨風にさらされ、このように出荷はおろか食べることさえできないような状態でした。
台風をはじめ自然の驚異は、作物つくりに大きな影響を及ぼすのです。

a0254656_17262713.jpgしかしそんなことばかりは言ってられません。
上野さんは次の年のマンゴーつくりを始めていたのです。
「最後の収穫は残念だったばってん、9月から始める剪定ば、8月下旬から始めたって思えば良かこつたいね!」上野さんはそう前向きに話し、手際よく作業を行っていました。

a0254656_17301213.jpgそして、剪定した枝葉をすべてハウスから出し片付け、10月中にはハウスの破損の改修を行いました。
真新しいマルチビニールを地面にはり、ハウスのビニールも2重にはって冬支度を整えていたのです。
そして、これから芽吹くマンゴーの花芽とともに、1日たりとも休むこともせず、惜しまぬ手間ひまをかけ至高のマンゴーを育てていきます。

a0254656_1737333.jpg冬の寒さからしっかり守られたマンゴーは、花芽が芽吹き始めていました。
しっかりと成長し、3月上旬からは、マンゴーの花が咲き誇ります。
マンゴーの花を見たことありますか?
ご覧ください!!
これがマンゴーの花ですよ!
a0254656_1740030.jpg

a0254656_17415262.jpg1本1本のすべての花が、ひもでつられているのがわかりますか?
マンゴーは小さな花をたくさん咲かせます。
その割に枝が細く、そのままでは折れてしまうのでそうしないために全てひもで吊るすのです。

a0254656_17454035.jpgこの写真には、2本の花がありますが、これだけたくさんの花が咲いていても、収穫できるのは、1本の花で1個あれば良い方なのです。
それだけ、至高のマンゴーを育てるのは難しいので、花を1本たりとも無駄にしないように、全ての花を吊るしながら育てるのです。
それらの様子はまた、その時期にきちんと現地取材をしてご紹介することとしましょう!

a0254656_1843099.jpg私は、上野さんのことを敬意を表し“仕事人”と呼んでいます。
マンゴー作りに一切の妥協を許さず、惜しまぬ手間ひまと匠の技で至高のマンゴーを育て上げるからです。

a0254656_1821173.jpg私は、年間を通して「上野マンゴー園」さんのマンゴー栽培を取材しています。
だからこそ、自信をもって「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しているのです。
平成28年度の「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』にも、ぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-01-22 18:08 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)

樹上完熟アップルマンゴー ハウスの補修作業と新芽

FLC日記 2015年11月2日(月) 雨のちくもり時々晴れ

a0254656_17291939.jpgこれが、どんなフルーツの栽培ハウスかわかりますか?
まるで、熱帯雨林のジャングルのようですね!
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟アップルマンゴー』の栽培ハウスです。
a0254656_1733478.jpg

a0254656_17344340.jpg匠のマンゴー農家、「上野マンゴー園」さんの、『樹上完熟アップルマンゴー煌(きらめき)』は、今年も6月中旬から8月にかけて販売し、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
「上野マンゴー園」さんは、熊本で最初にマンゴーの栽培をはじめ、来年の収穫へ向け、21年目のマンゴー栽培がスタートしていました。

a0254656_1739179.jpgこの時期、ハウスと言えども屋根のビニールはきれいにはぎとられていました。
本来なら、収穫を終えた9月になってからビニールをはぎますが、今年は8月25日に熊本県に上陸した台風15号対策として、早めにビニールをはいだのです。

a0254656_17412760.jpg収穫後、剪定を行い、不要な枝は全て切り取っています。
今は、外気と同じ温度で育て、しっかりと太陽の光を浴びさせています。
11月下旬から12月上旬にかけ、ハウスに新しいビニールをはり、温度と水管理をして、6月から収穫すべくマンゴーを育て上げます。
この日は、その前に大事な作業をしていました。

a0254656_1746103.jpg私が栽培ハウスに伺うと、明るい笑い声がしていました。
「おはようございます!」と声をかける私に、
「あらぁ!笠さん!良かタイミングで来たな!ちょうど作戦会議しよったとたい!」と上野さん。

a0254656_17573467.jpg「えらくにぎやかな作戦会議ですね!」と言うと、
「作戦会議と言う名の休憩タイムたい!」
上野マンゴー園代表の上野幸伸さんが、少し照れながらそう答えました。

a0254656_1759557.jpg「ちょうど作戦会議の終わったとこばってん、笠さんも良かならおやつばつまみなっせ!」
上野さんは、私にもおやつを進めてくれました。
「台風でやられたハウスの補修ば、この時期にしとこうと思ってな!さぁ!がまだそうかね!!(頑張って仕事しようかね!!)」

a0254656_1844843.jpg作業を前に、最終確認です。
奥さまの秀子さん(左端)と、パートさんが段取りを確認しています。
「なら、俺がパイプば運ぶけん、二人はハウスの屋根に上ってもろて良かね!」
上野さんは、そう言いながらさっそく動き出しました。

a0254656_1871992.jpg上野さんはハウス用の鉄パイプを10本担ぎ、そのままハウスの奥へと進んでいきます。
台風15号の強風で曲がったり折れたりしたパイプを補修するのです。

a0254656_1810573.jpg「それにしても、とてもにぎやかな作戦会議でしたね!」と言うと、
「ハハハッ!そんなに冷やかさないで!でも、楽しく笑顔で仕事するのがうちのモットーだから、実際そうかもね!(笑)」

a0254656_1813142.jpg「どんなにケンカしていても、ハウスの中には持ち込まない!っていつも主人が言っているでしょ?笑顔で話しかけながら作業をすると、必ずマンゴーの果樹も元気いっぱいに育って、美味しいマンゴーを実らせ答えてくれるってね!」

a0254656_18295133.jpg「では、その笑顔で働くのを私もお手伝いさせてください。」
そう言って、パイプ運びのお手伝いをしました。
「私一人だと、一度に10本なて運べなかったから助かるわ!」と秀子さん。
秀子さんがパイプの前を持ち、私が後ろをもって、修復作業の最前線のハウスの一番奥へと進んでいきます。

a0254656_18381119.jpg「ゆっくりで良いけん、気を付けてね!!」上野さんが注意を促しながら、ハウスの屋根に立つパートさんにパイプを渡しています。
さすがに、この時はみなさん真剣な表情で、笑顔とはいかないようでした。

a0254656_18431366.jpgいま、パートさんたちが立っているハウスの戸井も今回全て新しくしたのだそうです。
様々な準備を完璧に行い、匠は来年も“本物”と呼べるマンゴーを育てるのです。

a0254656_18451888.jpgマンゴーの果樹たちは、花芽を芽吹かせようと準備していました。
匠の技の選定作業で、不要な芽を摘み取り、こうして必要な芽だけを残してあります。
12月下旬から1月上旬に芽吹き、3月下旬からマンゴーたちは花を咲かせます。

a0254656_18485356.jpgちなみに、これがマンゴーの花です。
マンゴーは、このような小さな花をたくさん咲かせます。
しかし、このたくさんの花から収穫できるマンゴーは、上手くいって1個だけです。
2個なんて絶対に収穫できません。
着果したマンゴーの果実を、匠の技で摘果し至高の1玉を育て上げるのです。

a0254656_18542652.jpgこれは、6月上旬の収穫直前の様子です。
こうしてネットをかけ、完熟したマンゴーがネットに落ちてから収穫します。
私は、年間を通して「上野マンゴー園」さんのマンゴー栽培を取材しています。

a0254656_18572382.jpg平成28年度の「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』栽培はスタートしています。
収穫までにはまだまだたくさんの手間ひまと、匠の技を要します。
枝吊り作業、花の時期の強い芽の剪定、摘果作業、ネットかけ作業などなど、数え出したらきりがなく、そのすべてを自分たちが納得いくまで惜しまぬ手間ひまで行っていくのです。
それらの様子は、また現地取材を行って、このブログでご紹介していきます。
平成28年度の「上野マンゴー園」さんの『樹上完熟マンゴー』にも、ぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-02 19:00 | マンゴー(アップルマンゴー) | Trackback | Comments(0)