ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 2 )

甘熟いちじく 着果の様子と惜しまぬ手間ひまの枝吊り作業と芽カギの話(後編)

FLC日記 2017年6月11日(日) 雨のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。

a0254656_17001413.jpg毎年、8月中旬からの出荷予定で、初回の出荷から数回は、こんなにも大きないちじくもあるので、毎年購入されるそのことをご存知のお客様は、今年もすでにご予約を頂戴しているほどの大人気の商品です。
朝採り即日出荷で、翌日または翌々日のお届けすることで、いちじくが最も美味しい樹上完熟にこだわり、『山あいの甘熟いちじく』として販売しています。

a0254656_17074461.jpg

a0254656_17124024.jpg4パックで計12~16玉を1箱から販売しています。
お買い得な2箱セット(上記写真)もございます。
現在はホームページ上では完売とさせていただいておりますが、お電話でのご予約は受け付け中です。
詳しい情報を知りたい方は、下記をクリックしてください。


a0254656_17143524.jpg本日は、昨日に続き「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』の現在の成長の様子をご紹介いたします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町の自然豊かな山あいにある「小春農園」さんの『甘熟いちじく』の栽培ハウスです。

a0254656_17302478.jpgハウスは、あくまで雨風からイチジクの果樹や果実を守るためのもので、屋根を目的とした設備です。
写真右で作業をしているのは「小春農園」代表の小原正宏さんの奥様、小原美子さんです。

a0254656_17322194.jpgハウス内に張り巡らせたワイヤーやパイプを使って、いちじくの結果枝を1本1本ひもで吊るす作業を行っています。
その様子は昨日のブログで紹介していますので、そちらもぜひご覧ください!


a0254656_17354723.jpg私が取材に伺ったこの日、小原さんはいちじくの栽培ハウスのすぐ横にある田んぼの田植え前の代かき作業を行っていました。
昨日のブログで、小原さんが代かき作業の手を休め、お話をうかがっているところまで紹介しました。

a0254656_17401403.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
「小春農園」さんの『甘熟いちじく』の栽培の様子ももう何年も現地取材を重ねてきました。
これは、冬の剪定作業の様子です。

a0254656_17470592.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原正弘さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門的に学んだ、息子さんで専務の小原将輝さん(写真)の3人の匠が中心となり、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_17492912.jpg本日紹介している『山あいの甘熟いちじく』の他には、現在、出荷中の『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、弊社のリピート率ナンバーワンの柑橘王こと『デコポン』、究極の柑橘『せとか』、『ザ・みかん』、『原木しいたけ』、幻の白い『長生たけのこ』など、どれも“本物”と呼べるものばかりです。
それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_18000794.jpgさて、『甘熟いちじく』に話を戻しましょう!
小原さんとはハウスの入り口付近で話していたのですが、急に動き出し何かの作業を始めました。
「こぎゃんして見てしまうと、ついつい動いてしまうとたい。」と小原さん。

a0254656_18032177.jpg「脇芽が気になったのですか?ついついって!匠の本能ってとこですかね?(笑)」と言うと、
「ハハハッ!そうかもしれんね。でも、脇芽ば摘みよるってすぐにわかるのは、笠さんもさすがね!」

a0254656_18420709.jpg「毎年見てきましたから、栽培の過程はだいたいわかりますね!」と言うと、
「昨年は将輝がしよるとば取材に来たろ?将輝は今新婚旅行中だけん、俺が見せようか?今年も取材していくね?」と小原さん。

a0254656_18445008.jpg「ありがとうございます。でも大丈夫です。今年は昨年の写真をもとに紹介しますので、代かきに戻ってください!」
「それじゃぁ、そうさせてもらおうかな。」
小原さんは、そう言うと代かきに戻りました。

a0254656_18525542.jpgここからは、昨年の取材の様子をもとに紹介します。
母枝からは、メインで伸ばしている着果枝以外にもこのような芽が出てくるので、これらはすべて取り除きます。

a0254656_18574955.jpgまた、副梢(ふくしょう)=脇芽も取り除いていきます。
主梢の芯(生長点)を止めることなく、いちじくにこうして副梢が芽吹くのは、樹勢が保たれている証拠です。

a0254656_19014642.jpg1週間ほど前に副梢を取り除いたところからは、いちじくの果実となる芽がこうして芽吹き始めていました。
美味しくて甘く、大きないちじくを育てるためには、できるだけ早く副梢を取り除く必要があるので、小原さんも目についた副梢をついつい取り除いていたのです。

a0254656_19040761.jpg「小春農園」さんではこの時期、惜しまぬ手間ひまをかけ管理していきます。
1本1本成長した枝をさらにひもに巻き付けながら、芽カギ作業を施していくのです。

a0254656_19110806.jpg現在はまだ、ビー玉を緒と大きくしたくらいの果実ですが、収穫まで約2ヶ月!
これからも、惜しまぬ手間ひまと匠の技、徹底管理で、今年も“本物”とよべる『山あいの甘熟いちじく』を育て上げます。

a0254656_10382237.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も「小春農園」さんの山あいの『甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
樹上完熟にこだわり、朝採りで収穫し即日発送でお届けいたします。
これからも、『山あいの甘熟いちじく』の成長の様子、匠の惜しまぬ手間ひまなど、現地取材をしてこのブログでご紹介いたします。今年の『山あいの甘熟イチジク』にもご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-11 17:56 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 今年も無農薬・無化学肥料で育てる『種無しかぼす』の花の様子を現地取材!

FLC日記 2017年5月23日(火) 晴れのちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』を今年もネット独占販売いたします!
a0254656_16542720.jpg


a0254656_17300035.jpgかぼすは、さわやかな香りと酸味で、お肉や魚料理、もちろんお鍋、さらに様々なお酒にも大変良く合う調味料です。
ただし、一般的なカボスには、たくさんの種が入っています。
ですから、お料理やお酒に絞ってもこの種が厄介なんです。
食べるにしても、飲むにしても、まずは種を取り除くことから始めなければなりません。

a0254656_17323237.jpgしかし、「FLCパートナーズストア」で販売押している「かぼす」は、『種なしかぼす』です。
種がない分、果汁も多く、もちろん種を取り除くわずらわしさからも解放されます。

a0254656_17350508.jpg「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』は、県内外の有名料亭やレストランからもご注文を頂戴している大人気商品です。
“種なし”と言う、使い勝手の良さと、さらには、完全無農薬、無化学肥料で栽培された安全性が高く評価されていて、弊社のお客様からはすでに今年の初回発送分の予約を頂戴しているほどです。
※小さな種が入っている場合もございます。

a0254656_17380505.jpgそして今年も、8月上旬からの収穫に向け、元気な花が咲いていました。
こちらは、ちょうど10日前の5月13日の写真です。
この白くてかわいい花が、『種なしかぼす』の花です。
同じ柑橘類なので、みかんや柚子、デコポンの花とそっくりです。

a0254656_17420412.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培場です。
ご覧の通り、とてものどかな大自然に囲まれた“山あい”です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。

a0254656_17440102.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
こうして花咲く様子も毎年見てきました。
そんな私がちょっと気になることがありました。
今年は花が遅いというか、少ないというか、いつものこの時期ほど咲き誇っていなかったのです。

a0254656_17532734.jpg気になると、いてもたってもいられません。
この時期のこの時間であれば、おそらく古川さん夫妻は『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』の栽培ハウスにいるのではと思い行ってみました。
ここは、かぼすの栽培地から、車で3分ほどの、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんのアスパラの栽培ハウスです。

a0254656_17571093.jpg私の予想は的中!お2人は、アスパラの芽カギ作業を行っていました。
「おはようございます!最近カボスの栽培地には行きました?今、花の様子を取材してきたのですが、なんだか例年より少ないような気がして・・・。」そういう私に、

a0254656_18001707.jpg「そろそろ草刈りに行こうとは思いよったばってん、最近は行っとらんばい。花が少なかてね?笠さんも毎年見よるけん、そらぁ間違いなかろうばってん、俺も見てみとこうたい。」

a0254656_18034061.jpg「古川果樹園」さんは、山鹿市鹿北町と玉名郡和泉町にある栽培地で、仲良しご夫婦の二人三脚で、様々な“本物”と呼べる作物を育てる匠の農家さんです。
この時期は、アスパラの収穫を抑えて、アスパラの親を立てる“立茎”の時期で、立てた親の芯(生長点)を止める(摘む)作業を行っています。

a0254656_18131806.jpgまた、現在は、『山竹たけのこ』を大好評販売中です。
『山竹たけのこ』は、知る人ぞ知る“究極のたけのこ”なんです!!
一般的には、“コサンチク”と呼ばれています。

a0254656_18172706.jpg『山竹たけのこ』は、“究極のたけのこ”、 “やみつきたけのこ”、“たけのこの王様”などとも呼ばれています。
とにかく、柔らかな食感と、たけのこから出るうま味がたまりません。
しかも、全くアクがなく、下茹での必要がありません。
「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』は、時期だけの期間限定、数量限定の最旬食材です!

↓ 今すぐ注文したい方、詳しい情報を知りたい方はこちら! ↓

「FLCパートナーズストア」
「山竹たけのこ」



a0254656_18213069.jpg古川さんご夫妻は、私が取材に行くと、いつも満面の笑みで迎えてくれます。
しかしこの日は、私が「かぼすの花が少ない!」と駆け込んできたので、神妙な面持ちです。
「今年は桜もずいぶん遅かったけん、かぼすの花も遅れとるだけじゃなかろうかね・・・。」とお話しいただきました。

a0254656_18302547.jpgそして昨日お電話をいただき、
「早か花は着果の始まりよるし、今も花の咲きよるけん、心配せんでもう良かよ!」とのことでした。
本日、さっそくその様子を現地取材してきました。
匠の言葉に、ホッと一安心です。

a0254656_18332576.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
11月上旬までは、青い果実で、11月中旬以降は色付いた『種なしかぼす』です。
どちらも、香り高く、溢れ出すほどの果汁が大人気の商品です。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど、現地取材してこのブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-23 18:35 | Trackback | Comments(0)