ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 01月 17日 ( 1 )

「御願立」 熊本県菊池市伊牟田の年行事2018 

FLC日記 2018年1月17日(水) 雨のちくもり
ここは、株式会社旬援隊の本社所在地がある、熊本県菊池市原の伊牟田地区のお宮さんです。
今年も年行事の1つ、「御願立」が、1月14日(日)に行われました。
a0254656_16145113.jpg


a0254656_16180957.jpg「御願立」とは、今年一年の無病息災と豊作を祈願して、村のお宮さんに参拝する行事です。
「今年一年元気ですごせますように!今年も豊作でありますように!!」と神様にお願いします。

a0254656_16194101.jpgこの日は、1月11日(木)に降った雪が、こうしてまだまだ残るとても寒い日でした。
定刻になり、村の方々と共に、高台にあるお宮さんに向かいました。

a0254656_16224719.jpg参拝は、まず、お宮さんの敷地内にある、「猿田彦大神」の石碑から行います。
瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が高天原から降りる際、迎えに出た神で、その神話より、道案内を司る道祖神として信仰されています。

a0254656_16245988.jpgこの村から出ても、無事に戻って来れるようにこの地に祀られているのです。
村の方々も、順番にお参りをしていました。
もちろん私も、農家さんの取材や商品出荷などで出ることが多いので、無事に戻ってこれるようにしっかりとお参りをしました。

a0254656_16272285.jpg一昨年の4月16日未明に起きた熊本地震によって倒れ、この石碑は右側の谷底に落ちてしまいました。
それを、当時の区長の川口荘一さんを中心に村の方々強力のもと、立て直し土台をコンクリートで固めました。

a0254656_16300305.jpgお宮さんの社も、その時の熊本地震で被災し、土台の柱がずれ少し傾いていました。
幸い、大きな被害は無かったので、業者さんにお願いしてこうして補強を施し、柱の土台もしっかりとコンクリートで固めてもらいました。
私たちを見守ってくれる大事な社です。
大切にしていきたいと思っています。

a0254656_16342396.jpg社の奥には神殿があります。
こうして順番に今年の無病息災や豊作をお願いします。
お参りがすむと、お下がりのお神酒を頂きます。

a0254656_16371579.jpgその後は、各家庭から持ち寄ったお米と、美味しいお煮しめ、お漬物などをいただきながら、楽しい座談会です。
本来なら、私もたっぷりとお酒を頂くのですが、この日は村中の皆さんがそう言うわけにはいかないのです。

a0254656_16393809.jpg実は2日前に、村の方にご不幸があり、この日はみんなでお通夜にいかねばなりません。
その寂しさと寒さも重なり、背中を丸めた口数の少ない「御願立」となりました。

a0254656_16440685.jpg本来なら、お供えをした料理も楽しくいただきます。
各家庭から持ち寄ったお米を炊き、美味しいお煮しめ、お漬物などをいただきながら、楽しい座談会なんです。

a0254656_16465798.jpg伊牟田地区は、11戸ほどのとても小さな集落ですが、みなさん本当にやさしい方ばかりで、ここに新しく移り住んだ私にも、とても親切です。

a0254656_18291172.jpgまた、本来なら、「御願立」の後には、続けて行われる「どんどや」があるのですが、今年はやむなく中止となりました。
これは、数年前の伊牟田地区の「どんどや」の様子です。

a0254656_18253432.jpgここ伊牟田地区は、お茶栽培が盛んで、日本有数のお茶どころとして知られています。
朝夕の寒暖差が非常に激しく、霧深いこの地は、お茶の栽培に適していて、ブランド茶の『菊池水源茶』を生産しています。

a0254656_18291084.jpg伊牟田地区は、大自然の中にあり、空気や水がとてもきれいで、そこに暮らす方々はとても人情あふれる優しい皆さんです。
写真中央の大きな建物は、製茶工場です。
この地には、私のおじとおばが定年退職後25年間移り住み、そのあとを私が譲り受け、そこに株式会社旬援隊を立ち上げ、そこで暮らしています。

a0254656_17212105.jpgこれが株式会社旬援隊の本社社屋です。
1月11日の雪の日に撮影したものです。
株式会社旬援隊では、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。

a0254656_17254273.jpg私はこの地で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
正直、冬はこんな感じになり、なかなか作物は育ちませんけどね!
また、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる、“本物”と呼べる旬の食材を販売しています。

a0254656_17294640.png現在は、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』、『熊本産高級イチゴ』、『原木しいたけ』、『熊本の美味しいお米』などなどを販売しています。
もちろん、この伊牟田地区の『菊池水源茶』も販売していて、大人気商品となっています。

a0254656_17290901.jpgこちらは、5月の茶摘みの様子です。
伊牟田地区には、このような壮大な茶畑がたくさんあります。
お茶の匠、川口荘一さんが、お茶摘みをしています。

a0254656_17203513.jpg朝夕の寒暖差が非常に激しく、霧深いこの地は、お茶の栽培に適しています。
有機栽培(無農薬・無化学肥料)で育てられた「緑茶」や「抹茶」は特に大人気です!!


a0254656_17353060.jpg匠の農家さんの川口荘一さんが育てた有機栽培(無農薬・無化学肥料)の茶葉を使用した『菊池水源紅茶』も、茶葉が広がりやすい、三角のティーパックに一つづつ入っていて、多くのリピート購入をいだくほどの人気です。

↓ 今すぐ注文したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『菊池水源茶』


「FLCパートナーズストア」 
『菊池水源紅茶』



a0254656_18010086.jpgさて、本日は、株式会社旬援隊がある熊本県菊池市伊牟田地区の「御願ほどき」の様子を中心にご紹介しましたが、本業は、「FLCパートナーズストア」と言うネットショップです。
自らの農業体験を活かしながら、消費者と生産者目線で紹介し、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる農作物を販売しています。

a0254656_18000600.jpg弊社で販売する全ての作物の作付地に、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。
上の写真は今年のデコポンの収穫の様子で、この写真は私が収穫のお手伝いをしている様子です。

a0254656_17565691.jpg株式会社旬援隊の本社所在地があり、私が暮らすこの村、伊牟田地区を私は大好きです。
これからも、積極的に村の行事にも参加しながら、村の皆さんとの交流を大切にして、この地でがんばっていきます。
この伊牟田地区から全国のお客様に様々な情報をお届けするとともに、私が全て現地取材をした“本物”と呼べる商品をご提供していきたいと思います。
その商品はここでしか買えないものばかりです。
ぜひホームページもご覧ください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by flcps | 2018-01-17 18:11 | FLC | Trackback | Comments(0)