ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2017年 11月 07日 ( 1 )

香り高き柚子(ゆず) 本日より発送スタート!今年は全国的に柚子が不作?!ご注文はとにかくお急ぎ下さい!

FLC日記 2017年1月7日(火) くもりのち雨
今年(平成29年度)は、全国的に柚子が不作と言われているようです。
おそらく、1年で最も柚子の消費が多い「冬至の日」の柚子風呂用の柚子も不足すること思われます。
a0254656_16402808.jpg
そんな中、熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売しています。
a0254656_16470456.jpg


a0254656_16495559.jpg今年の冬至の日までに届くよう発送する、『冬至用柚子』は、すでに出荷予定数の半分以上の注文(ご予約)を頂いています。
出荷定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、売り切れごめんの早い者勝ちです。
とにかくお急ぎ下さい!

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_16421118.jpg平成29年度の『香り高き柚子』は、本日より、商品発送をスタートしました!
ご注文を頂いている順に、全国のお客様に向け、これからどんどんと発送していきます。
こちらは、先日、今年の収穫の様子を現地取材してきた際に撮影した写真です。
鮮やかに色づき、「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、現在収穫の真っ最中です。

a0254656_16565104.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場(柚子畑)です。
こちらは、今年の11月3日に撮影した写真です。
柚子を育て続け20年以上の匠をもってしても、今年はかなり着果数が少なく、不作と言わざるおえません。

a0254656_16593456.jpgちなみにこちらは、2年前の同じく11月上旬の写真です。
ほぼ同じアングルで撮影しているので、その違いがはっきりとお分かりいただけると思います。
今年は、柚子の花が咲く春先の天候不順が原因で、全国的に柚子が不作と言われ、収量はかなり落ち込みそうなのです。

a0254656_17043788.jpg今年の様子です!
「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんと、奥様の鬼塚紀美代さんが柚子の収穫を行っています。
本日は、昨日に続きその収穫の様子を中心にご紹介いたします。

a0254656_17124951.jpgこちらは、5月の柚子の花咲く様子!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17151003.jpgもちろん「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』もこうしてもう何年も現地取材を重ねてきました。
花が咲き終わった後の着果の様子も、成長の過程も色づく様も、収穫後の様子もその全てです。

a0254656_17172111.jpg今年も収穫の様子を現地取材に伺いました。
収穫の手を休め、お2人にお話をうかがいました。
「笠さんは毎年見てきたけん分かるよね?今年はやっぱり少ないねぇ~。」
紀美代さんが開口一番にそう話しました。

a0254656_17415754.jpg「こぎゃんして見上げるなら、毎年「収穫はホント終わるかね?」て思わにゃんほどびっしりだったばってん、今年はそぎゃんこつなかもんね!」と啓治さん。
啓治さんの熊本弁わかりました?
何とかニュアンスで読み取ってください。

a0254656_17474626.jpg「ただ、うち(鬼塚農園さん)の場合は、7反(2100坪)以上はあるけん、ある程度の収量は今年も見込めると思うとたい。だけん、笠さんと約束している分だけはしっかり出すけん心配せんでも良かばい。ただ、追加でと言われてもそれは無理かもしれんけん、なんさま(とにかく)お客さんには早めに注文いただくようお願いせにゃんばい。」

a0254656_17563101.jpg今年も変わらぬ手間ひまと匠の技で育ててきた『香り高き柚子』ですが、春先の天候不順はどうしようもなかったようです。
啓治さんは柚子畑に入る際、常にヘルメットを着用しています。
また、収穫する手にはかなり厚めの手袋をしています。

a0254656_17595168.jpgそれは、柚子栽培は「トゲとの戦い」とさえ言われることへの防御手段なのです。
柚子は柑橘類の中でもこのような鋭いトゲがある植物です。
柚子はそのトゲで野鳥や野生動物から果実を守ります。

a0254656_18024848.jpgしかし、そのトゲは、柚子の果実をもキズつけてしまうのです。
「柚子はキズがあって当たり前!」と言われる果実です。
柚子の果皮はとてもデリケートで、そのトゲはおろか、枝や葉、果実同士が成長の過程で触れたりしても、果皮にはキズやへこみとなってしまいます。

a0254656_18054215.jpgキズがあって当たり前の柚子を、弊社ではあえて『キズあり柚子(5kg箱入り、10kg箱入り)』で販売しています。
しかしそれらは、一般的に販売されている柚子と同じと、お考えいただいて構いません。
果汁を絞ったり、果皮を使ったり、柚子風呂用としても、ぜひご利用ください。

a0254656_18074954.jpgでは、なぜ弊社ではあえて『キズあり柚子』と命名して販売しているかと言うと、それは、収穫した柚子から、選びに選び抜かれた、キズがほとんどない、香り高きゆず『あっぱれ』との差別化を明確にするためなのです。

a0254656_18084189.jpg『あっぱれ』は、そのあまりの美しさから命名された名前です。
全体の収穫量の、わずか1割ほどしかない、傷がほとんどない“奇跡の柚子”とも言われているものが、この香り高き柚子『あっぱれ』なんです。

a0254656_18103391.jpgまた“冬至”に合わせて出荷するのが、完全予約制の『冬至用ゆず』です。
2017年(平成29年)の冬至は12月21日(金)です。
商品は弊社で販売する『キズあり柚子』と同じものとなり、5kg入り、10kg入りでの販売ですが、冬至に合わせて出荷するため、数量限定での販売です。
今年も、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください!

a0254656_18155073.jpg「昨年も、たくさんお礼のメールや電話が来たのを読ませてもらったたい。中には長々とお手紙も頂戴したでしょ?だから、今年もたくさん出したいと思いよったけど、どうしてもそうはいかんみたいだからごめんね。」紀美代さんがそう話します。

a0254656_18220093.jpg「いえいえとんでもないです。私が100%信頼している匠のお二人をもってしてもこうなったのだから、お客様には早いもの順と言うことでご理解いただきます。」
そう話し、今回の収穫の取材を終えました。

a0254656_18244759.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売しています。
数量限定の完全予約制での販売です。
定数になり次第、予告なしで売り切れとさせて頂きますので、ご注文(ご予約)は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお急ぎください!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-11-07 18:30 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)