ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2017年 11月 05日 ( 1 )

菊池、阿蘇スカイラインの、2017年の紅葉は今週末が見ごろ!ただし菊池渓谷は入場できません!

FLC日記 2017年11月5日(日) 晴れ
熊本県菊池市、阿蘇市にも、紅葉狩りのシーズンがやってきました。
菊池渓谷、菊池・阿蘇スカイラインも、美しく色づきました。
a0254656_17311284.jpg
「菊池・阿蘇スカイライン」とは、菊池市にある「菊池渓谷」付近から、県道45号線と それに続く阿蘇市を走る県道12号線の名称です。

a0254656_18041251.jpg昨年(2016年)4月16日に発生した「熊本地震」で被災しましたが、現在は一部復興工事が完成し、7時~19時までの間は、一部片側交互通行となりますが、通行可能となっています。
本日、菊池方面から、阿蘇方面へ向け菊池・阿蘇スカイラインのドライブを楽しんできましたので、写真と共にご紹介いたします。

a0254656_18111957.jpgまず本来なら、この写真(2015年撮影)の菊池渓谷より手前にある、超穴場スポットの名所を紹介したいところなのです。
ここは、菊池川第五発電所付近にある、無料駐車場です。

a0254656_18175529.jpg駐車場の奥の発電所へ続く橋付近では、毎年この様な、実に見事な紅葉を見ることができます(写真は本日撮影したもの)。
訪れるなら、ぜひ午前中がお勧めなんです。

a0254656_18215773.jpg午前中なら、先ほどの写真の右側の紅葉を見上げると、こうして木漏れ日が差し込む美しい写真を撮ることができます。
その景色を楽しんだ後は、さらに奥に進んでください。

a0254656_18234282.jpgそこには、透きとおた清らかな滝つぼに流れ込む、滝を見ることができます。
こうして見ていると、心が洗われたような気持になれる、私のおすすめスポットです。

a0254656_18264971.jpgしかし本日は、この様に駐車場はガラ~ンとしていました。
まだ、青々として色づいているからではなく、この駐車場には現在はいることができないからなのです。本日、そこに止まっていたのは工事関係者の車両だったようで、私はたまたま進入禁止とされているのを知らずに入って、車を止め撮影しましたが、現在は駐車どころか、進入禁止となっています。

a0254656_17523160.jpg熊本県菊池市から阿蘇方面へ進み、県道45号線沿いにある「菊池渓谷」は、夏の避暑地として、またこの時期の紅葉狩りに、県内外から多くの方観光客がが訪れる名所です。

a0254656_17551334.jpgもちろん、本来ならこの時期、菊池渓谷の清らかな水と、美しい紅葉の景色を求め、県内外から多くの観光客が訪れますが、「熊本地震」からの復興ままならず、現在は「菊池渓谷」への入場はできません。

a0254656_18380129.jpg「菊池渓谷」を通り過ぎ、阿蘇方面へ向かうと、まだ自信の爪痕が残っていて、このような片側交互通行が続きます。
しかし、時間帯規制の交互通行とはいえ、こうして菊池・阿蘇スカイラインを通行できるようになったことは、大変ありがたくうれしいことです。

a0254656_18404866.jpg「菊池渓谷」から、5分ほど進むと、道路の左手にあった谷(川)を横切る橋があります。
そこが、穴場の観光スポットなんです。
橋と、この左手にある見事な紅葉が目印です。

a0254656_18440825.jpg橋を渡った先の右側には、ちょっとした駐車スペースがあります。
ぜひそちらに車を止めて、橋を渡って見て下さい。
先ほどの紅葉を、間近で見ることができます。
a0254656_18473185.jpg


a0254656_18485914.jpgさらに、阿蘇方面へ向かって橋の右手から下をのぞきこむと、滝を真下に見下ろすことができるビュースポットがあります。
この景色は、車を止めて橋の上からでなければ絶対に見ることはできませんよ。

a0254656_18513184.jpgその景色を堪能したら、さらに阿蘇方面へ向かうと、そこには、両サイドに木々が覆うトンネルのような道がしばらく続きます。
しかし、それを抜けると景色が一変します。

a0254656_18593403.jpg雄大な草原の中を走るこの道は、左手にくじゅう連山、右手に阿蘇五岳を望みながら続きます。
車でのドライブもそうですが、バイクでのツーリングにも大変人気の高いコースです。

a0254656_19015788.jpgそしてそこには、阿蘇のカルデラを一望できる、大パノラマの展望所が数ヵ所あります。
こちらは、県道339号(ミルクロード)と交差する位置にある「北山展望所」からの景色です。

a0254656_19073378.jpg私が行ったときは、このような帯状の雲が流れていてました。
左側のギザギザした根子岳、阿蘇山の噴火口がある中岳は、その山頂を望むことができますが、その下にはうっすらと雲がかかり、なんだかとても神秘的な風景でした。

a0254656_19105580.jpg本日は、かぶと岩展望所はスルーして、「大観峰展望所」へ行きました。
広い駐車場もあり、飲食店やお土産やさんもあります。
ちなみに、この写真はすごく大きな石碑のように見えますが、遠近法の関係なので、そこまで大きくはありません。

a0254656_19143040.jpg大観峰は、阿蘇町を覆うの雄大なカルデラの中央に向かって、着きだした場所にあるため、カルデラ全体を一望することができる、観光名所です。
私は、猿回しを見て、メンチカツとコロッケをいただき、帰路へ着くこととしました。
菊池阿蘇スカイラインの景色を楽しんでいただくことができましたか?

a0254656_19214335.jpg本日は、菊池阿蘇スカイラインの紅葉の様子を中心に、このブログで紹介させていただきましたが、私は菊池水源の山奥で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
こちらは昨年の原木しいたけ用のクヌギの伐採作業の様子です。

a0254656_19255124.jpgまた、自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を、全て作付地に年間を通して取材に伺い消費者と生産者目線で紹介して、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。
a0254656_19243447.jpg


a0254656_19235468.png現在、最もお勧めしているのが、3人のこだわりの匠が育てた「くまもとの美味しいお米」です。
その他にも、産地直送の新鮮野菜や、旬のフルーツなども販売しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページより、詳しい情報をご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2017-11-05 19:27 | FLC | Trackback | Comments(0)