ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2017年 06月 06日 ( 1 )

熊本産ステビアにんにく 収穫(にんにく掘り)の様子を現地取材

FLC日記 2017年6月6日(火) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「本藤果樹園」さんの、熊本産『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。
a0254656_18075129.jpg
作物品質向上効果に優れる有機肥料の“ステビア”を土作りに利用し、無農薬栽培で育てられた『ステビアにんにく』は、すでにたくさんのご予約を頂戴している弊社の大人気商品です。

a0254656_18113271.jpg一般的なにんにく(中国産)と比べてみました。
その最大の特徴は、なんといっても1粒の大きさです!
しかも、みずみずしく、辛さがマイルドで、嫌な香りが少ない!など、 にんにくのうまみ成分はそのままに、臭いが少ないにんにくにです。

a0254656_18172965.jpg“ステビア”とは、南米パラグアイ原産のハーブの1種です。
作物の品質向上効果に優れる有機肥料の“ステビア”を土作りに利用すると、土が微生物豊かで健全な状態へと戻っていきます。
熊本県菊池市は、ステビアでの土つくりを積極的に取り入れ、様々な野菜や果樹を高品質に育て上げています。

a0254656_18145364.jpg収穫を終えた現在は、雨が当たらない風通しの良いところで乾燥させています。
乾燥を終え、出荷は毎年7月下旬からです。
ホームページでの受付はもう少々お待ちください。
※お電話でのご予約は、現在も承っております。

a0254656_18205307.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県菊池市にある、「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』の畑です。
生産者の「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんがにんにくの収穫を行っています。

a0254656_18235359.jpg先ほど、“畑”と紹介しましたが、本来この場所はお米を育てる田んぼ(棚田)です。
小さな三日月形の棚田を区画整備で大きく1面に拡張しました。
そこでは、今年のお米作りの準備が始まっています。

a0254656_18273554.jpgこの一画だけは、高さがどうしても異なり、そのまま三日月形の田んぼとして残っていました。
昨年までは、野菜やスイカなどを栽培していましたが、その農家さんが今年は何も栽培しないということで、本藤さんがその地を借りて『ステビアにんにく』を栽培しました。

a0254656_18322149.jpgちなみに、そのすぐ上には「安藤果樹園」さんのブルーベリー畑が広がています。
そのブルーベリーは、無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』として、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_18353028.jpg5月30日、本藤さんがスコップを使ってにんにくを1つ1つ掘り上げています。
本藤さんにお話をうかがいました。
「ほら!今年からここでは作物を作らんって聞いたけん、荒れさせるといかんと思って、ここに『ステビアにんにく』を栽培したけど、親父たちが言うように、うちの田んぼで育てとけばよかったって後悔しよるばい!(笑)」

a0254656_18432078.jpg先ほど紹介したブルーベリー畑のすぐ上には、「本藤果樹園」さんの梨園の1つがあります。
こちらは4月中旬の花咲く頃の写真です。
「本藤果樹園」さんは、その屋号でもお分かりのように、果樹(とりわけ梨)を育てる匠の農家さんです。

a0254656_18465910.jpg7月下旬から出荷する『幸水』よりスタートし、『豊水』、『秋麗』(写真)、そして、ジャンボ梨『新高』と、10月中旬までの収穫及び出荷です。
「梨の本当のおいしさを味わってほしい!!」と、樹上完熟にこだわり、朝採り即日発送にこだわる「本藤果樹園」さんの梨たちは、毎年、「全部の梨を初回出荷分で届けてほしい!」と言うご注文を頂戴するほどの人気です。

a0254656_18552138.jpgそんな中、5年ほど前本藤さんのお父さんの本藤賢一さんに「笠くんはにんにくは好きね?うちで作ったとだけん食べなっせ!」といただきました。
その大きさ、その美味さに惚れ込んだ私は、「絶対に売れるので来年はたくさん作って私に販売させてください!」と頼み込み、栽培を依頼しました。

a0254656_18590266.jpgこちらが、その翌年のにんにくの収穫作業の様子です。
まるで工事現場の様ですよね!(笑)
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19015080.jpgもちろん、「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』の栽培の様子も、『ステビアにんにく』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫は重機を使い土ごと掘り上げ、その後こうしてにんにくを集めていました。

a0254656_19040954.jpg『ステビアにんにく』の根っこはすさまじく、手で引き抜こうとしても無理です。
今年から猪一郎さんが、ご両親に少しでも楽をさせようと、場所を変えて一人で『ステビアにんにく』を栽培しました。

a0254656_19080015.jpgところが、この栽培地には重機が入りません。
もちろん、今年も手で引き抜こうとしても、ご覧の通り全く歯が立ちません。
そこで、1つ1つをスコップで掘り上げながら収穫することになったのです。

a0254656_19102239.jpg「ほら見てん!根っこがすごかでしょ?親父たちは、いつものようにうちの田んぼで作れば良かって言いよったとば、俺がしゃんむり(どうしても)ここで作るって言ってしもたけん、今年はしょんなか(仕方ない)ばってん、来年からはまたいつもの田んぼで作ることにするよ(笑)」

a0254656_19145544.jpg「親父たちが残してくれたにんにくの種だし、ステビアの効果もあって、出来自体は今年も最高ばい!掘り上げて、しっかり乾燥させたら出荷たい。その中から良かとば選んで出すけん、自信もって販売して良かばい!」
猪一郎さんは、にんにくの良い出来に満足げにそう話しました。

a0254656_19204546.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの無農薬で育てた『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。
大きくて、ビタミン、ミネラルが豊富で、日持ちが良く、美味しい、しかもニンニクの香りがあまりきつくない『ステビアにんにく』は大人気商品です。
受注受付は、7月中旬の予定で、7月下旬より出荷いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-06 19:24 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)