ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2017年 05月 31日 ( 1 )

熊本ぶどう 社方園 色づき始め果実の肥大と充実の時期です!匠の徹底管理と熊本農業大学の実習生の話

FLC日記 2017年5月31日(水) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度もぶどうの匠「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。
a0254656_18221111.jpg


a0254656_18242281.jpgここは、熊本県山鹿市にある、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』生産農家の、「社方園」さんの栽培ハウスです。
こちらは、最初に収穫を迎えるハウスです。
「社方園」さんでは、ボイラーを焚くハウス、加温しないハウス、そして屋根のためのハウスなどで、収穫時期をずらしながらぶどうを栽培しています。

a0254656_18270888.jpg今年も、最初に収穫を迎えるハウスのぶどうたちは、こうして順調に色づき始めました。
「社方園」さんでは、毎年決まって、7月7日に、その年のぶどうを初出荷します。

a0254656_18292533.jpgこちらは、昨年もダントツの1番人気だった、5房の3色詰め合わせです。
ありがたいことに、すでに初回出荷分でたくさんのご予約を頂戴しています。
夏が始まったばかりの7月7日に、黒、白、赤の3色のぶどうをそろえて出荷できるぶどう農家さんは、全国的にも少ないと思います。

a0254656_18323213.jpgしかも、そのいずれもが、“本物”と呼べる至高の美味さなんです!
口に含むと、みずみずしく甘い果汁が口の中で爆発する!
と言った表現がぴったりだと思われる美味さです!

a0254656_18491015.jpgこちらは、冬の剪定作業の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18525224.jpgそして、昨日も現地取材に伺うと、「社方園」さんの直売所の前には、見事なバラが咲いていました。
「社方園」園主の社方武路さんが、手入れを行っていました。
「おはようございます!今年もめちゃくちゃきれいですね!」と声をかけると、

a0254656_18570866.jpg「笠さんにいただいたダリアが、今年もきれいに咲いていますよ!そうそう!今日は熊本農業大学から実習生が来てるので、声かけてみてください!」とのこと。
さっそく行ってみました。

a0254656_18591725.jpg武路さんのお父さんで、「社方園」初代園主の社方義武さんです。
ぶどう栽培の高い技術力は、多くのぶどう生産者が学びに来るほどのまさにぶどうの匠です。
その奥に、実習生がいました。

a0254656_19021989.jpg熊本県立農業大学2年生の庄村慎之介君です。
ご覧のとてもさわやかな笑顔が印象的な好青年です!
「実家が農家で、みかんを中心に栽培していますが、いずれは私がぶどうを育てたくて、こちらでお世話になりながら勉強させていただいています。」

a0254656_19074906.jpgはっきりとした言葉使いで、将来のビジョンを話してくれました。
この日は“ジベレリン処理”を行っていました。
ジベレリンとは、植物に内生する“植物ホルモン”の1種で、もちろん、人体には全く影響のない安全なものです。
ジベレリンは、種なしぶどうを作る他に、植物の成長促進作用、種子や芽の休眠打破、熟期促進などの作用があります。

a0254656_19142594.jpg多くの農作物栽培にも利用されていて、実用面では、種なしブドウの生産、トマトの果実肥大・熟成促進、野菜・花弁の発芽・開花・成育促進などに広く使用されています。
何度も言いますが、全く害のない安全なもので、その証拠に庄村くんも素手でその作業を行っています。

a0254656_19272599.jpg休憩中の義武さんにお話をうかがいました。
「この大房に仕上げるぶどうたちも含めて、今年はどの時期の収穫のぶどうたちもとても良かばい!最初の収穫のハウスは見たね?今、潅水しよるばってん、笠さんなら毎年見てきとるけん、その良さのすぐわかるばい!」
義武さんは笑顔でそう話しました。

a0254656_19291445.jpg頭上にはぶどう棚があり、ぶどうの果実たちが成長しています。
これらは、8月には目を疑うほどの大きさに成長します。
以前撮影したその様子をご覧いただきましょう!

a0254656_19350129.jpg8月中旬の様子です。
これ本物のぶどうなんですよ。
もちろん食べることもできます。
1房でなんと、最大15kgにもなるぶどうなんです!
大房のぶどうについては、また後日ゆっくりお話しするとして、現在の成長の様子を紹介しましょう!

a0254656_19382768.jpg義武さんと共に、最初に収穫を迎えるハウスに伺いました。
「これは、白ぶどうの『シャインマスカット』たいね。この時期は果実が肥大しながらその中身ば充実させていく時期たい。ほら!果実にあるくぼみがわかるね?これが良かとたい!」

a0254656_19405937.jpg指さしていただいた先には、確かにくぼみがありました。
「こうしてくぼんだようになっとるとは、これからとても大きく成長するとたい。だけんこの時期は、潅水も含めしっかり管理してやらにゃんとたいね。」

a0254656_19463513.jpgこのあたりで栽培しているのは、白ぶどうの『シャインマスカット』なので、色づきはわかりませんが、黒ぶどうや赤ぶどうが色づくこの時期は、日に日に成長していきます。
『シャインマスカット』は、数あるフルーツをおさえて、なんと6年連続売れ筋ランキングで1位のフルーツなんです。(日本農業新聞トレンド調査より)

a0254656_19483401.jpg『シャインマスカット』は、そのストレートな甘さに加え、種無しで皮ごと食べられるところも人気の秘密です!
芳醇な香りに加え、糖度はなんと、驚きの20度越え!だとか・・・。
ぶどうの匠、社方さんいわく、「おそらく、当分はこれを越えるぶどうは出ないでしょうね!」と言わしめる絶品ぶどうです。

a0254656_19504632.jpg義武さんは、ぶどうの話を始めると止まりません!(笑)
この日もたくさんの興味深い話をうかがいましたが、その内容はまた後日とします。
一方、社方武路さんは、別のハウスで摘粒作業を行っていました。

a0254656_19532984.jpgいつも冗談を言う、とても気さくな武路さんですが、この時ばかりは表情が一変し“匠”となっています。
その匠の技も、しっかり取材していますので、またあらためてゆっくりお話しさせてください!

a0254656_19565289.jpg取材に伺った昨日は、庄村くんが通う大学の先生や、熊本県県北広域本部加持地域振興局の技師の古武城由貴さんが、庄村くんの頑張る様子を見に来ました。
みなさんとは少しご挨拶をさせていただいた程度でしたが、庄村くんはしっかり頑張っていたこと、私が確信をもって証明しますよ!(笑)

a0254656_20014734.jpg取材を終え帰ろうとする頃、庄村くんは別の栽培地で、種を抜くためのジベレリン処理を行っていました。
「金曜日までだろ?最後までしっかり頑張ってね!」と声をかけると、

a0254656_20040565.jpg「ありがとうございます。頑張ります。」とこの笑顔!
いつか、「社方園」さんにも負けないようなぶどうを育てると信じてますので、その時はぜひ取材に伺わせてください!

a0254656_20055053.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの『熊本産高級種なしぶどう』をネット独占販売いたします。
7月7日の初出荷まで、これからも成長の様子や、惜しまぬ手間ひま、匠の技を取材しご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-31 20:12 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)