ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

砂田米 天下第一の米!と称された砂田米!れんげが満開です!こだわり『砂田のれんげ米』大好評販売中!

FLC日記 2017年4月21日(金) くもり時々晴れ
熊本県菊池市七城町にある、砂田地区で育つ『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞とされ、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史を持つお米です。
a0254656_17382864.jpg

a0254656_17493634.jpgこちらは稲刈りの様子です。
黄金色に輝く稲穂と青い空と白い雲が、とてもきれいですね!
生産者の野中逸雄さんは、お米を育てる土にこだわりぬく匠です!
稲刈り時に裁断した「稲ワラ」と、冬に種を撒き、田植え前に鋤き込む「れんげ」のみを肥料として、元気な土を作り安全で美味しいお米を育てています。

a0254656_17554705.jpg4月下旬から5月上旬のこの時期は、「ここがお米を育てる田んぼ?」と目を疑うような光景です!
れんげの花が咲き誇っています。
花が終わる頃、れんげの花も葉も茎も根も、全て田んぼに鋤き込み有機肥料とするのです。

a0254656_18004258.jpg「この田んぼでは米だけば育てよるとたい。俺が使う肥料は、稲刈り時の“稲ワラ”と“れんげ”だけ!それ以外には、なんも足さんで、なんも引かんで手ばかけて育てた米ばい!」「FLCパートナーズストア」では、七城町砂田の中でも、れんげを有機肥料として使った、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
a0254656_18113947.jpg

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』


a0254656_18140676.jpgこちらは、野中さんの『砂田のれんげ米』の田んぼの今日現在の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18162419.jpgそしてもちろん、野中さんの『砂田のれんげ米』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
熊本県菊池市七城町は、日本有数の米どころです。
しかし、その七城町でも各農家さんによって、お米の作り方は様々です。

a0254656_18230546.jpgこちらは、毎年11月上旬に行う、れんげの種まきの様子です。
ここに見えている数枚の田んぼだけを見ても、この時期の様子が大きく異なりますよね!

a0254656_18244512.jpg野中さんは、自分の田んぼでお米だけを育てています。
稲刈りを終えると、稲ワラを鋤き込みきれいに整地して、この機材を使ってれんげの種を撒くのです。

a0254656_18291856.jpg1月上旬には、れんげが芽吹いてきます。れんげは収穫を目的として栽培しているのではありません。
あくまで、美味しいお米を育てるための土つくりを目的としたもので、それを「緑肥」と言います。

a0254656_18333040.jpg一方そのころ、多くのお米を育てる農家さんたちは、稲刈りを終え田植えをするまでの時期、お米の裏作として様々な作物を育てています。
最も多いのは、こちらの麦です。

a0254656_18355343.jpgこちらでは、黄金色に輝いていたお米の田んぼが一転して、たくさんの小さなハウスが立てられています。これは、熊本県菊池市が発祥の地で、現在も生産量が日本一の『水田ごぼう』を育てているのです。
a0254656_18380318.jpgハウスの中をのぞいてみました。
ごぼうが元気に育っていました。
春先にハウスを片付け、田植えをする6月までには収穫を終え、また田んぼとして利用します。

a0254656_18511616.jpg野中さんの田んぼでは、3月上旬になると、このようにれんげが元気に成長しびっしりと広がっていました。
野中さんは、田んぼをお米を育てるためだけに使用しています。

a0254656_19014387.jpgそれどころか、冬から初夏までの間は、お米を育てるための土つくりを行っています。
れんげの花が咲き終わる、5月中旬、れんげは栽培はしたものの収穫することもなく、その全てを田んぼに鋤き込み、お米を育てるための有機肥料とするのです。

a0254656_19072896.jpgれんげを使った土つくりには、費用とたくさんの手間ひまがかかります。
れんげの種の購入費用、種まき前の耕運と整地、もちろん種まき、そしてこの鋤き込み作業です。
私はいつも野中さんにそのこだわりを尋ねます。

a0254656_19094994.jpg「どうして、費用もかかり手間ひまをかけてまで、れんげ米を作るのですか?」野中さんの答えはいつも単純明快です!
「自分が安全で美味かご飯(お米)ば食べたかけんたい!」

a0254656_19125106.jpg野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』は、以前は、有名デパートにて販売していました。
しかし、現在は、生産量を調整し、自分や家族、親せきや知人のためだけに育てています。
ですから、一般流通はほとんどありません。
私は、野中さんのれんげを使った米作り、そして安全・安心で、もちろん美味しいお米に惚れ込み、無理を言って数量限定で弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_19210900.jpg野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』を、弊社では「ご飯がごちそうになるお米」と称しています。
弊社でしか買うことのできない貴重なお米で、白米と玄米での販売で、それぞれ10kg~30kgでお求めいただけます。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
数量限定商品のため、定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂きます。
ご注文はお急ぎください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-21 19:28 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://flcps.exblog.jp/tb/23830711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本産ステビアにんにく 元気い... 株式会社旬援隊の春爛漫の敷地内... >>