ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 芽カギ作業の様子と湿度管理(2017)

FLC日記 2017年12月31日(日) 雨のちくもり
熊本県菊池市赤星にある、「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』の栽培ハウスに、芽カギ作業の様子を現地取材に伺いました。
a0254656_16421454.jpg

a0254656_16445561.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も、「稲田農園」さんの、スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』をネット独占販売いたします。
今期は、平成30年2月上旬よりの出荷予定です!

a0254656_16441100.jpg「稲田農園」さんは、有機肥料をふんだんに与えた元気な土と、惜しまぬ手間ひまをかけ、甘くてシャキシャキのスナップエンドウを育てる匠の農家さんです。
「スナップエンドウにそんなに違いがあるわけない!」なんて、お思いの方も多いはず!
でも、それがこの『シャキ甘“菊光”』は、ひと味もふた味も違うんです!!

a0254656_16491551.jpgこちらは、今年の2月上旬の収穫を迎えたころの写真です。
1つ1つ丁寧に収穫し、さらに選び抜いたものだけを弊社のお客様へとご提供いただいています。

a0254656_17001151.jpgこちらは、スナップエンドウの花咲く様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17014739.jpgもちろん、「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
定植前の土つくりも、発芽や花が咲いた後の成長の様子(写真)も、それらの全てです。

a0254656_17083476.jpg今回も、発芽後の芽カギ作業の様子を取材に伺ったのですが、その前に種まき直後の様子をご紹介します。
黒いマルチビニールの下に種を撒き、保温と保湿のために透明のビニールをかぶせて発芽を促しています。
以前は、苗床で種まきした苗を育て定植していましたが、数年前から直播で栽培しています。

a0254656_17112175.jpgこちらが今回取材した、発芽後の少し成長したスナップエンドウの苗たちです。
この頃、スナップエンドウ栽培において、大切な作業があります。

a0254656_17132229.jpgそれが、この様に不要な脇芽を切り取る“芽カギ”と呼ばれる作業です。
作業中の「稲田農園」の稲田稲田光児さんにお話をうかがいました。

a0254656_17160313.jpg「芽カギ作業が始まると、今年もいよいよ栽培スタートって感じですね!」と言うと、「そうね!この時期に5節目くらいまでの芽ばかいでいくとたい。2回目の芽カギでさらに3節、合計8節くらいまで、ピシャッと手ばかけてあげとくと、病気や害虫から守ることができるけんね!」と稲田さん。

a0254656_17224022.jpgこちらは以前取材した2回目の芽カギを終えたころの様子です。
この様に苗の足元をスッキリとさせ育てることで、風通しがよくなり病気や害虫から苗を守るのです。
こうして手をかけることで、できる限り農薬や消毒を使用せずに安全なスナップエンドウを育てています。

a0254656_17251391.jpg稲田さんはさらに話をつづけました。
「昨年から通路に稲ワラを敷き詰めるようにしとるたい。それが湿度が高い時は水分を吸収して、湿度が低い時は水分を排出してくれて、とても良い環境になってるとたいね。毎年見に来よるけん知ってるだろうけど、今までこの頃は結露がすごくて作業していたらびっしょり濡れよったたい。ちなみにワラ敷位とらんだったどうなるか見せようか?」と稲田さん。

a0254656_17292623.jpg稲田さんと二人で、スナップエンドウの栽培ハウスのすぐ横にある、ネギの栽培ハウスに行ってみました。
ハウスに入るなり、すごい湿度を感じます。

a0254656_17305726.jpg「上を見てん?水滴が凄いかろ?この分をスナップエンドウのハウスでは、ワラ敷き詰めることで調整しよるわけたいね。育つ環境にも良い、使用後はそのまま有機肥料にもできる、作業もしやすいで、良いことづくめたいね。」

a0254656_17351750.jpg「まぁ、環境を整えることももちろん大事ばってん、やっぱりしっかり手をかけること以上に良か作物を育てる手段はないとたい。毎年いろんな工夫を凝らしながら、昨年よりもより良いものを育てたいと頑張りよるわけたい。」

a0254656_17375054.jpg「それに、毎年こうして現地にマメに来てくれて、ピシャッと紹介してくれることも、張り合いになるたいね。今期も自信もって勧めれるスナップエンドウば育て上げるけん期待しときなっせ!」
稲田さんは今回の取材の最後にそう力強く話してくれました。

a0254656_17405842.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』をネット独占販売いたします。
野菜嫌いのお子さんでも、これならいくらでも食べると大評判いただいた最高級のスナップエンドウです。
今期の初出荷は、2月上旬からの予定です。
これからも、「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』の栽培の様子や成長の過程など、現地取材を続け、このブログでご紹介していきます。
お見逃しなく!

<ご挨拶>
いつも、「FLC日記」をごらんいただきありがとうございます。
今年のブログは、これで最後となります。

来年も、現地で取材をした“わが家の専用農家さん”の様々な情報や、ここ(㈱旬援隊)での田舎暮らしの様子、熊本や菊池の情報などご紹介していきます。
来年もよろしくお願いいたします。

みなさま、良いお年をお迎え下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-12-31 17:44 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://flcps.exblog.jp/tb/238135064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2018年 新年のご挨拶と「F... 平成29年度の熊本限定栽培品種... >>