ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

フレッシュブルーベリー ブルーベリーの紅葉と冬の様子!この時期に咲く花は摘花します!

FLC日記 2017年1月21日(土) 雪のち晴れ

a0254656_16254466.jpg「この時期に咲いちゃう花があるのよね・・・。でも、絶対に果実にならないの。霜や雪でダメになっちゃうからね。だから、不要なエネルギーをブルーベリーの果樹に使わせないように、こうして全部摘花したり剪定したりするのよ。」
「安藤農園」の安藤則子さんが、そう言いながら手際よく作業を進めていました。
a0254656_16263861.jpg
ここは、熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てるブルーベリーの栽培場です。

a0254656_16273571.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を販売いたします。
販売期間は、6月上旬から8月末まで!

a0254656_16301381.jpgブルーベリーは落葉樹で、秋から初冬にかけて色づいた葉っぱが、この時期にはこうしてほとんど落葉します。
それと同時に、新しい花芽の準備が進んでいます。

a0254656_1632239.jpgこちらは、12月上旬の紅葉したブルーベリーです。
こうして赤く色づき、冬になるとその葉は落ちていきます。
「安藤農園」さんでは、20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培しています。

a0254656_16361684.jpg高台を通る道路から、全体を写そうとしましたが、とても広く全体を写しきることはできませんでした。
手前は極早生、早生系のブルーベリーで、縦に並んでいるのは中世、右奥にあるのが晩生のブルーベリーです。

a0254656_16393433.jpg1月上旬の剪定作業をしている頃に、話を戻しましょう!
「安藤農園」の安藤則子さんです。
「この辺りは、早生の品種たいね。極早生は剪定が終わったので、今は早生の剪定をしてたのよ。」

a0254656_16425166.jpgこちらが、剪定を終えた極早生のブルーベリーの果樹です。
きちんと誘引も施され、全体的に太陽の光が当たるようにしています。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_16464098.jpgもちろん、「安藤農園」さんのブルーベリー栽培も年間を通して取材してきました。
こちらは、5月上旬の着果間もないころの様子です。
この場所は、もともとお米を作る田んぼ(棚田)でした。

a0254656_16494098.jpgこちらは、ご主人の安藤博人さん。
仲良しご夫婦の二人三脚で、安全で美味しいブルーベリーを育てています。
美味しいお米を育てるのに適した田んぼでも、ブルーベリーには適しません。
こうして木片チップを投与し、水はけの良いブルーベリーの栽培に合う土壌に作り替え栽培しています。

a0254656_16554244.jpgまたまた現在の剪定作業の様子に話を戻します。
「則子さん!いくら極早生とはいえ、この花芽のつぼみは、もうずいぶんと大きくないですか?」と尋ねる私に、

a0254656_16571848.jpg「そうなのよ!年末年始がすごく暖かかったでしょ?だからね、成長が早くなっちゃって、もう開花しているのもあって大変なのよ!」
こちらが、すでに咲いているブルーベリーの花です。

a0254656_1741175.jpg「こんなに早く咲いても、果実は実るんですか?」とまた尋ねると、
「絶対に無理ね!まず、寒さで花がダメになるでしょ?仮に着果したとしても、霜や雪で確実にやられちゃうから、収穫できることなんてないわ!」

a0254656_1771794.jpg「だから、剪定をしながら、そんな花を見つけたら全て摘花するのよ。そうしないと、その無駄な花に果樹のエネルギーを使わせないようにね!」
本日のブログの膨張の写真と同じですが、その様子がコチラです!
a0254656_171054.jpg
咲いている花を見つけると・・・
a0254656_1710548.jpg
こうして、その花だけを丁寧に摘花します。

a0254656_17184854.jpg「それと同時にね!こうして花芽が多い枝は少し落としてあげるのよ。そうしないと、小さなブルーベリーの果実がたくさんできちゃうからね!」
「すごく手をかけてるんですね!」という私に、

a0254656_17205338.jpg「だってうちでは、農薬は使用しない!消毒もしない!化学肥料は使わない!で育ててるでしょ?だからその分、しっかりと手をかけてあげないと、安全で美味しいブルーベリーはできないでしょ?」

a0254656_17255727.jpg安藤さんご夫妻は、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して無農薬にこだわりブルーベリーを育て始めました。
すると、そのブルーベリーは、無農薬栽培の安全性と、何よりその美味しさでまたたく間に口コミで評判となり販売を始めたのです。
その噂を聞いた私も、現地取材を重ね、その美味しさと安全性に惚れ込み、弊社でネット独占販売しています。

a0254656_17294253.jpg本日は、摘花の様子を中心に、冬の様子をご紹介しましたが、本来は、この時期は剪定作業がメインです。
その匠の剪定作業の様子は、また後日現地取材してこのブログで紹介したいと思っています。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
これからも、ブルーベリーの育つ様子や匠の技など、現地取材をしてご紹介していきます。
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-01-21 17:32 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://flcps.exblog.jp/tb/23565430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本産『ステビアにんにく』 平... 寒波到来!株式会社旬援隊はすっ... >>