ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

ザ・みかん 美味しく甘く育てるための匠の摘果作業 その2(十分な水を与え摘果で美味しく育てます)

FLC日記 2016年8月12日(金) 晴れ

a0254656_1817459.jpgみかんは乾燥に強い果樹です。
そこで、水分を与えずに、果実を甘く育てる方法もありますが、匠の農家さん「小春農園」さんでは、みかんの果樹に水を与えず“水が無い!”と言うストレスで甘く育てるのではなく、果実がたくさん実り育てるためには“水が足りない!”と言う、みかんの果樹の欲求で甘く育てます。
しかしそのためには、ベストなタイミングでの摘果作業が不可欠です!
a0254656_18185698.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『ザ・みかん』をネット独占販売いたします。

a0254656_18213954.jpg「小春農園」さんでは、有機肥料を与えた元気な土と、水分もしっかりと与え、元気な果樹を育て、みかんの果樹が持つ本来の力を活かして、至高のみかんを育てています。

a0254656_18314952.jpg熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの壮大なミカンの果樹園に、摘果作業の様子を取材に行ってきました。
本日は、昨日に続き、「小春農園」さんのミカンの栽培の様子をご紹介いたします。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18354557.jpg昨日のブログで、みかんの花の開花前から着果までの様子をご紹介しました。
元気な花をたくさん咲かせ、たくさんの果実を着果させ、匠の技で摘果作業を施し、美味しいみかんに育てるのです。

↓ 昨日のブログはコチラ! ↓

FLC日記 2016年8月11日(木) 晴れ
ザ・みかん 美味しく甘く育てるための匠の摘果作業
その1(開花から着果まで)


a0254656_18455793.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「笠さん!足元ば見てごらん!それだけの数ば、摘果しよるとばい!タイミングを見計らって、それぞれの樹勢を判断して、この時期に一気に3分の1ほどば摘果して落としていくとたい。」

a0254656_18523972.jpg私の足元には、おびただしい数のみかんが摘果されていました。
「割れとるとはもちろんたいね。あとは、キズがあるものを中心に、樹勢に合った的確な数にせにゃんとたい。」と小原さん。

a0254656_18564114.jpg本日のブログの冒頭でもお話ししたように、みかんは乾燥に強い果樹です。
水分を与えずに育てると、甘いみかんができます。
しかし、「小春農園」さんでは、水分を与えずに育てるのではなく、たくさん着果させ、水が足りないという状況を作り甘いみかんを育てています。

a0254656_1933368.jpgわかりやすく説明しましょう!
これは「小春農園」さんのみかんの果樹園のほんの一部で、大自然の中、陽のあたる山の斜面を利用した壮大なみかん畑で『ザ・みかん』を育てています。
甘いみかんを育てるために、乾燥に強いみかんの果樹の特性を活かして、極力水を与えないように、地面をマルチビニールシートで覆う方法をとられる農家さんもありますが、「小春農園」さんではそのような方法をとりません。

a0254656_19162886.jpg中には、みかんの果樹の根っこが伸びにくくなるような“ホルモン剤”を投与して、十分な水分を果樹が吸えない状況を作り栽培する方法もあるようですが、「小春農園」さんではむしろ逆です。
根っこがどんどん伸びて、水分も十分に吸い、ノビノビと元気に育てています。

a0254656_19213971.jpgみかんの果樹が、「水分が無い!」と言うストレスで果実を甘くさせるのではなく、たくさんの果実が実っているので、「水分が足りない!」と言う頑張りでみかんを甘くさせる方法で育てるのです。
「この時期まで、たくさんみかんの果実をつけさせとくと、みかんの果樹は水が足りないと感じて、どんどん根を伸ばして水や養分を吸収しようと頑張るわけたいね。すると、水が足りないと頑張る力が元気な果樹になるとたい。」

a0254656_19274172.jpg「しっかりと根をはり、水分や養分も十分に吸いあげる力を持った、元気な果樹だからこそ、頑張れるわけたいね!」と小原さん。
「小原さんも、相当頑張っていますよ!だって・・・」

a0254656_19302042.jpg「流れる汗がすごいですよ!その頑張りにみかんの果樹たちも答えてくれるわけですね!」
「ハハハっ!そういう事たい!どぎゃん暑くても、この時期にしゃんむり(熊本弁:どうしても)摘果ばせにゃんとだけんね!みかんの果樹の頑張りに負けんごつ、俺も頑張るばい!(笑)」

a0254656_1934437.jpg摘果作業は、みかんの果樹の樹勢、果実が実る場所、果実にキズがあるかどうかなどなど、匠の判断で行われていました。
どのような果実をどれくらい摘果するかも、現地取材してきましたが、本日は少々長くなりましたので、この続きはまた後日ご紹介することとします。

a0254656_19394556.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの豊富な経験と卓越した栽培技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには、大学で果樹栽培を専門に学んだ、将輝さんの新たな知識が重なり、3人の“匠”を中心として、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_19403040.jpg本日ご紹介している、『ザ・みかん』の他には、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』、究極の柑橘『せとか』、『原木しいたけ』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、などなどすべて超一級品!
ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
そして現在は、『山あいの甘熟イチジク』が大好評発売中です。

a0254656_19445272.jpgいちじくは樹上で完熟させないと本当の美味しさになりません。
そこで、完熟ならぬ“甘熟”にこだわった朝採りいちじくを即日発送でお届けします。
毎回の出荷予定数は常に完売する、匠が育てたこだわりいちじくをぜひ一度ご賞味ください。

詳細を知りたい方、今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓
山あいの『甘熟いちじく』


a0254656_19493575.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの匠が育てた『ザ・みかん』をネット独占販売いたします。
10月初旬より出荷する「極早生みかん」の『日南』、続けて「中世みかん」の『ひのみらい』(写真)、最後に「晩生(おくて)みかん」の『青島』、『金峯』と続きます。
これからの成長の様子や、匠の技など、現地取材しご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-08-12 19:51 | ザ・みかん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://flcps.exblog.jp/tb/23103665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ザ・みかん 美味しく甘く育てる... ザ・みかん 美味しく甘く育てる... >>