ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 苗床作り~田植え前の苗床の様子(2016後編)

FLC日記 2016年6月20日(月) 雨
「FLCパートナーズストア」では、野中さんの『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。

a0254656_16504622.jpg日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町で、匠の農家さん野中逸雄さんによって育てられたお米です。
野中さんは、七城町の中でも、砂交じりの独特な田んぼを持つ「砂田地区」で、れんげを有機肥料として育てる、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』の生産者です。

a0254656_16554018.jpgこちらは、昨年の収穫(稲刈り)の様子です。
菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざった独特な土壌を持つ『砂田地区』の田んぼで育つ『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と称賛されているお米です。
“天下第一の米”とされ、将軍家や皇室への献上米としての歴史がある大変おいしいお米です。
a0254656_16585294.jpg

a0254656_1762090.jpgその「砂田地区」の中でも、野中さんは“れんげ”を有機肥料として使った、『砂田のれんげ米』を育てています。
秋の稲刈り後、田んぼにれんげの種を撒き、お米を育てる肥料として育てます。

a0254656_16591526.jpg5月上旬、花が咲き終わるころ、れんげはその花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、お米を育てる有機肥料とします。
「FLCパートナーズストア」では、その田んぼで育てられた『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
他では買うことのできない大変貴重なお米です。

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』


a0254656_17292271.jpgこちらは、5月上旬のれんげを田んぼに鋤き込む様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17461785.jpgこちらは、5月23日(月)に行われた、今年(平成28年度産)の苗床作りの様子です。
お米の種(籾)をまいたトレーを、こうして苗床に並べていきます。
苗床とは、田植えまでの期間、苗を集中して管理して育てる場所のことです。

a0254656_17513239.jpg野中さんの息子さんの、野中賢吾さんです。
「一般的には、すでに水をはった苗床に苗箱(トレー)を並べますが、うちではもうずいぶん前から父が後から水を入れるようにして苗床を作るんです。」と賢吾さん。

a0254656_1757518.jpg「野中さん!私も何か手伝いましょうか?」と声をかけると、
「そぎゃんこつはせんで良か!もし、ひっくり返しでもしたら、おおごつ(大変)ばい。笠くんとこに卸す米のなくなるけんね!」

a0254656_17591431.jpg「その代わり、なんでも見て、なんでも撮ってよかけん、しっかり取材場して良か記事ば書きなっせ!」
野中さんはそう言いながら、手際よく苗床作りを進めていました。

a0254656_183989.jpg見事に、予定数の苗箱が並べ終わりました。
以前は『砂田のれんげ米』として百貨店に卸していました。
しかし、現在は自分や自分の家族、親せきや友人のために、安全でより美味しいお米を育てようと『砂田のこだわりれんげ米』を栽培しています。
その中から、「FLCパートナーズストア」に数量限定で卸していただいているのです。

a0254656_1891078.jpg苗箱には、白いシートがかけられました。
そうすることで、温度が保たれ、さらには野鳥が籾を食べることから守ることができます。
野中さんと奥様、賢吾さん、そして奥様のお兄さんも一緒に作業をしていました。

a0254656_18133855.jpg白いシートをきれいにかけ終わると、風で飛ばないように周りに土をよせていきます。
「後ろさんの方が(後ろに進む方が)やりやすかろ?俺がこっちばいくけん、賢吾はそっちばすると良かたい。」
鍬を使いながら、親子の匠の共同作業です。

a0254656_18371384.jpgすべての苗箱にシートをかけ終えると・・・、
「よ~し、水ば入れるぞぉ~!」
野中さんは、そう言いながら、用水路から苗床(田んぼ)への給水口を開けました。
一級河川「菊池川」からきている清らかな水が、田んぼへと勢いよく流れ込んでいきます。
その水は、乾いた田んぼに潤いを与えながら、どんどんと奥へと進んでいきました。

a0254656_18512497.jpg苗箱を置いた場所は、少し高台になっています。
まずは、その間を水が進んでいきました。
毎日、見回って水位を調整して田植えまでこの苗床で稲たちを育てるのです。
最後に、野鳥除けのキラキラテープを張り巡らし、苗床作りは終了しました。

a0254656_18564480.jpg「2週間くらいは、シートばかけとくかなぁ・・・。それから、3週間くらいここでしっかりと苗ば育てて、6月25日前後に田植えするばい。」と野中さん。
しっかりと育った苗たちの様子も現地取材してきました。

a0254656_190469.jpgこちらは、3日前(6月17日)の苗床の様子です。
青々と元気に育った苗たちが、実に美しかったです。
野中さんは、毎年変わらぬ栽培方法で、今年も『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を育てます。

a0254656_1934870.jpg私はこの、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を、「ご飯がごちそうになるお米」と呼んでいます。
弊社でしか買うことのできない大変貴重なお米です。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
平成28年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』の育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなど、もちろん今年も現地取材してご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-06-20 19:09 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://flcps.exblog.jp/tb/22923529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山あいの南高梅 平成28年度完... 砂田米 『砂田のこだわりれんげ... >>