ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本セロリ「清正人参」 これぞ“本物”の美味さ!最旬『セロリ』をお届けします!!

FLC日記 2016年1月14日(木) くもり時々晴れ
熊本県合志市(こうしし)の「大島農園」さんのセロリのハウスに伺いました!!
ご覧ください!
この青々としたセロリの畑!!
a0254656_1703164.jpg

a0254656_17155336.jpg「FLCパートナーズストア」では、セロリの匠、「大島農園」さんの、熊本セロリ『清正人参』をネット独占販売しています。
朝採り、新鮮そのものを即日発送で全国にお届けしています!!

↓ ご注文(ご予約)はコチラ!! ↓
「FLCパートナーズストア」
熊本セロリ『清正人参』


a0254656_17201578.jpg「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培ハウスは、日本のセロリ栽培発祥の地、熊本県の合志市(こうしし)にあります。
親子の匠のより、日本一のセロリを育てようと、15年も熊本セロリ『清正人参』を栽培しています。

a0254656_17374668.jpg『清正人参』とは、セロリ(セルリー)の古称です。
名前の由来と、熊本がセロリ栽培発祥の地となった、その訳を簡単に説明します。
『清正人参』とは、戦国武将の加藤清正公の名前に由来しています。

a0254656_17412598.jpg加藤清正公は、豊臣秀吉の日本統一後、肥後藩(現在の熊本県)の統治を任された戦国武将です。
朝鮮出兵の際にその種子を「ニンジンの種!」と言われ、持ち帰り栽培を始めたと言われています。

a0254656_17443541.jpg育ててみると、明らかにニンジンとは異なります。
日本に無い植物でなので、もちろん名称もなく、清正公が持ってきたニンジンつまり『清正人参』と言われるようになったようです。

a0254656_1751506.jpgさて、話を現在に戻しましょう!
「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培ハウスの周りは、「龍門ダム」からの治水工事によって整備された、美味しいお米を育てる“田んぼ”に囲まれています。

a0254656_17245631.jpgその清らかで豊富な水と、長年育て上げてきた肥沃な土によって、『熊本セロリ』が育てられています。
セロリは、種まきから6か月も栽培期間を要する野菜です。

a0254656_17535126.jpg私は、その栽培の様子を、苗床からハウスへの定植、成長の姿や匠の惜しまぬ手間ひま、そして収穫までを、もう何年も現地取材していきました。
これは、8月の苗床の様子です。
熊本セロリ『清正人参』は、6月下旬に種を撒き、約3か月間、苗床で育てられます。
加藤清正公の誕生日で命日でもある6月24日あたりに行われるのも、なんだか因縁めいたものを感じずにはおれません。

a0254656_1802662.jpgこれは、苗床で行われる、移植作業の様子です。
苗床では、種まき→移植1回目→移植2回目→定植までの栽培と、たくさんの手間を要します。
しかも、その時その時に合った土を作らねばなりません。

a0254656_1852540.jpg『セロリ』は、定植後、収穫までの間に、大量の肥料を要する植物です。
苗床での育苗と同時進行で、有機肥料(堆肥)を使った、ハウスの土つくりも進められました。
さらに、毎年必ず土壌検査を行って、必要な養分を補給します。

a0254656_18102518.jpg最初に種まきをして育苗した苗たちから順番に、9月下旬からハウスに定植していきます。
定植すると、有機肥料をふんだんに与えた元気で、土壌バランスの良い土で、『清正人参』は元気に成長していきます。

a0254656_1818167.jpg定植後も惜しまぬ手間ひまをかけ育てていきます。
それは、“芽カギ作業”です。
芽カギ作業とは、不要な脇芽をかぎ取る作業のことで、商品とすべくこれから伸びてくる芽のベスト環境を作り上げます。

a0254656_18275287.jpg芽カギ作業を終えると、苗の足元は、こんなにもすっきりとします。
株の中の周りにある大きめな茎と葉っぱで栄養を作り出し、中央の新芽を大きく育て商品とするのです。
こうして、地面から近い部分をすっきりさせ、風通しを良くし、病気からセロリの苗を守る目的もあるのです。

a0254656_18393778.jpg11月上旬。
ハウスにビニールをはり、冬支度です。
ハウスの中は、匠の技によって、温度と湿度を徹底管理し、『清正人参』を収穫まで育て上げるのです。

a0254656_18391591.jpg12月上旬の収穫直前の様子です。
セロリの畝と畝の間を利用して、小松菜が栽培されていました。
有機肥料をふんだんに与え、土壌バランスの良い土では、小松菜もここまで大きく成長します。

a0254656_18495741.jpgセロリの収穫は、包丁を使いながら1株1株手作業で行います。
その際に、商品とすべく中央の茎や葉っぱを育てるために頑張ってくれた周りの茎は惜しげもなくそいでいきます。

a0254656_1852123.jpg「これが最高のセロリですよ!収穫の時期はセロリたちが教えてくれます。青々とした葉っぱから、ほんの若干色が抜けるんです!その時期を見逃さずに食べると、それはそれはセロリの香り、セロリの旨み、さらには“甘味”も加わり最高なんです!」
自慢の『清正人参』を手に大島徹也さんがそう話しました。

a0254656_18553165.jpg収穫された熊本セロリ『清正人参』は、1株ごとセロハンの袋に入れて出荷します。
朝採り新鮮そのものを即日発送でお届けしますので、熊本セロリ『清正人参』は、シャキシャキとした食感がなんともやわらかいんです!
矛盾しているかのように聞こえるでしょうが、わかりやすく言うならば、繊維質が筋ばっていないってことなんです。
ですから、シャキシャキしててやわらかいんです。

a0254656_1859932.jpg「大島農園」さんでは、セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指しています。

a0254656_198277.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』をネット独占販売しています。
セロリの1株そのままをお届けしています。
セロリ発祥の地熊本で、日本一のセロリを目指している“匠の親子”が育て上げた“本物”と呼べるセロリです!
朝採りの新鮮セロリをお送りするため、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「新鮮野菜」のコーナーへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-01-14 19:03 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://flcps.exblog.jp/tb/22177075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 遊びのすみか(匿名) at 2017-12-25 19:36 x
セロリ大好きです。こんなおいしいセロリ皆に食べさせたいと思い職場にお歳暮にあげました。みんな大喜びでした。また注文します。
Commented by flcps at 2017-12-26 07:42
> 遊びのすみか(匿名)さん
セロリ美味しいですよねぇ~!
みなさんが喜んでいただいている様子が、目に浮かびます!
茎も、葉も、中央の甘い芯の部分も、1株丸ごと食べちゃって下さい!
素敵なコメントありがとうございました。
<< スナップエンドウ「シャキ甘“菊... 夢スイカ 大玉スイカ『春のだん... >>