ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

香り高きゆず 収穫の最盛期!後編(収穫から選別保管、保存方法!!)

FLC日記 2015年11月21日(土) くもり時々晴れ
「FLCパートナーズストア」では、今年度も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』をネット独占販売しています。
a0254656_171455100.jpg

a0254656_17171657.jpg「鬼塚農園」さんでは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、日の当たる広大な山の斜面を利用して、『香り高きゆず』を栽培しています。
本日は、昨日に続き今年の収穫の様子をご紹介いたします。

a0254656_17223632.jpg「鬼塚農園」代表の鬼塚敬治さんです。
私が取材に行くといつもこの笑顔で迎えてくれますが、柚子栽培に関しては一切の妥協を許さず、20年以上も柚子を作り続ける、まさに“柚子の匠”です。

a0254656_17251473.jpg「少し青くてもこの時期に柚子は一気に収穫するとたい。それから、ぴしゃっと選別して保管して、2月末くらいまでは出荷できると思うばい。ただ、今年はかなりハイペースで出しよるけん、冬至用の柚子の予約を確保したら、そんなにないかもしれんけん、注文(予約)は、早めにもらった方が良かごたるね。」

a0254656_17263914.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
とりわけ、収穫した柚子から選びに選び抜かれた“極選”の香り高きゆず『あっぱれ』は、大変希少で、大玉となると3週間待ちは当たり前の商品です。

a0254656_1731623.jpgご覧ください!
この美しさ!!
例年だと、収穫した中からわずか1割程度がこの『あっぱれ』になりますが、今年は台風15号の影響でキズが多く、1割もあっぱれは無いようです。
大玉、中玉、小玉のラインナップで、数量限定の完全予約制販売です。

a0254656_17373125.jpgまた、「FLCパートナーズストア」では、通常の柚子を、あえて『キズあり柚子』として販売しています。
上記のキズがほとんどない『あっぱれ』との差別化を図るためです。
12月22日の冬至の柚子風呂用の柚子の予約も受け付け中です。

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_17425396.jpg柚子の収穫は、とにかく一気に行っていきます。
1つ1つを選びながら収穫するのではなく、多少青くても全て収穫していくのです。
柚子は、色づいた後、果樹に実らせたままだとすぐに傷んでしまいます。
また、多少青くともきちんと保管をし追熟させれば全く問題ありません。
「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』は、その香りも果汁も“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_17495227.jpg収穫作業中の、鬼塚さんの奥さま(紀美代さん)にお話をうかがいました。
「こうしてまとまって実っていたのも、きちんと一つ一つにするのよ。収穫は2度切りよね。枝からは無し、果実のギリギリでもう一度枝を切っておかないといけないの。」

a0254656_18144758.jpg「これが、その専用のハサミよ。柑橘類を栽培する農家さんたちの多くは、このハサミを使ってるんじゃないかしらね。こうしてハサミの先が反っているでしょ?これで、しっかりと果実のギリギリで枝を切るのよ。」

a0254656_17564275.jpg「果実へ伸びた枝をきちんと切りそろえておくことで、長期保管してても、他の果実を傷つけないようにするためよ。」
紀美代さんがそう説明してくれました。
「鬼塚さんとこは、あの抜群の貯蔵庫があるからいいですよね!」私が言うと、

a0254656_17594838.jpg「そうよね!あの貯蔵庫がなければ、2月までなんか新鮮なままで柚子を出すことはできないと思うわ!」と紀美代さん。
これがその貯蔵庫です。
とても広くて、涼しい場所です。
この中では、気温が氷点下になっても、柚子が凍ることはありません。
また、乾燥を防ぐためにあえて風通しを良くはしていないのです。

a0254656_1855922.jpg収穫後、貯蔵庫ヘ集められた柚子たちは、まず厳しい選別を受けます。
果皮にある、こすったようなキズはかまいませんが、傷むようなキズがあるものはすべて廃棄します。
特に、鋭いトゲが刺さった後は要注意です!
見逃すと、そこから必ず傷んできます。

a0254656_18104275.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』は、極選の『あっぱれ』も、『キズあり柚子』も、『冬至用ゆず』もすぐすぐに傷むようなものはありません。
でも、長期保管ずるためにはどうすればよいのか?
紀美代さんにうかがいました。

1.直射日光、高温・氷点下を避けること!
2.乾燥させないこと(風通しのよいところも避ける)!
3.呼吸をさせるため、ビニールに入れない!
4.冷蔵庫に入れる場合は、必ず野菜室に!
(冷蔵庫の場合のみ、乾燥を防ぐためにビニールに入れる)
そうすることで、長く新鮮なままのゆずをご利用いただけます。
ただし、長くなると、どうしても果汁が少なくなるとのことでした。
a0254656_18163940.jpg

a0254656_18175064.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売しています。
大変ありがたいことに、今年は昨年をはるかに上回るハイペースでの出荷を行っています。

a0254656_18201711.jpg特に、キズがほとんどない選び抜かれた『あっぱれ』は、収穫後の厳しい選別を受けての出荷のため、商品がそろい次第の出荷と言うことで、予約販売とさせていただいています。
冬至用の柚子の予約も今のところまだ大丈夫です。
ただし、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文(ご予約)はお早めにお願いいたします。

a0254656_18254191.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』は、鬼塚敬治さん、紀美代さんの笑顔の絶えない仲良しご夫婦の惜しまぬ手間ひまと愛情で育てられ、匠の手により手選別された“本物”と呼べる逸品です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-21 18:28 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://flcps.exblog.jp/tb/21856031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 無農薬・無化学肥料の『水源キウ... 香り高きゆず 収穫の最盛期!前... >>