ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本産高級イチゴ 平成28年度の予約発売スタート!!(牛島農園さんの完熟紅ほっぺ編)

FLC日記 2016年12月5日(月) くもり
「FLCパートナーズストア」では、今年度も匠の農家さんが育て上げた、熊本産の新鮮イチゴをネット独占販売いたします。
a0254656_17112448.jpg
甘くて、香り高く、真っ赤な新鮮イチゴをおほおばると、とても幸せな気分になりますよね!

a0254656_17125024.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の、数あるフルーツの中でも、常に人気が高いのがイチゴです。
平成28年度は、明日より予約販売を受付し、12月13日(火)から出荷予定です。
そこで本日は、こだわりの栽培と美味しさの秘密を紹介する第一弾!
「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』をご紹介いたします。

a0254656_17164165.jpg『紅ほっぺ』は、なんといってもこの紅色の鮮やかな果肉が特徴のイチゴです。
美しい色合い、甘そうな果肉。
普通のイチゴと、一線を画すと言われる高級イチゴなんです。

a0254656_17183736.jpg完熟の紅ほっぺを朝採り即日発送でお届けします。
ですから、毎回の出荷数を限定し、数量限定の完全予約制での販売です。
平成28年度の予約の受付は、明日(12/6)の12時よりスタートします。
初回出荷は、12月13日(火)です。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』

それでは、生産者の「牛島農園」さんの生産地とこだわりをご紹介しましょう!!

a0254656_17245332.jpg熊本県菊池市にある「牛島農園」さんの高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスに伺いました。
手前の畑では、無農薬・無化学肥料の有機栽培で育てている『キャベツ』が元気に成長していました。

a0254656_17271255.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、完全無農薬・無化学肥料の有機栽培でキャベツ、白菜、水田ゴボウを育てています。
しかし、イチゴだけは無農薬栽培ではありません。
こだわりの“減農薬栽培”です。
栽培ハウスに定植して以降は、全く農薬は使用しません。

a0254656_1730513.jpgまた、ボイラーを焚くなどして加温することなく、ハウスの開閉だけで温度管理し、無加温栽培でイチゴを育てています。
私は、栽培ハウスの取材に伺うと、いつもこうして採りたてのイチゴを、その安全性を知っているので、全く洗うことなくその場で試食させていただいています。

a0254656_1735588.jpgではなぜ、その場で洗うこともせずに食べてもいいほどのイチゴが、無農薬栽培ではなく“減農薬栽培”なのかというと、その理由は隣の苗床のハウスにありました。

a0254656_1738895.jpg苗床とは、定植までの苗を集中して管理する場所のことです。
イチゴは、多年生植物で、親株からランナーで新しい株を増やし、それをハウスに定植し育てるのです。

a0254656_17565720.jpgこちらは、夏の時期の苗を増やし育てているころの様子です。
どうしても夏の苗床の時期だけに、害虫や病気が出る恐れがあるので、最小限(慣行栽培の半分だけ)の農薬を使用します。
しかし、収穫時期とは全く異なる、夏の苗床での農薬を使用だとしても、農薬を使うこと間違いないので、無農薬栽培ではなく、あくまで“減農薬栽培”としているのです。

a0254656_1803260.jpg「牛島農園」代表の牛島武文さんです。
牛島さんは息子さんの修さんと二人で、様々な“本物”と呼べる食材を育てています。
「俺が育てるキャベツや白菜、水田ゴボウは、無農薬・無化学肥料の“有機栽培”。ばってん、あくまでイチゴは“減農薬栽培”たいね。そこは、お客様に必ずわかるように伝えにゃんばい!!」」
牛島さんは常々そう話します。

a0254656_182695.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
もちろん「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
「生産者は正直であれ!」牛島さんの口ぐせです。

a0254656_18114636.jpg私は、牛島さんのその言葉通りの、正直な栽培への取り組みと、自分が育てた農作物への、絶対的な責任に感銘し、弊社でネット独占販売をさせていただいています。

a0254656_18144425.jpg「牛島農園」さんでは、安全性へのこだわりのみならず、“美味しさ”へのこだわりも強く持っています。
商品名を決める際に、『完熟紅ほっぺ』としました。
しっかりと“完熟”したイチゴだけを、朝採り即日発送で出荷するお約束をいただいたからです。

a0254656_18182338.jpgこちらは、9月中旬のイチゴの定植の様子を取材に行った際の、親子の匠のツーショットです。
お二人のこの笑顔が、正直な栽培方法と、美味しさへのこだわりの象徴のように見えました。

a0254656_18211945.jpg「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』は、こだわりの完熟イチゴを朝採りで収穫し、さらに選びに選び抜いた“極選”のイチゴです。
安全に作り、美味しく育てあげてるからこそ、毎年多くのリピート購入をいただく大人気商品です。

a0254656_1823020.jpg「FLCパートナーズストア」では、こだわり農家の「牛島農園」さんが、減農薬栽培で育て上げた『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
12月13日(火)よりの発送予定です。
以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です。
ただし、“完熟”、“朝摘み”にこだわる、「牛島農園」さんゆえの、完全予約制の数量限定販売とさせて頂きます。
お届けは、遅くとも出荷の翌々日ですので、朝摘みの新鮮さ、完熟の美味さを存分にご堪能いただけると思います。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2016-12-05 18:25 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市(初日)に行ってきました!(後編)

FLC日記 2016年12月4日(日) 雨
昨日に続き、第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市の現地の様子をご紹介いたします。
本日は、大会2日目!
美味しいお米を育てた多くの方々の表彰もありました!!
a0254656_16583771.jpg
こちらは、“小学生部門”で「金賞」を受賞したみなさんです。
全国の小学校で、米作りに取り組み、育て上げたお米をエントリーし美味しいお米(金賞)として表彰されています。

a0254656_17562249.jpgこちらは、“都道府県代表お米選手権”の金賞の表彰の様子です。
お一人お一人に、鈴木秀之米・食味鑑定士協会会長から、賞状が授与されました。
その他にも、たくさんの部門が設けられていました。

a0254656_17594318.jpg“国際 総合部門”、“栽培別部門”、“全国農業高校 お米甲子園”、“お米甲子園プレゼンテーション部門”、“第3回すし米コンテスト:国際大会”の合計7部門です。

a0254656_1885744.jpg「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」は、国内外のお米を一同に集め、これを審査・評価することにより、安全性や糧食性を求め、「良質な米作り」に日々精進する生産者・生産団体を支援し、さらにこれを認めることを目的とした大会です。
今回で、第18回目を迎えるこの大会が、熊本県菊池市で開催されました。

a0254656_18103179.jpg12月3日(土)、4日(日)の2日間で行われ、会場は、菊池市総合体育館で、メインアリーナを主会場としサブアリーナ、さらには特設会場を設けた広場で行われました。
本日は、昨日と異なりご覧の土砂降りの中での開催でした。

a0254656_18132639.jpg昨日も、私は取材に伺い、のべ、2000名以上の来場者があったようです。
その様子は昨日のブログで詳しく紹介しています。
ぜひそちらもご覧ください!

FLC日記 2016年12月3日(土) 晴れ
第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市(初日)に行ってきました!(前編)


a0254656_18183567.jpg2日目の本日は、“全国農業高校 お米甲子園”の栽培部門の官能審査(実際にお米を食べて審査すること)が行われた後、『食と健康』について、パネルディスカッションがありました。

a0254656_18292041.jpgパネラーは、アル・ケッチァーノ奥田政行オーナーシェフ、シンガーソングライターの八神純子さん、加恵営農改善組合の栗原康敏さん、そして、ホスト市の江頭実菊池市長です。

a0254656_18222394.jpg江頭市長のお隣の女性は、この2日間の大会期間中、総合司会をしていただいた平山留美子さんです。
平山さんは菊池市在住のフリーMC、TVリポーターで、透きとおる声ととても流ちょうなおしゃべりで、会場を盛り上げてくれました。

a0254656_18372738.jpg会場はご覧の大盛況です。
農業を営んでいる私にとっても、すごく興味ある話ばかりで、特に、「農業は死ぬまでできる仕事で、生涯収入を得ることができる」という、栗原さんの言葉が染みました。

a0254656_18395853.jpgさて、昨日のブログでは詳しく紹介しなかった、このイベントのメインとなる、米・食味分析鑑定コンクールについて紹介します。
こちらは、官能審査の会場です。

a0254656_18425478.jpg1次審査の、食味検査で85点以上のものだけが、2次審査は味度計による検査を受けます。
いずれも機会による検査です。
各部門別に、厳しい1次、2次審査を勝ち残ったお米が配膳され、30名の審査員により官能検査が行われます。

a0254656_18491595.jpg検体(ご飯)は、1つ1つ別々の容器に密封して運ばれます。
もちろん、どこのだれが作ったお米かは、一切わからず番号のみで表記されています。
そこで、色つや、香り、粘り、食感、食味、総合評価を、実際に五感を通して審査するのです。

a0254656_18525574.jpgこちらは、毎回審査員として参加されている、食味鑑定士の堤公博さんの審査の様子です。
熊本県菊池市在住の堤公博さんは、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートです!!
また、九州米粉食品普及推進協議会の会長などたくさんの役職をしながら、自らも無農薬でお米を育てています。

a0254656_18563579.jpg堤さんの鑑定の様子は、多くのメディアも注目していました。
堤さんが育てたお米は、この米・食味分析鑑定コンクール:国際大会において、2度も日本一に輝きました。

a0254656_18583598.png熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、堤さんのお米を販売しています。
私は、「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の笠泰紀です。

a0254656_192216.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
もちろん、堤さんのお米の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
こちらは、お米の花咲く様子を取材に行った際に撮った堤さんと元気な稲の様子です。

a0254656_1943555.jpgしかし、堤さんが育てるお米は、もうすでに何年も先まで予約でいっぱいのため、弊社では無農薬・無化学肥料で育てた『雑穀米』、『発芽玄米』の販売を行っています。

↓ 今すぐ購入)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『無農薬雑穀米・発芽玄米』


a0254656_1973715.jpg官能審査に話を戻しましょう!
会場内では、一般のお客様も検体(ご飯)の試食ができます。
審査官に運ばれたものと同じものを試食できるのです。

a0254656_1910623.jpgすべて試食することはできませんでしたが、私ももちろん試食してきました。
私が食べた中で、美味しかった検体を後で堤さんに伝えると、「俺も同じのを選んだよ!」とのこと!
私の舌もまんざらではないと、自信になりました。

a0254656_1920180.jpgまた、高校生による、全国農業高校お米甲子園プレゼンテーション部門の審査も行われました。
ノミネート校は、左から、熊本県立阿蘇中央高等学校農業食品科1年のお米作り隊、兵庫県立播磨農業高等学校お米研究班、宮城県農業高等学校作物専攻班の3組です。
いずれも、高校生とは思えない素晴らしい研究内容と、商品化にする取り組みで、すごく勉強になりました。

a0254656_19281698.jpgいずれも甲乙つけがたい内容でしたが、強いて1校をあげるなら、私は2番目にプレゼンテーションをした兵庫県立播磨農業高等学校お米研究班の、米ぬかを肥料とした取り組みを高く評価します。

a0254656_19315532.jpg官能検査の結果は、随時掲示板に張り出されて、多くの方が注目していました。
各部門の受賞者やプレゼンテーションの結果などは、後日、米・食味鑑定士協会のホームページにアップされると思いますので、ぜひそちらをご覧ください!

米・食味鑑定士協会のホームページ
http://www.syokumikanteisi.gr.jp/



a0254656_19361080.jpgこちらは、食事や特産物を販売する特設会場です。
あいにくの天気にもかかわらず、2日目の米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市にも、県内外から多くの方が来場されました。

a0254656_19404510.jpg私も昨日に続き、美味しいお料理を堪能しました。
堤さんの奥様と娘さんが出店していた“米粉”を使ったピザや、菊池のブランド牛“えこめ牛”のステーキ、ねぎもち汁、うどん、から揚げ、おこわなどなど、どれも本当に美味しかったです。

a0254656_19425711.jpg米・食味分析鑑定コンクール:国際大会は、毎年会場を変えて行われます。
第19回目を迎える次回開催は、山形県真室川町で開催されます。
お米の良さを知り、全世界のお米生産農家さんの励みともなるこの大会は、本当に素晴らしいものでした。
私もいつの日か、美味しいお米を育て、ここに出品できるように頑張りたいと思いました。
今回の大会を、大成功へと導いていただいた、米・食味鑑定士協会のスタッフ、関係者の皆さん、菊池市の皆さん、そして総合司会の平山留美子さんにも心より感謝申し上げます。
また、次回大会も大成功になること、お祈り申し上げます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

# by flcps | 2016-12-04 19:49 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市(初日)に行ってきました!(前編)

FLC日記 2016年12月3日(土) 晴れ
本日(12月3日(土))、第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市に行ってきました。
「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」は、国内外のお米を一同に集め、これを審査・評価することにより、安全性や糧食性を求め、「良質な米作り」に日々精進する生産者・生産団体を支援し、さらにこれを認めることを目的とした大会です。
a0254656_1751158.jpg

a0254656_17111768.jpg今回で、第18回目を迎えるこの大会が、熊本県菊池市で開催されました。
会場は、菊池市総合体育館で、メインアリーナを主会場としサブアリーナ、さらには特設会場を設けた広場で行われました。

a0254656_17151454.jpg菊池市は、清らかな水、豊かな大地で、たくさんの農作物が育てられえいます。
菊池市七城町で育つ『七城の米』は、全国的にも高い評価をされ、菊池市は日本有数の米どころです。
七城町砂田のお米、『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われたたお米で、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

a0254656_1727650.jpg開会開始を前に、くまモンが場内を盛り上げてくれました。
県内外からたくさんのお客様が訪れています。
この大会を、菊池市はもとより、熊本県も全面バックアップしています。

a0254656_1729328.jpg今回は、全世界からなんと5,671ものお米の出品があり、過去最高の検体数なのだそうです。
機械による全検体の検査を1次審査、2次審査で行い、最終審査にノミネートされたお米を、本日、明日で食味鑑定士の方々の試食による厳正な審査が行われます。

a0254656_17365288.jpgその中のお一人は、熊本県菊池市在住の堤公博さんです。
堤公博さんは、“米・食味鑑定士”で、雑穀エキスパートです!!
また、九州米粉食品普及推進協議会の会長などたくさんの役職をしながら、自らも無農薬でお米を育てています。

a0254656_17451365.png堤さんが育てたお米は、この米・食味分析鑑定コンクール:国際大会において、2度も日本一に輝きました。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、堤さんのお米を販売しています。

a0254656_17394745.jpgしかし、堤さんが育てるお米は、もうすでに何年も先まで予約でいっぱいのため、弊社では無農薬・無化学肥料で育てた『雑穀米』、『発芽玄米』の販売を行っています。

↓ 今すぐ購入)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『無農薬雑穀米・発芽玄米』


a0254656_1753090.jpg大会は、木村菊池市副市長の開会宣言の後、米・食味鑑定士協会の鈴木秀之会長(写真)の主催者挨拶で始まりました。
この度の熊本地震のお見舞い、私たちの人の主食のお米を、より美味しく、そして国際社会にも勝ち抜けるものとして、推進していきたいとのお話をいただきました。

a0254656_17542272.jpgその後、江頭実菊池市長、蒲島郁夫熊本県県知事、坂本哲志衆議院議員、吉永和世熊本県議会議長、森清孝菊池市議会議長のご祝辞を頂戴し、来賓紹介、祝電披露と進み開会式を終えました。

a0254656_2050088.jpgさて、開会式終了後は、いよいよお米の食味分析鑑定に移ります。
初日の今日は、まず国際総合部門の30名の審査員による官能審査が行われました。
審査に基準等は明日のブログで詳しくお話しするとして、本日は会場全体の様子を紹介します。

a0254656_20532898.jpgこちらは、菊池市総合体育館の正面玄関です。
大きな看板が掲げられています。
入館するとまず目にするのが・・・

a0254656_2055419.jpgこちらの“復光”の文字です。
間違っているのではありません。
菊池市では、熊本地震からの「復興」を“復光”として、明るい光を取り戻そうと取り組んでいます。

a0254656_2114922.jpgメイン会場内には、菊池市の一番の観光名所である「菊池渓谷」の震災前と震災後の写真が展示されていました。
現在も、菊池市内から菊池渓谷へ向かう県道45号線は通行止めのままです。

a0254656_2154745.jpgもちろん菊池渓谷内も遊歩道や橋の復旧もできていない状況で、もちろん菊池渓谷には入れません。
県道45号線は、現在、年内の復旧を目指し、全力で工事が進んでいます。
工事が完了し、菊池渓谷内に重機等が入れるようになれば、復旧も進むと思われます。
本来なら、美しい紅葉を見ることができるこの時期には、多くの観光客が訪れるのですが、今年は全く無理のようです。

a0254656_2112223.jpg審査会場となる体育館を出ると、そこには大きなテントが設営してあり、菊池市食の祭典「復光2016」と題し、菊池市のたくさんの美味しいものが販売されていました。

a0254656_21172178.jpg朝採りの野菜や果物は、どれもみずみずしく新鮮そのもの!
大きな白菜にキャベツ、ニンジン、株やダイコン、ホウレンソウもありましたね!
しかも大特価での販売です。
遠方よりのお客様は、「ほしいけど持って帰るのがねぇ~。」と、とても残念そうでした。
七城町の道の駅「メロンドーム」名物のメロンパンも販売されていましたよ。

a0254656_21245239.jpgこちらは、菊池市の名産品のお土産を販売するブースです。
やはり、全国から集まった方々は、せっかくなのでお土産を買って帰りたいものですよね。
もちろん、飲食類の販売も行っています。

a0254656_2127726.jpgひときわ目を引いていたのが、米粉で作りピザの販売です。
このお二人は、先ほど紹介した堤さんの奥様と娘さんです。
米粉を使ったピザ生地に、なんと馬刺しの燻製を乗せたピザを販売していました。

a0254656_21295776.jpg堤さんのご自宅には、私は時々お邪魔するので、このお二人ともすっかり仲良しです。
「焼き立てのピザを提供してるけど、今ずいぶん待ってもらってるの、焼きあがったら声かけるから笠くんも食べにおいで!」と奥様に声をかけていただきました。

a0254656_2129086.jpgすぐ横で、本当にピザが焼かれています。
これは家庭用のピザ窯で、なんと堤さんが大手家電メーカーのタイガーさんに依頼して商品化したものだということでした。

a0254656_21374090.jpgこれが、お世辞抜きで本当に美味いんです!
米粉のピザ生地だからでしょうか、割と厚めの生地ですが、ほんとサックサクで、何枚でも食べれる感じなんです。
明日も取材に行く予定なので、絶対に食べようと思っています。

a0254656_21411862.jpgお昼時には、たくさんの方が食事を楽しんでいます。
やはり、少し肌寒かったせいか、うどん、カレー、ぜんざい、のっぺじるなどが人気の様でした。
食事を楽しむのだけでも、十分に来る価値はあると思います。

a0254656_21451123.jpg農業器材などを紹介するブースにも、たくさんの人がやってきていました。
専門的な機材や、美味しい作物を育てるための、有機肥料などなど、私も興味あるものばかりです。
明日はぜひ、しっかりと見て回りたいと思っています。

a0254656_2148467.jpgコンクール会場では、厳正なる審査が行われています。
新聞やテレビ局など多くのメディアも取材に来ていました。
少々長くなりましたので、この続きはまた明日のブログで紹介いたします。
明日のブログもお見逃しなく!!

↓ 翌日のブログ、アップしました! ↓

FLC日記 2016年12月4日(日) 雨
第18回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 in菊池市(初日)に行ってきました!(後編)



FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

# by flcps | 2016-12-03 21:52 | 菊池市 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 香り際立つ“ゴールド”種なしかぼす大好評販売中!

FLC日記 2016年12月2日(金) 晴れ時々くもり
黄金色に色づいた“ゴールド”種なしかぼす大好評販売中です!
しかも、無農薬・無化学肥料栽培の『種なしかぼす』です!
a0254656_16555640.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』を大好評発売中です!
今年は、例年以上のハイペースでご注文を頂戴しています。
数に限りがございます。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文はお早めに!!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』


a0254656_1659238.jpgかぼすは、スダチや柚子と並ぶ、香酸柑橘類です。
スダチほど酸味がきつくなく、柚子ほどに独特な香りはなく、お鍋のみならず、魚料理や肉料理にも合う万能の調味料です。
11月上旬より色づき始め、現在はこうして黄金色(ゴールド)の果皮のかぼすとなっています。
色付いても甘くはなりません。
青い果皮のかぼすと同様に、ご利用ください。

a0254656_1745686.jpg「かぼす」と言えば、やはり青々としたものを想像される方が多いと思います。
「FLCパートナーズストア」でも、8月上旬から11月上旬までは、このような青々としたかぼすを販売していました。

a0254656_17102964.jpg秋の深まりと共に、現在はこうして色づいたゴールドかぼすを出荷しています。
もちろん、弊社で販売するかぼすは『種なしかぼす』です。
「こうして色づいてからが、香りが際立ち良いんですよね!」と、毎年楽しみにしていただいているお客様も多い、大人気商品です。

a0254656_17154661.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培場です。
この大自然の中、のどかな山あいで、「古川果樹園」さんは、熊本産高級『種なしかぼす』を栽培しています。

a0254656_17175488.jpgこのあたりには、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』以外に、柑橘類の栽培はなく、病気や害虫の心配もないので、完全無農薬・無化学肥料で、『種なしかぼす』を育てています。

a0254656_17211458.jpg葉っぱはこうして青々としていますが、カボスの果実は黄色く色づいています。
現在は、全てのかぼすの収穫を終え、徹底管理で保管されているものを出荷しています。

a0254656_17323654.jpgかぼすは、さわやかな香りと酸味で、お肉や魚料理、これからシーズンを迎えるお鍋にも大変良く合う調味料です。
ただし、一般的なカボスには、たくさんの種が入っています。
私は、とてもお酒が好きで、焼酎やウイスキーに絞って飲んだりしますが、やはり厄介なのはこのたくさんの種なのです。
でも、弊社で販売する「古川果樹園」さんのかぼすは、『種なしかぼす』で、ご覧の通り種がありません。

a0254656_17375617.jpgただし、ミツバチなどによる他の柑橘類との自然交配(受粉)で、一般的なかぼすに比べると少ないのですが、小さい種がある場合もございますので、予めご了承ください。(写真参照)

a0254656_17394189.jpg生産者の「古川果樹園」の古川孝人さんです。
こちらは、9月中旬の写真で、収穫の様子を取材に伺った際に撮影したものです。
かぼすは、熟しても甘くなりません。
ですから、収穫は出荷に見合うサイズになったものから順番に、1つ1つ選びながら手作業で行います。

a0254656_17432712.jpgこちらは、4月下旬から5月上旬にかけて咲く、かぼすの花です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。

a0254656_17464994.jpg7月中旬の収穫前の様子です。
作物の成長の過程、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技など、現地取材しなければわからないことを、毎日更新するブログで、紹介しています。
弊社では、契約している農家さんを“わが家の専用農家さん”と称しています。
a0254656_17485346.jpg

a0254656_17511917.jpg皆さんが食す、弊社で販売する農作物が、誰が、どこで、どのようにして育られたものなのかを、現地できちんと見て、聞いて報告する、優秀な(笑)現地スタッフとご理解ください。

a0254656_17572266.jpg時にはこうして、農作業のお手伝いもします。
これは、まもなく販売予定の熊本産高級イチゴ『さがほのか』の定植をお手伝いさせていただいた際の写真です。

a0254656_181747.jpgそんな私だからこそ、「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた『種なしかぼす』を自信をもってお勧めできるのです。
サイズにばらつき、キズありのお徳用の48玉前後(4kg入り)と、大きさをそろえた16~20玉入りの2商品を用意してます。

a0254656_1894241.jpg「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』は、県内外の有名料亭やレストランからもご注文を頂戴している大人気商品です。
“種なし”と言う、使い勝手の良さと、さらには、完全無農薬、無化学肥料で栽培された安全性が高く評価されています。

a0254656_18193764.jpg種がない分、かぼすの果汁はたっぷりなんです。
もちろんそれは、こうして色づいてからも、変わりありません。
私がお勧めしている、かぼすの利用法の1つがコチラ!
「かぼすビール」です。

a0254656_18224271.jpgグラスにビールを注ぎ、カボスをこれまたギューっと絞って飲むんです。
レモンやライムを入れて飲む、メキシコの“Coronaビール”の日本版!ってとこでしょうか!!
これが実に美味い!!

a0254656_1825251.jpgもちろん、まずは少しの量からお試しください。
私は、この味が好きなので、最後はこうしてギューッと搾りきっちゃいますけどね!
ビールのグラスに種が入らないので、絞った後も種を気にすることなくゴクゴク飲めるから最高ですね!

a0254656_1829026.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬で育てた山あいの『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売しています。
定数になり次第、予告なしで完売とさせて頂く旨、あらかじめご了承ください。
1ヶ月くらいは常温で保管していても、果皮は若干しぼんできますが、その果汁は全く変わりませんので、売切れる前に、まとめ買いをおススメします。
お買い求めは、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください!
早い者勝ちですよ!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2016-12-02 18:30 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

夢キュウリ 大好評発売中!美味しさの秘密とこだわりに密着取材!

FLC日記 2016年12月1日(水) くもり

a0254656_1728144.jpgキュウリの美味しさは、なんと言ってもみずみずしくパリッとはじける食感ですよね!
サラダとしても、食卓にはかかせない食材です。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「大山ファーム」さんの朝採り新鮮そのものの『夢キュウリ』を、今年もネット独占販売しています。
a0254656_17291592.jpg
熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんは、夢ブランドの最高級のキュウリ、『夢キュウリ』を育てる匠です。

a0254656_1734327.jpg「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』は、今シーズンもなんとこの5kg箱が、市場で5,000円の値が付きました!
市場でその価格なら、店頭販売される際は、すごい値段になっているはずです。
でも、ご安心ください!

a0254656_17371094.jpg「FLCパートナーズストア」では、『夢キュウリ』5kg入り(40~47本入り)を、今年も変わらぬ大特価の、¥3,780(税込み)で大好評販売中です。
お求めやすい、10本入り¥1,080(税込み)での販売も行っています。
毎週金曜日と火曜日の出荷で、数量限定の完全予約制販売です。

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓

FLCパートナーズストア
『夢キュウリ』



a0254656_17441059.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』の栽培ハウスです。
「大山ファーム」さんは、ハイパワー土壌活性材『夢』と、天然ミネラル海草エキス『海』を使って作物を育てています。

a0254656_1750176.jpg天然微生物の力で、土壌バランスの良い元気な土を作り、『夢』ブランドの「熊本スイカ」、「熊本キュウリ」をハウス栽培で育てています。
3月下旬より出荷予定の夢スイカ、小玉スイカ『ひとりじめHM』は、すでにたくさんのご予約を頂戴しているほどの大人気商品です。

a0254656_17561171.jpgスイカの話はまた後日あらためてするとして、本日は『夢キュウリ』についてご紹介いたします。
それにしても、いつ伺ってもしっかり手入れが行き届いていることが一目でわかる見事な栽培ハウスです。

a0254656_186825.jpg収穫を待つキュウリたちが元気に成長していました。
苗の足元をご覧ください。
キュウリたちの足元は、葉っぱを3枚ほど切り落としすごくすっきりしています。
これは、風通しを良くして病気からキュウリたちを守るためです。

a0254656_1893741.jpgまた、ハウス内にところどころ設置してある、この黄色いお札のようなものは、虫たちを捕獲するためのものです。
ハウス内に入り込んだ虫たちが、様々な病気の媒体となるので、それを防いでいます。

a0254656_18114390.jpg「キュウリはどうしても生で食べることが多かでしょ?だけん、極力、農薬は使いたくなかとたいね。美味しいものを育てることはもちろんだし、安全な食を提供することは、俺たちの使命たいね。そのためには、手間ひまば惜しんだらいかんとたい。」
「大山ファーム」代表の大山陽一さんがそう話してくれました。

a0254656_18171098.jpg「一生懸命写真撮りよるばってん、今このハウスで収穫しよるとは、『夢キュウリ』じゃなかけんね!」と大山さん。
「え?どうしてですか?」と尋ねると、
「このキュウリたちは、まだ本木から実りよるキュウリたい。笠くんとこに出すキュウリは、最初の脇芽から実ったキュウリだけで、それば『夢キュウリ』としよるとたい。」

a0254656_18212774.jpg大山さんの言葉を、以前撮影した写真も交えながら、わかりやすく説明しましょう!
現在、このハウスでは、こうしてキュウリの苗の主幹となる本木から咲いた花からキュウリが実っています。

a0254656_18243773.jpg一方こちらが、現在『夢キュウリ』として収穫している栽培ハウスです。
ここでは、本木から実るキュウリの収穫が終わり、脇芽から伸びたキュウリの収穫が行われています。

a0254656_18273155.jpgこれが、『夢キュウリ』として出荷する、最初の脇芽から育ったキュウリです。
本木で実るキュウリを“親”と例えるなら、このキュウリは“子”といったところでしょうか?

a0254656_18301699.jpg本木で育った親キュウリよりも、少し細身ですが味は間違いなく最高に美味しいのです。
最もキュウリの苗が成熟している時に実るキュウリは、全くエグミがなく、しかもみずみずしさをギュッと閉じ込めているため、パリッとした食感も異なり、まるで美味しさが違うのです。

a0254656_18382877.jpgこちらは、毎年8月20日前後に行われる、定植(栽培地に苗を植え替えること)の際に撮った写真です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1840377.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
こちらは、11月下旬の収穫の様子です。
最初に定植した3週間ほど後に、別のハウスに新たに定植しています。
それはもちろん、収穫時期を長く保つためです。

a0254656_18475081.jpg定植時期を3週間ほどずらしている2棟のハウスでは、その日のうちにハウスに入る際、必ず遅い方のハウスから様々な作業も収穫も行います。
どんなに元気な土壌で育つキュウリでも、定植が早いハウスには、病気や害虫が入っている恐れがあります。
だから、その病気や害虫を新しい苗にうつさないためにも、絶対に早く定植したハウスから後で定植したハウスへは移動しないのだそうです。

a0254656_18521316.jpgどうしても早いハウスから、遅いハウスへ移動をせざるおえない時には、衣類を全て着替えて入るのだそうです。
そこまでこだわり徹底しているからこそ、安全で美味しい、見事なキュウリが育つのですね!

a0254656_1856172.jpg私は、私が惚れ込んだこの『夢キュウリ』を販売させていただくために、本当に何度も何度も「大山ファーム」さんに足を運びました。
しかし、当初は「俺のキュウリは出荷数が足らんくらいだけん、ネット販売せんでも良かばい!」と断られ続けました。
しかし、どうしても大山さんのキュウリを販売させていただきたく、何度も足を運ぶうちに、やっとお許しが出て、「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_1903925.jpg「せっかく出すなら、それ専用に収穫して、その中から選び出したキュウリにしよう!最初の脇芽から育った“一番うまかキュウリ”ばい。ただし、毎回の出荷量は限定ということにはなるばってんね。」

a0254656_1933764.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』を、ネット独占販売しています。
全国的にお野菜の価格が高騰している昨今ですが、今年も変わらぬ価格で販売しています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより、「熊本新鮮野菜」のページへお進みください!
ご来店、お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2016-12-01 19:07 | 夢キュウリ | Trackback | Comments(0)